August 2013

August 30, 2013

第2536回「人の命は儚いもの」

2536DVD映画


なんでやねんなんでNHKが観られんと

最近になってからの2時からの6時まで衛星NHK
放送が何故か自動的に台湾のTBCに入れ替わるのだ。
オフィスのタイ人スタッフに原因を訊いても要領を得ない。

じぇじぇじぇ今日もあまちゃんが観られへん

おそらくはNHK放送受信可と広告に謳ってながら実際は
電波を違法にジャックして流しているから大雨が降ったり
風が強い日はNHKの画像が砂嵐状態になるのがしばしば。

このAPTに住む多くの日本人居住者からも文句が出ている。
だが、最近住まわれるようになった日本人には申し訳ないが、
ここはタイなのだ」。何でもかんでも日本に居た時とは
比較にならないほど不便と不遇が常につきまとう異国なのよ。

怒ることなかれ。要は諦めが肝心

台湾の電波にジャックされるようになってからはもっぱら
知人から借りた映画のDVD鑑賞に耽りながらレギュラーの
原稿を書いていたある日の事、ふと見逃していた返信メールが。

ありゃIさんの奥様からだ

7月12日にIさんが胃癌で亡くなられてから間もなく
49日になる。そんなIさんの奥様からのメールを読み
返していたら思わず目頭が熱くなった。同時に長年連れ
添った夫婦の強い絆と愛情に心を深く打たれてしまった。



藤岡様

(前略)

昨夜メールを見ました。涙が止まりませんでした。我が家に
泊まって頂き病院にも付き添いをして頂き、私にとっては
とても心強かったです。有り難うございました。お線香も
あげていただき有り難うございました。

7月6日家で痙攣が起こりかけ運よく日々服薬の効果で痙攣
は落ち着きましたが、救急車を呼んでいたのでそのまま搬送。
病院で研修医らしき女医が家に返そうとしたのですが夫が入院
をさせてほしいと頼むも女医は聞き入れず、サポートについて
いた医師が夫の気持ちを組んで入院に至りました。

多分、夫は3回目は救急車を呼べないと考えていたのでしょう。
入院イコール抗がん治療中止となるので、命の覚悟はしていた
のかもしれません。10日から緩和ケア開始、モルヒネです。
少しのモルヒネから始まったのですが、体が楽になったので
しょう。日中2時間おきくらいに要求するようになりました。

夜のモルヒネは10日夜8時1錠11日夜2錠服薬。いつもなら
夜中12時には起きるのですが眠っていたのでモルヒネの効果で寝
ていると思い酸素濃度を12時と2時に確認し私も眠りました。

11日夜眠るとき夫が「ありがとう」と言い8時45分に横になった
のですが、呼吸がいつもと違うので看護婦に見てもたった所、異常の
知らせはなく、朝方異変に気付いた時は家族を呼ぶようにとのこと。
早く、異変に気づかなかった自分がなさけないです。

藤岡さんには夫も私も励まされました。受診したメールは印刷して
夫に見せ4日に会えたことに感謝をしていました。タイの里子のこと
は今回の入院で会えないと思っていたようです。私もできることなら
メコン基金が存在するうちに一度タイへ足を運びたいと思っています。

夫亡き後、夢でも夫に会えましたか?私の所にはきてくれません。
私を置いて逝ったので文句の一つも言いたいのに・・・

2536中国人街のワット


肉体から離脱した魂は49日間掛けて友人や想出の地を彷徨うと聞く。
だから、天竺に旅立つ前にそろそろ奥様の夢枕にも立つ頃だろう。

某日Iさんが支援していたウドンタニで中学校の教諭に就いている
T嬢に連絡して他界したことを告げた。電話口ですすり泣く声で
「ありがとう。今の私があるのはIさんのおかげです」と伝えてと。

オレも一度は地獄の蓋を見てきた人間である。人の命は儚いものだ。
だからこそ1日1日を大切に生きねば。その割にはDVDばかり
観てるじゃん。別にヒマを持て余しているわけではない。

取材やらアテンドの合間を縫いながらも、何も考えないで無心に
1人で何かに没頭できるが欲しいのが本音。まぁ、常日頃
時間に追われている身としてはたまにはそういう日も必要なのね。

改めてIさんのご冥福をお祈りいたします


asia_jiyujin at 04:30|PermalinkComments(2) 藤岡わこう 

August 29, 2013

第2535回「今年一番自由な時」

2535ガールズバーVanilla


それにしても関東や西日本は狂ったような暑さだな

今や猛暑を通り過ぎて連日酷暑が続く日本のニュース
を観ながら多くの老若男女が熱中症で病院に搬送され
たり、異常気象による様々な自然災害を危惧している。

そんな某日、毎月のように訪タイされている東京在住の
愛泰家O氏がその酷暑の東京を脱出して先日来なはった。

「何かいいんですよねぇ。このマッタリした感じが・・・」

確かに先進国の首都圏でタイのような南国特有のマッタリ
感を探してもおそらくは見つからないかも知れへんわな。

大手企業勤めと言いながらもこうも毎月訪タイされるほど
タイをこよなく愛してんのやったら、いっそのことタイ支店
に転勤願いを出せばええやんと思うのはオイラだけかしら。

