足の裏の痛みが治った! 激痛から再起を遂げた中年男が語る本音

足の裏が痛い症状は病気?指先・指の付け根から土踏まず・踵(かかと)までの部位に痛みがあり、インソールやテーピング、マッサージをしても激痛の症状や足底筋膜炎が治らなかった男が、足裏の痛みの原因や足底腱膜炎の治し方・治療法を考えて、治った時のこと・豆知識を伝えるブログです。

ilm19_ba02030-s
   ◆ 痛み解決の情報メニュー


    【1】  足の裏が痛い 病気って何?

    【2】  足の裏が痛い原因とは?

    【3】  足の裏のケア方法はこちら

血流改善!血行を促進する食べ物

ilm16_cd01008-s
足の裏が痛い時は

足の血流を改善すればいいの?


血行を促進するには

どうすればいい? (・_・?)





足の裏の痛みなど

いろんな痛みや不調は

血流の悪さから来る事が多いです。



そのため、血行を促進して

血流を改善すれば、

痛みが和らぎやすくなります。



ストレッチやマッサージなどで

筋肉をほぐして血行促進すると共に

血流を良くする食べ物もとると良いでしょう。



血流改善の食べ物は主に、

【しょうが】【唐辛子】

【にんにく】 が有名ですね。



今回はその他も紹介します。




【 根菜 】


たまねぎ・らっきょう・かぶ・

じゃがいも・蓮根・にんじん・

さつまいも・ごぼう・山芋



【 その他の野菜 】


かぼちゃ・ピーマン・からし菜・

アスパラガス・大豆



【 肉や魚 】


肉や魚は
基本的に体を温める食材です。

特に羊肉や鶏肉は効果的です。



【 色の薄いものより濃いもの 】


野菜では緑黄色野菜など、
色が濃いもののほうが
体を温める効果があります。


薄いものは逆に
体を冷やしてしまうので注意が必要です。

また、白っぽいものより
黒っぽいもののほうが体を温めます。

白砂糖よりも黒砂糖を使うほうがいいでしょう。



【 調理方法 】


せっかくの体を温める食材も、
冷たい料理にしてしまっては効果が薄れます。

やはり煮物にしたり
蒸し物にしたりして温かい状態で頂くのがおすすめです。


食べにくい食材も
細かくしてスープにするといいでしょう。

食事の際に飲む飲み物も
温かいほうじ茶やしょうが茶などがおすすめですよ。





足の裏の痛みを改善するためには

このような血流を良くする食べ物も

取るようにしてみて下さいね。







↑ トップに戻る

足の裏の痛みはふくらはぎで治す!?


ilm2013_019-s
足の裏が痛い時は

ふくらはぎに要注意!


◯ か × か?

 (^-^)b





答えは、◯ です。



長時間立ちっぱなしだったり

座りっぱなしだったりすると、


ふくらはぎがパンパンにはって

だるくなるということはありませんか?



それは全身の血液が

下半身にたまりがちになり、


特にふくらはぎの部分に

疲労物質がたまってむくみ・だるさ

痛みを招くのです。



ふくらはぎと足の裏とは

筋肉がつながっていますので、

このふくらはぎの負担が

足の裏に悪影響を及ぼすのです。



足底筋膜炎などの症状は

こうした影響によって

起こっている事が少なくありません。




ふくらはぎは「第二の心臓」

と言われるように、


ポンプの役割をして下半身の血液を

上半身に送って循環させています。



栄養や酸素を送り届けたり

疲労物質となる老廃物を

排出するための働きをします。



しかし・・・
 

ふくらはぎの筋肉をあまり使わずに

長時間立ちっぱなしだったり

座りっぱなしになると、


ポンプではなくタンクのような

場所となってしまいます。



老廃物が溜まって排出されず

足の負担が積もってしまうのです。




ですから、ふくらはぎは

常に血流が良い状態にして、

むくみやだるさが起きないように

スッキリさせましょう。



ふくらはぎの筋肉を動かす

かかとの上げ下ろしなどの

ストレッチをするのがお勧めですよ。


↑ トップに戻る

偏平足の原因・理由は何ですか?

ilm19_ca06009-s
偏平足になる

原因とは何でしょうか?

 (・_・?)




足の裏の内側真ん中には

土踏まずというへこんだ部分があり、


歩く際や走る際には

地面にその部分はつかないのが一般的です。



しかし、扁平足といって

へこんだ部分がない人もいます。



なぜへこんだ部分が

ないのでしょうか?



また、へこんだ部分がないことに

よってどんな問題が生じるのでしょうか?




意外に思うかもしれませんが、

実は生まれたての赤ちゃんの頃は

誰もが扁平足なのです。



足の裏のへこみは

二本足で立ったり走ったり

するようになることで


足の裏の筋肉が発達し、

伸縮機能のあるアーチ状になって

着地の際の衝撃を吸収できるように

なってできるものです。



しかし、遺伝的な要素で

成長しても土踏まずのへこみが

出来ない人もいます。



そして最近増えているのが、

子供の頃に充分運動をしなかった

ことによる足の裏の筋肉の

発達不足が原因の扁平足です。



外で駆け回ったり、登ったり

飛び跳ねたりという活発な運動を

しなくなった子供たちは、

足全体の筋肉が弱くなりがちです。



またちょっと運動をしても

扁平足だと衝撃を受け止める

クッション性に乏しいため疲れやすく

さらに運動を嫌がるという悪循環になっています。




このような事が偏平足の原因と

言われています。




→ 偏平足を解決する方法とは?



 

 


↑ トップに戻る
自己紹介


ブログ筆者: 彦(ひこ)

マラソン大会の練習でランニングをしていたら、翌朝いきなり「足の裏が痛い!」症状に襲われて、かかとや土踏まずのあたりが痛くなりました。

「病気?」かと思いましたが、病院に行くと「足底筋膜炎」と診断されました。治療法として湿布や痛み止めを渡され、安静にするようにとのことでした。

でも、湿布を貼って安静にしていてもいっこうに治らず、アーチのインソール(中敷き)やテーピング等を試してみるものの、治療はうまくいきませんでした。

長年 足の裏の痛みが治らず困っていましたが、知人の整体師さんのケア方法などを教えてもらい、ストレッチやエクササイズ等で無事に足裏痛を完治させることができました。

このブログでは、足の裏の痛み・足底腱膜炎で困っている人の助けになればと思い、私のケア方法やいろんな豆知識を書いていきます。


→ 足の痛みが楽に!
 「秘密のレポート」を
  無料でプレゼント!


.
フェイスブック




記事検索