September 2012

September 27, 2012

第2386回「銀色週間過ぎし」

2386塩麹


さすがにシルバーウィーク期間中は日本からの旅行者で
どの店も盛況だったようです。でも突然のスコールで
キャバ嬢やスタッフが時間通りに出て来られない状況に。

あ〜ぁ、面倒くさいわ。お店に行くのや〜めた

なんて言う子はザラである。災害並みの台風ならまだしも
日本なら考えられない風習。「風邪でマイサバーイ」とか
「お腹が痛いから」なんて見え透いたウソも日常茶飯事。

風が吹けば桶屋が儲かるのは日本だけで、タイは雨が降れば
風俗業界の売り上げが一気に落ちるのが定説だったりする。
雨が降るとAPTから出るのが面倒になるし路地や道路が
浸水して都内の彼方此方で交通渋滞が発生する。

それは分かるが働かせて頂いている恩義はないのか。ないよな。
昔と違って現代っ子を雇っている経営者は大変なのだそうだ。

さて、そんなシルバーウィークが過ぎ去りバンコクの歓楽街も
いつものマッタリとした妙に緊張感のない日々に戻りつつある。
雨季の終期はいつもバケツをひっくり返したような雨が続く。

先日も夕方からバケツをひっくり返したような集中豪雨が発生。
都内の幹線道路が浸水して交通が一時的に麻痺した。

あぁ〜あ、もう雨はウンザリ


政府関係当局は「バンコクが昨年のような洪水に見舞われることない」
としているが、国立チュラロンコン大学科学部地質学科の地質専門家、
タナワット氏は、10月初めに豪雨などでバンコクが洪水に見舞われる
恐れがあると指摘。季節風がもたらす雨は通常4日〜7日間程度だが、
今年は1カ月も続いており台湾近くで発生した台風もタイに向かっている。



ゲロゲロ、非常にヤバイ状況じゃん

もうじきでかいミッションを控えているだけに非常に心配だが、ま、
今から心配しても仕方ない。降ったら降っただ。それがタイ人的思考。

とは言いながら体調だけは万難を排していたつもりだったが、
昨日とうとう風邪を引いちまった。スコール後の露のような
小雨の中を傘も差さずに歩きながらそのままエアコンの
ガンガン効いたBTSに乗ったら首筋が冷えて途端に咳が・・・。

げっ、やっべぇ

それでも無理をしながら各店を回りながら打ち合わせをしていたら
咳が酷くなってきた。帰宅して熱い湯船に浸かりたくても我がAPT
にはバスが無い。仕方なくいつもより熱めのシャワーを浴びるも
さして身体は温まらず。益々咳が酷くなってきた。参ったなぁ。

あ、そやその手があるやないの

かくなる奥の手は先日O氏から頂いた塩麹に漬けていたいつもより
価格と品質の高い“卯の花”の豆腐を取り出して麻婆豆腐を作った。

2386「麻婆豆腐


おぉ、うっみゃ〜ずら

何故か思わず口から名古屋弁を発した。塩麹が豆腐のまろみを
際だたせてもう少し置いておけばまさにカモンベールチーズの
ような濃厚な味わいに覚醒していたかもしれん。首筋や額から
一気に汗が吹き出す。ついでに風邪のウィルスも放出したれ。

思わぬ塩麹の効果にハマリ、翌日は豚バラ肉に漬けて肉じゃがに
煮物に挑戦。どれもこれも味にまろみが加わり料亭並の味になる。
お次はハウスバーモンドカレー甘口に、先日TVのクッキング番組で
見た野菜ジュースを入れて最後に牛乳を入れると究極のカレーが完成。

2386カレー


くっはぁ〜、なんまらうまか

食後にPCを開いたら先週塩麹を買ってきてくれたO氏からメールが。


藤岡さん
お疲れ様です。なんとか今週も訪タイできそうです。
田舎で法事があるというとんでもない言い訳をしてますが(笑)
(サラリーマン失格ですね)

「卯の花」はどうでした?
どんな味になったのか興味津々です。

非日常の世界から現実へ、そしてまた非日常の世界へ。
そのうち非日常の世界が日常になってしまいそうです(^^ゞ
ツアー中は何かと忙しいと思いますが、宮崎牛食べながら
また飲めることを楽しみにしてます。
ダメリーマンO



田舎で法事ってさ・・・まるでタイ人並のようなウソやな。
バレたら管理職降格になるんとちゃうの。大丈夫かいな。
絶対に日焼けして帰れないよね、このブログにも絶対顔出
しちゃアウトだね。(と言いながらネタにしてるし)

とにもかくにも万難を排して準備を進めているが問題は雨。
雨が降ったら全ての予定が狂う。頼む雨降るなよぉ。

非現実のバーチャル世界へようこそ


asia_jiyujin at 00:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 21, 2012

第2385回「宮崎産牛にハマる」

2385涅槃僧


「観光に行ってみたいんですけど」
だったら明日バンコク三大寺院でも巡りますか
「えっ、連れて行ってくれますか」
ん?もちろん・・・

どうやら酩酊していたオイラは珍しく落ちることなく
気軽に翌日の市内観光のガイド役を買って出たようだ。

来週のツアーの準備で天手古舞いしてんのに大丈夫なんかい。
とは言え男が一度口にしたことは有言実行せんとね。それに
オイラが頼んだ救援物資のお礼もあるしね。

2385暁の寺院

ワット・アルン(暁の寺院)』
2385横46m高さ15m

ワット・ポー涅槃僧寺院長さ46m高さ15m』

と言うことで翌日小雨交じりの中をワット・アルン(暁の寺院)
ワット・ポー(涅槃僧寺院)ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
を巡り最後は世界中のバックパッカーの聖地でもあるカオサンにご案内。

ひぇ〜なんだこの変貌は・・・

久々のカオサンはすっかりお洒落な町になっていた。まるで竹下通り。
いやそこまでいかなくてもカオサンは昔の薄汚れたイメージが全くなく
なっていた。通りを歩くバックパッカーたちもどことなく垢抜けしている。

2385カオサンたて


時代だねぇ・・・

15年ほど前から数え切れないほどの日本の学生等がやって来ては
会いに来ていた想い出の町だけに気持ちは複雑だ。今や安宿街
のイメージはなく多国籍の旅人が集う楽しくてお洒落な町だ。

あの時代に来ていたヤツ等がこの状況を見たらさぞや吃驚する
だろうな。当時10Bで売っていたカオサン名物のパッタイ
(タイ風焼きそば)が30B。そりゃそうだろうね。

さすがにこの日は普段からの運動不足が祟って足腰が疲れた。
特にワット・アルンの急な勾配の階段を上り下りしたのが相当
ももと膝にきていた。こりゃ栄養を摂取せんとイカンばい。

Oさん肉食いません。宮崎直送のランクAの和牛すき焼き
「いいですねぇ。行きましょう」

お互い独身者の身としては鍋料理を食べる機会は滅多にない。
さりとてオイラは毎週のように今月上旬に開店した「琥珀」の
すき焼きに妙にハマっている。今日で3度目だぞ。

かぁ〜、うっめぇ〜
「美味しいですね」
幸せを感じるよねぇ

2385宮崎牛


最初の一口がなんまらうっめぇ。冷酒とも絶妙に合う。
もう最高っす。どうして人間という生き物は美味い物を
食すとこの上なく幸せを感じられるのでしょうかね。

やはりタンパク質は魚類より上質な肉に限るぜ

2日後、O氏からメールが届いた。


先日はお世話になりました。貴重な時間をわざわざ付き合って頂き、
ありがとうございました。結局昨日も3時過ぎまで神楽で呑んだ
くれてました。次回、ツアーで戻ってこれるか、明日から継続調整
ですが、来れた際はまたよろしくお願いします。今日はこれから食事
して空港に向かいます。今度、塩麹の感想をぜひ聞かせてください。


2385塩麹


そう、オイラが彼に頼んだ救援物資は日本でブームになっている
塩麹なのだ。料理家(誰がや?)のオイラとしてはこの調味料で
どんな究極の料理が作り出せるのか今からワクワクしてんのね。

取りあえず今は「卯の花」の豆腐に漬けて酵素の分解を待っている。
3日後が楽しみだ。そのまま1週間待てば蕩けるような味に変身。
暇を見つけてはネットで塩麹のレシピを参考にしている。ついでに
ダイソーで“レンジ調理器”を買った。温野菜も簡単に作れるのだ。

2385レンジ調理器


いやっほぉ〜久しぶりに夢中になれるモンをめっけたぜ

とこのブログを更新する前にタイに夢中のO氏から再びメールが届く。


藤岡さん
無事帰国しました。
朝6時半に成田に着き、そのまま着替えて出社
(実は今回スーツ持参して訪泰(笑))
スーツケースは成田から当日着の宅配便で自宅へ発送。
普段通りに出社しました。便利な世の中ですね(^^ゞ
その変わり普通に残業で、帰宅は午前様です。
前日まで海外に居たとは思えない程の日常への
復帰の早さに我ながらびっくりしてます。
来週またお会いできることを期待しつつ。
まだ何とも言えませんが、なんとか調整できそうな気配も(^^)/
その時はまたよろしくお願いします。



あらま、そのまま出勤。まさしく現実の世界へ逆戻りっすか

過去にも朝帰国されてそのまま出勤された客人がおったが
非日常から一気に現実の世界に引き戻された感覚だったとさ。

もっとも今の世の中、バーチャルの世界にのめり込む輩も多く
二次元でしか恋愛が出来ないヲタクもいるしね。何が現実で
何が非現実的なのかよく分からない時代ですわ。

そもそもオイラが住んでいる国も日本から見ればかなりバーチャル
的で非日常的な世界だ。アバウトでファジィでいい加減なヤツ等が
適当な距離を保ちながら何となく日々笑顔で生きている。

凄い民族だぜ

この国は日本人が先進国の日本の感覚で生きてはいけない国。
郷には入れば郷に従えってヤツ。タイ人と同じような感覚で生き
られたらさぞやストレスも溜まらんけど性根はやはり和人だ。

適当男の代名詞のような高田純次の生き方に憧れる。いつもほんわか
所ジョージのような生き方やパフィのような力を抜いた生き方も
リスペクトしちゃう。真面目に不真面目を演じられたら楽だろうな。

Oさま。ツアー中は何かと時間が制約されて自由な時間が取れなと
思いますが、もし時間が取れれば、またあの至高の宮崎牛すき焼き
を堪能しに行きましょう。銀座のグルメのO氏は行かれるようです。

?月だけで4度目だぞ。肉食べ過ぎかしらん


asia_jiyujin at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 20, 2012

第2384回「グルメでないO氏」

2384「サイン本


【9月11日】
ヨム川の土手決壊で洪水に見舞われた北部スコータイ県
ムアン郡では、水の勢いが強まったため川岸に積まれた
大型土嚢が部分的に崩れ被害がさらに拡大する恐れが出ている。

【9月12日】
タイ政府は洪水対策に力を入れているものの、集中豪雨で
河川の水量が急激に増加した場合、バンコクに隣接する
ノンタブリ、パトゥムタニ県の一部が昨年のような深刻な
洪水に見舞われる恐れがあるとの見方を示した。バンコクに
ついては、西側、東側とも排水能力が昨年に比べて向上して
おり、深刻な洪水が発生する可能性は低いという。

【9月13日】
国内ダムを管理する水利局は中部チャイナート県チャオプラヤ
ダムの放流量を増やしていることから同県とシンブリ、アントン、
アユタヤ、パトゥムタニの計5県でチャオプラヤ川が氾濫する
恐れがあると発表した。水利局では17日ごろまで豪雨が続き
水量がさらに増加する可能性があるため対応する必要があると発表。



げっ、ヤバイ状況じゃん

ここ数日間のニュースを見る限りでは、あの忌まわしき昨年と
同じような洪水被害が刻一刻と迫っているように思えるのだが。
毎年のように洪水が発生する状況でありながら、何故タイ政府は
その場しのぎのような一時的な土嚢を設置するだけ。

なんでもっと本格的な大型堤防を作らんのじゃ


さて、そんな矢先に前週とは違う愛読者O氏からメールが届いた。


藤岡さん
お疲れ様です。グルメではない愛読者Oです。
今週末に訪泰予定ですが出発1日前にしてまだ休めるかわからず
ギリギリの調整を続けています(笑)お忙しいとは思いますが、
なんとか予定通り訪泰できた暁にはよろしければ一杯いきましょう!



Oさま
あらら、どうもその節は有り難うございました。
毎月の訪タイご苦労様です。金曜日あたりから
ツアーの打合わせなどで多少忙しくなりますが
極力時間を空けられるようにします。一献傾け
られるのを楽しみにしておりますよ。


藤岡さん
お疲れ様です。無事今週末の訪泰が確定しました\(^o^)/
明日(今日?)は23時くらいに神楽に行く予定です。
今回はTG直行便なので15時半位にスワンナプーム着です。
適当にいろいろ回って夜頃タニヤに行こうかと考えてます。
著書2冊持って行きますね。


2384著者とツーショット1

10年ぶりに自分が執筆した本にサインした

で、当日23時過ぎに“神楽”で待っていると銘酒とオイラが
10年前に執筆した懐かしき2冊の本を持参してやってきた。
昨年の洪水騒ぎの時に初めて愛読者ツアーで訪タイ。今年6月
の愛読者ツアーにも訪タイされ、以来毎月のように訪タイして
いるO氏は来週の愛読者ツアーにも申し込まれている愛泰者だ。

真面目な人に限ってタイにハマるっていうけど・・・

40歳代の後厄も過ぎた世代ながらも未だ独身。昨年には新宿駅
から15分の北区に3LDKの新築マンションを購入。普段は
リビングと寝室だけで一部屋は全くの未使用なんだってさ。

もったいねぇ。今度帰国したら泊めて頂きたいっす

こりゃあ、さぞや儲けている自営業と思いきや頂いた名刺は
名のある大手企業の課長代理。普通のサラリーマンが毎月訪タイ。
しかも今月末には管理職に昇進決定。それでも来るサラリーマン。

あっぱれ。人生後半に入って夢中になれるモンを見つけた

もう18年間も住んでいる身としては、当時は毎日が刺激的で
熱気と活気が入り交じった混沌とした非日常に生きている感覚が
研ぎ澄まされたけど、さすがに今は鈍化してなんも感じねぇ。

今さらながらそこまでハマれるタイの魅力ってなんなの

今や大都会に変貌したバンコクは、まさに日本の都会とソックリだ。
スカイトレインのBTSにMRTの地下鉄に空港のエアポートリンク。
街を走る車の大半が日本車ばかり。バイクに至ってはほぼ日本メーカー。

2384日本橋餃子

日本橋餃子
2384大阪王将

大阪 王将

日本食レストランやフランチャイズの店が彼方此方に軒を並べ
セブンイレブンやファミリーマートもKFCやマッやMOSも、
果ては東京の日本橋餃子や大阪の王将までもが進出してきた。

日本全国で展開している大戸屋にすき屋に吉野屋に牛角。地方都市
からは讃岐の釜揚げうどんに吉祥寺の沖縄料理ニライカナイ。山形
から辛みそラーメンのじ屋。金沢からがゴールドカレー。姫路名物
どろ焼きお好み焼きの南風。岡山で一番人気の居酒屋ぼんくら桃太郎。
我らが北海道からは鮨の小樽が先日開店と、まぁバンコクは毎週の
ように都内のどこかで新規店が開店している状況。

日系企業が3,000社を超え、日本人在留届者は5万人を超え、
日本人学校はすでに2,500人を超えている。もはや1つの日本都市
が形成された大都会バンコクに日本から遊びに来ても楽しいのかしら。

とは言っても遠方よりわざわざ会いに来て頂ける客人や友人との
酒の席はけして嫌いではなく、口にした銘酒に心を踊らせながら
至高の幸のひと時に感謝しながら流し込む。

くぅ〜、やっぱ日本酒はうめぇや

呑み始めたら止まらねぇ。結局この夜は午前3時過ぎまで呑んだ。
どうやって帰宅したのか全く覚えていないのだが翌朝は自分のベッド
で目覚めた。机上にバスのチケットの紙切れが無造作に置いてある。

ほぉ〜、我ながら帰宅本能だけは鈍ってないのね

(因みにバンコクのローカルバスは24時間営業しています)


asia_jiyujin at 00:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 17, 2012

第2383回「燃え尽き症候群」

2383秋の果物



『天高く馬肥ゆる秋』

スポーツの秋。読書の秋。そして食欲の秋。まだまだ残暑が
厳しい日本ですがタイは雨季の後半に入り毎日ウンザリの雨。
最近何故か我が家には普段はない梨や柿などの秋の果物がある。
市場が出回るのはこの時期だけにタイにもちゃんと季節がある。

まぁ、日本人だけに気分だけでも秋季を感じたい。柿が旨い

ここ数日何もしない“ぐうたら生活”がかなり馴染んできた。
極力PCに依存せず(と言いながらもブログは書いているわけで)
アナログ的に溜まっていた本や雑誌の読書に勤しみ、腹が減れば
スーパーへ行って食材を買込み時間を掛けて煮込料理を作る。

肉じゃがもボルシチもシチューもカレーもそれに入れる具材は
多少は違っても基本的には似たようなもんだ。ピューラーで
ジャガイモやニンジンの皮を剥き涙流しながらタマネギを切る。

うぃ〜目にしみるぜぇ

後は豚バラ肉か、しらたきか、ブロッコリーの具材を選ぶだけ。
出汁も醤油にみりんに酒を入れれば肉じゃがや煮物を作れるし、
コンソメを入れればボルシチ。ルーを加えれば見事なカレーに変身。

いずれにしても“ぐうたら”と言いながらも食に関する時間に
多くの時間を割きながら極力健康的な身体作りに専念している。
あとは、眠くなったら自然に身を任せて横になって寝ちまう。
その為、目覚めたときに夜中の2時なのか昼過ぎなのか一時的な
判断に迷うこともしばしば。

さて、そんな自由すぎるほど不規則で怠惰な生活を送っていた
ある日のこと、7月末にタイに大家族で来られた函館のH氏
から何やら長い文面のメールが送られてきた。



藤岡様

家族の大旅行から1カ月以上が経過しました。
その節は本当にありがとうございました。
母は、今でも「皆で行けた!」
と写真を眺めながら喜んでおります。

さて、旅行後も子供たちは多忙で8月13日(お盆)には、
オールジャパン・ジュニア選手権(茨城・取手)の大会に出場。
結果は惜しくも、5位と4位でメダルを逃しましたが・・・。

(中略)

普通ならここで、悔しいから、必死に何かに向かって再挑戦!
となるところでしょうが、最近なんか変なんです。J氏のブログ
を拝見してると、妙に合致する点が多くなってきました。

燃え尽きたのか疲れたのか?それなりの意義は感じるものの、
大義と言うか、心の底から湧き出る物が無くなりました。
一体何なんでしょうか?

頑張ればそれなりに評価もされて来ましたが、最近何だか
アホらしくなってきてね!しばらく休みたい気分です。



全国大会や北海道GP大会に親子で出場したH氏は決勝入りを
果たすも地方の大会での変なジャッジに悩まされながら一生懸命
頑張った結果、一家それってメダルを逃したそうな。残念です。

その日はH氏の50歳の誕生日。今まで学校の行事でダンスの
発表をする為にPTA役員をやって頑張り、子供たちの為に発表会
を企画したり、普及活動のためにスポーツ少年団にも登録して行事に
参加したり色々と頑張ってきH氏が人生50歳で燃え尽きたの?

まぁ、確かに目標に向かって日々苦しい練習に絶えてきたアスリート
にとって試合や発表会に標準を置いて鍛錬してきただけに終われば
結果がどうであれ心身共に燃え尽きる。もちろん優勝や金賞なら
今までの努力が報われ喜びも倍増する。でもその陰で落選した人や
負けた人もいるわけで親が教えてあげられるのはそれまでのプロセス。

悔しさも喜びも体験してこそ初めて人に対する思い遣りや気遣いも
養われる。順位はその時の結果に過ぎず、大事なのは親と練習した
日々のプロセスでしょ。ま、オイラにはそんな時期が無かっただけに
H氏がとても羨ましく感じる。ちっちゃいけど頑張る父ちゃんだ。

これから益々多感な時期になるからね。特に娘は。威厳だけはなくさ
ないでダンスもスポーツも勉学も、それと仲間に対する思い遣りも
その課程を大事にしながら喜びと楽しさを教えてあげておくんなまし。

オレはまだ燃え尽きてないぜ

人間には誰でも運気のバイオリズムがある。低迷時は充電期間に限る。
今は敢えてぐうたら生活を送りながらやがて訪れるであろうターニング
ポイントの為にしっかりと前を見ながら生きる術を身につけとかんとね。

さ〜て今夜は肉じゃが、あっ、Y子に貰った金のハンバーグがある

2383ハンバーグ


温めて食べてみた。
うっめぇ〜
吃驚である。こりゃあそこら辺の洋食屋で食べるよりよっぽど美味いじゃん。
くぅ〜、たまらん」。

2383「金のハンバーグ


ハンバーグなんて何年ぶりで食べただろ。最近は宮崎産の上質の肉を
二度も食べる機会があってさらに金のハンバーグでしょ。上質な肉を
食べているせいか頗る体調が良い。以前よりも持久力がついて集中力
も長く続く。やはり健康な肉体作りには肉のタンパク質も必要なのね。

2381「すきやき


その割には体重が58圓里泙泙澄ΑΑΔ發辰搬世蠅討


asia_jiyujin at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 14, 2012

第2382回「今年も洪水被害が」

2382ヤクルトいっぱい

しばらくなかったヤクルトが棚一杯に陳列されていた

タイ内務省によると、今月6―12日に北部スコータイ県、
ピジット県、ナコンサワン県、中部アユタヤ県、サラブリ県、
東部サケーウ県など17県で洪水が発生し、約4万3千世帯が
被災4人が死亡した。北部スコータイ市は市内を流れるヨム川
の堤防が決壊し9日から市街地の大半が浸水。12日になっても
状況は改善していない。中部アユタヤ県ではアユタヤ市、バンパイン
郡などで洪水が起き11日にはアユタヤ市の一部が洪水の影響で停電。


げっ、今年もまた洪水か・・・

全国61都県で1,200万人が影響を受け6万5千人が失業。
経済的損失は3兆5,800億円に達した昨年の未曾有の大洪水から
1年近く経ったが今年もまた北部や東部で洪水被害が発生している。

自然災害とはいえ毎年何処かしこで必ず洪水被害が発生しているのに、
どうしてこの国は本格的に大規模な対策が講じられないのだろうね。
地形的な問題なのか近年の温暖化が影響しているのか年々被害が拡大。

2年前のバンコク騒乱に昨年の洪水被害で海外からの旅行者が一気に
激減したけど、今年は年明けから好調を維持している。スワンナプーム
国際空港のイミグレでも1日に対応できる人数が遙かに超えている。


タイ観光スポーツ省によると8月にタイを訪れた外国人は前年同月比
11・5%増の192・6万人(速報値)入国者数が最も多かったのは
中国人で27・9万人。日本人14・2万人(同8・7%増)。
1―8月にタイを訪れた外国人は前年同期比8・7%増の1434万人。



何も問題が発生しなければ世界中から観光客が訪れる人気の高い国。
消費も激増し多額の外貨が落とされれば潤う国民がそれだけ増える。
今年は何も起きなければと思った矢先の洪水被害のニュース。

今年は年末までにでかいミッションが3つも控えている。微妙な時期
だけに今後の動向に目が離せない。スーパーやコンビニから水が無くなり
パンや野菜や日配物が棚から消える。生活そのものが立ちゆかなくなる。
そうなれば昨年同様日本に避難しなければならなくなる。

その頃の日本は寒いよなぁ・・・

2382ポッキー


先日しばらくスーパーの売場から消えていたタイ限定のグリコプリッツ
ラープ味が並んでいた。バイヤリースもコンビニの飲料冷蔵庫に鎮座。
普段当たり前にあったものがあると安心する。

2382コンビニ棚


2382バイヤリース


そう言えばここ3日間ほどマルボロのブラックメンソール0.8mgが
セブンイレブンから消えた。スタッフに訊くと後3日で入荷すると。
ファミリーマートでは売っているのにね。

2382マルボロ


因みに先月21日に国会で輸入物を含めた酒類やタバコの税率引上げが
採決された。ネットでこのニュース記事を見て翌日買い占めに行ったら
すでに値上げされていた。タイは日本と違って国会で決まれば翌日から
施行される。日常的に外国人が知るのはそれからだ。

そう言えば数ヶ月前に「横断歩道を渡らないと200B罰金」
と言う記事を読んだけど未だ日常的に彼方此方の横断歩道がない
道路を普通に横断している。国民が守らない(守れない)モラル
は法律で取締まる前に小学校初等教育の時点から教えないとさ。

BTSでも地下鉄でも並ばないヤツ。おまけに降車する前に入って
くるバカ。順番を守らないヤツ。並んでいる前に無理矢理入り
込んでくる若者。発展途上国では誰かが教えないと一生分からない。

ベトナムを旅したタイ人が駅でのマナーの悪さに辟易しながら
途上国にとって一番難しいのはGDPを上げることじゃなく
公共性を持つことだ
」というコラムを読んで深く納得した。

マナーがそれほど良くないタイ社会で生きるタイ人がベトナムを
旅してそう思ったのだから、どれだけ酷い状況なのかが伺える。
まさに数年前に行ったホーチミンと今年ハノイを旅したオイラの
目にも同じように思えたが現地人はそれが極普通の生活なのだ。

日本人のマナーの良さは昨年の東日本大震災で世界中の人々を
驚かさせた。誰もが秩序を守りキッチリ並ぶ。騒いだり喚いたり
しないで落ち着いて行動している。東南アジアなら暴動が発生する。

だが、見方を変えれば飼い慣らされた羊の群れに見えたのはオレだけか。
そう、日本は戦後初等教育から政府が介入して規格化された日本人を
作り上げながら国家に反逆しない国民を作り上げてきた。右を向けと
言われれば何の疑問も持たずに右を見てきた。左を向く異端児は
いじめの対象か組織から排除されてきた。でも時代は変わりつつある。

大人しく飼い慣らされてきた羊の中にもオオカミに牙をむくヤツ等が
虎視眈々と国を変える為に動き始めている。いずれにしても時代を
変える異端児も国を変える組織も国民の生活を優先して欲しいもんだ。

そう、消費税を上げるよりも経済を優先させるよりも地震で被災した
多くの避難者や被災地の復興。そして年老いた弱者に対する生活保護。
日本に魅力がなくなればいずれ国民は母国を捨てて海外移住しちゃうぞ。

そんなことよりも先ずはタイの洪水だ。


asia_jiyujin at 01:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 13, 2012

第2381回「グルメな訪泰客様」

2381「オークラからの夜景


未だぐうたらな生活ながらも日々部屋に引き籠もりながら依頼された
執筆に専念している。先週のことだ。〆切りギリギリの原稿に
追われていた矢先にその出版元の編集長からメールが届いた。


藤岡さん、お疲れさまです。
昨日まで海外取材に行っていたので・・・。

(中略)

それから、明日からいつもツアーに参加して下さっているOさん
がお客さんを連れてバンコクへ行くそうなのでご連絡があったら
予約を入れるなどの面倒を見てやって頂ければと思います。



げっマジっすか。さすがに今週はキツイぞ

怠惰な生活を送りながらも己のキッチリした性格上、日々やんなきゃ
ならん事案だけは具体的に時間を割り振って片付けている。そこへ
突発的な依頼が舞い込んでくると途端に歯車が狂ってしまう。

参ったなぁ〜、もう少しで終わるとこなのになぁ

と思った矢先に携帯電話が鳴った。番号は81から始まる
日本からの国際電話だ。しかも登録されてない番号故に
呼び出し音がオリジナルのメロディになっている。

ハロー
「あ、もしもしOですが」
どうも、ご無沙汰しておりました
「覚えてますか」
ハイ。いま編集長から来たメールを読んでたら
今日Oさんがタイに来られるって・・・

「なら話が早いよね。今夜から頼めますか」

NO」と断れない性格のオレに「無理です」という選択はない。
オイラが連載している雑誌の愛読者だけに「いま執筆中なんで
と断れないこともなかったのだが、いろいろと話しているウチに
結局3日間のアテンドを引き受けてしまっていた。

あららどうすんだよ原稿・・・

今の原稿が終われば、すぐに別会社の原稿の〆切りが迫っている。
こんな状況でブログを書いてるオレもどうかと思うが、いわゆる
一時的に思考回路が麻痺して今の現実から逃避した状態に近い。

ま、なんとかなるでしょ

今までの経験上、どんな状況でも引き受けたミッションはキッチリ
終わらしてきた。気軽に受けているように見えてもいい加減ではない。
オレそう言う人間。〆切りもキッチリ守っているしね。それにたまに
自分を敢えて苦境に立たすことで腐りかけた脳細胞がフル回転して
一気にスキルがアップする。これぞ名付けて「ギリギリ克服作戦」。

まさに究極のMだな

2381「オークラ


午後7時。初日の晩餐にOさんが宿泊されているホテルに誘われた。
今年5月にOPENしたばかりのThe Okura Prestige Bangkokの
日本料理『山里』である。アムステルダムのOkuraの『山里』には
名古屋出身の寿司職人でもあるオイラの友人Kくんが働いている。

ちょいと情報を得るために電話してみたがオランダの時間は午後1時。
ちょうどランチタイムの一番忙しい時間帯だけに出なかった。

「遠慮しないで何でも頼んで下さい」
はぁ・・・

豪勢なホテルのロビーで待ち合わせをした後に早速『山里』に入店。
貧乏性のオイラにとっては普段庶民的な居酒屋でしか食べてないだけに
料金を見て尻込みしてしまう。

ひぇ〜、日本直送のさんまが800B・・・高っけぇ

全てのメニューが普段食している居酒屋の倍以上の料金に絶句。
日本ならさして高い料金でもないが、さすが五つ星ホテルの
日本料理店である。結局Oさんが選んでオーダーした。

ちょうどお店のおすすめで松茸フェアーをやっていたので天ぷら、
土瓶蒸し、松茸炊き込みご飯、脂がのった日本直送のサンマ。
酒類が一切ダメなOさんに遠慮しながらもオイラは焼酎ロック。

「おぉ、美味いね」
さすがオークラですね

そう言えば昨秋に帰国したときに大阪のA氏が上京して宿泊された
ホテルもニューオークラだったな。しかも銘酒亀の翁を頂きながら
銀座久兵衛の寿司や神戸牛をたらふくご馳走になった。

ありゃあ、贅沢な晩餐だったなぁ」感謝。

そのA氏も今やマレーシアのジョホールバルに移住して久しい。
たまにメールが来るけど元気に海外生活を満喫しているのかしら。

その話をすると「ホテルの久兵衛は安いよ。銀座の本店はね」とのたまう。
つい先日までモンゴルに行っていたO氏はその前はフィリピンのセブ島。
さらにその前はドイツのフランクフルトとこの1ヶ月間に4ヶ国も旅している。

いったい何モンだ。このおっちゃん

噂では銀座で貸しビル業を営む社長さんだとか。もちろん
銀座久兵衛の本店は何度も食べに行ったことがある。酒類を
呑まない分だけ余計に食べるものには拘るグルメらしい。

2381「夜景を見る


結局この日の会計はタニヤのカラオケクラブを10軒以上ハシゴ
できるほどの額だった。「ひぇ〜、どうもごちそうさまでした
で、その日の午前5時半。外が白々と明けかけていた時間に突然
携帯電話が鳴った。誰やろこんな時間に。

「どうもKです。電話くれました」
おぉ〜、すまんね。今日バンコクの山里へ行ってね
「え、山里に行かれたんですか」
どれもこれも旨かったっすよぉ

本来なら彼が赴任する予定だったのだが、彼よりも若い職人が
アムステルダムからバンコクに転勤したそうだ。そのKくんが
来月辺りにタイに遊びに来る。なんと言ってもあっちの国の
バケーションは2週間も貰えるのだそうだ。日本ならあり得ない。

2381「琥珀店内


2日目の晩餐は先日オープンしたスクンビット33の『琥珀』で
宮崎県産ブランド牛のすき焼きを食べることになった。普段は肉類
を食べないオイラもさすがに日本直産の宮崎牛は別格ざんす。

2381「すきやき


今宵もギンギンに冷えた山廃吟醸酒を一献。因みにこの店の
メニューにあった日本産のさんま塩焼きは240Bだった。

くっはぁ〜、酒がうめぇ
「おぉ、この肉は美味しいね」

人間はどうして美味いモンを食すとこの上なく幸せになれるので
しょう。食糧危機や難民生活を余儀なくされているアフリカの
子供たちの事を思うとこの贅沢な晩餐を食らう自分を否しめ・・・。

うんにゃ関係ねぇ、食える時に食っとかねぇとさ

2381「あらとん看板


3日目はガラッと変わって北海道から進出してきた
札幌の琴似に本店があるラーメン屋の『あらとん』。
夕方の店内はガラ〜ンとして1人もお客がいなかった。
あらまぁ、これは予想外に期待薄かも。Oさんは醤油。
オイラは塩味を注文した。数分後に出てきたあらとん。

「味が濃いなぁ。麺がうどんみたいな中太だね」
う〜む、こりゃ好き嫌いがハッキリ分かれる味ですね

2381「醤油ラーメン


2381「塩ラーメン


新巻鮭をオーブンで焼いてそれをドラムに入れて長時間
煮ているだけにスープがこってりどろっとしている。
若者にはウケるだろうけど年配者にはどうもねぇ。

不味くはないけど2度はねぇな・・・

2381あらとん


今やバンコクに1500店舗もあると言われる日本料理店。
大勝軒』を初め日本から進出してきた名うてのラーメン
屋もかなりあるんだけど、どれもこれも唸る塩味は少ない。

オイラがもう一度食べたいと思うのはトンロー10にある
らーめんチャンピョンズの中の“けいすけ”の普通の塩味。
バンコクでオイラの舌を唸らしたあの味に勝る塩味には未だ
出逢ったことがない。ありゃあ、最高に旨い塩ラーメンだ。
(もちろん、好き嫌いの個人差はあるだろうけどね)

2381らーめんチャンピョンズ


グルメのOさん3日間ご馳走様でした

因みに4日間の滞在を終えたOさんは半月後に再び
バンコクにやってくる。6月と9月と今年は3回目だぞ。



asia_jiyujin at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 10, 2012

第2380回「若年性更年期障害」

2380「ジャーのゆめぴりか」


いつからだろうねぇ・・・

自分でもよく分からないのだが、若い時は自意識過剰だった
オイラも最近ではすっかり保守的になっている。大病を患って
からは石橋を叩いても渡らない臆病者に成り下がっている。
臆病と言うよりは億劫なのだが、ともかく全てがかったるい。

この倦怠感って何じゃい

もしかして高齢の女性が陥る更年期障害なのかね。男でもある
らしいしね。原因がよく分からない。年齢から来る弱体化では
ないと思うのだが、何をやってもモチベーションが上がらない。

心当たりはある

ここ数日間ぐうたらした生活をして気付いたのだが、この安泰
した平凡でマンネリの生活に生きている現実感が感じられない。
他人から見れば異国で生活しているだけでも十分に非現実だが。

長年住んでいれば神経が鈍化して何も感じなくなるのか・・・

人はそれを“タイ人化した外国人”と揶揄する。ごもっとも。
この18年間、後ろを振り返らずになりふり構わず我夢修羅
に走り続けてきた。気がつけばやりたかったことの殆どは体験
してこれただけにこれから先の愉老の人生の糧を模索している
のだが、実は次なる局面の一手を指せずに考えあぐねている。

つまりは目標を達せいした後のさらなる目標が見つからん

何度も体験したことは興味が薄い。惰性もマンネリも大嫌いな性分。
とはいえ今のところ毎月“〆切り“という呪縛に追いかけられながら
連載中の原稿だけは続いている。それも丸7年。およそ面白い過度期
は過ぎた。マンネリを嫌うオイラには読者に申し訳なく苦悩を伴う。

「最近は手抜いてんじゃないの。(雑誌の)写真見ていれば分かるよ。
早いとこ引退した方がいいよ」

先日、ある人から罵倒ともとれる言い方で愚弄された。昔の自分なら
確実にブチ切れたが、さすがに自分も十分認識しているだけに全く
反論出来ない自分がいた。「辞めろ」は「もっと力入れろ」と受け取る。

もっとも後任者が現れればいつでも進退を譲る覚悟なんだけどね。
まぁ、何のギャランティもないフリーランス故に自分で限界を感じたら
辞めればいいのだが、これでも一応責任感はある。

ふぅ〜、歳を重ねる毎に先が見えねぇ

それにしても最近のオイラはイカンな。考えがネガティブすぎる。
虚栄を捨てて等身大で生きるようになってからは随分楽になったけど
昔のように自信に満ちて我が儘で自意識過剰だった頃に戻りてぇ。

そうなりゃ、また敵が増えんだろけどね

それにしてもこの歳でさすがに更年期障害はないと願いたいが
毎日旨い北海道米を食べられるだけでも仏陀に感謝せんとね。
財は二の次。健康第一。家族や友を敬愛し深く頭を垂れて謝の念。

2380「ゆめぴりか


北海道米ゆめぴりか・・・なまら旨いっす

因みに先日朝のNHK「アサイチ」でやっていた美味しい米の炊き方
を実践している。米をといでから16時間漬けた後に炊く。その際
お米二合に0,5mg程度の酢を入れるんだがこれがならま旨いっしょ。

ところで、最近の白米ってあまりとぎすぎるとデンプンが剥がれ
ちゃうんだってね。誰か正しい米のとぎかた教えてくんろ。

2380「白米


2377「セブンプレミアムのさばの味噌煮


炊きたてのホカホカのご飯と、先日愛娘Y子が日本から買ってきて
くれたセブンプレミアムのさばの味噌煮を一緒に食べたんだけどさ、
これがまぁ、大戸屋の定食を凌ぐほどの絶品の味だったのね。

Y子、ありがとねぇ。なんまら旨かったぜぇ

そう言えば3日前にブータンに行ったY子がトランジットで
スワンナプーム空港に到着したときに無事に帰ってきたと連絡が来た。

幸福の国で十分幸せを感じられたようだが、旅の内容を訊くと毎日
山岳の民家にステイして山の民の生活を体験するツアーらしい。
なんだかメコン基金が毎年開催しているスタディツアーに似てんな。

18年前、初めてスタディツアーで支援している子供の家にホームスティ
したときのことだ。「トイレは何処ですか?」と家のご主人に訊いたら
水の入った小さなバケツに小さなスコップを渡されてひと言言われた。

「ティーナイカダーイ。レウテークン」(英訳はアズユーライク)

後ろを振り返ると広大な大地が何処までも広がっていた。
げっ・・・・」(これから食事の人はご免なさい)

因みにY子も学生時代にタイの極貧農村地帯の学生の家にステイした
経験がある。まさか12年後に再びブータンで経験するとはね。


asia_jiyujin at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤岡わこう 

September 09, 2012

第2379回「創立者M氏の命日」

2379「顕彰碑」



心からお悔やみを申し上げます

本日はメコン基金創設者M氏の命日。享年59歳。
2代目を引き継いだS代表は御年72歳。頗る元気である。

もう7年か・・・

他界されてからもう7年。オレが胃を切る前の年だから
何とも月日が経つのが年々早く感じられるようになったな。

命日が9月9日・・・

タイ人にとって9は最高にラッキーな数字。タイの子供たちを
こよなく愛したM氏にはこれ以上ない忘れられない日の命日。
しかも息を引き取った場所が船の上。海の男が海で死んだ。

Mさんあと2年や。天空からみんなを見守っていてや

因みにこのブログの末尾も9である。更新した時間にも9が。
これも単なる偶然かしらん。



asia_jiyujin at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 07, 2012

第2378回「切望・ぐうたら生活」

2378「ノートブック


「藤岡さんってfacebookやってないんですかぁ」
うん、やってないよ
「今の時代twitterくらいやんなきゃ」
そ〜ぉ、あまり必要性感じないから
「海外生活していると便利ですよ」
まぁ、そうらしいけどね

昨年あたりからハノイのNちゃんやマレーシアの猫さんや
福岡のDちゃんや他からもやたらと勧められるfacebook。
新聞によるとタイの普及率は世界NO.1だってさ。

facebookに登録して、友達や家族と楽しく交流しましょう

こちらが何の設定もしていないのに何故か不定期に届くこのメール。
友人の誰かがfacebookに登録していれば自動的にメールが発信
されて勧誘される不可解なシステム。便利・・・いや恐い時代だ。

2378「i Phone3


今の時代、流行に早くITに強い人たちは1日の大半は携帯電話
やタブレットに依存して、常にtwitterやfacebookに情報を
求めているが、オイラはその類は一切やんない。

「藤岡さ〜ん。ネットに書き込みされてましたよ」
オレあ〜いうの興味ないもん
「僕なんか“死ね”って書かれてましたよ」
だったら見なきゃいいじゃん

2ちゃんねるも含めて人を誹謗中傷するもんも一切見ない。
人様を批判するのは嫌いだが自分があーだ、こうだと訳の
分からん輩らから誹謗中傷されることが何よりも嫌う性分。

その昔(2004年4月)イラクで日本人3人が拘束された事件が
あった。取材を兼ねて上海の夜総会で友人等と呑んでいた時に、
その時拘束された日本人女性の学生シンパから国際電話が入った。

「Nさんがイラクで拘束されたの。どうしたら・・・」

後にその事件は日本中の国民を敵に回したような事態に発展
したのだが、偶然拘束された女性がオイラと同じ郷里でもあり
自己責任』の話題を書いたのを切っ掛けにブログが炎上した。

彼らの無責任な行動で外務省の人間が動き国家予算も支出すること
への批判や野次馬にも近い傍観者の鬱血した感情の現れに過ぎない。

オレ自身も海外で活動しているだけに、いつ同じような事件に
巻き込まれるか分からないから肯定も否定もしなかったのだが
この時、ある米国人老婆様が「彼女たちが帰国したらビッグハグ
してあげなさい」と明言。日本人との器量の違いに驚かされた。

もちろん理解者も賛成派も多数いたのだが、どうしても単一民族の
日本人は他人に対する感情を剥き出しにして誹謗中傷をするのが好きな
国民らしい。あの時はネットの隠された恐ろしさに脅威さえ感じた。

その後もブログを通して誹謗中傷は絶えなかった。ブログのコメント
には現実から逃避した擬人的な集団たちが面白おかしく囃し立てる
ように無責任な言動を羅列してきた。ある意味目に見えない恐怖。

彼らとまともにやり合えば貴重な時間と使う必要のないエネルギーが
無制限に放出され、いかに不毛な時間であるかに気付いた。元来が
誹謗中傷や不平不満や愚痴の類を聞くのが大嫌いな性分故にそれらに
類似するソーシャルネットワークなどは興味が失せてしまった。

そうはいってもfacebookで革命が起きた国があるのも確かだしね。
便利なツールは正しい事に使えば核よりも強い武器になる。まぁ、
いずれ必要性に迫られたら無理にでも覚えなきゃいけないんだろな。

さりとて、今と同じ生活が続く限り当分は無理っぽいし、それに
この先の老後の人生を考えると、それほど多くの時間があるわけ
じゃないしね。最低限の知識だけを覚えて極力流行には流されず
にもっと身の丈にあった意義あることに時間を使わなアカン。

それ故に最近は毎日当たり前のように開いていたPCは敢えて
閉じたまま。だから原稿を執筆するかブログを更新する時以外
はメールも確認してない。日々PCとI phoneに使っていた
時間とそれらに依存している己を戒める意味でも敢えて文明の
利器から離脱して昭和的な生活に努めないと前頭葉が休まらん。

正直、衰退する脳細胞と弱体化しつつある肉体の1日に使える
エネルギー量を考慮すると、極力無駄な体力放出と過度な思考を
止めてアナログ的な生活をしないと己の生命力が続かないのだ。

老いたわけではない。きっとこの数年間で多種多様のいろんな人
たちとお会いしてきて少々脳細胞が疲労したと思われる。今月から
再び多忙になりそうだからせめて今だけは無考でいたいのだ。

と、何だかんだと自分を肯定するためにもっともらしい事を
書いているように見えるが、早い話が怠惰でぐうたら生活を
望んでいるだけじゃん、と非難されそう。実はそうなんです。

切望。今だけのぐうたら生活・・・



asia_jiyujin at 06:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤岡わこう