ilm16_cd06007-s

足底筋膜炎などの足の裏の痛みを患っている人には、
腰痛持ちの人が少なくありません。


では、腰痛と足の裏の痛みには
どんな関係があるのでしょうか?



【 腰は体の中心! 】


人間の体はとても重い頭部を
背骨で支え、手と足でバランスを
保ちながら生活しています。
 

その五体の中心にあるのが腰です。

 
つまり腰の位置がずれていたり
曲がっていたりしたら、足には
無理な負担がかかってきてしまうのです。


腰が悪い人は猫背など背骨を曲げて
いるクセがついていたり、
ひざを曲げて歩いたりします。
 

すると、その部分がまっすぐ伸びていません。


ですから、他の筋肉や腱が
無理に伸ばされた状態で姿勢を保たなければならないので、
とても疲れやすくなり炎症を起こしやすくなるのです。


ですから、足の裏に痛みがある人は
腰に原因がないか?考えてみるのも良いかもしれません。



 


→ 足の裏の 「痛み改善法」 を無料でプレゼント!



  足の裏が痛くなって
  どこに通っても何をしても治らなかった。
  もう諦めていたのですが…

    → 詳しい話はこちら



痛み解決法がわかる無料のメルマガ

足の裏の痛みを楽にする方法 【無料】
メールマガジン

読者購読規約 








◆「Facebook限定記事」もあります  ぜひチェックしてみてください






↑ トップに戻る