まぁ、実際移住したら最初は楽しくてもいずれ異文化による
習慣の違いでストレスが溜まり苛立ちや憤ることも多くなる。
で、やがてマイペンライの境地にまで達すれば晴れてタイ人化。

それまで日本で養われた価値観を一度リセットして現地人と
同じ目線になることが大事。つまりは「感動→怒り→諦め→
気にしない
」を何度か繰り返すことで今まで培ってきたモラル
やプライドが崩壊しエゴが解放されて生きる価値観が変わる。

しかし、それはけして良いこととは言えないかもしれん

そう、そこまで達してしまうと二度と日本の社会では働けなく
なる可能性が大。かくゆうオイラもその1人。雁字搦めの法律
やルールに縛られ何かと百点満点を要求され常に時間に追われ
ながら生きることに耐えられなくなりやがて窒息しそうになる。

そのストレスが胃癌や鬱病の原因になるんだろうな

転勤してきた現地の駐在員の多くが帰国して思うことらしい。
だから大概の現地日系企業は3年で本帰国させるんだろうな。
組織にも所属していないオイラには永遠に帰国の辞令は出ない。

ま、住めば都とは言うけどさ、たまに訪れるから異国もいいの
かもね。今更異文化の国で現地語を学び習慣を覚え、さらには
お仕事もキッチリこなさにゃならんとストレスも溜まるわな。

悪なく日本の企業戦士たち。せめてタイで戦死せんでね

さて、日本とは対称的に連日不規則なスコールに翻弄しながら
割とのんびりとした時間を過ごしていたので、O氏の滞在中は
ほぼ毎日彼方此方ハシゴしながら一緒に呑んだくれていた。

おそらく今年になって一番ヒマなひと時だしね

2535Vanilla


2535ガールズバー


2535神楽


初日のスクンビット33のVanillaから始まり最終日のタニヤの
神楽まで。晩餐は琥珀に博多どんたくから多酒多彩の寅次郎。
さらにいつもは観光などしないO氏を伴って帰国される日に初
めて中国人街の市場を巡りながら北京飯店で小龍包とを満喫。

2535琥珀で晩餐


日本に帰国後、体調を壊されたらしいけど来月上旬には再び訪タイ。
再び・・・」ちゃうな。「またも」の方が的確な言い方か。
いずれにしても昨年の某ツアー後から毎月のように訪タイだもんね。

2535ヤワラート通り


2535中国人街1


2535中国人街3


2535中国人街2


以前までは格安エアチケットを探しての訪タイだったけど、最近は
JAL一本に絞ってマイレージをガンガン溜めるそうな。ポイントが
一定以上になれば、無料のアップグレード券も貰えるし、それに
成田でも羽田でも焼酎や銘酒が呑める特別のラウンジが使えるしね。

少子化が危ぶまれている昨今で、すでに都内に3LDKのマンション
を購入して管理職にまでなったO氏なのに未だ独身を謳歌している。

そろそろ将来を考えていっぺん所帯を持ちなはれ

2535中国人街4




asia_jiyujin at 05:33|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 23, 2013

第2534回「束の間の至福の時」

2534銘酒金龍


くぅ〜極楽。今年の金龍は旨いっすねぇ

さすがに日本滞在中はほぼ毎日呑んでいた酒もタイに戻って来て
からは殆ど呑んでいなかった。呑まんでも我慢できんだからオレ
はアルコール中毒でも依存症でもないっちゅうことなのだが。

そこはやはり呑んべぇの哀しい性で、日本からの土産酒のお誘い
を受ければ、ついつい敏感に触手が反応して呑まずにはおれん。
さりとて呑んべぇが集えば、あっと言うまに至福の時は終焉。

中途半端に酩酊して帰宅。小腹の空腹を埋めるのにを啜る。
体重は63〜64圓鰈牌咾覆ら未だに食欲旺盛が続いている。
好きな食って銘酒を嗜む。これぞ究極の幸なる時間ですわな。

実は、昔勤めていた会社の社長が「俺は晩酌がなくなったら人生の
幸せが半分になる」と豪語していた。30歳代だったオレはその時
晩酌以外に幸せがない経営者を哀れんだ。だが、この歳になって
あの豪語は名言だと悟る。そう経営者ってぇのは常に孤独なのだ。

あ〜のんびりしてえぇのぉ」

お盆を過ぎてからはまさに隠居生活のようなのんびりした日だ。
特別急ぐ取材があるわけでもなく、さりとて訪タイ客も来ない。
だから寝むたくなったら就寝して好きな時間に起床。好きな映画
読書に耽り、腹が減ったら食べたいモンを作って食べる。

かといって不規則な生活をしとるわけではない。ほんの束の間とは
言え時間に追われず多忙から解放された理想的な生活なのだ。

昔の8月と言えば部屋にいたことなかったもんなぁ

8年前に胃癌手術を受ける前迄のこの時期は、毎年日本から
来られるいろんな福祉系の大学生たちを受けてボランティアコーディ
ネートをしていた。関東圏だけでもゆうに10校は超えていたっけな。

バンコクやチェンマイの孤児院や養老院や福祉施設に引率。HIV
感染者やAIDS患者に薬を届けるNGO団体とチェンマイの山村
回ったり、ロッブリィ県のAIDSホスピスのナンプ寺にはそれ
こそ数え切れないほど行ったりと8月下旬は部屋にいなかった。

福祉とは全くの無縁のオイラがよう精力的にやってたなと思う。
まぁ、あの時代があったからこそ今の自分があるんだろけどね。
でも、さすがに今は、あの時のような向上心も体力もない。

さすがに寄る歳には勝てねぇってよ

昔は50歳を過ぎたらどんなに成功していても後任に道を譲って
好きな画でも描いて隠居生活する予定だったのだが、頼まれ事に
NO」が言えない性格故に未だに多くのしがらみが変に
絡みついて踏ん切りが付かんばい。

ま、川の流れのようにだな

時代の流れに変に逆わらず、必要とされれば人様の役に立つ。
少々時期が遅れたけんど、まぁ、そのうち待望の隠居生活の
時期が来るだろうから、今は束の間の幸なる時間を満喫・・・
と思っていた矢先に何やら週末からにわかに忙しくなりそうだ。

遠方より朋来る。また楽しからずや

さ〜て、出番や。その前にサクサクッとお仕事をかた・・・。


asia_jiyujin at 05:22|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 20, 2013

第2533回「記録的な酷暑日本」

2533伊勢名物赤福


おぉ、この舌の上で蕩けるような甘味な食感

先週の13日に兵庫からお越しになられたIさんがオイラの
大好物の伊勢市の名物“赤福”をお土産に持ってきてくれた。
実際に受け取ったのは15日。賞味期限はわずか1日だけど、
冷蔵庫で保存しながら食べたらさすがにあんこが堅かった。

そんでも久しぶりの赤福は「でりゃ、うみゃ〜ずら」でした。
最近暴食気味で度々低血糖を引き起こすので助かりました。
Iさん、わざわざオイラのためにおおきにどす。

ところで、最近日本から来られる方々が「今年の夏は異常に
暑いよ」と口にする。「こっち(タイ)の方が全然涼しい」とも。
確かにオイラが帰郷した7月の北海道も平年以上に暑かった

先週の12日、それまで「暑さ日本一」だった岐阜県多治見市
を抜いて日本国内史上最高の41度を観測した高知県四万十市。
地球温暖化だか知らねぇけど、今年も日本の夏は異常的な気象
が続いている。さらには各地で局地的な大豪雨も発生しとる。

一体全体、日本の夏はどげんしたんじゃろ

先日、お盆で秋田に帰郷したメコン基金の代表からメールが来た。


16日青森発22時42急行ハマナス札幌着17日6時7分が、
深夜森駅と八雲駅間大雨で増水のため貨物車が脱線し、両駅間
バス運行し7時間遅れで札幌到着。まさか自分が遭遇するとは。
同場所での事故は3回目とか、完全復旧には時間かかるようで、
JR北海道の対応に道民も怒り心頭です。


あらららそれはお気の毒に

年に一度の生まれ故郷の帰省。まさかの脱線事故による7時間
遅れは想定外だっただけに、かなりの長旅にさぞやお疲れにと
同情する。でも、怪我がなかっただけでもホント良かったばい。

それにしても酷暑や豪雨が続く異常気象の日本ですが、タイは
今年も各地で豪雨による洪水被害が発生している。因みに
タイの国内最高気温は1960年4月にウッタラデット県の44.5℃。

但し、これはあくまでも気象庁の観測史上での話であり、実際の
体感温度はサウナ並みにもっと蒸し暑く感じたことだろう。

ところで、NHKのニュースではお盆の期間中に全国で熱中症の
疑いで病院に搬送された人が4万人を超えたと報道していたけど、
猛暑期のタイに熱中症で死亡したタイ人の話は聞いたことがない。

オイラもさすがに19年もいてるだけに暑さには慣れてしまった。
もっとも酷暑の日にはもっぱら涼しい場所で避暑しているけどね。
ま、まだまだ残暑が続く日本だと思うけど耐えて下さいまし。
この時期を乗り越えれば待ちに待った(誰が?)食欲の秋です。

2533これぞ旭川の銘酒一夜雫


あぁ〜冷えた銘酒でいっぱいやりたいですなぁ


asia_jiyujin at 05:18|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

August 16, 2013

第2532回「タニヤ前線異常有」

1


それにしても、みんな何処に行っちゃったんだろね

先週お盆休暇が始まる前にタニヤ界隈を取材していたら
ちょいとおかしな状態に気付いた。何処の店も女の子の
数が少ないのだ。普段から大勢在籍している店も然りだ。

12日が母の日(王女様の誕生日)だから母親孝行しに
田舎に帰ってるとか、豪雨でアパートの路地が冠水
して出て来られないとか。無断欠勤や遅刻は罰金に
なるのだが、確かに雨が降ると出勤率は極端に悪くなる。

巷ではシンガポールに出稼ぎに行ってるという噂を聞く。
お客が少ない時期は諸外国に短期で出稼ぎの子は多い。

それって、今に始まった事じゃないし
「もしかしたら日本に行ったのかもね」

7月から日本の査証が免除になってから日本にいる友だち
や親類を頼って出稼ぎに行ったと言うまことしやかな話を
タニヤで働く関係筋から頻繁に耳にするようになった。

マジかよ

仮にそれがもし事実だとしたらタニヤの店にとっては甚大
な損失に繋がりかねない。長年続いてきた日本人が安心して
楽しめる古き良き花街が近い将来音を立てて崩壊しちまうぞ。

そうなりゃ我々の仕事場も減少するじゃん

確かにアベノミクス効果でタイ旅行者が増えてるように思え
るけど如何せんどの店にも女の子の数が圧倒的に足りてない。
需要と供給のバランスが崩れ始めている。長年タニヤを見て
きた重鎮でさえ「こんな状況は初めて」と首を項垂れて嘆く。


訪日タイ人のビザ免除
在タイ日本大使館は日本政府の決定を受け7月1日から短期滞在
を目的とした訪日タイ人に対する査証(ビザ)免除すると発表した。

 今回の措置は15日を超えない観光や親族訪問、商談などで訪日
を希望するタイ国民を対象としており、15日を超える滞在や就労
などを目的とする滞在については従来通り事前に査証の取得が必要。

 日本入国に当たっては入国審査の際、日本から出国するための
航空機等の切符、現金、クレジットカードなど滞在中の費用を負担
できることを証明するもの、日本滞在中の連絡先(知人、ホテル)
日本での滞在日程などの提示を求めることがある。

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、今年1〜6月の
訪日外客数は495万4600人(前年比22.8%増)そのうち
タイ人の訪日数は20万1900人(前年比52.7%増)
主要18市場の中でも最も高い伸び率となっている。

2532YORIMICHI


円安で気軽に日本へ旅行に行くタイ人が増えたのは確かだ。先月
の帰国でもいつもなら台湾人や韓国人で賑わっているドンキホーテ
や100円ショップで若いタイ人たちを沢山見かけたし、宿泊先の
ホテルの朝食会場でも数組のタイ人家族と出逢ったしね。

尖閣諸島問題で激減した中国人旅行者を補うために、不当滞在や
不法就労に繋がり兼ねない今回の日本政府の苦肉の策だろうけど、
はたして日本に行ったタイ人の何%が戻って来ないのかしら。

日本に行ってもええけど必ずタニヤに戻って来いよぉ

あ、日本でたんまり稼いだらタニヤで働く必要もないか。
ま、これはあくまでも巷の話や噂話を分析したオイラの
個人的な憶測だけど、あながち間違いではないかもね。

2532よりみち


と、ここまでは先週の話だったけど、昨夜タニヤに行ったらまるで
祭りのように沢山の日本人が闊歩していた。さらにどの店にもお客
で賑わい、先週までがまるで嘘のように街中が活気に溢れていた。

あらら閑古鳥は何処へ行っちゃったのかしら

やはり日本人の花街は賑わってこそ自然と笑顔がほころぶ
ようです。先週まで眉間にしわを寄せていたママさんも
昨夜ばかりはご機嫌に笑顔を振りまいておりましたから。

おおきに。お客はんは神・・いえ、光り輝く金の仏陀様どすぇ


asia_jiyujin at 05:46|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 14, 2013

第2531回「再び騒乱が勃発か」

2531じぇじぇ


じぇじぇまた1埖世辰討鵑犬磴

1ヶ月の日本滞在中に連日旨いもんばかりを飲み食いし過ぎた
結果、当然のように醜い豚のように太ってしまったオイラ。
いつもならバンコクに戻って1週間もすれば元の体重に戻る
と思ったら、体重計に乗ってらビックらこいてしまったべさ。

相変わらず暴飲(いや酒は呑んでねぇ)暴食が治まらず1日に
キチンと3回規則正しい(時間は不規則だが)食生活を心掛け
ている。間食も特にしてねぇのに、な〜して太るんだべか。

だってさ、食べた2時間後には腹へってんだもん

それにウ○コも日に2回も出る日もある。しかも頗る快便。
ほ〜んと、どうしちゃったんだろ。あの食えなかった日々は
いったい何だったんだ。おかげで近頃はエンゲル係数が急上昇。

ま、太ったとは言え、英気も精気も活力も体力もまるで別人の
ように蘇ったんだから良とするべ。今週も来週も今月末も来月も
日本からの旅行客のアテンドオファーが目白押し。体力が回復
してなければ全部断るところだったけど元気が嬉しくて全て快諾。

「ところで、ルンピニ公園のデモ隊は大丈夫なんですか
う〜む、まだ国会で第一読会が通過した段階だからね

ブログをお読みになった方々から心配されるメールが届いた。

先週のタイローカル新聞より抜粋
野党・民主党など反タクシン派が強く反発する恩赦法案
が8月8日、賛成300反対124で第1読会を通過した。
政権党・タイ貢献党が提出した同法案は与野党の議員から
なる委員会が内容を精査したあと下院が1週間以内に内容
を追加修正するか否かを決めて下院で第2読会、第3・
最終読会が行われることになる。

そして今週のニュースでは
同法案は、最大野党・民主党など反タクシン派が反発する中、
先に第1読会を通過したが、同派がさらに大規模な抗議運動を
展開する可能性があり、混乱に拍車がかかることが懸念される。
関係筋によれば、タクシン派の念願は、国外逃亡中のタクシン元
首相の免罪・帰国を実現すること。そのために必要なのが恩赦
法案の議会通過で、政治改革協議はその環境作り戦術のひとつ。

2531戦勝記念塔前のデモ


ニュースや新聞を読む限りでは、今日や明日にでも暴動が
起きるわけでも騒乱が勃発することはないとみられている。
ま、起きるとすれば9月か10月だろうと予測する人もいる。

じぇじぇ9月か10月ってツアーの真っ最中じゃん

2531街中に黒煙が


3年前の悪夢のように治安部隊が包囲し砲弾が飛び交う中で
勇敢な・・・もとい命知らずの日本人団体客が歓楽街を闊歩。

実に面白い企画じゃないですか

2531暴動


JTBもHISも絶対にやらない旅行業界始まって以来、前代未聞
騒乱最前線ツアー。情報筋に寄ればすでに25人の参加者の予約。
その大半が毎回参加される常連組さんだ。まさに同窓会気分です。

2531小舟で移動


因みに2年前のバンコク首都圏大洪水騒ぎの時は名だたる日本の
旅行会社全てが旅行をキャンセルしたのに、我が強者愛読者ツアー
だけは危険を顧み・・・もとい、無謀なツアーを決行したっけなぁ。

「そっちの状況はどうなってんの洪水は大丈夫なの?」
「最悪の場合はボートを出すからマルっとお任せあれ

洪水は我々が滞在する10埓茲泙杷っていたけど、
ボートを出すことなく参加者全員大いに満喫して無事に帰国。
それまで閑古鳥が鳴いていたタニヤもスクンビットの協力店さん
からも、まるで救世主の如く厚いお持てなしを受けたのでした。

ほんとあん時だけは肝を冷やしたぜぇ

ま、何が起きても何とかなるのがタイ。事実この十数年、どんな
ミッションが来ても必ず結果を残した実績がある。そんだけ日本
では到底考えられないあり得ん体験をいっぱいしてきただけに、
自ずとスキルがアップして引き出しの数が増えたんだろうね。

長年人様の軒先借りて住まわせて頂いている日本人としては
あ〜だ、こ〜だとタイ人の言動に誹謗も中傷も致しませんが・・・。

せめて国際空港占拠と商業地域での騒乱だけは勘弁してくだせぇ


asia_jiyujin at 06:53|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

August 10, 2013

第2530回「出勤率の因果関係」

DayDream


いやぁ〜参った

バンコクに戻って来てから連日のようにスコールが振っている。
おかげで毎夜のようにタニヤに行くも女の子たちの出勤率が
悪くて未だに〆切り前の取材が終わらずかなり難儀している。

プレイガール


ストレスが溜まる前に酒でもかっくらおうと思いながらも
さすがにここでは日本に滞在していた時のようにはいかぬ。
分かってはいるのだがこればかりはタイ流に合わせんとね。

2530国稀呑みたいぞぉ


「雨だけじゃなくルンピニで大規模な集会やってるからね」
それが恐くて(店に)出て来ないのかよ

因みに現在政権党の与党が恩赦法案を国会で審議中である。
その法案が通れば亡命中のタクシン氏の帰国に繋がるとして
反タクシン派が国会前やタニヤ近くのルンピニ公園に数千人
規模で集結。近日中に法案が通れば間違いなく騒動は免れない。

日本の盆休を前にしてバンコクで騒乱が勃発すれば3年前の
悪夢が再び展開される。そう、2010年5月にバンコク首都圏
は赤シャツ軍団の騒動に揺れていた。

タクシン元首相支持者たちによる反政府デモが劇化し、街の中心部
の商業地区が占拠されBTSや地下鉄の交通一部麻痺。
デモ隊を鎮圧する治安部隊が出動し事態は最悪の様相を呈した。

香り


くすのき


GARDEN


今回もそうなれば確実にタニヤ界隈で働く数千人のタイ人に
影響するのは間違いない。さらに問題が長期化すればタイ国
の観光業界にとってもかなりの経済損失に繋がりかねない。

頼む。このまま何も起きないことを祈る

それよりも・・・

頼む。雨が降っても店に出勤してくれぇ

ニュー不死鳥


あぁ、つくづく因果な生業だ。毎月音もなく確実にやって来る
〆切り日”という出版界の呪縛からは逃れることが出来んばい。



asia_jiyujin at 08:30|PermalinkComments(2) 藤岡わこう 

August 09, 2013

第2529回「まさかの体重63圈

2529体重63


じぇじぇじぇろ、ろくじゅうさんキロ

さすがに欲望の赴くままに暴飲暴食を続けた結果である。
胃を切除してから4年間は62圓世辰燭昨年から徐々に
食が細くなり2ヶ月前には55圓泙覗蕕擦討靴泙辰拭

それから無理矢理にでも体内に食物を採り入れて何とか
盛り返して帰国前は57埖罎鬟ープしていたのだが、
1ヶ月間の北海道滞在で63圓泙蚤世辰討靴泙辰拭

ま、そのうち戻るべ

いつもならバンコクに戻ってから1週間程度で元の体重に戻
るのだが今回ばかりは未だに暴食が続いて体重が減らない。
APTスタッフや馴染みの子からは丁度良いわと言われたけど。

さらには「フジさん肌が白くなったわねぇ」と驚かれた。
日本に帰国していたことを伝えると「私も日本に行ったら
白くなれるかな」。そもそも肌の色素が根本的に違うだろ。

肌の色は南国にいれば必然的に褐色になるのは仕方ないけど
この体重を落とすにはちょいと厄介だ。なんと言っても食欲だけ
は満腹中枢神経が壊れたのかと思うほど歯止めがきかない。

あぁ空港に行く前に食べたあのエンガワが・・・

2529エンガワ


Nさんに空港に送ってもらう前に立ち寄った回転寿司屋の
エンガワがなまら旨くて3皿も食べてしまった。最後に食べた
あの日本の味が未だに舌先に残って忘れられないでいる。
ところがバンコクには「旨い」と唸るような鮨は極稀だ。

某日、いつものおでんが大好物のコリアンアジョシから
電話が掛かってきて近所の居酒屋へ赴いた。そこで食べた
おでんや酒のつまみがやたらと不味く感じる自分がいた。

アカンなぁ早よぉこの研ぎ澄まされた舌を鈍感にせんと

1ヶ月間の極上の日本の味を堪能したせいか、タイに戻って
来てから食べるものが全て味気なく喘いでいる。いつもなら
重量ギリギリまで鞄に積めて日本食材を仕入れてくるのだが
今回は人様に頼まれた荷物が重すぎて買えずに戻って来た。

ま、仕方ないと思いながらもSさんに頂いた凡の風の
塩ラーメンにモヤシや生ワカメを入れて調理して食べた。

うはなまらうまいんでないんかい

2529極旨塩ラーメン


まぁ、しばらくはこの極旨ラーメンで飢えを凌いでも
いずれ無くなれば必然的に食が細くなって痩せるだろ。

あぁ旨い鮨が食いてぇよぉ〜


asia_jiyujin at 03:23|PermalinkComments(4) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 08, 2013

第2528回「おいらタイに戻る」

2528親友が入れるコーヒー


【7月26,27日】千歳 曇り&雨

1ヶ月滞在した札幌の街を後にしてバスで千歳に移動。
日本に帰国してから2日間ほど千歳の親代わりのN宅に
滞在していたが、タイに戻る時もまた彼の家に泊めて貰う。

2528札幌大通公園


今から19年前に初めてタイにボランティア視察ツアー
行ってからのつき合いだが何とも長い年月が経ったもんだ。

昨年奥様を胃癌で亡くされてからは大きな家に1人で暮ら
している。すでに定年は向かえている身なのだが市から頼
まれて今年1年だけ市の臨時職員を午前中だけやっている。

「ウチの人が友だちを作るのは珍しいことなのよ」と大分
前に亡くなる奥様が言っていた。昔は郵便局の局長をやって
いただけに仕事上のつき合いも多くて夜遅い帰宅だった。
それ故に仲の良い飲み友だちも作らずに来たらしい。

ま、至極生真面目な性格でもありオイラより几帳面なNさん
は人も羨むほど仲の良い夫婦だっただけに、余計な友人を
作る必要もなかったのかも知れない。

それが昨年の1月からは男鰥の1人暮らしになった。
最愛の人を亡くした寂しさを解決してくれるのは長い
時間が必要。そして気分を紛らわせてくれるのが酒と友。

ま、Nさんには可愛い2人の娘さんがいるし双2人共結婚して
同じ町に家を建てて子供もいるから家族的な繋がりはより強い。
そんな娘さんから「良い店見つけたのよ」と食事に誘われる
らしいのだが・・・。

「もっぱら払いは僕なんだけどね」

案外そう言いながら父親に甘える娘さんたちも、実はかなり
父親思いの良き子供たちなんだぁと感心する。そんなNさん宅で
頂いたばかりの国稀酒造の銘酒とワインを呑んで乾杯する。

2528国稀酒造


「おぉ、美味しいねぇこのお酒」
そうでしょ。国稀は数年前に呑んでからハマってますよ
「ワインも飲もうよ」
今ですか
「そう

2528とろろ芋


Nさん自慢の手料理とボルドー産の赤ワイン。それに合う
チーズや和食に合う長芋をすったとろろにマグロ漬が旨い。
明日は用事があるから今夜は早めに切り上げようと言い
ながら夕方から始まった宴は結局午前1時過ぎまで続いた。
気がつけば酒とワインの空瓶が4つも・・・・

じぇじぇ7時間も呑んでたんだねぇ

2528結局4本空けた


2日目は帰国してNさん宅に滞在した初日に行った松前料理
の“およべ〜”に行って分厚い身のホッケとジャガイモに
函館産のイカの塩辛を乗せた肴に舌鼓を打ちながら酒を煽る。

2528およべ〜


2528身の厚いホッケ


2528イカ塩辛じゃが


くぅ〜この幸せのひと時も今夜が最後かぁ

家に帰ってからも再び家飲みが続いた。いったいこの酒という
潤滑油のようなアイテムは際限なく会話をスムーズにしてくれる。
そんなほろ酔い加減のNさんが唐突に真顔になりこうのたまった。

「一緒にこの家に住むかい」
えっマジっすか

酔った勢いとはいえ嬉しいお誘いだがオレは曖昧に応えた。
以前サロマの農家では「嫁を貰ってウチの農家を継いでくれ」
と言われたこともあったけど、あながち冗談でもなかった。

正直、この先の人生設計はあまり考えないようにしていた。
今年の年明けから体調が優れずこのままでは近い将来帰国して
田舎で余生を送ろうかと真剣に考えたけど今はバリバリ絶好調。

とは言えバツイチで会社にも勤めていない異国暮らしの55歳
の時遊人ですぞ。こんな大して価値もないようなポンコツ人間に
が出るようなあったかい言葉を掛けてくれるだけで涙が出る。

有り難うございます。でもオレは自由な流浪人でおます

以前帰国した時にオイラの親友であり人生の師匠がやっている
喫茶店にNさんを連れて行ってからしばしば通っているらしく
千歳に滞在した2日間も2人で彼の店に顔を出した。

よっ
「おぅ、いらっしゃい」

2528親友の喫茶店


昨年暮れに胃癌全摘手術を受けた割には大して痩せもせず
酒こそ嗜まないが食事は好きなものを食べているらしい。
そんな彼の店には常連さんが集まりいつも和やかな空気が
店内に溢れている。人を引きつける魅力は未だ健在の師匠。

2528至福のひと時


オレもいつかは日本に帰国する時期が来るだろう。それは
母上の介護が必要になった時かもしれないし、逆に自分が
歳取って介護が必要になった時かも知れない。或いはタイ
での長い苦行の修行期間が終わった時かも知れない。

いずれにしても今日明日に答えが出るわけでもなく、まだまだ
この国で必要とされている間は身を粉にして人様の役に立つ
存在として活動せねば。だってさ、こんなに多くの縁が繋がり
しかも一時期は最悪だった体調もこんなに絶好調になったしね。

ま、しばらくはこの国で出逢った『袖振り合った多生の縁』を
活かしながら明るく元気におもしろおかしく人生を愉しむべし。
遠い将来を考えるよりは、今日を一生懸命生きることに尽きる。

それがタイ人流の人生の生き方でもあり異国に住むオイラの
拘りの生き様でもある。縁を大切にして友を大事にして生き
れば人生また楽しからずや。

こうして今年もほぼ毎日呑んだくれて楽しかった1ヶ月間の
帰国流浪の旅は静かに幕を閉じた。日本滞在中にお世話に
なった全ての方々に心から深く感謝いたします。

因みにある人から「最近のあんさんのブログは酒とラーメン
の写真しか載っておまへんなぁ」と皮肉のメッセージが。

おおきに。そうどすえぇ


asia_jiyujin at 03:36|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 07, 2013

第2527回「極旨アサリ塩拉麺」

2527美酒に酔う


【7月25日】札幌 快晴

あぁ、今日で札幌も最後だなぁ

今日は札幌滞在の最終日。帰国してあっと言う間の4週間。
その4分の3は札幌に滞在していた。以前なら道東の佐呂間
や道南の函館まで足を伸ばしていたけど、今回はさすがに旧知
の会員さんの訃報もあり、あまり長旅をする気になれなかった。

それでなくても札幌でお会いする人だけでも50人を超えるだけ
に、来年はもっと滞在期間に余裕を持って周遊の旅をするべかの。
ま、何処を旅しても結局は呑んだくれの日々になるんだろうなぁ。

そう、今のオレには酒こそ幸せのひと時の必須アイテムなのだ

2527向日葵


で、札幌滞在最終日のランチにW氏も行った事がないという
おそらくオイラが好むであろう極めてシンプルな塩ラーメン
を提供しているという“向日葵”に連れて行ってもらった。

昼時に行ったら長い行列できてないんすか
「さぁ、どうだろう。僕も行った事ないから」

市内中心部から多少離れた店とはいえ長蛇の列を心配したが
TAXIの運ちゃん曰くは、その店に行列を出来ているのは一度も
見たことがないと言うので安心したが、同時に不安も走った。

行列の出来ない美味い店なんかい

TAXIの運ちゃんが言っていたように昼時にも関わらず行列もなく
いかにも夫婦だけで切り盛りしている狭い店内には2組ほどのお客
だけ。「ホントにうまいんかな」益々懐疑的な疑問が脳裏を過ぎる。

イケる味。結構うまいじゃないっすか
「うん。そうだね。意外と良い味だね」

2527塩拉麺


我々がラーメンを食べ始めた時にはカウンター席もテーブル席も
八割方埋まっていた。それなりにリピーターがいるということだ。
これで8杯目。タイに戻るまで後3日。あと一杯は食いたいぞな。

さて、今宵の酒の席はW氏に毎年連れて行って頂いている
創作料理がなまら旨い店で札幌で最後の晩餐となった。

「おぅ、いらっしゃい。あら、帰ってきてたの」
どうも今年も連れてきて頂きました
「いつまでいるの?」
「フジさん今日が最後なんだよね」

W氏の高校の後輩という大将の店は地元日本ハムの野球選手
やツアーで来道するプロゴルファーが贔屓にしているお店。
その為一見さんのお客は入れないほどの超人気店でもある。
早速、前日頂いた大吟醸国稀を持ち込ませて頂き封を切る。

「では、フジさん。最後の夜に乾杯といきますか」
くぅ〜こんちきしょう。うめぇ今夜も染みるべさ

2527大吟醸国稀


この1ヶ月で完全にオイラの身体はアルコール依存症になっち
まったようだ。酒が舌の上を転がり喉を通りすぎる頃には幸福感
が何倍にも倍増する。そこへ普段は食べることもない北海道の
旬の肴が適度に並べられる。それを新作の銘酒でキュッとやる。

くぅ〜たまりません

2527マグロの


こんな極上グルメの日々を毎日過ごしていたらタイに戻りたくない。
永遠にこんな日が続かないものか。ま、年に一度だから嬉しさが増す。
これが毎日だったらさすがに普通になっちゃっておもろないもんね。

うぉ、これは旨いっす
「旨いだろ。ハマグリの酒蒸しだよ」
う〜ヒヤに合うねぇ。幸せっすよ

2527ハマグリ


それにしても大将が造る創作料理は天下一品だ。銀座に店を出して
も十分通じるだろう。仮にバンコクに出店したら毎晩通いたくなる。
すでに飽和状態のバンコクの日本料理店(公称1700店舗)だが、
案外こういう頑固親父の拘りの料理を出す店はまだ一軒もない。

薄利多売よりも1日お客さま人数限定で、旬の食材を使った究極の
旨い物を食べさせてくれる料理人の店はできないもんかね。そして
最後のシメに献立には載ってないアサリの塩拉麺を作ってくれた。

かぁ〜やっぱこれが最高の味だねぇ

2527極旨のアサリ塩拉麺


本日2杯目にして食べた究極の塩拉麺は今回食べた中でも群を抜いて
旨かった。まるでジャンルも次元も別格の味なのだ。味噌や醤油と
違って塩だけは味がシンプルなだけにどうにも誤魔化しようがない。

和食は出汁が命なり”ってやつだね。素材の味を最大限に活かす。
こればかりは世界三大料理と謳われる料理にはない究極の和の味だ。
タイだけじゃなく今や世界的なブームになるのも頷けますわ。

2527今宵も夜の帳へ


さて、食を満たした後は今夜もひと時の愉楽を求めてネオン煌めく
北日本最大の歓楽街の夜の帳に流れていった。例によって河岸を
変えた2軒目以降の記憶はいつも途切れで曖昧になっている。

2527二次会は記憶無し


札幌の最後の夜に乾杯

そして滞在中毎晩ように誘って頂いたW氏に心から感謝感激。

ふぅ〜ベルトがキツイ。はたして何埖世辰燭鵑世蹐ΑΑΑ


asia_jiyujin at 22:33|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう