2007年01月18日

HP、管理ソフトウェア『Insight Control Environment』を発表

企業の IT 部門の多くが、システム管理を最優先項目として挙げる中、Hewlett-Packard (HP) は16日、新たなサーバー/ストレージ管理ソフトウェアを発表した。

新製品『HP Insight Control Environment』は、HP (NYSE:HPQ) のボックス型サーバー『ProLiant ML』シリーズとラックマウント型サーバー『ProLiant DL』シリーズに対応した管理ソフトウェア スイートで、ブレード型サーバー『ProLiant BL』シリーズのみに対応していた『Insight Control Datacenter Edition』の後継製品だ。ProLiant サーバーでは『Windows』のほか、Novell の『SUSE Linux Enterprise Server』などの『Linux』をサーバー OS として運用できる。

HP Insight Control Environment は、コンピュータ資源の遠隔的な監視および配備を実現し、消費電力やサーバーのパフォーマンス管理、脆弱性のチェック、パッチの適用なども行なえる。

ProLiant ML/DL 用の HP Insight Control Environment の価格は、サーバー1台につき549ドルだ。同製品は『Systems Insight Manager (SIM) 5.1』を含む。

SIM は、HP のインフラ管理ソフトウェアをつなぎ合わせる管理コンソールで、サーバーやストレージの管理を簡便化するほか、ダウンタイムの短縮も実現する。SIM 5.1 は、保証およびサービス契約に関する報告作成ユーティリティを備えており、資産追跡に費やす時間や労力を削減できる。

HP の業界標準サーバーソフトウェア担当ゼネラルマネージャ Scott Farrand 氏によると、新たな Insight Control Environment は、全面的に HP が自社開発した2つの新しい製品を含むという。それは『Insight Power Manager』と『Service Essentials Remote Support Pack』だ。

名前が示す通り、Insight Power Manager は、数百台に及ぶ ProLiant サーバーまたは BladeSystem サーバーの消費電力や、流入気温の計測と報告を行なうことで、顧客がデータセンター全体で効率良く電力を利用できるよう支援する。

Service Essentials Remote Support Pack は、SIM からサーバーおよびストレージの目録情報を読めるようにするものだ。各マシンの保証やサポート契約の種類、そしていつ契約期限を迎えるのか、ボタンクリック1つで確認できるようになる。


(03:39)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