February 2011

February 27, 2011

第2070回「オイラは生きてます」

2070「元気に生きてますぜ」


「Jさんたまには仮病で息抜きもありですよ。倒れてからじゃもう仮ではなく
「本病」になっちゃうし。今年は日本帰国しますか?温泉でちょいと息抜き、
させてあげられますよ!」
A
「体調を壊されたのでしょうか。しばらくブログが
更新されていませんが生きてますか?」
S
「Jさん超過密スケジュール。どんどんゲッソリしていくんじゃない」
A
「長らくブログが更新されず、今回ばかりは心配です。藤岡さん、
間違いなく飲み過ぎですよ。おからだ大事になさってくださいね。」
K
「お元気ですか?ルクソールのRです。最近ブログが更新されず、
新潟のKさんも藤岡さんと連絡が取れないとおっしゃっていたので
心配しています。多分忙しいだけなのかと思いますが・・・」
R


日本からオイラの安否を心配するメールが多数届いておりましたが、
皆様ご心配をかけて申し訳ありませんでした。オイラは生きてます。

例年1〜3月まではNGO活動含めて日本からの友人知人会員塾生
などなど怒濤のアテンド&コーディネートで休みも寝るヒマもないほど
殺人的な多忙が続きます。よくぶっ倒れずに身体が持つなと自分でも
感心しています。実は何度かダンピングと低血糖で倒れましたが。

2070「死んでます」

風邪を引いて最悪の体調不良時

今年は11組総勢44名の方々が訪タイされ、先日無事全てのミッションが
終焉。怪我も病気も犯罪に巻き込まれることもなく無事に帰国されたのが何より、
とホッと胸をなで下ろした途端に死んだようにパンツ一丁で寝ていたら
エジプトとラオスで引いた風邪が再びぶり返してしばらく寝こんでいました。

それでも本職のライター業の〆切りもあり、結局未だにのんびりするヒマも
無いほど多忙な日々を送っております。友人たちから「御自愛下さい」と
メールが来ますが、御自愛したくても年に一度愉しみに来られる客人を
見ていると不条理なリクエストや理不尽な期待でもキッチリ応えんとね。

ですが、毎年増え続ける訪タイ客、さすがに体力の限界を感じてきました。
いまは仲間たちと浴びるように呑む酒だけが唯一の癒しのひと時。
飲み過ぎですよ」の指摘は十分理解しておりますが、酒は百薬の長。
特に銘酒と旨い肴と日本からの仲間たちと呑む酒は格別ですもんね。

2070「仲間と呑む」


2070「呑んでます」



今月末の〆切りを乗り越えたら少しはのんびりしながらブログも書けると
思います。今年で胃癌摘出手術5年目。ま、身体が資本とはいえ、
自分でも感心するほど意外と頑丈に出来ているようですから、
生きてるウチに美味しいもんを食べてたらふく美酒を堪能せんとね。

ところで、年が明けてからエジプトやリビアの反政府デモに始まり
ニュージーランドのクライストチャーチでの地震。日本も宮崎県の
霧島山新燃岳の噴火など、オイラが多忙を極めていたこの1ヶ月足らず
で常に新聞やTVを賑わすニュースが目まぐるしく続いていました。

オイラの初夢ではないが、確かに今年は波乱を予感させる世界情勢と
天変地変が続いている。頼むから激化する北アフリカの反政府デモ活動が
中国やタイに飛び火しないで欲しいもんである。


毎年異国でプチロングスティされていた新潟のKさんは、今年は
実家で新年を迎えられている様子。かつて自分がステイされた事の
あるニュージーランドの地震にはとても驚かれていると思う。

2070「カイロ支局」

カイロ支局にてB支局長と一緒に旅をした山梨のA

オイラもエジプトでの反政府のデモに巻き込まれることなく
無事にタイに戻ってこられたのも、単に運が良かっただけでなく、
やはり仏陀に活かされている事を実感。しかし、よりによって初めて
行ったエジプトで歴史が変わる大事変に遭遇しかけたのも何かの予兆か。

カイロ支局で活躍している友人のB氏もまた、自分の赴任期間中に
まさか長年続いたムバラク政権が失脚するのを目の辺りにするとは
夢にも思ってもいなかったであろう。記者としては手腕の見せ所。

2070「理恵」

ルクソールでエジプトの庶民的な料理コシャリを一緒に食べるR

ルクソールで活躍していたRさんからもメールが来て、JICAから
一時避難帰国の指示が出て今は宮城の実家でのんびりされている様子。
新潟のKさん同様オイラのブログが更新されないことを心配されて
おりましたが、「大丈夫オイラは元気に生きてます

2070「ルクソールで田中と」

Luxorの安宿El Salam Hotel にて



元気に生きている人は【タイブログ】をポチポチって押して下さいませ

キングオブタイブログ




asia_jiyujin at 23:51|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう