April 2013

April 28, 2013

第2481回「道産子会のはずが」

2481アヌサワリィロータリー右



拝啓
皆様方におかれましては益々ご隆盛の事とお慶び申し上げます。
第12回タイ国北海道人会をご案内申し上げます。 場所はいつ
ものローカルのバイキング形式のレストランを予定・・・



昨夜は今年最初のタイ国北海道人会主催の『ジンギスカン大会
の日だった。年に2回だけ開催される楽しみでレアな道人会。

ジンギスカンは他の焼き肉と違って最初にもやしとタマネギを
大量に鍋にのせてからその上にラム肉をまんべんなく引き詰めて
蒸した状態にするのが道産子スタイル。適度にラム肉が蒸し上がっ
たらソラチジンギスカンのタレかベルのタレにつけて豪快に食らう。

くぅ〜、なんまらうまいでぇないんかい

と、なる予定だったのだが、自分の体調を考慮してやむなく断念。
実はその前夜に突然の腹痛でぶっ倒れたのだ。未だ原因分からず。

2481RAJAVITHI


前日夕方に待ち時間平均2時間以上と言われる戦勝記念塔
近くにある国立病院へ、ようやく意を決して行ってきたのだ。

かぁでっけぇ病院

2481ラチャウィティ病院


2481正面玄関


まるで迷路のような巨大な院内を5,6人のナースやスタッフに
訊きながら、ようやく目的の皮膚専門科に辿り着いたと思ったら、
「今日は担当医が学会出席でお休みです」と受付嬢が笑顔で対応。

じぇ、じぇ、じぇマジっすか。なんともツイてねぇ

2481受付


2481待合右


2481時刻横


猛暑の中をやっとこさ重い腰を上げてやって来たらこれだもん。
益々運に見放されているとしか思えんわい。ま、来週再訪すっか。

2481GARDEN


で、その日の夜、毎月レギュラーの取材を終えて帰宅。遅い時間に
自炊してから、急に睡魔が襲ってきたのでそのままベッドに横になり
就寝。その後突然何の前触れもなく刺すような腹痛で飛び起きた。

いっでぇ〜なんじゃいこの痛みは。痛ぇてててて

あまりの痛さに部屋の中を七転八倒で転げ回る。額から玉のような
汗が滲む。正露丸や消化剤などありとあらゆる置き薬を飲みまくる
も痛みが治まらない。一瞬、頭の中に嫌な病名が過ぎった。

食中毒、いや腸閉塞か・・・やべぇこれはダメなやつだな

苦痛でもがきながら腹を押さて病院行きを覚悟する。そうこうして
いるうちに痛さの極限が超えたのか気がついたら朝を向かえていた。
時計を見ると8時を少し過ぎていた。テレビも照明も付けたまま。
どうやらあまりの激痛に耐えきれずに気絶してしまったようだ。

何なんだったんだあの痛みは

おそらくは3日間の便秘で腹がパンパン状態。そこに乾麺の半分
残っていた賞味期限最終日の西山ラーメン塩味に生ワカメとバター
と白ネギを入れて食べたんだけど量は人並み以下。つまり腹6分目。
伸縮する胃がない人間にとって炭水化物の食べ過ぎはダンピングの元。

邦人、アパートの一室で塩ラーメン食って腹痛死

なんて無様な記事が新聞にでも掲載されたらそれこそ一生の恥だ。
いや、逆にラーメン狂としては本望かもな。だが、この暑さだ。
しばらく発見されなければ確実に干からびてミイラ状態だろう。

バンコクのアパートの一室でミイラ発見傍らに塩ラーメン

それも嫌だな。で、翌日に遠足を待つ子供のように楽しみにして
いた待望の北海道人会ジンギスカン。料理もそうだがそれ以上に
久しぶりに会う郷里の面々とのひと時の語らいは実に愉快で新鮮。

何とかその時間までに3日分溜まった大便が放出されて大腸にスペース
が出来ればれば行くつもりでいたのだが、結局“う○こ”は出なかった。
万が一にも外出先で前夜のような腹痛に襲われれば皆様にご迷惑をかける
と思い、泣く泣く「急ですが体調不良で断念します」と幹事に連絡した。

あぁ、残念。悔しい次は雨期が終わるころか・・・

因みに、その日の夜、溜まりに貯まった見事な大便が大放出された。
せめてあと3時間早く生まれていれば道人会に参加して美味しい
ニュージーランド産のラム肉をたらふく食らっていただろうに。

人生、なかなかそう上手くはいかんばい

で、一人寂しく鮭缶をアテに晩飯を食っていたらオイラの身を按じた
マレーシア在住のA氏から電話が掛かってきた。「大丈夫なん?」
めっちゃアカンですわ」でも、ホンマはこの状況を愉しんでる。

ツーアウト満塁の打席を心から愉しめ

不肖藤岡、かつてどんなピンチも苦難も愉しみながら人生を乗り越え
てきた男。ブログを見て心配しておられる各方面の縁人の方々さま。
数年に一度やってくる大殺界のこの受難に、不条理な国ながらも案外
愉しみながら闘っております。いずれ最悪の状況を好転させてみせます。


      記
第12回タイ国北海道人会『バンコクジンギスカン大会』
1.日 時:2013年4月27日(土)18:00(雨天決行)
2.場 所 :【FAMILY MOOKATA PETCHBURI 】
3.会 費:800バーツ程度 
4.ご出欠:参加希望の方はメールアドレスへお送り下さい。       
5.その他:おにぎり、ビールお茶はご用意しますがお酒の
持ち込みOK となっております。ご寄贈いただける方が
いらっしゃいましたら 大歓迎ですのでご持参のほど
よろしくお願いいたします。


あ〜悔しい道産子会のみんなと食いたかったなぁ


asia_jiyujin at 23:24|PermalinkComments(4) 藤岡わこう 

April 24, 2013

第2480回「恐ろしき悪性貧血」

サプリメント

術後に食べていた数々の栄養補助食品



ふぅ〜やっと出た

今日5日ぶりに大便が排出された。にしては量が少ない。
それもそのはず。この5日間はまるで5歳児並みの食事量。
さしたる夏バテでもないのに食欲がない。やはり悪性貧血か。


M子嬢がメチコバール筋注の治療を調べてくれた。

投与期間ですが、私が大学で血液科の医者に聞いた話では、
通常初回治療:ヒドロキソコバラミン1mgを週3回×6週間。
またはメチルコバラミンを2週間連日。その後維持療法として
2〜3ヶ月に1回を一生涯とのことです。


い、い、一生涯って死ぬまでかよ

日本では、悪性貧血とか、ビタミンB12欠乏については治療が
確率しているので、これを無治療で放っておくとどうなるか、と
いうことを誰も書いていないんですよ。なので、これから先は、
私の推測ですが赤血球は、体内の各器官の細胞へ酸素を運んでいる
ものですが寿命が120日と短いのです。赤血球が足りなくなると、
例え心肺が正常でも、身体は酸素が足りないという状態になります。


無治療で放っておいたわけじゃない。正直知らなかった

どれだけ酸素を取り込んでもそれを細胞に届けられないということです。
呼吸苦はないけど、細胞は生きていけなくなるんだろうと思います。
で、神経細胞に十分な酸素が送られないと、神経障害が出現します。
一度、神経細胞が壊れてしまうと、それは後でいくらビタミンB12
を補給しても元に戻らないことがあるようなので、可能なら早めに
薬をうった方がよいと思います。


オーマイブッダ今度は神経障害かよ

迷ったけど、メールしてよかった!ただの情報だけですけど、
多少のお役に立てたならほんと嬉しいです。Jさんは若々しい
から老化現象なんて、まだまだ先ですよ(笑)。

あのときのお返しを、少しはできたでしょうか。Jさんにいつも
「お助けマン」が現れるのは、Jさん自身がそうやって、
いろんな人に助けを差し伸べているからなのでしょうね。
私、お金と善意は天下の回り物だと思っていますが、
受けた善意を返すっていう受身じゃなくて、積極的に人の役に
立たなくちゃなーって思います。押しつけにならないように。


いろいろ調べてくれてありがとね

お返しも見返りも一切望んでないけど貴重な情報に助けられますわ。
知れば知るほどガックリ頭を垂れる。すぐにでも7年前に手術を
受けたバンコクの病院に行きたいけど如何せん海外旅行傷害保険が
切れてるだけに高額医療費が恐ろしくておいそれとは行かれへん。

あぁ・・・それにしても難儀な身体よ

己の身の丈も考えもせず健康も顧みないで無茶ばかり繰り返した結果
がこれだ。とうとう仏陀様から「このバカタレが」と天罰が下ったか。

やれやれ今更反省したところであとの祭り・・・

先日読んだ小冊子にこんなコラムが載っていた。

結界覚え』自分の身の丈にあった振る舞い(判断)をしなさいと
いう江戸ことば。『結界』とは仏教用語で修行するときにここより
先には入ってはいけないという意味。その時々の自分の立場や役割、
立ち位置を自覚して判断しているか、その区切りも意味するそうだ。

自分を自覚し、自分の立場をわきまえ、出過ぎた真似はしない。
こうした姿勢が無用なトラブルを回避する。ところが元来お節介焼き
で世話好きのオレは年中多種多様のトラブルやハプニングに遭遇する。
時には『結界』を超えてしまうが、己の性分故に諦めている。

確かに『お金は天下の回り物』。自分のところで停めたら
回る金も回らん。使ってこそ流通するのだが、今や
物欲も性欲も食欲もないから通帳に溜まる一方だ。

オレが長年携わっている教育支援活動もまた、見返りなんか
1Bも求めない善意の奉仕。この十数年でそれ以上に彼らから
数え切れないほどの家族愛と生きる意味を悟らせてもらっている。

さ〜て、たがかビタミンの1つだけどされど大事なビタミン12。
不足することで昔のような無理も無茶も出来ない弱体が悲しい。
ここらで第一線から退いて静かに余生でもおくるとするべか。

さりとて、旧知の友たちが言う。「藤岡さんが元気にタイで生きて
いてくれるのが俺等の将来の目標と心のよりどころなんだよ」と。
その言葉が足かせになり未だにタイを離脱出来ないのかもね。

来年で20年・・・もう十分だと思うんだけどね

自分の可能性を信じてタイに来たことで叶えられた多くの夢。
さらに日本にいたら得られなかった多くの縁。その縁に長年
支えられてきたのかと思うとつくづく感謝すべき国である。

どうなるだろうねぇ、オレの身体

まぁ、一般の人よりは遙かに面白い人生を体験して来られたと
思うから今更未練はない。この世での使命が全て無くなれば、
いつでも天命を受け入れる覚悟はある。

でも、少しだけ余生を愉しむ時間だけは残してくれい


asia_jiyujin at 19:31|PermalinkComments(5)

April 23, 2013

第2479回「縁は異なものですが」

b日本の知人から胃切除後の食事の本が届く


いやはや・・・参った

いくら寝ても脱力感が一向に解消されない。真菌症も未だ完治せず。
食欲不振で食事は1日1食。それでもパンや菓子を間食しながらも
大便は3日に一度がやっと。筋トレの腕立て伏せは10回が限度だ。

あぁ最悪や・・・身体が徐々に蝕まれていく

我ながら自分のポンコツの身体が情けない。臓器の一個がないだけで
こげに難儀するとは・・・だが、世の中にはオレよりも不遇な身体でも
一生懸命生きている人たちは五万といる。真菌症に悪性貧血に大殺界。

きばらなアカンそんなもんに負けてたまるか

とは言え、先日時間をかけて作ったカレーも昨夜作った利尻昆布で出汁
を採ったカボチャの味噌汁も姿勢を正して食べても食道から落ちてかない。
咀嚼を30回繰り返し3口も食べたら嫌気が刺して箸を置く始末。

ヤバいな・・・

a信じられないことだが術後1週間で普通の日本食を堪能

信じられないことだが術後1週間で普通の和食を食うオレ

昼飯

これが胃全摘患者の病院食とは思えねぇ
晩飯


これじゃあ7年前に胃癌になったときと同じ症状じゃおまへんか。
一瞬、あの時の苦難の時代が脳裏を駆け巡った。いや、おそらくは
3日間の便秘が元で出口からずっと詰まって入っていかんのだろ。
(食事中の人はご免なさい)

くぅ〜なんで入ってくれないんのじゃ。オレのアホ臓器

折角スーパーで買った揚げ鶏肉も一口食べて冷蔵庫の中に貯蔵。
あぁ、情けない。わざわざ1週間の献立表を作成して規則正しい
食生活に変えても空腹感が湧かず無理して食べても喉を通らない。

猛暑の夏バテか原因なのか、それとも今までが不規則だった
だけに逆に内臓の方が受けつけんのかもね。悪性貧血を知って
しまってから常につきまとう不安。それが大きなストレスになる。

ま、なったらなったでその時だ

a1日4回の検温

一日4回の検温


縁は異なもの味なもの』と申しますが、かつてボランティア希望
の日本の大学生を毎年のようにコーディネートしていた時代があった。

今でこそ辞めているが、以前来た学生が卒業後に一度は社会の荒波に
揉まれながら再び某医療大学で改めて看護士を目指していた。その子
が2年前にふらっと友達を連れて現れた。その時一緒に訪タイされた
M子嬢から届いたメールに書かれていた衝撃の真実におののく日々。

6年も7年も経って、今頃になって悪性貧血ってさぁ・・・

いささか心配になって自分でもネットで悪性貧血を調べてみた。

東京大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科 黒川峰夫教授
の見解では「胃の全切除ではB12欠乏は必発であり、無治療の
場合は貧血発症までの期間が2〜10年、平均5〜6年といわれて
いる。したがって胃の全切除後はB12の定期的な補充が必ず必要



無治療で平均5〜6年って、ちょうど昨年あたりからだ

実は胃癌切除後、毎年日本に帰国した時に胃カメラを呑んで
定期的な検査を続けていたけど、毎年赤血球や白血球やMCV、
ヘマトクリットなどの数値が殆ど変わらなかったので6年目か
らは検査は受けていない。もし、受けていればもっと早い段階
で悪性貧血のことを知ったのかと思うと・・・。

オレはてっきりいつものダンピング症候群が原因だと思っていた
だけに、まさか術後5〜10年でビタミン12欠乏になるとはね。
もしかしたら担当医は伝えていたのかも知れんけど全く記憶にない。

通常、胃癌手術後5年は再発に気をつけろという寿命5年説がある。
2年前にその時期を過ぎてから再発もなく元気で動き回れたのだが、
昨年あたりから徐々に食欲が減退し体重も激減。最近では老化現象
の如く腕立ても出来ないほど筋力が低下して体の異変に悩んでいた。

どう考えても(臓器が)おかしい

今年は特に1、2月がクソ忙しくて10組目が終わる頃に突然股間
横に紅斑が現れ、それに伴って今までなかった便秘や食欲不振など
体調異変が生じてきていた。最初は単なる疲れだと思ったから少し
休めば治るだろうと簡単に考えていたが、その後も全く復調せん。

こりゃ完全に(内臓の)どっかが壊れたな

恥を承知で己の醜い身体をブログにさらけ出したことで多方面から
頂いた情報の中で知った悪性貧血という事実。正直、この先の己
の人生に大いに悩み始めた。

こりゃあ1人で生きていくにはちょいと難儀だな

まだちゃんと病院に行って調べたわけじゃないけど、いずれそう
言う状態になるわけだし、いつまでもこんな虚脱感と食力不振と
極度の激痩せと便秘に悩んでいてもしゃ〜ない。ここは一時帰国
して何処かで静養しながら本格的に時間をかけて治すべきやろな。

相変わらず病気になるまで無茶をしてしまうオイラを見かねた
仏陀様が再び試練を与えたもうたのか。ならば快く受諾するか。
とは言え、いったい日本の何処で治療すればいいのかしらん。

生まれ故郷の北海道。何かと便利で最先端医療がありそうな東京。
それともタイの気候に近い沖縄。ま、気忙しくなく気兼ねしないで
気ままにのんびり出来るところが一番やろね。

2年前にタイで袖振り合った多生の縁がこんな形で救われるとはね。
紅斑が元で悪性貧血のことを知ったのも今後の人生の布石なんだろう。
願わくは帰国するまで体内にあるB12か無くならないでくれい。

大丈夫なんかねぇオレ



asia_jiyujin at 18:06|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 21, 2013

第2478回「体調不良原因解明」

2478指切った


痛ってぇ〜

マジかよ。血が出てきたっちゃよ。自炊生活十数年。料理中に
怪我をしたことなんて一度もなかったのに包丁で親指を切った。
使っている包丁は世界に名だたるヘンケル。さすが切れ味最高。

なんて感心してる場合か。あぁ〜、これも大殺界の影響なのか。
サイの目が次から次ぐに悪い方に出やがる。何だっちゅうねん。
やることなすことが全部おっちょこちょいでドジ丸出しだぜぇ。

オーマイブッダここまで続けばギャグだな

2478調理場は外


今回はいつもの作り方ではなく、先日TVで観た料理番組を参考に
“二日目のカレー”に挑戦。ジャガイモをすり潰して入れたのだが
分量を間違ってまるでキーマカレーのようにドロドロさが半端ねぇ。

うゎっクソ不味ぅ

通常カレーなんて誰が作ったってそうそう食える代物が完成する
もんだが、辛口がダメなオイラは昔からハウスバーモンドカレー
甘口オンリー。それにアップルジュースと牛乳と最後に蜂蜜を投入。

因みに蜂蜜を入れると翌日になってもカレーが固まらんのよ。
いつもならこれで十分極旨カレーが完成するはずだったのだが
2人前を作ったつもりが初めて入れたすり潰したイモの分量を
間違えて倍くらいに膨れあがり超クソ不味カレーの出来上がり。

あぁ〜あとうとう運にも見放されてきた

2478クソ不味カレー


食欲不振でもカレーなら食えると思ったけど結局5口で断念。
おまけに調剤した塗薬が切れて紅斑はちっとも回復の兆しなし。
毎日乳酸菌と納豆食ってる割には相変わらず便秘は続いているし、
電池切寸前の電動歯ブラシのような鈍くさい動きと判断力の低下。

あぁ〜あ、何もかもが面倒くさくなってきたぜぇ

繁忙期が過ぎてようやく金もヒマも出来たと思った途端に肝心の
パワーがない。さらには大殺界に突入して運からも見放された。
心身共に凹んでいる時に届いた1通のメールで完全に観念した。


Jさん
大変ご無沙汰しております。
2年前、ひろぽんとともにナンプー訪問の後にお世話になり
ましたM子です。Jさん身体に黒い斑点が現れているとのこと。
また、お食事もあまり食べられないようで心配していました。

先日ひろぽんに、友人の医者の言葉を伝えてもらったのですが、
ブログを読んでみたら、ちょっと語弊があったようなので、
メールさせて頂きました。

まず1つは、私は写真を見て「内出血(アザ)」だと思ったの
ですけどJさんのブログでは「紅斑」と書かれてありましたね。
もしも紅斑なら、血小板減少とは関係ありません。

それから「胃癌手術後によるビタミンB12吸収障害による
貧血の血小板減少の発疹か胃全摘後の定期的なメチコバール
筋注を受けてないことが原因」とありました。
(中略)
ビタミンB12は、血球(赤血球とか白血球とか血小板とか)
をつくる材料ですが、胃の粘膜がないと吸収できないんです
(正確には、胃の粘膜が作り出す、内因子という物質)。

Jさんは胃を全部とってしまっているので、胃の粘膜がない=
ビタミンB12を吸収できない=血球をつくれない人なのです。
どれだけビタミンB12を多く含む食品を食べても、身体には
まったく取り込まれないということです。

胃全摘→胃粘膜がない→ビタミンB12を吸収できない→血球を
造れない→血球が減少。血球の減少とは、赤血球の減少→貧血 
白血球の減少→免疫力の低下血小板の減少→出血しやすい→内出血。
このままだと、「悪性貧血」というものになります。
(というか、既になっているかも?)

どうして術後これだけ時間が経ってから症状が出現したかというと、
ビタミンB12は身体にかなりの量のストックがあるので、まったく
摂取しなくても数年はそのストックを利用することができるからです。
そのストック分を全て使ってしまった後、症状が現れてくる。
(中略)
もしも今回の症状が「アザ」でなく「紅斑」や「発疹」ならビタミン
B12欠乏ではないのかも。でもいずれにしてもメチコバールを筋注
しなければ、Jさんの身体では血が造られなくなります。

お忙しいところ突然の長いメールすみませんでした。きっといろんな
情報に混乱したり悩んだりされているだろうと思っていて私がさらに
余計なメールをしたらご迷惑かも・・と、悩んだのですけどやらない
後悔よりやった後悔を選び、思い切ってメールしてしまいました。

ご迷惑だったら本当にごめんなさい。何か分からない点や他にこんな
ことが知りたい、などがありましたらどうぞいつでもご連絡下さい。
M子拝



じぇ、じぇ、じぇ悪性貧血だと

メチコバールを筋注しなければいずれ血が造れんってか。
はたしてそれが本当に当たっていれば最近になってから
どうしてこんなに長い間体調不良が続くのか理解できる。

プーミン外科医

『7年前の4月15日にオレの胃ガンを切除してくれた外科医』

そもそも、胃癌切除後にメチコバール筋肉を打つなんて7年前の
タイの担当医も札幌の医師も胃癌全摘諸先輩も誰からも指摘
されたことがなかっただけにかなりのショックだ。

参ったなぁそう、悪性貧血ですか

彼女が調べてくれた悪性貧血の症状は
貧血症状:立ちくらみ、倦怠感、脱力感、めまい、
神経症状:手足のしびれ、うつ状態、意識障害、ふるえ、筋力低下、
消化器症状:舌炎、食欲不振、便秘、下痢

オレはてっきり老化現象の始まりか(多分それもあり)更年期障害
かと思い込んでいたのに、倦怠感、脱力感、筋力低下、ふるえ、
食欲不振、便秘、うつ状態って殆ど当てはまっている症状じゃん。

かなりヤバい状況なんだろうけど、悪性貧血を煩わしていれば
病院に行って診察を受けてからメチコバール筋注を打てば済む
話なのだが、何分にも日本在住と違ってそう簡単ではない。

あぁ〜あ大殺界に真菌症の次は悪性貧血かよ

まだ完全に悪性貧血と決まったわけじゃないけど、いずれ近い
将来に必ずやらなきゃならん治療であることは確かなようだ。

異国で何も判らず不安だけが募っていただけに体調不良の原因と
病名らしきもんが判明しただけでも多少の不安が解消された。
不思議なもんで昔からオレが苦境や困難に直面すると必ずお助け
マンが目の前に現れてくれたけど、今回はお助けウーマン。

有り難うね。M子嬢。感謝です

因みに、オレの左右の目は1.5と0.8・・もとい。座右の銘は
『やらないで後悔するならやってから後悔しろ。その方が自分
の人生に納得できる』である。偶然にもM子嬢の行動がオレの
信念と同じというのも摩訶不思議なタイの縁と言えまいだろうか。


asia_jiyujin at 14:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 18, 2013

第2477回「浅在性皮膚真菌症」

2477左側股間部分


「体調はどんな感じですか?自覚症状などは判明してますか?
対したことはできませんが、僕ができる事であれば何でも言うて
下さいね。とりあえずバンコクの病院で診てもらったらどうですか」

「あらら大丈夫ですか。お酒も飲めないほどとは心配です。くれぐれ
もご自愛くださいませ。たまにはゆっくり休んだ方が良いですよ」

「あたしゃてっきり悪性腫瘍を考えましたよ。再発よりは、
別の癌かと。まっ、そのお腹は低栄養でもなるかもですが」

「シンガポールに最高の医療水準を持った日本人医師による
診察が受けられる病院が数か所あります。一度診察してみませんか。
バンコクから約2時間であれば身体に負担も少ないでしょう」

「私の見解だけど、HIV感染によるカポジ肉腫ではない?
食生活がひどいし、このところあまり食べれない毎日だった
みたいだし、免疫力が下がってきたんじゃないかと」

「HIV感染の有無は、検査したことあるのかな。確認してみて」

「便があまり出ないのは、Jさんが指摘している通り食事量が
少ないからだと思われる。色が黄土色なら健康な便だし
2〜3日に一度出ているなら心配ないと思うよ」

「胃全摘後7年、栄養状態が悪いこと、タイ在住、ジャーナリスト
などからまず思いつくのは、悪性貧血かな? ビタミンB12吸収障害
による貧血だけど、血小板減少なども起こすから皮下出血によるアザ
みたいなものかも。皮膚のことはあまりわからないけどカポジ肉腫って
感じではなさそうだけど」

「胃全摘後は、必ず貧血をチェックして定期的にメチコバール筋注
が必要なんだけど、恐らくその辺のフォロー受けてないんじゃない」

「貧血症状として、動悸、息切れ、めまいや、悪性貧血に特有な、
舌炎、手足のしびれなんかは無いかな?ちゃんと受診して、検査を
受けることをオススメします」

「ステロイドは魔法の薬ですが使い方を間違えるとえらいことに
なることもあるのでお気をつけ下さいまし」

「3人に1人が癌になり、2人に1人が癌で死ぬがん大国ニッポンは、
アバウト&ファジーなタイより安心かと(医療に関していえば)・・・」

「私はまだJさんに恩返しできていません。
どうかどうか、生きていてください」

「癌から7年と言えばサバイバーです。再発でなく別の
癌ということもあるといけないので可能性のあることは
潰して下さい。長生きしてほしいので」

2477薬局


この数日間、原因不明の紅斑に翻弄されながら自分なりに
薬局に行ったり各方面から情報を徴集して悩んだ挙げ句に
ブログに掲載した途端に多方面から連日沢山のメールや
国際電話を頂いた。嬉しくも情報に感謝。
しかし、ちゃんと診察を受けてないから余計に不安が増す。

さて、3月後半から北海道の佐呂間から旧知のS氏が訪タイ
されていたのだが生憎の体調不良で食欲不振。さりとて折角
頂いたお土産の銘酒「久保田」を無駄にはしたくはない。

これ持って飲みに行きましょ

2477 ジーマーミー豆腐


以前から興味があった東京から進出してきた沖縄料理の
ニライカナイ』に行く。久保田を嗜みながら久しぶりの
ジーマーミーはなまら美味。ゴーヤチャンプルもイケる味。

2477抗生剤


で、下半身の紅斑が心配になりS氏にも相談したらたまさか
抗生剤を持参していたので貰って服薬したけどまったく効かず。
はぁ〜、原因と病名が判らないだけに不安だけが募る日々。

2477DACO


それから数日後、まるで今の状況を知っていたかのように
フリー誌のDACOがタイミング良く市販薬の特集記事を掲載。
これは天の助け」と抗生物質や皮膚炎を読んだけど、はたして
この掲載してある薬が効くのか自信がなく疑問だけが残った。

2477知っておきたい


「だからさぁ、面倒臭いとか言ってないで病院に行きなさいよ」
えぇ〜いつ
「だから今でしょ」
今でしょって、テレビのCMかよ

某日、とうとう覚悟を決めて行ってきた。ちょいと訳が
あって治療場所は公表出来ませんのであしからず。

診断の結果は『浅在性皮膚真菌症』・・・なんじゃそら。

真菌は広く自然界に分布しており、その種類も数万種ある。
そのうちヒトに対して病原性を有するものは約50種。
皮膚真菌症には2種類あり、病変が生じる部位が浅いと
浅在性皮膚真菌症。深いと深在性皮膚真菌症とに分けられる。

『感染ルート』健常人のおもに口腔、咽頭、膣の粘膜に腐生的に
存在している常在菌でありただ存在するだけでは感染とはいえない。
しかし、加齢や全身疾患で免疫能が低下したり、広域抗生物質の
投与により細菌フローラが抑制されると異常増殖がおこり発病する。
特に男性は性器にカンジタ菌を保有していても症状がほとんど
出ないがステロイド剤の投与などが原因で症状が出ることもある。


えっ異常増殖がおこり発病って、抗生物質ダメじゃん

素人判断で適当な薬はアカンな。おそらくは不衛生な場所での水浴び
や不特定多数が利用するエステやSPAなどで使用したタオルや小物、
また他人が使ったものからでも感染することがあるんだとか。

確かに2月にタイ東北部とラオスの山岳にボランティアに行って
支援している子供の家で水瓶に溜めてある水で身体洗ったけどさ。
おまけに垢すりやオイル系マッサージに行って素っ裸になって誰が
使ったか分からん専用アカスリでゴシゴシやられもしたけどさ。

だからって言ってもさ・・・

水浴びもアカスリも10年以上も同じような体験しているわけだし。
まぁ、たまたまその時の体調や免疫力が低下していたのかもね。
それが原因で菌が増殖して下半身部分に紅斑が出現して、
倦怠感を伴ったとも推測出来るわな。

2477 3つの薬


この数日間、薬剤師が調合してくれた飲み薬と患部洗浄剤と
塗り薬の膚真菌症の抗真菌薬で治療しているけど、なんとなく
だがどす黒い紅斑が少しずつ薄くなってるような気がする。

2477納豆


2度目の触診で「あと2週間ほど続けて治療すれば完治しますよ」
と先生が自信ありげに微笑んでいた。もう少し様子をみるとして、
今は善玉菌を増やして大腸の免疫力を高めるのに乳酸菌のヤクルト
やヨーグルトと納豆+オクラを毎日食べるようにしている。

2477右側股間部分


ふぅ〜取りあえずは原因と病名が分かれば一安心

最後に先生曰く「最初に塗ったステロイド剤の塗薬が原因で皮膚
に寄生した真菌の細胞が広範囲に感染したのでしょう」と診断。

うっそぉマジかよ〜

それが本当ならあの薬局の美人薬剤師の単純な診察ミスじゃん。
ひでぇ話や」やっぱりタイ人はアバウトでファジィやなぁ。
ま、それを判断してやったのは他の誰でもなく自分。発展途上中の
国での病気治療は常にハイリスクが伴う。大殺界・・・ツイてねぇ。

この場をお借りしまして、いろんな方々にご心配をおかけしまして
さらには各方面でいろいろ調べて頂いた方々に心から深謝です。

有り難うございました


ふと、大病を案じて昔のあの忌まわしい思い出が頭を過ぎった。
7年前の4月13日のソンクランに胃癌宣告を受け、当時遠距離
恋愛していた日本の彼女に突然別離を宣告された2日後に切除。

その後の抗がん剤治療で生死を彷徨い、極度の激痛に耐えら
れず鬱病状態に陥って2度ほど突発的な飛び降り自殺も考えた
が直前で思いとどまった。あんときゃ、マジ辛かったよなぁ。

だから未だにオレにとってソンクランの時期は嫌なトラウマになった。
あれから丸7年。年々歳を重ねる毎に身体中の彼方此方のパーツが
ポンコツになり油を差したり修理しながら何とか生きながらえている。

人間やっぱり健康が一番やね


ところが、体調不良の本当の原因は皮膚の真菌症でも
数年に一度やってくる大殺界でもなく他にあった事が判明



asia_jiyujin at 06:33|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 17, 2013

第2476回「運勢大殺界に突入」

2476シーロム通り


『毎年シーロム通りは狂喜乱舞の水掛祭り』

4月13日はタイ人の誰もが待ちに待ったソンクラン(タイ正月)。
本来なら13〜15日(地方によって期間は異なる)の3日間なの
だが、今年は政府が決めた12日と振替休日も含めて5連休。

休みが増えればその分消費も増える・・・てか

2476 4月13日2880B


ソンクランの初日、為替レートがとうとう2900Bを切った。益々
タイバーツ高が進んで海外に出かける旅行組と都会で働く帰省組で
この期間のバンコク都内の人口密度は一気に減少する。おかげで
歩行者も減り慢性的な渋滞もなく車もバスもスムーズに流れている。

本来ソンクランは実家に帰省してお寺に出向いてタンブンや先祖の
供養をしたり、両親や僧侶など年上の人から手に水をかけて貰いながら
祝福の言葉を頂くのだが、近年のソンクランは日がな一日中水を掛け
合いながら大音量の音楽に合わせてただ騒いでいるだけにしか見えん。

ど〜してタイ人って音楽とダンスが異常に好きな民族なんでしょ

2476レポーター


昔は「チェンマイ イズ ソンクランNo.1」と言われて何度も行った。
パヤオ県やチェンライ県などタイ北部も旅をしたけど、さすがに飽きた。
その後は東部のパタヤや南部へも足を伸ばしたけど何処も水掛けばかり。

年に一度とはいえ、さすがに長年体験したら飽きるだろ

2476水鉄砲おんな


で、ここ数年は雑誌の取材でバンコク市内に出かけていたが、モラルを
守らない酔っぱらいの若者やクレイジーなファラン(白人)どもから
大量の水をかけられ商売道具のカメラが故障して撮影を断念する始末。

今年こそはこの狂喜乱舞の水掛祭りから逃れて友人がいるマレーシアに
脱出する予定だったのだが1ヶ月前から予約していたエアは満席状態。
そうこうしているうちに皮膚感染に体調不良が重なりあえなく自宅静養。

あぁ〜あ今年も国外脱出失敗

2476白い粉


もっとも不衛生な水をかけられれば現在治療中の患部に新たなる菌が
繁殖するとも限らないから期間中は極力外出を避けた方が身のためだ。

ふと、あまりにも己のツキの無さに、たまさかフリー誌の九星気学
による六白金星の運勢を見て超ガッカリしながらも妙に納得した。

2476六白金星


家でじっと過ごすこと

あ、そう。今のオレにあまりにもピッタリな助言だべさ。今年になって
から急に体調不良が続いたりツキから見放されたり不運が重なるので
試しに他の学術書や占本で己の運勢を調べてみたらさらに驚愕の真実が。

じぇ、じぇ、じぇなんじゃいこりゃ

四柱推命や十二支占い、西洋や東洋、万象運命術、九星気学など数々の
占星術、果ては風水に至るまでどれをとってみてもオイラの運勢は全て
低迷期じゃねぇか。特に西洋占星術によれば今月のバイオリズムは最底辺。

はぁ〜んどうりで何をやってもアカンはずやわ

共通するのは、今年は9年に一度の変革期。そう言えば1985年に
大ブームを巻き起こした六星占術の天中殺だが、もしかして今のオレ
ってその最悪な時期なのか?で、早速調べてみる。

確かオイラは六星占術でいうところの“火星人プラス(+)”のはず。


六星占術や0学占いは、天中殺とその前後1年を含め3年間を試練の
年として占う。2013年は、六星占術でいうと火星人プラス(+)が
大殺界の年。ちょっとした事で落ち込むことが増え試練の多い年になる


じぇ、じぇ、じぇ、じぇ、じぇ〜ま、まさに大殺界やんけ

天中殺の年や月になると善意が裏目になったり、体調を崩したり、
恋人や家族と衝突したり、自分らしく振る舞えないことが多くなり
ますだってさ。他の占いを見ても同じようなことが記載されていた。

あぁぁ・・・こりゃあ無駄に足掻いてもしゃ〜ないやんけ

占いの〆には『冬眠するようにのほほんと過ごしましょう。
あせらない!あわてない!あきらめない
!』と書かれていた。
あ、そう。ならば運勢が上がるまでじっと忍の一字で我慢すっか。

でもなぁ、オレが元気(健康)だと、その分喜ぶ人が増えんだよなぁ。
もうパワーを全て使い切ったと思っても相手の喜ぶ顔が見たいと思う
と不思議とエネルギーが湧いてきたっけ。そう言えば大物歌手で俳優
でもある美輪明宏氏がTVでタメになるえぇことを言っていたっけ。

人からパワーをもらいたいと思うのではなく、人にパワーを
あげたいと思うと、泉のようにだんだん湧いてくるものなのです


確かにねぇ。だが、そのパワーがてんで湧いてこないのだ。
たまさか大殺界の降口に差し掛かっている今の時期では、
どんなに藻掻いても無駄っちゅうことなのか。

くぅ〜、辛いねぇ

はからくも本来であれば7年前に終焉していたはずのオレの人生。
仏陀様の粋な計らいで「志途中では後悔するだろう」と人生の整理
のために多少の有限の時を与えてくれたと日々大事に生きている。

それがさぁ・・・

奇しくも人生最大の大病を患いながら奇跡的に覚醒して蘇ることが
できたのに、唯一の愉しみでもある食楽も食欲減退で満足に食えず、
大好きな酒も嗜むことが出来なきゃ生きてる意味ないじゃねぇかよ。

衣食足りて礼節を知る

『管子・牧民』に「倉廩実つれば則ち礼節を知り、衣食足れば則ち
栄辱を知る
」とあるのに基づくものだが、人は生活に余裕ができて、
初めて礼儀や節度をわきまえられるようになる。

衣服と食物は生活をする上での根本。それらが満たされることに
よって心にもゆとりができて礼儀を知ることができるのにさ、その
食が満たされなきゃオレは節度をわきまえないで暴れかねんぞ。

まぁ、なにはともあれ、己の人生が低迷している時期であれば無駄に
足掻かずにこれから3年間はダルマの如く達観して生きるとしよう。


実はこれを書いてからすぐに体調不良の最大の原因を知る事となる


asia_jiyujin at 11:35|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 12, 2013

第2475回「タイの医は算術也」

2475お守り


はぁ〜おかしいなぁ。な〜んか変だ

免疫力が落ちたせいで霊的な力まで低下したのか、はたまた
邪気が邪魔しているのか、あるいは守護霊様が一時的に何処かに
出張したのか兎に角最近になってからやたらとサムサーンが多い。

つまりおっちょこちょい。ケアレスミスとでも言えばいいのか、
食事中に器をひっくり返したり、洗った皿を落として割ったり、
いつもはぶつけたこともないドアストッパーにぶつかりそうに
なったり、パソコンに向かって自分ではちゃんと文字を打って
いるはずなのに打つべきキーボードの前後を叩いて変な文字が
出たり、今まで自分が保ってきた距離感が微妙に狂ってきている。

以前、日本のテレビ番組の健康モノで前記のような症状が続く人
はもしかしたら脳梗塞の疑いがあるとかって解説してたけどさ。

なんなのこれ老化現象、更年期障害。それとも霊的な作用

仏教国故に長年生活していればいつの間にかパピカネートや
ジャトカムラマテープやソンバットなどのお守りが増えている。
自ら買った物は1つもなく全てタイ人から貰った物ばかり。

昔は外出するときは必ず首からぶら下げていたのだが、実は
2年前から仏教に関するお守り全てを外して生活している。
外したからといっても運や生活自体はそれほど変わらない。

正直、敬虔な仏教徒のタイ人等を見ていると、普段はそれほど
信仰心もない日本人のくせしてあたかも仏教徒禅としている
自分が恥ずかしくなったからだ。唯一のお守りは右腕に巻いて
いるバーシースクワンの白い木綿糸のポッケーンのみ。

2475バーシーを巻く


なんだかなぁ〜なんか変だ。近い将来何かが起きる前兆か

何か恐ろしいことが自分に降り掛かるのだろうか。何か感じる。
感じると言えば現在治療中の謎の紅斑。これこそ諸悪の根源。
今の最大の悩みのタネ。いったいこの紅斑は何なんだろうねぇ。

ここ数週間、心配になってかつて学生時代に何度かボランティア
で訪タイして現在は医療関係者の旧知の女史たちに助けを求めた。
多忙にも関わらず数日にわたっていろいろと調べてくれたのだが、
彼女らの判断は「血液検査を受けて」「すぐ病院に行って」だった。

はい至極ごもっともなんですが・・・

海外旅行傷害保険が切れている今はバンコクのクソ高い五つ星病院
にはとても行けん。馴染みのタイ人2人から国立病院を紹介して
貰ったけんど私立病院と違って4,5時間待たされるのは当たり前。

しかも日本語通訳者がいないから病気の専門用語は理解不能ときた。
ま、お金を払って専属通訳を頼めば済む話だけど下手すりゃ病院代
より高くつかも。

で、「早急に血液検査」と言われても経験上私立での採血検査費
は25,000B(約75,000円)。手術を伴う大病なら数百万円は
覚悟せねばならぬ。国立病院ならそれの10分の一程度だろうけど。

まぁ、タイの私立病院は「医は仁術ではなく算術なり」なんです。
日本のように「仁愛の心を本とし人を救ふを以て志とすべし」の
ような医者は皆無。そうタイの医療は完全なビジネスなんです。

さらに女史の問診。「腹部の写真も心配。そのお腹は前から?」。
実は彼女に送った画像は3日間も便秘状態で下腹部がパンパン。
でも、昨夜3日分のう○こがまるでニシキヘビのようにとぐろ
を巻いて落下していった。(食事中の人ゴメンなさい)

以前なら大してお腹に力を入れなくてもスルッと排出できたのに、
最近は我子を産み落とす母親の如く渾身の力をこめないと出ない。
3日間も大腸に滞在していればさすがに水分無くて堅いのかね。
酷い便秘症の女性は2週間も出ないとか。さすがに辛いだろうに。

つくづく快食快便は健康の元と再認識せり

痩せたのは確実に食事の量だろう。ほんと小学生並みだぜ。
多忙だった頃は日中のアテンド中は殆ど口にモノを入れられ
なかったけど、今は2,3時間おきに食べてるけど太れない。
未だに55堊宛紂昨年の1月から7圓盡採未靴討い襦

2475納豆&オクラ


食事の量が一般人の半分以下で大好きな酒も殆ど口にしてない。
最近は1週間の献立表を作成して計画的な食生活と大腸の免疫力
向上のために毎日ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌と納豆+オクラ、
リコピンのトマトは欠かしていない。


一方、もう一人の女史が虎ノ門病院の外科医に調べて貰った事項
に気になる文言があった。その外科医曰くは、胃癌手術後による
ビタミンB12吸収障害による貧血の血小板減少の発疹か胃全摘後
の定期的なメチコバール筋注を受けてないことが原因ではないかと。

じぇ、じぇ、じぇそんなことタイの医者はひと言もなかったぞ

胃癌手術後は1回50万円もする抗がん剤治療ばかりでメチコバール
筋注なんて一度もやったことがない。過去に胃癌手術を受けた日本人
諸先輩方に訊いてもそんなことひと言も言ってなかった。必要なのか。

だ〜から頻繁に貧血気味なのかよ

ここ数日間は体調も安定して何とか生きながらえている。
スーパーの買い出しや短時間の取材は何とかこなしているけど
長時間の外出や遠出の旅行は自信がない。好きな酒も自粛中。

いささか取り越し苦労だといいけど、何だか一度にいくつかの
病気が同時進行している感じで独り身としてはとても不安になる。
邦人脳梗塞アパートで孤独死』なんて絶対に避けたいもんね。
あ〜、やっとヒマになったかと思った矢先にこれだもんねぇ。

あぁ、仏陀様はまたしても人生の修練を与えたもうたのか


asia_jiyujin at 08:51|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

April 11, 2013

第2474回「神秘論的色の法則」

2474 テーブル1


題名を見て「あれまた法則」と思ったそこのあなた。
「“の”も入ってるし」とウンザリした顔しな〜い。
「最近はやたら法則・法則ってさぁ」とかも言わない。

今回は案外参考になります

別に今更この歳になって哲学者を目指しているわけではない。
さりとてその類の教本にハマっているわけでもないのだが、
ブルーセブンの法則を書いてから妙に色に興味が湧いている。

ある小冊子にバンコク在住のカラーセラピストのコラムが
掲載されていて毎月興味深く拝読している。

神秘論の世界では今年のエネルギーカラーは「」。この「
が持つ波長がもたらす神秘的意味は「冷静な分析力・自立・
ホスピタリティ力・誠実さ・知恵を使って矛盾を判断する力

など、今年はこのようなことが人類に試される年なんだとか。

臨床色彩心理療法でもこの「青」は生理的にも心身に与える
影響は大きく、副交感神経を優位にし過剰な興奮を軽減させ
心のバランスを整える作用があるそうだ。つまりは、心身共に
リラックスするには欠かせない色ということが掲載されていた。

確かに色合いのコーディネートは仕事にも生活にも大きく影響
している。あながちオイラの青い部屋もリラックス効果があんのね。

昔取った杵柄ではないが、かつては建築設計士として当然の如く
そのジャンルは習得して熟知している。床や壁や天井の配色、
キッチンや洗面所に至るところまで細部に渡って施主様の家族
に合わせて適切なアドバイスが要求される。

カラーコーディネートって生活する上で案外大事なんよ

ところがだ。“物欲を捨てたら人間何処でも生きられる
をタイで達観してから十数年、すっかり購買意欲もなくなり
家具も衣服も無頓着になりお洒落さえしなくなっていた。

つまり、年がら年中同じ格好なわけだ

日本にいれば夏物冬物の衣替えに今年の流行の新作はとか、
ちょっと便利なグッズや家具があれば何でも消費していた。
だからいつしか部屋は必要のないモノで埋まっていく始末。

それに比べて年中温かい南国では10年前に買った衣服を
未だに着用。もっとも7年前の胃癌手術以降に劇痩せした
時は体型に合わせてスリムな服を新調したのが最後である。
然るに寝具も調理器具も一度買ってしまえば壊れるまで使う。

しか〜し、そんなオレが数年ぶりに買い物をした

先日、ブルーセブンの法則の回に横浜の愛妹から「ごはんの
とき、テーブルに黄色系のクロスを敷くだけで違うかも」と
コメント。即行ダイソー(タイには50店舗以上も進出)
で暖色系のイエローのランチョンマットを購入してきた。
(因みに100円ではなく+関税で60B(約180円也)

早速、西山ラーメンの乾麺の半分(1人前は多くて食えない)
と具材は塩麹に漬けた鶏挽肉にシャキシャキのモヤシとキャベツ
を適度に入れて買ったばかりのランチョンマットに置く。

2474テーブル白


2474味噌ラーメンななめ


お〜美味そう。暖かい色が食欲を高めるねぇ

食欲の相乗効果を上げるためにTVで秘密のケンミンSHOWを
観ながらゆっくり食べたけど、結局あと三口のところであえなく断念。
多少以前よりは食欲が出たけど如何せん食べる量が増えん。
咀嚼30回に腹8分目を心掛けないと倒れちゃうからね。

さ〜て、明日は”青”に拘って青首大根の煮物にするべか

2474青首大根


で、作ってみた。一度煮たモノを冷蔵庫で冷やすと旨味が深部まで染みこむ。

asia_jiyujin at 20:36|PermalinkComments(2) 藤岡わこう 

April 10, 2013

第2473回「じぇ、じぇ、じぇ!」

2473腹部分


じぇ、じぇ、じぇぎよぇ〜なんじゃこりゃ

以前から気になっていた股間部分横の皮膚に現れた紅斑が
よくよく見てみたら、ももの内側や腰の横上部や尻まで
広範囲に増えていて唖然。いったいこれは何なんじゃ。

痒みも痛みの無かったので特に気にもしてなかったのだが、
老眼鏡をかけてカガミを使ってくまなく見てみたら最初は
股間部分横下にあった紅斑が次第に上部にも増えて腰横部分
を超えて脇腹あたりにも出現した。しかも左右にである。

2473右腰


2473左腰


じぇ、じぇ、じぇ爺様のシミみたいで気色悪ぅ

薬の副作用でもなく何かの食べ合わせのアレルギーでもない。
家ダニやその類かと思いベッドや寝具を綺麗に洗濯。さらに
晴れた日に天日干したけど、どうやら関係ないみたい。

こりゃあ何かのストレスが原因かいな

超多忙期の不規則な生活と体力的な無理が祟ったのだろうか。
心配になってデパートの中のドラッグストアーに行ったら
いかにも理知的な美形の女性薬剤師が出てきて診てもらう。

「あ、これね」

2473DACO


ほんのチラッと患部を覗いただけでこれを塗って下さいと
『Quadriderm』なるステロイド系の塗薬を薦めてくれた。
これが後からどえれぇことになるとはその時は夢にも思わず。

おいおい、もっとちゃんと診なくてええんかよ

どうもタイ人の言うことはアバウトかつファジィなのであまり
信用できんと思いながらもシャワー後に塗ってみた。その後は
劇的な変化も無く回復の兆しはみられない。逆にさらに範囲が
拡大しているような気がしてきた。

2473ももの内側


じぇ、じぇ、じぇどうなってんのもしかして内臓の病気か

そう言えば快食快便・・・もとい。快食ではないけど毎日快便の
オイラがこの1ヶ月ほど便秘が続いている。それが原因なのか?
まぁ、考えてみれば1日1食だったり、その1食も半分程度
しか食べられなかったり、夜中の不規則な時間だったりだもんな。

腸に溜まるほど食ってねぇっちゅうことか

先日、不安になって昔馴染みのタイ人に相談したら自分の母親も
同じ症状になったことがあるからとすぐに電話してその時に使用
して治した薬名を教えてくれた。それでも治らなかったらと専門の
皮膚科の病院まで紹介された。こういう時のタイ人は頼れる存在だ。

でもなぁ・・・正直、病院って好きじゃないんだよねぇ

さらに日本人の知人に訊くと帯状疱疹じゃないかと。でも、痛く
ないし症状がちょっと違う。HPでも検索したら似たような相談が
いっぱい出てた。便利な世の中だ。どのケースもこれと言った
確実な情報は見あたらない。はたしてオレのこの症状は何だろ。

まさか大腸癌かそれとも原因不明の皮膚感染症かよ恐ぇ〜


to be continued
(実はこの病気との闘いは1ヶ月以上も続いており体調は最悪状態)

asia_jiyujin at 23:12|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 09, 2013

第2472回「奇妙な“の”の法則」

2472 4月5日


『3月21日の3,000が4月5日には2,990まで下落』

げっマジかよ。とうとう3000切っちゃったよ

先週4日に日銀の黒田新総裁が発表した新たな金融緩和を受けて、
一気に円安バーツ高になった。量的緩和だか何だかしらねぇけど
3日に1US$93円台だったのが5日には97円台に跳ね上がり
タイバーツも2,990まで下落した。週明けの月曜日は2,960B。

2472 3月21日横

『3月21日の両替レート』

2472 4 8

『4月8日の両替レート』

こりゃあ5年前の2月以来の円安だな

株価も大きく変動し輸出輸入に携わる企業や日本の経済界に
とっては嬉しい展開だろうけどさ、海外旅行者や年金生活の
長期滞在者にとっては全く持って全然嬉しくない状況である。

民主党が政権党だった時代の2011年末から2012年にかけて
1万円が3,700〜4,000Bの円高時代とは隔世の感ありだな。
個人的には3,500B前後が最も理想的なレートなんですがね。

と、ほ、ほ、ほ・・・ま、しばらくは我慢せなしゃ〜ない.」


さて、毎日パンツ一丁で猛暑と闘いながら部屋で執筆活動中、
ふと、1月に初訪タイしたTくんとの興味深い話を想い出した。
宮崎駿監督作品のタイトルに“の“がつくと全部大ヒットする。

ふ〜ん、そう言われてみれば確かに・・・

言われてみて後日ネットで調べてみた。代表的な作品を挙げると
『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』
『もののけ姫』『魔女の宅急便』『紅の豚』『ハウルの動く城』
『風の谷のナウシカ』『崖の上のポニョ』さらにはルパン三世の
『カリオストロの城』も“の”が入っている。

逆にそれほどヒットせず興行成績が低かった作品が
『耳をすませば』『コクリコ坂から』『平成狸合戦ぽんぽこ』だ。

へぇ〜、なるほど。なんだか凄ぇ法則を発見したんじゃない

まるでアイザック・ニュートン氏が木からリンゴが落ちるのを見て
万有引力の法則を発見したかのような驚きと感動が胸を駆け抜けた。

そう言えばオレの好きな映画のベスト3にも“の”が入っている。
『シェルブールの雨傘』『シンドラーのリスト』『猟奇的な彼女』
3番目は“かのじょ”で“”が入っている。全てヒットした作品。

まさにこの“の”の法則は歴史を覆す大発見じゃ御座らぬか

2472サイン本


オイラが執筆した処女作の『タイ少女白書/僕らのNGO物語』は
初版本完売で増刷になったけど2作品目『アジア・アンダーストリート
は1作目より手応えはあったにも関わらず増刷はなかった。

そっか〜、今更ながら『アジアの裏街道』とでもしておけば
ベストセラーだったかもね。今からリライトして改めてタイトル
変えて発刊したろかな。ま、夢に描いた印税生活は夢のまた夢。

その後他の雑誌で連載した『アジアの闇を歩く』『タニヤの素顔』
『男と女の物語は夜作られる』
は結構好評だったけど他の作品は
そうでもなかった。何とも奇妙な“の”の法則じゃ御座いませんか。

と言うことはだ。タイトルに“の”を入れれば売れんのかい

なるほど。この法則に気付いたからには、これから出す出版物の
タイトルには“の”を入れてみるべか・・・っていつ書くんじゃい。

ところで、宮崎駿監督の新作は『風立ちぬ』がベースになる自伝
らしいけど、はたしてタイトルに“”がつくんでしょうかね。
興味津々なり。


asia_jiyujin at 05:28|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう