年代に合わせてケアをかえるのが素肌美人の条件

水分多め・油分少なめ」が美肌のルール

肌の水分姓は、赤ちゃんのときがいちばん多

く、年々減っていくいっぽうです。

これに対して油分の堅は、赤ちゃんのとき

は少なくて、思春期のころに増え始め、閉経

とともにまた減ります。

これは、女性ホルモンの分泌と同しカーブを

描いています。

肌にとって、とちらが大切かというと、いう

までもなく水分です。

水分の多い肌は透明感ハリがあり、刺激に

対しても抵抗力があります。

油分が多いと雑菌がつきやすく、ニキビもで

きます。

また皮脂は空気で酸化されて、皮膚を刺激す

ることもあり、肌の老化を進めてしまいます