2007年01月19日

持株会社

持株会社 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (ホールディングス から転送) 移動: ナビゲーション, 検索 持株会社(もちかぶがいしゃ)とは、他の株式会社の株式を保有し、支配する事を目的とする会社である。ホールディングカンパニーとも呼ぶ。 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独禁法」)では、「子会社の株式の取得価額(最終の貸借対照表において別に付した価額があるときは、その価額)の合計額の当該会社の総資産の額に対する割合が百分の五十を超える会社」を持株会社と定義している。 目次 [非表示] 1 概説 2 歴史 3 持株会社の創り方 4 持株会社のメリット・デメリット 4.1 メリット 4.2 デメリット 5 持株会社の一覧 5.1 銀行・保険・証券・商品その他金融系 5.2 食品系 5.3 化学系 5.4 石油系 5.5 新聞・出版・広告系 5.6 情報・通信系 5.7 小売・外食系 5.8 エンタテインメント系 5.9 運輸・交通系 5.10 その他 5.11 消滅した持株会社 6 関連項目 [編集] 概説 本業を行う一方で他の会社を支配するものを事業持株会社、他の会社の支配を本業とするものを純粋持株会社と呼ぶが、後述の抜殻方式で持株会社化したときにほんの一部でも事業が残っている(残さざるを得ない)場合は純粋持株会社と呼ばないことがある。一般に持株会社と云う場合、後者を指す。事業持株会社の場合は、持株会社とは呼ばず「親会社」と呼ばれることが多い。 また、持株会社の下で似通った事業を行う子会社を束ねる中間持株会社と呼ばれる形態もある(ソフトバンク株式会社などが採用している)。 [編集] 歴史 日本では戦前の財閥本社が純粋持株会社の形態を採っていた。然し、戦後に制定された独禁法によって、持株会社たる会社の設立及び既存の会社の持株会社化が禁止された。その後、1997年の同法の改正によって純粋持株会社が解禁された(事実上の“財閥復活許可”)。解禁後の第1号は、同年に株式会社神戸セントラル開発が商号を変更し純粋持株会社となった株式会社ダイエーホールディングコーポレーションである(その後、同社はダイエーグループの経営悪化による合理化によって2001年に解散)。 上場会社に於いては、1999年に大和証券株式会社が商号を変更し純粋持株会社となった株式会社大和証券グループ本社が第1号である。 近年は、2社以上の経営統合に於いて、共同で持株会社を設立して一旦その子会社となり、それから合併などの再編を行うという方法が採られる事が多くなっている。 [編集] 持株会社の創り方 持株会社を創る方法は、抜殻方式、株式移転方式、株式交換方式などがある。 抜殻方式は、自ら行っている事業を子会社に移し(会社分割で新設することもある)、自身が持株会社となるものである。日本電信電話株式会社、旭化成株式会社、セイコー株式会社、株式会社東京放送などが採用している。 前述の通り、抜殻方式ではごく一部の事業が残っているため「純粋」持株会社と呼ばないケースもある。以下に例示する。カッコ内は残存事業。 ロイヤルホールディングス株式会社(高速道路店舗事業) 大塚化学ホールディングス株式会社(オロナミンC事業) 株式会社ニチレイ(フラワー・不動産事業。不動産事業は免許の関係上分社化できない) など 株式移転方式は、持株会社となる完全親会社を株式移転によって新規に設立するものである。複数の会社による株式移転は合併代替方式とも呼ばれる。主な例は、株式会社日本航空、セガサミーホールディングス株式会社など。 株式交換方式は、既存の会社を株式交換によって完全親会社に仕立て上げるものである。これを採用して持株会社体制に移行したものは、株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社メルコホールディングス、株式会社ツルハホールディングスなど、極めて少数である。 [編集] 持株会社のメリット・デメリット [編集] メリット 各部門毎の子会社化からもたらされるメリット。 ある特定の部門の利益にとらわれない、戦略的な本社(親会社としての持株会社)の構築。 新規事業の立ち上げがしやすい。 他企業の買収、グループ化(M&A)がしやすい。 傘下の各社への権限の委譲がしやすい。 柔軟な人事制度の導入がしやすい。 [編集] デメリット 子会社から見た場合、親会社(持株会社)への「お伺い」が増える。 各子会社(事業会社)間の横の連携がしにくい。 労働条件の交渉について、使用者側の窓口(実際の雇用関係のある子会社なのか、子会社に対して実質的な経営権を有する持株会社(親会社)なのか)が不明となる。 特に純粋持株会社(親会社の主たる収入が子会社からの配当である形態)の場合、持株親会社単体では子会社(あるいは連結ベースでのグループ総体)より信用リスクが大となるため、格付上の「ねじれ」が生じるケースがある。 [編集] 持株会社の一覧 純粋持株会社のみを挙げた。 [編集] 銀行・保険・証券・商品その他金融系 三菱UFJフィナンシャル・グループ みずほフィナンシャルグループ 旧みずほホールディングス(2005年まで中間持株会社) 三井住友フィナンシャルグループ りそなホールディングス 三井トラスト・ホールディングス ほくほくフィナンシャルグループ 九州親和ホールディングス 札幌北洋ホールディングス きらやかホールディングス 山口フィナンシャルグループ もみじホールディングス 紀陽ホールディングス ソニーフィナンシャルホールディングス (中間持株会社) T&Dホールディングス アクサジャパンホールディング ミレアホールディングス 野村ホールディングス 大和証券グループ本社 日興コーディアルグループ 岡三ホールディングス マネックス・ビーンズ・ホールディングス スターホールディングス ひまわりホールディングス 岡藤ホールディングス 大洸ホールディングス 光陽ホールディングス SBIホールディングス ライブドアフィナンシャルホールディングス(中間持株会社) [編集] 食品系 マルハグループ本社(2007年10月にニチロと経営統合しマルハニチロホールディングスに商号変更予定) サッポロホールディングス 宝ホールディングス オエノンホールディングス 日清製粉グループ本社 ジャパン・フード&リカー・アライアンス コカ・コーラウエストホールディングス キリンホールディングス(2007年7月1日に移行・商号変更予定) [編集] 化学系 旭化成 三菱ケミカルホールディングス 第一三共 キョーリン [編集] 石油系 AOCホールディングス 国際石油開発帝石ホールディングス [編集] 新聞・出版・広告系 読売新聞グループ本社 角川グループホールディングス メディアリーヴス(中間持株会社) 角川マガジングループ(中間持株会社) インプレスホールディングス 博報堂DYホールディングス ウェッジホールディングス [編集] 情報・通信系 日本電信電話 ソフトバンク ビーアイジーグループ スカパー・JSAT(2007年4月設立予定) [編集] 小売・外食系 AOKIホールディングス セブン&アイ・ホールディングス ミレニアムリテイリング(中間持株会社) エディオン 日本マクドナルドホールディングス ツルハホールディングス T・ZONEホールディングス ファーストリテイリング レックス・ホールディングス DCM Japanホールディングス 松坂屋ホールディングス ぷれっそホールディングス サンマルクホールディングス F&Aアクアホールディングス [編集] エンタテインメント系 コナミ ソニー・ミュージックエンタテインメント エイベックス・グループ・ホールディングス セガサミーホールディングス バンダイナムコホールディングス アップフロントグループ カルチュア・コンビニエンス・クラブ GDH 渡辺プロダクション ジャレコ・ホールディング インデックス・ホールディングス インデックス・ヴィジュアルアンドゲームズ(中間持株会社) ウェッジホールディングス ティーケーパートナーズ [編集] 運輸・交通系 日本航空 阪急阪神ホールディングス 小田急箱根ホールディングス (中間持株会社) 九州産業交通ホールディングス 西武ホールディングス ヤマトホールディングス SGホールディングス セイノーホールディングス 一畑電気鉄道 いわさきコーポレーション 京阪バスシステムズ ミヤコー ヤマコー 庄交ホールディングス [編集] その他 コニカミノルタホールディングス 富士電機ホールディングス コクヨ フランスベッドホールディングス ミサワホームホールディングス 日本製紙グループ本社 新日鉱ホールディングス JFEホールディングス JFE商事ホールディングス 住生活グループ ジーエス・ユアサコーポレーション 三協・立山ホールディングス コムシスホールディングス メルコホールディングス ヒューマンホールディングス アルフレッサ ホールディングス メディセオ・パルタックホールディングス 燦ホールディングス MIDホールディングス グッドウィル・グループ ヤマノホールディングス CSKホールディングス 昭和電線ホールディングス 御幸ホールディングス イーリング 富士フイルムホールディングス インテックホールディングス デジタルガレージ アライドテレシスホールディングス 田村大興ホールディングス DOWAホールディングス 千年の杜ホールディングス [編集] 消滅した持株会社 ボーダフォンホールディングス(旧日本テレコムホールディングス)(事業会社との合併) 双日ホールディングス(事業会社との合併) あしぎんフィナンシャルグループ(事業会社の株式強制無効化による破綻) シーアンドエス(現サークルKサンクス)(事業会社との合併) 日清オイリオグループ(事業会社との合併。ただし商号は維持) UFJホールディングス(持株会社同士の合併) ディーアンドエムホールディングス(事業会社との合併。ただし商号は維持) オックスホールディングス レナウンダーバンホールディングス(事業会社との合併) ソニー・カルチャーエンタテインメント(持株会社同士の合併) [編集] 関連項目 持株会社整理委員会(HCLC、現在の公正取引委員会) 金融持株会社 放送持株会社 日本の企業グループ一覧 "http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%81%E6%A0%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BE" より作成 カテゴリ: 企業 | 持株会社 表示本文 ノート 編集 履歴 個人用ツールログインまたはアカウント作成 ナビゲーション メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 最近更新したページ おまかせ表示 アップロード (ウィキメディア・コモンズ) 連絡先 ヘルプ ヘルプ 井戸端 バグの報告 寄付 検索 ツールボックス リンク元 リンク先の更新状況 アップロード 特別ページ 印刷用バージョン この版への固定リンク この項目を引用 他の言語 Български Česky Deutsch English Español Français Italiano Lëtzebuergesch Lietuvių Nederlands Polski Português Svenska 中文 最終更新 2007年1月5日 (金) 02:59。 Text is available under GNU Free Documentation License. プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項

ashidappp at 04:39│clip!
最新記事