chti043-sssss
痛風といえば

「足の親指の付け根が腫れ上がって
ものすごく痛くなる」

というイメージがあります。


でも、痛みが起きるのは
親指の付け根だけではありません!

 

足の裏やかかとも痛風によって
激しく痛むことがあるのです。


他にも足の甲、足首、ひざといった
足のあらゆる関節、
それに手首やひじまで痛むことだってあるのです。


そもそも痛風の痛みはなぜ起きるのかというと、

血液中の尿酸という物質が結晶化して、
針のような形状となって関節の組織に突き刺さります。


想像してみて下さい。

関節をほんの少し動かすだけで
無数の針がグサグサと突き刺さるのです。

これは大の大人でも泣き出すという
のもわかりますよね。。


また、足だけでなく
手首やひじにも痛みが出るという人は、
全身の血行が悪くなっている可能性があります。


ただ、足の裏やかかとが痛い時は、
痛風や糖尿病の合併症など内科系の
病気のほかに、足底筋膜炎など
足の病気の可能性もありますから、

病気が何かを確かめるために
整形外科も内科も併設している
総合病院で診てもらうと良いでしょう。




→ 足の裏の 「痛み改善法」 を無料でプレゼント!



  足の裏が痛くなって
  どこに通っても何をしても治らなかった。
  もう諦めていたのですが…

    → 詳しい話はこちら



痛み解決法がわかる無料のメルマガ

足の裏の痛みを楽にする方法 【無料】
メールマガジン

読者購読規約 








◆「Facebook限定記事」もあります  ぜひチェックしてみてください






↑ トップに戻る