久しぶりのブログとなります。

季節はいつしか 春から初夏、そしてやがてカンカン照りの真夏が訪れるのでしょう。

今年の春は、新しいことにはまりました。 庭のスギナを摘んでお茶にすることです。

僕はずっと以前から 庭のこのスギナが何より憎々しく、なんでこんなに仇のようにこの草と挌闘するのか、

自分でもおかしいくらいでした。  

よく伸びたスギナの根元から地面の奥に深く深く 指を差し込んでスギナの茶色から、黒色に変わったより深い根の部分を 慎重に垂直に引抜き、その根の深さを1本1本、確認しながら 駆除、撲滅、一網打尽! 的な少し
たぶん鏡を見たら 自分自身、相当人相のワルイ顔つきになってると思われ。

そんな ニックキ スギナのことを、昨年、ふと思いつき、(もしかしたら、この草、なにか役にたつのでは?・・・)
と思い、スマホで調べたら、 {スギナ茶}  デトックス作用に、抗酸化作用に、がん予防に、なんと
ボケ防止!!!  すごい。 運命的な出会い。

というわけで、4月のゆるやかな陽気のなか、ぐんぐんと伸びた若草色のスギナを そっとかごに摘んで、向きなどを揃えたりして、シャバシャバと洗い、ムシロに干して、時々 裏返したりして、 1週間くらい天日干しにして、
ハサミで刻んで、フライパンで焦げない程度に炒って そしてお茶パックにつめる・・・

なぜか はまったのです。 今まで気づかなかった、自分に。 
そんな自分に戸惑ったり、(仕事から帰って、一人 ムシロのスギナにまとわついたゴミを取ってる自分・・) しながらも、へんな充実感と 心癒されてる自分。

そして スギナ茶 おいしいのです。 効能だのなんだのかんけーなく おいしい。 
また来春が今から待ち遠しいのです。   そんな 今年の春でした。   あしたもがんばろ。

工務の森本でした。