医療機関からのご紹介でお越しいただきました。
股関節疾患のために脚長差があり、歩行をすると腰が痛くなったり、歩行時のバランスが崩れることから長距離歩行ができないとのお悩みでした。

これまでも脚長差に対して、靴の補高やインソールの加工をされましたが、しっくり行かないとのことでしたので、今回は歩行などの評価から日常生活の活動性の評価を行って、まずはシューフィッティングから行いました。


まずはシューフィッティングを実施して、活動量や歩行の安定性を確保するためにこちらの紐靴をお勧めしました。
20210205_120046


そして、立位や歩行時の安定性を向上するために靴底の補高を行いました。
今回のポイントは
◯大きな脚長差があるため、足の長さを揃えることを目指さず、立位、歩行時の負担が軽減する程度の補高にあえて抑えること。補高を足しすぎると、歩行時のバランスに影響を与えますので、転倒の危険性が高まります。
2021-09-12 19.02.52


◯ヒール部の補高だけではなく、前足部も補高をする。
ヒール部だけを補高すると足は前滑りします。そのため、歩行に悪い影響を与えます。
しかし、前足部を厚くすると踏み返しがしづらくなるため、ロッキング機能を付加します。


20210912_133607


◯補高をアウトソールで行うと見た目も悪く、滑りやすさや歩行時の足底の感覚にも影響するため、できるだけミッドソールでの補高を行う。
20210912_133722

◯最終的には歩行状態を良好にするためにインソールの加工で歩行状態の微調整を行います。

20210912_165616


当店では、機能的に歩行状態が良くなるだけではなく、生活の中でしっかりと安心して使っていただける技術の提供を目指しております。


お問い合わせは
こちらから

ホームページ https://makizume-nagasaki.com/
ブログ http://blog.livedoor.jp/ashinoseitai/


長崎店 【Clear+(クリアプラス)】
長崎市目覚町13−8(浦上駅から徒歩5分)
TEL:095−894−5855
E-mail:goudouplat@gmail.com

島原店 【ひととき。】
島原市新町一丁目127‐10
TEL:0957-73-6555
E-mail:goudouplat@gmail.com