June 2008

June 30, 2008

第1025回「シェフK元教諭」

adf9f1d8.jpgこの旅初めての電車の移動で日本海を眺めながら新潟駅に到着。ホームを下りて改札口に行くと、K元教諭夫婦が迎えに来てくれていた。「お〜、来たねぇ」「とうとう新潟までやって来ました

お二人と堅い握手を交わしながら、タイ東北部ノンカイ以来の再会を祝った。K氏夫婦とは3年前にHY教授の海外研修で学生たちを引率してチェンマイのビエンピンホームに行ったときに、現地で孤児たちのボランティアをされている時にお会いした。

他の場所でボランティアを希望されているK氏に長年活動を続けているノンカイの中学校日本語教師を薦めた。ほんの数分だけの会話だったが翌年2人してM基金のスタディーツアーに参加。

支援している学生の家に泊まり、数日をノンカイで過ごした。
翌年からK氏はノンカイ県のポンチャルン中高学校で教鞭をふるわれた。
元々、新潟県内のいくつかの中学校で社会科を教えていたプロである。
その後シンガポールの日本人学校でも教諭経験をおもちである。

だが、いざノンカイで授業を始めてみると氏が思っていたほどのレベルではなかった。
当然、必須科目ではない日本語の授業は、真剣に学ぶ生徒も少なく、
学校側も、いろんなイベントを優先するがために氏の授業はつぶれることが多かった。
結果的に学期末までにすべてのカリキュラムを終えることなく終了した。

まぁ、これがタイと言えばタイなのだが、
子供たちの将来を考えると、もう少し真剣に学校側も取り組むべきである。
(氏が辞めた翌年から、授業の時間が倍になったそうだ)

何はともあれ、タイでのボランティア活動を終えて新潟に帰国したK氏は
昨年から今年にかけてニュージーランドで5ヶ月間ロングスティされていた。
夫婦そろっての海外ロングスティ。実に素敵で定年後の理想的な夫婦の姿だ。

そんなお二人から「是非、ニュージーランドへ」と誘われていたが、
出国すると失効してしまうタイの滞在ビザの関係でやむなく断念。
代わりに「ならば帰国した際には、是非新潟へ」を約束する。

約束を守る男」としては遠路遙々名古屋から大阪を経由して
縁のある仲間たちに会いながら、なんとか越後に辿り着くことが出来た。

到着後、早速新潟地震でも崩壊しなかった万代橋を渡って新潟市内を案内して貰う。
20万人都市の新潟市は幾度の震災から復興して今の綺麗な町並みが出来たそうだ。
横田めぐみさんが拉致された場所を通り過ぎ、日本海を一望できる展望台に来た。

へぇ〜、地球が丸い
当たり前だが、水平線を見渡しながら改めて地球の形を再認識する。
この日は晴天で佐渡島の端っこが微かに見えた。

その日の夜は、K氏が腕によりをかけてお手製の水餃子をご馳走してくれた。(写真)
氏は普段から料理をするのが得意な方なのでタイやNZに滞在していたときも
ご自分で酒の肴や食事を作っていた。

うぉ〜、美味そう
この日は、2年前にM基金のスタディーツアーにも参加された
氏の友人でもあるI女史も来られた。
こんにちは、ご無沙汰してました
「あらぁ〜、痩せたわねぇ」
I女史はオレのブログを見てくれている1人でもあり胃癌のことは知っていた。
はい、でも今は何でも食べられますよ。お酒もね

I女史もまた元教諭で、かつてはパナマの日本人学校で活躍された経験がある。
なんだか今夜は盛り上がりそうな予感が。
そうこうしているうちに水餃子が出来上がった。
さぁ、食うぞぉ


asia_jiyujin at 03:19|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう

June 29, 2008

第1024回「なごり雪の如く」

275da9b8.jpg「汽車を待つ君の横で〜ぼくは時計を気にしている〜
70年代を代表するフォークグループかぐや姫の伊勢正三が作詞
作曲した「なごり雪」のちにイルカが唄って大ヒットした名曲。

まるでそんなシチュエーションを思わせるワンショットでしょう。
Aみがわざわざ休みを取って富山駅まで見送りに来てくれた。
なんとも本当に心の優しい子なんでしょうね。

ありがとう、おおきに、また来るからね

奈良のM社長といい、大阪のA氏といい、富山の氷見市のK女史といい、
福井のK女教諭に、お茶をたててくれたEに、土星を見せてくれたE子家族。
みんな、みんな、こんなオレのために時間とお金とエネルギーを使って
思い出に残る最大級のお世話をしてくれて、本当に多謝です。

名古屋から大阪まで車で送ってくれた大阪の社長がボソッと言っていた。
「あんたみたいに全国で待ってる人がおる人なんて、
ほんま珍しぃで、羨ましいほど幸せな人やな」
ほんまや。オレりゃあ、ほんまに幸せもんだに。

そう言えば、この旅初めての電車に乗る。
日本海を見ながら日本列島を北上。
これにて富山紀行が終わり、次なる新潟紀行が始まる。
出発進行



asia_jiyujin at 18:11|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

第1023回「念願の富山ラーメン」

f970d14d.jpgKくんとAみはカレー中華を注文した。オレは安住アナウンサーが食べていた普通のスパローラーメンを注文。程なくして出てきたカレー中華を見て唖然。

オレが、以前まで好んで食していたバンコクの
居酒屋寅次郎のカレーうどんと全く同じゃん。
違うのは中に入っている麺だけ。

以前までは、普通のスパローラーメンの注文が圧倒的だったが、
最近はカレー中華も人気だそうだ。
「から〜い」と良いながらも2人して仲良く食べる。
だが、熱さと辛さで滝のような汗がしたたり落ちている。

オレは、普通のスパローラーメンを食べる。
う〜む、ただの醤油風味だな
(この店には味噌味も塩味もない)
どことなく昔懐かしい安っぽい味がする。

でも、化学調味料は使っていないのはスープで分かる。
油分が一切浮いていない。おそらく出汁は魚介類かな。
アッサリとしていて舌にしつこくない味だ。

気が付くと、あっと言うに丼の底が見えていた。

実は富山でAみと待ち合わせをしたときに、
近くに「西山ラーメン」の店を見付けて歓喜した。
西山ラーメンはまさしく北海道を代表する縮れ麺の卵麺。
かな〜り食べたい衝動に駆られたが、今回の旅はどこも短期滞在のため
極力現地の名産、名物を最優先することにした。

念願のスパローなるラーメンが食べられてとても至福の幸せを感じた。
ありがとう。KくんとAみ


asia_jiyujin at 18:05|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう

第1022回「ぴったんこカンカン」

94bb5192.jpg1ヶ月ほど前、テレビで「ぴったんこカンカン」を見たときに
富山新港のスパローなる昔ながらのラーメンを紹介していた。
実は、以前にも熊本で安住アナウンサーが同番組で大平麺
(だったかな?)を紹介した店にも偶然行ったことがあった。

今回は、事前にAみにリクエストしていたのだが、オレが
富山に来る前に旦那と一緒に現地をリサーチしてくれていた。
なんとも優しい夫婦でしょうね。重ね重ね感謝である。

それにしても、看板にでっかく書いてある「カレー中華」
カレーうどんは食べたことがあるが、ラーメンは珍しい。
看板の真ん中に「ぴったんこカンカン」のシールが貼ってある。

では、さっそく入ってみましょう


asia_jiyujin at 18:01|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう

第1021回「海の貴婦人海王丸」

9931db4a.jpg地球を50周もしたと言われる海王丸。
将来海の仕事に就く男たちを何万人も育てた船だ。
確かにその姿は気品ある貴婦人の風格が漂う。

白い帆を張ればその雄大さは、
きっと言葉に出来ないほどの存在感だろう。
今は現役を引退してただ静かに新港に浮かんでいる。

この日初めて日本海を見た。
風もなく穏やかな凪が続く。
水平線まで続く海はどこまでも広い。
オレの存在感も消えるほどデカいぞ。


asia_jiyujin at 17:57|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう

第1020回「木彫りの町を歩く」

978d2a83.jpg世界遺産の白川郷を後にして木彫りの町へやって来た。
町の外れにある「瑞泉寺」は重要文化財の建物。
寺に続く石畳の道は、まさしく城下町の風情を残している。

KくんとAみは、本当に仲が良い。大学時代からの付き合いらしいが、見ていると兄妹のような関係に思えてくる。たぶん、ケンカなんかしないカップルだろう。

オレが感心したのは、旦那のKくんはAみが言うことに対して
まったく反論的言動を発しないことだ。どんなときでも必ず
「そうだね」と肯定する。これがもし若いときにオレが
習得していたらバツイチになることはなかったかもね。

結婚時代のオレは、常に嫁に対して理路整然に理詰めで攻めた。
そうだね」と言う前に「いや」「しかし」「でも」と
妻の話を全面的に否定する事が多かった。

離婚してタイで暮らすようになってから、
肯定して生きる事が幸せに繋がることを僧侶に教えて貰った。
女は話を聞いてもらいたいだけであり、
その話に対して反論なんて以ての外であることを悟った。

女は、すべてを話すことでストレスの発散になる生き物である。
そのことを、若い特に悟っていていれば・・・・・。
Kくんは、若いながらすでに習得している。

人の振り見て我が振り直せ
いやはや、若いカップルに改めて教えて頂いた。


asia_jiyujin at 17:54|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

第1019回「石割豆腐&白川蕎麦」

7d4c0e6e.jpg昼食は展望台の食堂で名物の蕎麦と豆腐を食べることに。
程なくして出てきた蕎麦を食べる。
かてぇ
五平餅を頼んで食べていたAみが、石割豆腐を食べる。
堅いわ
旦那のKさんが石割豆腐と白川蕎麦を食べる。
堅い

昨年帰国したときに歌舞伎町の沖縄料理店で
ジーマーミー豆腐にハマったオレとしては、
あのマッタリとした食感が忘れられない。
石割豆腐は、名前の如く石を割るほど堅いのかね。
まるでコウヤ豆腐ばりな歯ごたえだった。

名物に旨いもの無し」と言うが、
どうやら白川村の名産は「堅い」のが旨味なのかもしれない。

でも、案外堅めの白川蕎麦は中々風味があって美味かったな。
それにしても、関西から近畿に移動しても「らーめん」の
看板を見かけないのが寂しい・・・・・。


asia_jiyujin at 17:49|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう

第1018回「重要文化財和田家」

6125e93c.jpg白川村の合掌造り集落で最大の規模を誇る和田家。(写真)
式台付きの玄関など格式の高い造りを持ち、江戸初期と
見られる建築文化の粋を今日に忍ばせている。

和田家は天正元年(1573)以来、代々弥右衛門の名を
継ぎながら江戸時代には庄屋や番所役人を務めるとともに、
白川郷の重要な現金収入源であった塩硝の取引で栄えた。

明治21年には市町村制の公布により白川村が誕生。
和田弥右衛門は初代の村長に選ばれている。
それにしても長い歴史を感じさせる家だね
思わずタイの少数山岳民族の家を連想してしまった。


asia_jiyujin at 17:43|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

第1017回「悲しい日本人の性」

1e9244ea.jpg重厚な藁葺き合掌造りの家が軒を並べている。(写真)
まるで時代劇にでも出てきそうなハリボテのセットのようだ。
だが、武士も商人も町娘の姿もない。

行き交う人は地方から来た年輩の観光客が目立つ。
中には香港や西欧から来た外国人も見かける。
テレビタレントや芸能人も番組の企画で多く訪問している。
ちょうどこの日は、女優の渡辺えり子も取材か何かで来ていた。

食堂のおばちゃんたちが、挙って一緒に写真を撮っていた。
タイでは芸能人を見かけても、写真を強請ることは少ない。
一般人と同じように普通に買い物をしたり映画も見る。

人集りが出来るのは、日本人特有の悲しい性なんでしょうかね。
と、良いながらオレもカメラを取り出してパチリ


asia_jiyujin at 17:37|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう

第1016回「世界遺産白川郷」

cbddb346.jpg帰国して以来、いったいいくつの世界文化遺産や重要文化財を見てきたのだろう。奈良の東大寺に法隆寺。京都の金閣寺や清水寺。金沢の兼六園や福井の永平寺。中には国宝もあった。

Aみと旦那さんのKくんが連れてきてくれた場所は岐阜県の白川村。平成7年12月9日にユネスコの世界遺産に登録された白川村萩町の合掌造り集落。正確には「世界文化遺産国選定重要伝統的建造物群保存地区の萩町合掌造り集落白川郷」である。

厳しい地形と気候風土のなかで培われた独特な生活体系。我国における大型木造住宅の集落の典型を示す白川郷の佇まいは心の故郷として人類共有のかけがえのない財産。

梅雨入りした北陸地方だが、今日は快晴。
丘の上にある展望台から見る集落は、まさに「日本むかし話」
にでも登場してきそうな山間の古びた山村集落。

いやぁ〜、のどかだ。心が和みますわい
良いところに連れてきて貰った。以前、NHKで見たことがある村だが
まさか自分がその場所に立つとは思わなかった。

実際に自分の目で見ると、絶景を超えてその雄大さはまるで桃源郷。
見下ろす集落はプラモのジオラマに見えるが、実際にそこに生活している村人がいる。
冬の厳し寒さの中でも、豪雪に負けずに息づく村。
すげぇや
しばらく、ぼーーーーっとしながら時が過ぎる。


asia_jiyujin at 17:31|PermalinkComments(0) 気ままな流浪的旅日記 | 藤岡わこう