April 2010

April 30, 2010

第1900回「沼津にも孫生まれる」

1900「沼津にも孫生まれる」

オイラをアニキと慕ってくれる沼津のT社長からメールが届いた。
先日、一児の母になったY子のネタを拝読されたようで、
「沼津にも藤岡さんの孫が居ます」と写真が送られてきた。

藤岡 様
たいへんご無沙汰をしております。静岡沼津のTです。
先日まで、日本ではバンコクの情勢が悪いと連日報道しておりましたが、
藤岡さんのブログを拝見する限りでは、バンコク全体が危険ではない
ようで、安心しました。

日本は相変わらず不況です。4月も後半なのに、静岡なのに、寒いです。
一時暖かい(暑い)日もありましたが、すぐ雨が降って寒くなりますョ。
円高のはずなのにガソリンはドンドン値上がりするし、高速道路の料金
や米軍の普天間基地問題については国会で二転三転・・・。
ま、結局、民主党が政権を取っても国民の生活は何も変わっていない
というのが実情ですね。

弊社に至っては、悪いながらも少しずつ回復基調。
この5月連休はCAPAを超える仕事を受けております。

(中略)

さて、当家では昨年の12月22日に無事二男が誕生しました。
予定より1ヶ月早く生まれたため、2000g弱の未熟児でしたが、
その後は順調に育っております。

藤岡さんの孫?が沼津にも居るということです。(笑)
一応、写真を添付させていただきました。
時々、こういう顔で私を睨むんですょ・・・
ヤンキー(=女房)になりませんように!(祈)

沼津の皆も元気にやっております。
今年も藤岡さんが来られることを心よりお待ちしております。



いやぁ〜、何とも嬉しい便りでしょ。至福の限りです。
Tさん、お目出度う御座います
確かにメンチ切ってますな。こりゃあ、将来が楽しみやね。
今年も帰国したら沼津に行く楽しみが1つ増えました。

思えば、沼津では毎回帰国する度に駿河湾で捕れた絶品の旨い幸など
至高のお持て成しを受けている。銘酒に肴にそして気の合う仲間たち。
さらには富士山の麓の銘泉巡り。「も〜う、たまりませんわい

因みに、一児の母になったY子と沼津のT社長ですが、本人たちは
知らないでしょうけど、実は以前帰国した時に新宿歌舞伎町で
アジアンジャンキー会を開催したときに一緒に飲んだ仲なんですよね。
偶然とはいえ、ほんとタイで繋がった「」って面白いです。

東京、千葉、兵庫、そして静岡。やがて神奈川、
山梨、長野、富山、新潟にも生まれるんだろうな。
北海道に血の繋がった孫が生まれる日はいつのことだろう。



タイブロガーランキング実行中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 02:40|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 29, 2010

第1899回「NHKおはよう日本」

1899「NHKおはよう日本」

先月の3月末頃から妙にハマっている番組がある。
朝4時から放送しているNHKの「おはよう日本
タイと2時間の時差がある日本では朝6時から放送。

ハマったのは番組担当のアナウンサー鈴木奈穂子女史。
如何にも「NHK」的な精粗で理知的な顔立ちをしている。
最初に見たときは、冬の稲妻に撃たれたような衝撃を受けた。
オイラにとっては数年ぶりの“どストライク”な理想的な女性。

もし、いま目の前にいたら迷わず「嫁になってくんろ」と、
己の年齢も気にせずにありったけの勇気を振り絞って
口とくやろうなぁ。「いやぁ〜、世の中いるもんです

自分でも驚いた。“一目惚れ”ってこういう心理的現象を言うんだね。
いやはや、人生を折り返してからこげなインパクトは久しぶりで御座る。
だが、如何せんここは異国です。どうにもこうにも成りませぬ。
だから、平日の毎朝4時から理想の女性を観るのが日課になった。

NHKの公式ホームページから鈴木アナの画像を転写しようと思ったら
無断転載・転用を禁じます」になっていた。仕方ないからテレビ放送を撮る。
興味がある方は、是非早起きして観ておくんなまし。

番組が始まった当初は月曜日から水曜日までは長い髪を後ろで束ねていた。
うなじが見えるポニーテール好きなオイラにしてはレベルが2コ上がる。
これできつめの眼鏡でも掛けてくれれば・・・。

いかん、妄想癖が・・・

入局して7年目という彼女は、推定28か29歳。丁度いいじゃん。
(何が丁度えぇんねん?)以前までは、四国の高松、松山放送局にいたらしい。

兎に角、毎朝4時から理知的な彼女の顔を見るのが愉しみになった。
液晶テレビに代えてからは特に画像が綺麗で飽きないのだ。
えぇねぇ。そんじょそこらの歌手やモデルよりよっぽどえぇやん

オイラの私生活をよくご存知でない方は「オマエは朝の4時に
何をやっとんねん」と思うでしょ。執筆作業をしております。
電話が鳴る事もなく一日で一番はかどる時間帯なのです。

就寝は朝6時の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を観てから。
もっとも最近では、かなりずれこんで朝9時頃に寝ている。
で、起きるのは午後の15時過ぎ。

は、は、は、は、は・・・
まさに一番暑い時間帯に寝ているわけで。
ある程度気温が下がってから活動している。

まったくもって世間一般の人たちとは、
まるで逆のライフタイムで生きております。
でも、たまに太陽に当たらないと身体が光合出来ない。

日本からの訪タイ客が来ない限り、このライフスタイルは変わらない。
政府が近々強制排除に打って出るらしいが、武力では何の解決にも繋がらない。
かといって、デモ活動で簡単に政権が変わるようではまた同じ事が起きかねない。

2年前は前政権党の解党により空港を占拠した黄服軍団のデモ活動が終結した。
抗争無き無血の一番の解決策は司法が握っているのに今回は何故動かないんだろう。

ま、この分では来月もライフスタイルは変わることなく朝4時からの
おはよう日本”を観ながら日々時勢を肌で感じながら生きているでしょう。



タイブロガーランキング実行中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 06:11|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 28, 2010

第1898回「京都豆生庵の松御膳」

1898「京都豆生庵の松御膳」

もうひとつはランチタイムだけの「松御膳
あぁ、これもえぇなぁ〜
適度に冷えた銘酒を片手に、「クイっとさ・・・」
あぁ、きっと俗世間を離れた至福のひと時だろうなぁ。

そもそも、こういう旨味が堪能出来る京都料理店って
バンコクには存在しないのか。この間までタニヤにあった
おばんざい亭」という居酒屋もいつの間にか閉店していたし。

飽くなき食の探求者。いま一番ハマっているのは
牛野家】のカレーうどん。マジ旨いっす。



asia_jiyujin at 10:26|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

第1897回「我が母上様は弁達者」

1897「京都西陣の豆生庵」

未だタイ政府は具体的な打開策を見い出せずに膠着状態が続いている。
「テレビ観てるけど、そっちは大丈夫なんかい
そのうち掛かってくるだろうと思っていた母上様から、
とうとう昨夜、心配した声で国際電話が掛かってきた。

長年変わらぬ懐かしい道産子弁です。
テレビで報道しているほど現地は危なかないって
「あんた、まさか近くまで行って取材してるんじゃないんだろうね」

まさか、オレが行くわけないでしょ
近くまで行きましたが、心配するから敢えて伏せておく。
胃癌手術からちょうど丸4年。酒もタバコも止めてませんが
日々健康に精進しておりますと、嘘も方便。

オレの声を聞いて安心したのか、その後彼女は堰を切ったように話し始めた。
最近の異常気象により野菜が高騰している不満話や、父方の叔父さんが1ヶ月前に
癌で無くなったこと。息子や元嫁から電話が来たこと。振り込め詐欺っぽい電話が
来たこと。地デジ対応のテレビの話題や最近格安で温泉に入れる私設が出来たこなど、
へぇ〜、ほぉ〜、そうなんだ」と適当に頷きながら実に45分間も話し続けた。

