January 2011

January 18, 2011

第2069回「波乱を予感させる夢」

2609「ピラミッドフォー」


今年の初夢は富士山も鷹も茄子に纏わるものは一切登場せず、
タイとビルマの国境沿いの町で働かされている幼い娼婦たちを
救出するという、まるで映画「闇の子供たち」を地でいった
リアルで生々しい夢だった。

いったいこれは何を象徴する意味なのかしらん、と思いつつも
前日に北部アレクサンドリアで爆弾テロが勃発したエジプトに発つ。

10時間のフライト後に朝6時にカイロ空港に到着したら、な〜んと12℃。
ざみぃよぉ〜

近年こんな寒さを体験したことがないオイラには絶えきれない外気温だ。
で、カイロで13年ぶりに新聞社支局の同郷のB氏と会いピラミッドや
スフィンクスを観光。エジプトワインや地元料理も堪能。

2069「スフィンクスとキス」

スフィンクスとキス。これは合成写真では御座いません

カイロから飛行機で南下したルクソールではJICAで赴任しているR嬢と再会し
ツタンカーメンが葬られていた王家の谷やハトシェプスト王女葬祭殿、
世界最大の大きさを誇るカルナック神殿、ルクソール神殿、気球などを堪能。

で、バンコクに戻る日にルクソールの国内線で乗るべき飛行機が1時間リレー。
カイロ空港に到着したときはトランジットの乗り継ぎが僅か30分しかない。
ツタンカーメンチョコもスフィンクス饅頭も買う時間が無く(そんなもん売っ
てんのか?)ひたすら空港をかっとんでなんとか15分前に機上。やれやれ。

ところが、バンコクに到着して誰よりも早くイミグレに行けるファーストトラック
サービスでカートに乗って入管に行ったらオイラの1年ビザが1月12日で満期。
滞在期間が僅か1日というハプニングが発生。もし13日に入国していればビザ無しで
30日間滞在出来たのだが、マルチリエントリーを取得してる場合はビザが優先する。

2069「ビザ更新」


オーマイゴットオレとしたことが・・・

急いでビザ申請会社に連絡して助けを求めるも期限がギリギリなので何とも
言えないと。急いで街に戻り銀行での残高証明書や写真などの書類を持って
申請を頼んだが結局入管の担当者にナームチャー(袖の下)を渡し、再び
1年ビザを更新して何とかオーバースティ(罰金500B/日)は回避できた。

はぁ〜、やれやれでんがな

2069「冷蔵庫」


ところが、今度は自宅に戻ったら年末から調子が悪かった冷蔵庫が完全に故障。
急遽冷蔵を買いに行くハメに。さらにその日の夜に和歌山から来た友人S嬢から
連絡。「今夜の便で帰国するから一緒に晩餐をしましょう」と。

おぉ〜、今日はなんちゅう忙しい日なんじゃい
もしかしてこれってファラオの呪いかしらん。

でもまぁ、イスラム圏でひたすら我慢していた酒だけに新築移転したばかりの
馴染みの居酒屋“寅次郎”で山廃の美酒と寿司をたらふく堪能した。エジプトの
コシャリも旨かったけど、やっぱ日本人には和食が最高じゃけん。

それにしても2日の朝に見た初夢は、まさに今年の波乱や乱世を予感させる
ちょいと生々しい内容だったもんな。ま、何が起きても対処できるだけの
スキルを身につけておかなアカンようです。


尚、11日にバンコクに戻って来てから次から次にハプニングやアクシデントが発生。
さらに今週初めから札幌からゴルフ組が訪タイ。木曜日は千葉から。さらに日曜日からは
札幌の某会社の慰安旅行。んで月末には毎年恒例のNGOスタディツアーが始まる。
さらにさらに2月に入ってからも・・・・ま、この時期は毎年超多忙なのよね。
そんなんで、いずれ手が空きましたら喜怒哀楽エジプト紀行のブログを執筆致します。

マッサラーム


良い初夢見た人は【タイブログ】をポチポチって押して下さいませ

キングオブタイブログ





asia_jiyujin at 08:51|PermalinkComments(9) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 02, 2011

第2068回「まさかの爆弾テロ」

2068「まさかの爆弾テロ」

エジプト北部アレクサンドリアの教会前で爆発した車(AP)

毎年何かが起きるタイですが、今年は爆弾同時テロも花火による
火災もなく、まるで嵐の前の静けさのようにやんわりと年が明けた。
時折サイレンを鳴らした緊急車両がけたたましく窓下を走り抜けるが
まぁ、おそらくは例年の如く新年を祝った飲酒運転による事故だろう。

ところがだ、突然突拍子のないニュースが飛び込んできた。

エジプト北部アレクサンドリアで1日午前0時半。キリスト教の一派
コプト教の教会を狙った自動車爆弾テロがあり、新年のミサに訪れて
いた信徒ら21人が死亡、40人以上が負傷した。


げっ、マジかよ

バンコクでも反政府と思われる爆弾を使った小規模なテロ事件は散発的に
起きているがまさかエジプトでもかよ、である。ましてよりによって
明日からエジプトに飛ぶと言うのに最悪のタイミングである。
やれやれ」外務省から渡航延期などの勧告が出そうだな。

今やタイでもエジプトでも世界中至る所で爆弾テロは起きている。
イチイチ気にしていたら何処にも行けなくなるが、やっかいなのは
空港や施設での手荷物チェックがやたらと厳しくなることだ。

以前、爆弾テロ事件後に行ったフィリピンのマニラでは電車に乗る時も
デパートに入店する時も厳しい検査があった。バンコクですら同様の
チェックはあるのだが、正直お座なり的チェックで効果は限りなく薄い。

街中は気にしないが、問題は明日のスワンナプーム空港のチェックと
エジプトに着いてからカイロ空港での検査がやたらと厳格になることだ。
これだけで30分以上は確実に遅くなるだろうね。あぁ、嫌ですねぇ。

年明けいろんな国へ渡航される方々も、くれぐれも危機管理意識をトップレベルに
上げて事故や事件に巻き込まれませんように十分お気をつけて下さいませ。



危機管理意識を持っている人は【タイブログ】をポチポチって押して下さいませ

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 00:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 01, 2011

第2067回「おもろい年の始まり」

2067「新年を祝う」

2011年明けました。お目出度う御座います。

一度はタイを離れてアメリカや日本で過ごした経緯はあるが
基本的に異国で迎えるニューイヤーは今年で17回目になる。
オギャー」と生まれた赤ん坊が高校2年生になる年である。

この16年間でオレは何をやって来たんだろう、と人生を振り返る。
記録も記憶にもさほど残るほどの偉業をやって来た訳ではないが、
1つ言える事は日本ではけして経験出来ない事を沢山体験してこれた。
短文では書ききれないほどの紆余曲折で波瀾万丈な人生だったが、
一番の財産はタイが“”で出来た多くの朋友たちとの“”である。

出逢いは人生そのものを面白く展開してくれる。悪人でも善人でも
例え騙され、裏切られ、逃げられても、それを1つの修練と思えば
いつの間にか苦境の中で愉しみながらそれを乗り切ろうとしている。

人間に不遇はあっても不幸はない。「何でオレだけこんな目に・・・」
そう嘆く輩も考え方を1つ変えれば仏陀が与えてくれた人生の修業だと
思えばいい。乗り越えられた時、その人は確実に成長している。

そうやって歳を重ねて大人になり、やがて人様の役に立つ存在になる。
人生はそう言う役割になっていると思えば、どうやって自分は人の役に
立てるのかを考えて生きれば自ずと道標が見えてくるでしょ。

昨年は長らく続いた政情不安が臨界点に達して騒乱が勃発したけど、
今年もきっと何かが起きる。でも、マイペンライ。タイに長年住んで
いれば、もはや何が起きても動じない強い意志だけは備わった。

さて、一年の計は元旦にあり。今年の抱負は“浪漫”である。
そろそろあくせく汗を流さずに年相応に浪漫ある人生を探したい。
先ずは何をやるかよりも、いま自分に何が出来るかである。
さしずめ“縁や絆”を大事にしながら模索しましょ。

さぁ、今年も毎日笑っておもろい年にするべぇ

2067「長野白馬五竜スキー場」


因みに明後日からエジプトを一緒に旅する山梨のAからメールが来た。
写真は長野の白馬五竜スキー場から。普段からクソ忙しい職種なのに
時間を上手く調整して自分なりに人生を面白く生きる姿は浪漫だよなぁ。

今年も””ある皆様方のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



おもろい年を目指す人は【タイブログ】をポチポチって押して下さいませ

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 03:02|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう