足の裏の痛みが治った! 激痛から再起を遂げた中年男が語る本音

足の裏が痛い症状は病気?指先・指の付け根から土踏まず・踵(かかと)までの部位に痛みがあり、インソールやテーピング、マッサージをしても激痛の症状や足底筋膜炎が治らなかった男が、足裏の痛みの原因や足底腱膜炎の治し方・治療法を考えて、治った時のこと・豆知識を伝えるブログです。

ilm19_ba02030-s
   ◆ 痛み解決の情報メニュー


    【1】  足の裏が痛い 病気って何?

    【2】  足の裏が痛い原因とは?

    【3】  足の裏のケア方法はこちら

足の裏 メラノーマの良性・悪性の見分け方

ilm16_ac02023-s
メラノーマとは
悪性黒色腫という皮膚がんの一種
です。


見た目はほくろに似ているため、
メラノーマだということに
気づかない人が多いのです。


特に足の裏に発生しやすいので、
普段はあまり見る機会がありません。


気づいた時には進行しており
転移しているなど、
命にかかわる危険性が高いのです。


ではここで
悪性腫瘍であるメラノーマなのか、
良性腫瘍であるほくろなのかを
見分ける方法
をご紹介しましょう。



【 形が左右対称か 】
 

メラノーマは細胞が
異常に増殖した腫瘍なので、
形に均一性がありません。


黒い染みがじわじわっと
不規則に広がった形だったり、
いびつな形をしていたりします。


対してほくろは円形で左右対称なので、
まず形を見ることが重要です。
 


【 輪郭・色むら 】


普通の皮膚との境界がぼやけていたり、
黒い部分でも薄いところや濃いところがあるなど、
色むらが出やすいのもメラノーマの特徴です。


ほくろはメラニン色素が密度を持って
集まった腫瘍ですから、色むらはありません。



【 表面がでこぼこしているか 】


メラノーマの場合、
黒い部分が盛り上がったり、でこぼこしたりします。

またじゅくじゅくしていたり、
押すと出血する事もあります。



【 急に大きくなったか 】


メラノーマは進行が早い皮膚がんなので、
大きさも急に大きくなって盛り上がったりします。

大きさがそうそう変わらない
ほくろとは違います。

直径が6mmを越えるほど
大きくなったら要注意です。


この他、
ほくろから毛が生えていたらメラノーマではない
という見方もあります。
 

メラノーマは皮膚の細胞を破壊する悪性腫瘍なので、
毛が生えるということはその部分が
正常な細胞であるということの証明になるからです。

 


↑ トップに戻る

足底筋膜炎の治療にお灸?

ilm19_ba03011-s
足底筋膜炎の治療に

お灸が使われる場合もあります。
 

 
足底筋膜炎は、足の裏の筋膜組織が
 
断裂して破壊された状態ですので、
 
 
お灸をするとその刺激で

患部を治そうとする働きが起こるからです。



お灸で免疫細胞が血液と共に多く届けられて
 
細胞の再生が促進され、

治りが早くなると言われています。



足の裏にお灸をする場合、
 
「湧泉(ゆうせん)」というツボ
 
よくすえられることが多いです。



指圧療法創始者の
 
浪越徳治郎さんの決め台詞で
 

「指圧の心は母心、押せば命の泉湧く」


とあるように、このツボを押すと
 
生命力が湧いてくると

言われているツボなのです。



湧泉は足の裏の真ん中より少し上の、
 
足の裏が「人」の形にくぼむ

交点の場所
にあります。



足の冷えに効果があり、
 
下半身の筋肉疲労を改善するといわれています。



今は貼るタイプのお灸もありますが、
 
もぐさをひねって線香で火をつける場合は

全部燃えるまで待つのではなく、
 
八分目くらいで火を消す「八分灸」がよいそうです。



足底筋膜炎の治し方には

いろいろありますが、

もし何をやっても治らないという人は

お灸を少し試してみるのも良いかもしれませんね。



→ 足底筋膜炎の治し方 無料レポート






↑ トップに戻る

かかとが痛い意外な原因とは?

cb016e-s

かかとが痛いのですが…


足底筋膜炎や扁平足ではない

場合もあるのですか?

  (・_・?)




実は、かかとが痛い時に
 
「痛風」 や 「糖尿病」

という可能性もあります。



痛風は足の親指の付け根に

痛みが出ることで有名ですが、


尿酸結晶ができやすいのは

負担がかかりやすい部位なので、


足首やカカトの痛みが痛風を

表している可能性があります。


 

糖尿病は合併症の神経障害により、

足の裏からかかとにかけてしびれたり

ピリピリとした痛みを感じたりします。

 

足の痛みだと筋肉痛だとか

外的な要因を考えがちですが、

リウマチや痛風、糖尿病など

内科的な原因でかかとの痛みが出る可能性もある
のです。



足の裏が痛くて心配な人は、

整形外科だけでなく内科でも

診てもらっておくに越したことはありません
ね。




→ 足の裏が痛い・・・ 7つのよくある病気





 



↑ トップに戻る
自己紹介


ブログ筆者: 彦(ひこ)

マラソン大会の練習でランニングをしていたら、翌朝いきなり「足の裏が痛い!」症状に襲われて、かかとや土踏まずのあたりが痛くなりました。

「病気?」かと思いましたが、病院に行くと「足底筋膜炎」と診断されました。治療法として湿布や痛み止めを渡され、安静にするようにとのことでした。

でも、湿布を貼って安静にしていてもいっこうに治らず、アーチのインソール(中敷き)やテーピング等を試してみるものの、治療はうまくいきませんでした。

長年 足の裏の痛みが治らず困っていましたが、知人の整体師さんのケア方法などを教えてもらい、ストレッチやエクササイズ等で無事に足裏痛を完治させることができました。

このブログでは、足の裏の痛み・足底腱膜炎で困っている人の助けになればと思い、私のケア方法やいろんな豆知識を書いていきます。


→ 足の痛みが楽に!
 「秘密のレポート」を
  無料でプレゼント!


.
フェイスブック




記事検索