足の裏の痛みが治った! 激痛から再起を遂げた中年男が語る本音

足の裏が痛い症状は病気?指先・指の付け根から土踏まず・踵(かかと)までの部位に痛みがあり、インソールやテーピング、マッサージをしても激痛の症状や足底筋膜炎が治らなかった男が、足裏の痛みの原因や足底腱膜炎の治し方・治療法を考えて、治った時のこと・豆知識を伝えるブログです。

ilm19_ba02030-s
   ◆ 痛み解決の情報メニュー


    【1】  足の裏が痛い 病気って何?

    【2】  足の裏が痛い原因とは?

    【3】  足の裏のケア方法はこちら

ふくらはぎのストレッチの方法

guiosztjor
足の裏の痛みや

足底筋膜炎などに

お勧めのストレッチ方法
を紹介します。



それは、

「ふくらはぎ」のストレッチです。



ふくらはぎの筋肉の負担を和らげ、

血流を良くすることで、足全体や

足の裏にも良い影響があります。




手順にそって説明しますので、

無理のない範囲で実践してみてください。



【1】 床から少し高い位置に座って
 腰掛けて足を伸ばしましょう


※ベッドや椅子など



【2】 つま先を足の甲側にそらせます


※手でつま先を引っ張ったり
 無理する必要はありません

 痛みを感じたらすぐやめましょう



【3】 次にふくらはぎを足首から
太ももに向かってやさしく撫でて、さすります


これを左右の足で交互に行なうと、
ふくらはぎの筋肉が伸びます。


【4】 今度は床に座って
両足を伸ばしましょう




【5】 体を足の方に向かって
前にゆっくり倒していきます


これで太ももの裏側も伸びます

ふくらはぎから太ももまで
グーッと伸ばしましょう。


 
以上がふくらはぎの筋肉を伸ばして
血行を良くするストレッチです。
 

もし痛みが無いようでしたら、
時々行ってみてください。



→ その他のストレッチはこちら






 


↑ トップに戻る

足底腱膜炎の原因は何か?

ecn005b-s
足底腱膜炎で

足の裏が痛いのですが、

原因は何ですか?

 (・_・?)





どうして足底腱膜炎が

起きるのでしょうか?


よく言われている理由には

次のようなものがあります。



・ 足の裏を酷使したから

・ マラソンなどのスポーツをしたから

・ 太っているから


・ ハイヒールなど
 足に負担をかける靴を履いたから

・ 立ち仕事だから

・ 扁平足だから



しかし、これらの理由に

当てはまっている人でも


「全員が足底筋膜炎になるわけではない」

のが現実です。



たとえば、

激しく走るスポーツをしている人でも

足底筋膜炎にならない人はたくさんいます。



ハイヒールを履いてても平気で、

むしろかかとのない靴のほうが

疲れるという人もいます。



扁平足も、痛みどころか

自分が扁平足であることにすら

気づかずにいる人も多いのです。



となると、足底腱膜炎は

なぜ起こりやすくなるのかという方に

視点を移してみると良いでしょう。



足の裏の筋肉の損傷が起こりやすいのは

その筋肉組織が柔軟性を失っている時

多いといわれています。



つまり、


・ 血行が悪い時

・ 筋肉が硬く強張っている時


です。



ということは、足底筋膜炎の原因は

足の筋肉が硬くこわばっている

ことが1つの理由と言えるでしょう。



足底筋膜炎の人は

足や体の筋肉の血行が悪く、

筋肉が張っている可能性があります。



・ 足首

・ ふくらはぎ

・ すね

・ 股関節

・ 腰



足の裏に直接影響をおよぼす

これらの部分の血行を

良くしてみてください。



具体的には、ストレッチをしたり

お風呂に入るのがお勧めです。












↑ トップに戻る

子どもが足の裏が痛い時はどうすればいい?

084011

子どもが足の裏が痛いと

言います


どうすれば良いでしょうか?

 (・_・?)



足の裏の痛みというと

足底筋膜炎などの

いろんな病気の可能性があります。



痛みは慢性化したり

何度も再発することもあるので、

子供が「足の裏が痛い」と言ったら

まずはすぐ足を休ませてあげましょう。



強い痛みや炎症で

熱を持って腫れ上がっている場合は

20~30分アイシングをします。



冷やしすぎは

かえって回復を妨げるので、

どんなにひどくてもアイシングは

2時間までで止めましょう。



そして足を使う運動は避けて、

まずは病院の整形外科で診てもらう

良いでしょう。



何の病気・ケガかが分かれば

ある程度安心できると思いますし、

具体的な対策方法も分かります。



→ よくある足裏の病気はこちら 




ちなみに、足の裏が痛いので

安静にすることは大事ですが、


まったく動かさないのも

筋肉が強張るので血行に良くないと

言われています。



そのため、足の裏とつながっている

ふくらはぎやすね、かかとなどを

優しくマッサージしたり、

ストレッチを少しずつするのがおすすめです。



痛みを感じなくなったら、

足の甲をそらせたり伸ばしたり、

足指じゃんけんなどをすると

足裏の筋肉を鍛えられるので


痛みがなければこういった

エクササイズを行なうのも良いでしょう。



また、お風呂に入って体を温め

全身の血行を良くするのもお勧めです。




↑ トップに戻る
自己紹介


ブログ筆者: 彦(ひこ)

マラソン大会の練習でランニングをしていたら、翌朝いきなり「足の裏が痛い!」症状に襲われて、かかとや土踏まずのあたりが痛くなりました。

「病気?」かと思いましたが、病院に行くと「足底筋膜炎」と診断されました。治療法として湿布や痛み止めを渡され、安静にするようにとのことでした。

でも、湿布を貼って安静にしていてもいっこうに治らず、アーチのインソール(中敷き)やテーピング等を試してみるものの、治療はうまくいきませんでした。

長年 足の裏の痛みが治らず困っていましたが、知人の整体師さんのケア方法などを教えてもらい、ストレッチやエクササイズ等で無事に足裏痛を完治させることができました。

このブログでは、足の裏の痛み・足底腱膜炎で困っている人の助けになればと思い、私のケア方法やいろんな豆知識を書いていきます。


→ 足の痛みが楽に!
 「秘密のレポート」を
  無料でプレゼント!


.
フェイスブック




記事検索