今年で78歳(かな・・・)父親が他界した後、女手1人で息子
2人を育てた気丈な彼女は、後期高齢者になった今でもボケることなく
オレなんかよりもはるかに弁達者で元気そうに思えた。

久しぶりに母親の声を聞いて胃が反応した。
グゥ、グゥ〜」胃は正直である。急に胃が鳴り空腹を感じた。
煮込料理が食いてぇ」男はやはり母味似の料理を求めてしまう。

ふと、先日観た民放のバラエティ番組の【ぷっスマ】を思い出した。
普段は観ることもないような番組だが、題名が「春の京都穴場グルメ
だったのでつい思わず興味を持って観てみた。

思えば、昨年は大阪のA氏に待望の京都の祇園で舞妓haaaan
遊びを堪能させて貰って以来、想いは常に宮川町“ふく帆”はん。
未だにオイラの携帯電話の待受画面はハンナリした“ふく帆”はんである。

「くっだらないわねぇ」と言ってくれるな。
男子には他人に分かり得ぬつまらん拘りがあるのですな。
ま、実際の興味は「京都のグルメ」にある。

2年前に連れて行って頂いた銀閣寺近くでご馳になった湯豆腐鍋は
まさに歴史を遡った格別の味。さらに、奈良の法隆寺の近くで食べた
柿の葉鮨は「地球が滅亡する前に食べたいグルメ」のベスト3に入った。

さて、話を本題に戻すと、番組で紹介された【豆生庵】のセットメニューは
14品がついて3,150円という庶民にとってはなんともリーズナブルな価格。
目の前でにがりを加えた造り立ての豆腐は、まさに地上の旨味の極みに見えた。



タイブロガーランキング実行中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 10:02|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 27, 2010

第1896回「久しぶりに孫増える」

1896「久しぶりに孫増える」

「ご無沙汰しています。Y子です。
変わりありませんか??
その後、体調はどう???

ご連絡が遅くなってしまったけれど、
タイの状況が連日日本でも放映されています。
Jさんは大丈夫??
Jさんの住んでいるところの間近というわけでは無さそうだけど
知り合いの人でデモに参加している人などいない?

日本のテレビだと、首相対タクシン、軍対農村出身のデモ隊という
構図での闘いということだけど、真実はそうなの?
Jさんも、取材に行く際には、あまり無理しないように、
本当に気をつけてくださいね」


昨年の秋に帰国したときは臨月間近で会えなかったY子からの
メールだった。彼女もまた、先日のK嬢と同じように大学こそ
違えど卒業後にタイに語学留学して福祉を学んだ女史の1人。

その彼女も、今や一児の母になって子育てに追われている。
昔、タイで「」が出来た子がやがて結婚して母親になっていく。
今だに切れないその「深い縁」が続いているだけに、オイラにして
みれば授かった子供はみんな孫に思えてくる。当然、血繋はないけどね。


さて、メールの続きである。
「今は育休中。子どもももうすぐ5ヶ月とあっという間に大きくなりました。
名前は「優菜」です。髪が薄くて眉毛が太くて凛々しい男の子みたいな子だけど、
本当に可愛いわが子です。ほんと、わが子はかわいいねー。

Jさんの息子さんも、もう大学生なのですね。
Jさんと出会った頃は、まだ小学生だった気がしますから、
時の流れの早さには驚きます。
うちの優菜もあっと言うまに大きくなってきて、
毎日小さな発見があって楽しいですよ。

どんな子であれ、わが子はかわいいですね。
元々子どもは好きだけど、わが子は本当に目に入れても痛くない。
私に似ていないってよく言われますが、どうなんでしょう??」



