足の裏の痛みが治った! 激痛から再起を遂げた中年男が語る本音

足の裏が痛い症状は病気?指先・指の付け根から土踏まず・踵(かかと)までの部位に痛みがあり、インソールやテーピング、マッサージをしても激痛の症状や足底筋膜炎が治らなかった男が、足裏の痛みの原因や足底腱膜炎の治し方・治療法を考えて、治った時のこと・豆知識を伝えるブログです。

ilm19_ba02030-s
   ◆ 痛み解決の情報メニュー


    【1】  足の裏が痛い 病気って何?

    【2】  足の裏が痛い原因とは?

    【3】  足の裏のケア方法はこちら

痛風で足の裏・かかとが痛くなるの?

chti043-sssss
痛風といえば

「足の親指の付け根が腫れ上がって
ものすごく痛くなる」

というイメージがあります。


でも、痛みが起きるのは
親指の付け根だけではありません!

 

足の裏やかかとも痛風によって
激しく痛むことがあるのです。


他にも足の甲、足首、ひざといった
足のあらゆる関節、
それに手首やひじまで痛むことだってあるのです。


そもそも痛風の痛みはなぜ起きるのかというと、

血液中の尿酸という物質が結晶化して、
針のような形状となって関節の組織に突き刺さります。


想像してみて下さい。

関節をほんの少し動かすだけで
無数の針がグサグサと突き刺さるのです。

これは大の大人でも泣き出すという
のもわかりますよね。。


また、足だけでなく
手首やひじにも痛みが出るという人は、
全身の血行が悪くなっている可能性があります。


ただ、足の裏やかかとが痛い時は、
痛風や糖尿病の合併症など内科系の
病気のほかに、足底筋膜炎など
足の病気の可能性もありますから、

病気が何かを確かめるために
整形外科も内科も併設している
総合病院で診てもらうと良いでしょう。




↑ トップに戻る

足首を動かそう!

ilm19_ba02014-s

たとえば、首を動かさずにいると
肩こりを起こしやすいですね。


これは、首のまわりの血行が悪くなって
しまっているからです。
 

同じように足の裏の痛みも、
足回りの血行が悪くなってしまって
起こることがよくあります。



そのため、足を動かして血行を良くしましょう。 



簡単にできるのは足首回しです。


立った状態で足の甲を地面につけて
足首をぐるぐる回してみてください。


すると、ふくらはぎなどの筋肉がほぐれ
血行が良くなります。


このストレッチを毎日行なうだけで
足底筋膜炎が楽になったという人もいます
よ。




↑ トップに戻る

腰痛と足の裏の痛みは関係がある?

ilm16_cd06007-s

足底筋膜炎などの足の裏の痛みを患っている人には、
腰痛持ちの人が少なくありません。


では、腰痛と足の裏の痛みには
どんな関係があるのでしょうか?



【 腰は体の中心! 】


人間の体はとても重い頭部を
背骨で支え、手と足でバランスを
保ちながら生活しています。
 

その五体の中心にあるのが腰です。

 
つまり腰の位置がずれていたり
曲がっていたりしたら、足には
無理な負担がかかってきてしまうのです。


腰が悪い人は猫背など背骨を曲げて
いるクセがついていたり、
ひざを曲げて歩いたりします。
 

すると、その部分がまっすぐ伸びていません。


ですから、他の筋肉や腱が
無理に伸ばされた状態で姿勢を保たなければならないので、
とても疲れやすくなり炎症を起こしやすくなるのです。


ですから、足の裏に痛みがある人は
腰に原因がないか?考えてみるのも良いかもしれません。



 


↑ トップに戻る
自己紹介


ブログ筆者: 彦(ひこ)

マラソン大会の練習でランニングをしていたら、翌朝いきなり「足の裏が痛い!」症状に襲われて、かかとや土踏まずのあたりが痛くなりました。

「病気?」かと思いましたが、病院に行くと「足底筋膜炎」と診断されました。治療法として湿布や痛み止めを渡され、安静にするようにとのことでした。

でも、湿布を貼って安静にしていてもいっこうに治らず、アーチのインソール(中敷き)やテーピング等を試してみるものの、治療はうまくいきませんでした。

長年 足の裏の痛みが治らず困っていましたが、知人の整体師さんのケア方法などを教えてもらい、ストレッチやエクササイズ等で無事に足裏痛を完治させることができました。

このブログでは、足の裏の痛み・足底腱膜炎で困っている人の助けになればと思い、私のケア方法やいろんな豆知識を書いていきます。


→ 足の痛みが楽に!
 「秘密のレポート」を
  無料でプレゼント!


.
フェイスブック




記事検索