外反母趾のお悩みの方によく聞かれる質問のひとつに「ヒール靴を履くと外反母趾になりますか」という質問があります。

外反母趾は、男性の方にも見られます。
男性でヒール靴を履く方は、ほとんどおられませんので、ヒール靴だけが原因とは言えないようです。
しかし、ヒール靴も原因の一因になるということはあるかとは思います。

今日、ご紹介の方は、日々農作業をされる方です。
ただし、専業農家ではありませんで、一日中、作業をされているということでもないようです。

お悩みは、外反母趾や胼胝、魚の目など足の前部分の痛みです。

IMG_2065

IMG_2066

このような状態で前足部にお悩みがあります。

これは、農作業時の姿勢を見ていただくと、そのリスクをわかっていただけるかと思います。

IMG_2064

このような姿勢で長時間、農作業をするため、指先に体重が乗って前足部のアーチは潰れた状態となってしまいます。


これが、ひも靴の場合はひもの固定力で足の骨格の過剰な開き、潰れを予防してくれます。IMG_4822

しかし、長靴の場合は固定するための機能が乏しく、柔軟性が高いため、足の骨格の固定が得られにくいということが言えます。

IMG_2071

IMG_2070

そのため、この方には、足を守るためにしゃがみ動作の負担を軽減するインソールを作製しました。
FullSizeRender
これで前足部の痛みを軽減して、農作業をしていただきたいと思います。


最後に今回の結論ですが、ヒール靴も外反母趾などの要因となりますが、ヒール履とは正反対にあるフラットシューズで尚且つ超柔らかい、ぶかぶか靴の長靴でも外反母趾になる可能性は十分にあるということです。

人の足のタイプも様々です。
元々、アーチの高い人もいれば、扁平足の方もおられます。また、非常に関節が硬い方もいれば、柔らかく、柔らかずぎる方もおられます。

そのため、ご自身の足の特徴とその足を守るための靴の相性が良くなければ、良くない結果に繋がります。靴は、どこのメーカーが良いのか?だけではなく足の特徴、体の特徴を把握して、自分の足や体を守る、サポートするという視点で、合ったものを選ぶ必要があります。

また、その方の職業がデスクワークなのか?一日中立ち続けなのか?歩き続けなのか?
仕事はしていないが、一日をどのように過ごして、どのような姿勢でいることが多いのか?などを考慮して靴を選ぶ必要があります。

当店では、体の情報だけではなく、お仕事や日中の活動状況などを詳しくお聞きして、靴のフィッティング、インソールの作製をさせていただいております。

足のトラブルでお悩みの方は、1日の中で一番長く履く靴は、体に影響があることを自覚しながら靴選びをすることが、足トラブルを減らすことに繋がると思います!


お問い合わせは
こちらから

ホームページ https://footcare-nagasaki.com/
ブログ http://blog.livedoor.jp/ashinoseitai/


長崎店 【Clear+(クリアプラス)】
長崎市目覚町13−8(浦上駅から徒歩5分)
TEL:095−894−5855
E-mail:goudouplat@gmail.com

島原店 【ひととき。】
島原市白土町1071番地4
TEL:0957-73-6555
E-mail goudouplat@gmail.com