ふ〜む
確かに目鼻立ちがハッキリして凛々しい目つきをしておる。
可愛いなぁ〜」我が子だけでなく子供は将来の国の宝である。

そう言えば、昔離婚後に渡タイしてからボランティアに携わる頃だった。
「アジアの子供が平和に暮らせる日を願って・・・」なんてぇことを
別れた元嫁に言ったら「あら、先ずは自分の子供でしょ」と怒られた。
ごもっとも・・・

Y子。お目出度う
今度帰国したら抱かせてくんろ。



タイブロガーランキングに参加中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 03:21|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 26, 2010

第1895回「タニヤ治安部隊配置」

1895「タニヤ治安部隊配置」

無差別爆弾攻撃事件から2日後の土曜日夜にタニヤの取材へ行ってきた。
事件発生後はBTSと地下鉄が朝6時から運行したが19時には閉鎖になった。
仕方なくタクシーで向かうもUDDと治安部隊がにらみ合っている交差点付近
が妙に薄暗くただならぬ不気味な静けさが漂っていた。

ふと強い衝撃に駆られた。「ここで止めてくれ」問題の交差点を過ぎてから
すぐに車を止めて降りた。しばらく周辺を見渡すも「はてテレビで観た
あの激化した抗争の痕跡もなく不思議と平穏そうに見える。

大量の竹木とタイヤを積み上げて作った砦の向こう側には赤服軍団が集結
しているルンピニ公園がある。だが、砦が高すぎて中の様子が見えない。
極めて当然というような大規模な集会。時折聞こえてくる大声と奇声。

こちら側の交差点の最前列には完全武装の治安部隊がジッと成りを潜めて待機。
シーロム通り側にはバリケードが配置されていたが通行禁止ではないらしい。
数台のタクシーがスピードを緩めて通り過ぎる。いつも露店が建ち並んでいた
通りには人影もなく閑散としていた。まるで映画のセットのようなゴーストタウン。

いつも見慣れていた異様な活気と観光客で賑わっていたシーロム通り。
それがデパートも飲食店も殆どの店のガレージが閉まり妙に薄暗い。
オレンジ色の街灯が街全体を古くさいセピア色に染めていた。不気味と
言うよりは無性に現実離れした光景に奇妙な違和感を覚える。

しばし足を止めていたが、我に返りタニヤ通りに足を踏み入れた。
軍や警察のトラックが何台も駐車している。自動小銃を肩から提げた迷彩服の
治安部隊が数カ所に別れて立っている。タニヤ嬢と談笑しているヤツもいる。

緊張感などまったくない。むしろ彼らにとっては、普段は絶対に足を踏み入れる
こともない美系タイ人女性たちが働く遊郭のような街に戸惑いを感じているように
見える。歓楽街に殺傷能力を持ったM-16を所持した兵士の姿はやはり異様な光景に写る。

取材先の店で現状を訊いてみたがが、特に普段と変わった様子はない。
通りのキャバ嬢たちも不安や緊張もなくいつもの屈託のない明るい笑顔。
「フジさ〜ん。取材に来たの?」
おぉ、まあな。店は大丈夫だったか
「全然、みんな平気よ」
感心するほど彼女たちは強い。

この夜、数軒の店を回ったがお客はどこも疎らで盛況さはない。
来週には待望のゴールデンウィークだが、日本旅行やJTBなどの
大手旅行会社が軒並みツアーのキャンセルを決定している。
おそらくは外務省の危険レベルを一段階上げた事による判断だろう。

どうも日本の外務省は自国の民に対して過保護すぎる。確かに不測の
事態に巻き込まれれば責任追求を受けるのは外務省であり国だ。
一応、危険レベルを上げることによって責任逃れになるのかね。

確かに海外旅行はあくまでも自己責任だが不測の事態は日本でも起こりえる。
仮にパックツアーであっても、そういう場所にさえ近づかなければいいこと。
自由時間に自ら足を踏み入れる勇気ある旅行者もいないだろうし。

1年でもっとも稼ぎ時のゴールデンウィーク時期なのに、やむなく
キャンセルを決めるのは旅行会社の首脳陣も苦渋の選択に違いない。

津波だ、新型インフルエンザだ、暴動だと、毎年、毎年、修練のように
大きな問題が発生するタイ。その度に観光業界や経済界が大きな損失を
被っている。それでも国は破綻しないでそれなりに国民が食べていけている。
まことに不思議な仏教国。

因みに、こんな状況でもタニヤ街に飲みに出ている日本人観光客がいた。
無謀な行為というよりは飽くなき探求者。まさしくお店にとっては
神様”・・・いえ、“お釈迦様”かな。

そう言えば、かなり昔にインドネシアのジョグジャカルタに取材に行った時に
スカルト大統領が失脚して大規模なデモ活動が勃発する矢先だった。
当然、現地の日本大使館から外出を控えた戒厳令が発令されていたが、
オレは現地で知り合った日本人とブロックMと言われる歓楽街に出掛けた。

今考えてみれば確かに無謀な行動だが、現地の現状を一番知り得ている邦人の
「大丈夫さ」という根拠のない安易な言葉に恐怖心よりも探求心の方が勝った。
駆け出しのあの頃は、裏付けのない自信と無謀な探求者だったんでしょうね。
今・・・ですか、もはや分別を弁えた臆病な探求者のはずです。

あの頃のワクワク、ドキドキしていたアンダーグランド的な闇の取材に比べて
今や眩いネオンと原色のライトに身を包まれた最前線で妙艶な美女たちの取材。
何だか平和でかつ友好的なぬるま湯に浸かったような仕事に思えてきた。

これでいいのだ

噂では、今日の午後には政府側から何らかの展開があるようですが、
もし治安部隊が強制排除に乗り出せば再び現場が血の惨劇になる。
あぁ、今夜タニヤの取材があるのですが・・・、行きたくねぇな。



タイブロガーランキング実行中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 07:49|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 25, 2010

第1894回「極旨の茶碗蒸し発売」

1894「画期的な極旨茶碗蒸」

前回に引き続き、これまた待望の極旨茶碗蒸しが発売になった。
最初見たときは【KCF】の文字が、あの【KFC】と見間違えて
ほぉ〜、カーネルサンダーさんもとうとう和食に進出したのか
と勘違いしてしまった。ロゴが似ていて紛らわしい。

食べてみると、これまたとっても期待通りの美味い味でねぇかい。
椎茸の微妙な香りと濃厚なタマゴの旨味が口の中で広がる。
嬉しいねぇ。プリン同様、開発途上国でこの味は合格。

因みに価格は1個15B(約43円)。
プリン同様、コンビニに買い物に行って茶碗蒸しがあれば根刮ぎ
買い占めようと思っても大概の場合は3,4個しか在庫がない。

いずれにしてもオイラの食べられる食材が増えたと言うことは
非常に喜ばしいことで御座います。実を言うと、2ヶ月ほど前に
超多忙でストレスが溜まりすぎて、つい歯を食いしばったら
昨年帰国したときに治療した歯が根本から壊れちゃったんです。
そんな訳で、今は歯力が必要な堅いモノが殆ど食べられない。

歯が壊れる前から餃子や小龍包や卵料理を好んで食べていたと
いうことは、すでに老化現象が始まってた証拠やんね。グスン

昨日、札幌と名古屋から訪タイした社長さんから電話が来た。
「バンコクは危ないっしょ。取材やめてパタヤまで来いばいっしょ」
そう、彼ら3人は非常事態宣言が発令されているバンコク都内を避けて
空港から真っ直ぐ東洋のリビエラと言われるパタヤに向かいました。

連日彼らはゴルフです。日中40℃を超える殺人的な炎天下で
のんびりゴルフをやるなんてオイラには信じらんないっす。
せいぜい熱中症にならないように気をつけておくんなまし。

それよりも爆弾騒ぎでタニヤにキャバ嬢が出勤してこないらしい。
確かにタニヤ通りに治安部隊がずらっと並んでいる異常な状況では
強制的に出勤はさせられないだろうしね。おまけにこの状況では
さすがに現地駐在員や日本からの観光客は二の足を踏むだろうし。

はてさて「困ったぞ」〆切日までに取材が終わるんだろうか。
その時はタニヤを諦めてスクンビット特集でもやろうかしらん。


タイブロガーランキング参加中故に【タイブログ】をポチポチって押して下さい

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤岡わこう 

April 24, 2010

第1893回「待望の新商品プリン」

1893「待望の新商品プリン」

2日前の爆弾騒ぎ以来、TVとネットのニュースに目が離せない。
非常事態宣言発令中】改めて異国にいることを認識してしまう。
抗争が勃発する度に死傷者が増える。政府は手をこまねくばかり。

具体的な打開策を見いだせない現首相の力不足に経済界や一般市民も
苛立ちをつのらせるばかり。苛立ちはタイ人だけでなく日系企業を
初めとする多くの外資系企業の経営者たちも困惑しているだろう。

「もうや〜めた。ハイ解散」と現首相が宣言すれば即時終結。
翌日にはいつもと変わらぬタイ人たちの日常生活に戻るシナリオ。
根本的な打開策には繋がらないが、当面の経済界は復活する。

正直、このネタも飽きたので新商品発売ネタを1つ。
出ました。とうとう出ました。待望のプリン
かつて開けるのに一苦労したクソ美味くもない
限りなくクオリティの低いプリンはいくつか存在していた。
専門のベーカリー店にはあるけど先進国並みのクオリティと
日本と変わらぬ価格故になかなか気軽には手が出ない。

胃を切って以来、かねがね日本のコンビニで普通に
売っているプッチンプリンのような極々普通のプリンは
この国では開発出来んのだろうか、と切望していた。

先日、現地のフリー誌で今の日本食ブームの火付け役的存在でもある
oishi】グループが新商品のプリンの記事が掲載されていた。

やったー
今や食に喜びを見いだすオイラにとっては久々に心が躍る思いだった。
だってねぇ、この国はオイラが気に入ったモノがいつの間にか消えて
いることが多いのね。例えば「チューブ型のコンデンスミルク」に始まり
一時期やたらハマった「かにかま」に「サンポール」のようなトイレ洗浄剤。

いつも普通に買っていた「お気に入り」がいつの間にか商品棚から
無くなっている。まぁ、外国人のオイラがいくら懇願したところで
復活はしないだろうし、所詮1+1が2にならない国では諦めが肝心。

で、早速買ってみたら、これがとっても簡単に開く。
食べてみたらこれまたプッチンプリンとほぼ同等の味やん。
うまかぁ〜
嬉しくなっちゃった。開発途上国でこの味は合格。

因みに価格は1個13B(約37円)抹茶味も同時発売。
仕事帰りにコンビニよってこのプリンがあると
思わず5個でも10個でもあるだけ買い占めてしまう。

だって、この国はいつ発売停止になるか分からんけんね



タイブロガーランキング参加中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ



asia_jiyujin at 07:44|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

April 23, 2010

第1892回「ビジネス街爆弾攻撃」

1892「ビジネス街連続爆弾」

「シーロムで1人死んだよ」
とうとう銃撃戦が始まったのか
昨夜スクンビット33で取材中に店の子が血相を変えていた。

2日前からラマ4世通りを挟んでルンピニ公園側と
シーロム通り側で赤服軍団と治安部隊が睨めっこ状態。
帰れ来るな」占拠を阻止する多くの一般市民までもが
罵声を発しながら赤服軍団目掛けて空瓶や石を投げつけていた。

もし赤服軍団がシーロム通りを占拠したら、それこそ多くの
企業や銀行が機能しなくなる。タニヤの日本人クラブや
飲食店も全店閉業に追い込まれる。阻止は必死だった。
まさしく一触即発状態が続いていた矢先だった。

「爆弾が次から次に5箇所で爆発したんだって」
げっ、今度は爆弾かよ
(報道ではグルネードランチャーで打ち込んできたらしい)
「怪我人もたくさんでたらしいわよ」

昨夜午後8時頃、UDD(反独裁民主統一戦線)の赤服デモ隊の
シーロム通り占拠を防ぐために各所に軍や警察の治安部隊が
配置されていた場所に小型ミサイルM79が撃ち込まれタイ人
女性1人が死亡。80人以上の負傷者を出す惨事になった。

この騒ぎでBTSも地下鉄も閉鎖になった。
おいおい、どうすんだよぉ〜
明晩タニヤで取材が入っているのに。
万が一、不測の事態に巻き込まれたら・・・。
(今朝TVニュースを見たら開通していた)

爆発に巻き込まれて日本人負傷
新聞の一面が目に浮かぶ。
おぉ、怖ぇ

益々過激化するタイ政府対赤服軍団の情勢。
もはや大規模集会というよりは農民一揆かクーデターだ。
常々「とばっちり」を避けてきた身としては不安がつのる。

ゴールデンウィークにタイに遊びに来られる観光客の方々。
くれぐれもシーロム通りにはお近づきにならないように。
代わりにスクンビット界隈の歓楽街は今のところ平穏です。



タイブロガーランキング実践中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 09:58|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 22, 2010

第1891回「キャンセルが相次ぐ」

1891「キャンセルが相次ぐ」

「早速ですが、バンコク旅行を計画していましたが、
タイの政情不安が毎日TVで報道されているため延期にします。
申し訳ありませんが、また改めて日程を検討させて頂きます」

あ〜ぁ、やっぱりね
6人で訪タイする予定だった関東の某社長さんからのキャンセルメール。

「しばらく情勢を見てからまた連絡します」
先日の札幌の某社長さんも、家族や周囲から
反対されているのか未だに連絡は来ていない。

日本人カメラマンを含む25人が抗争に巻き込まれて死亡したニュースを
観れば、さすがに日本人は心配になる。昨年のゴールデンウィークは
新型インフルエンザの影響で訪タイ客が激減。今年はデモ騒動で減少。

今のところオイラが住んでいるスクンビット地区やタニヤ、ゴルフ場、
観光地に関してはまったく影響はないけど、赤服軍団はとうとうビジネス街や
歓楽街があるシーロム通りの寸前まで拡大している。こういうニュースが
流れればさすがに日本人は敏感なだけに二の足を踏むだろうね。

長引けば、益々観光業界を初めとする各種の経済界に影響が出る。
近日中に現政党の民主党が解党に追い込まれる噂が流れているが、
2年前に黄服軍団が空港を占拠して前政権を解党に追い込んだ時の
ようになるのかね。

ま、そうなれば選挙になり赤服軍団のデモ活動もようやく終結する。
でも、しばらくは観光客が戻ることはないだろうな。建設的なのか、
破壊的なのか。この国はシミュレーションゲームのリセットボタンを
押すように、いつも造っては壊し壊しては造っているように見える。

そう言えば、昨年は新型インフルエンザで断念したK嬢夫婦が、
6月に新婚旅行で訪タイする連絡が来たけど、やはり今回の騒動で
職場の上司から反対されているらしい。

問題ないよ」と言いたいが、かつて長期間滞在しながらボランティア
活動していたK嬢と違って、初めて訪タイする旦那にしてみれば
東南アジアの数万人規模のデモ活動はかなりの驚異に見えるだろうな。

今年こそは是非タイに来て欲しいのですがね。



タイブロガーランキング実践中故に【タイブログ】をポチポチって押してね

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 03:30|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう