September 2015

September 30, 2015

第2876回「記憶に無いのだが」

ほろ酔い気分です


「藤岡さん、これから焼き肉屋に行きますよ」
・・・何で
「昨夜、焼き肉食べたいって言ってたじゃないですか」

前日遅くまで呑んだ寅次郎の大将からの電話だった。
時刻は午前0時を少し過ぎていた。店が閉まる時間だ。

頭の頭上に「」マークが浮遊していた。何でやろ。

N氏曰くは、Yくんの送別会を兼ねて寅次郎で5時間
近くも呑んでからソイ33に繰り出した際に、いつもの
ガールズバーが閉まっていたので、その近くの焼き肉屋
の前から「焼き肉食べたい」と電話したらしい。

普段から肉類を食べないオイラが、「肉が食いたい
などと電話したとは信じがたい行動だが、
携帯の発信記録を見ると確かに00:47に電話していた。

おそらくは、二次会で流れた店が2軒とも閉店したので、
一緒にお連れしたお仲間たちの手前、近所で呑める店を
探して以前N氏とも行った金太郎の前から電話したんかな。

いやはやホント面目ないっす

アカン。いくら酔っていたとは言え、N氏が顔馴染みの
焼き肉屋前から無理矢理誘ったとすれば罪である。いつも
なら深夜食堂に流れるパターンなんだろうけど、一緒にいた
Yくんが先日辞めたばかりなので躊躇したんだろうな。

結局0時を過ぎても呑める場所を探索した結果に
午前2時までやっていた金太郎に行き着いてN氏に
無理強いしたのかもしれない。そんな酔っぱらいの
戯言を覚えていて律儀に翌日のに誘ってくれたのだ。

これから0時過ぎのオレの電話は出るなよ
「そんなこと言っても、もし急病の電話だったらどうするの」

うん、確かに先日のギランバレー症候群のI氏の件もある。
仮に酔っぱらって自宅で転けて動けなくなったら、
真っ先にN氏に電話を掛けているだろうしな。

「藤岡さん、たまには栄養のある肉を食べなきゃダメだよ」
ありがと確かにビタミン不足してるしね

金太郎で


結局2人だけで牛タンやホルモンの焼き肉を突きながら
ソジュを1本とJINROを開けてキムチを肴に呑んでいた。

ところでYくんは今日チェンマイに飛んだのかな
「うちの支店にはY君のこと言ってありますから」
面倒かけるけど頼むね。助かるよ

午前2時前、オイラはN氏のバイクに乗せて頂いて
トンローのパクソイまで送って貰った。そこに偶然
バイクに乗った深夜食堂のK店長と遭遇した。

今までYがお世話になりました

酔っぱらいブログにも登録してみたポチポチって押して下され
 ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 00:30|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 29, 2015

第2875回「超無限大の可能性」

寅次郎で


「明日チェンマイに行って来ます」
君1人で大丈夫か

タイで語学留学してから半年以上が過ぎようと
しているYくんが、タマサト大学の後に受験する
チェンマイ大学を視察しに現地に飛ぶと言う。

タイ語の単語のボキャブラリーは少ないにしろ
一般的な会話も読み書きも出来るようになった
彼は、様々な体験を得て自信がついたようだ。

「現地で適当に安いゲストハウスを探します」
Yも半年で随分と逞しくなったねぇ

彼はオレには直接言わんけど、タイで仲良くなった
日本人が言うには、Yは「タイでは楽に生きられるけど、
いまの若い時期にそれを覚えるとマズイと思います」
と、しっかりした考えを持っていますと教えてくれた。

さらに、「深夜食堂で働いて、いろんな経験をして
良かった。タイに来る日本人は横柄な人が多いし、
白人でも無銭飲食をする」と。「僅かな期間でしたが、
日本にいるより多くの経験をした」と言っていたそうだ。

偉いね回りに流されない堅い意志を持ってんのやねぇ

キャンペーンガールに


かわいい子には旅をさせよ』とはよく言ったもので
何不自由のない親元を離れて、しかも異国で1人生活
しながら体験したことは大きな力と財産になっていく。

これからタイの大学で勉学に励めば、さらにもっと
沢山の経験と縁が広げられるチャンスに恵まれるはずだ。
その先にある人生の目標もきっと見つけられるでしょ。

若いってぇのは良いねぇ無限大の可能性を秘めてんね

若いって良いねぇ


この日は先日のシルバーウィークの代休で早めに仕事を
終えたT君から連絡が来たので誘って寅次郎で呑んだ。
彼がタイに赴任してから実に10回目の晩餐になった。

おぉ大将。忙しいのに悪いね
「チェンマイに行ったら寅次郎の支店に顔出しなよ」

丁度、頼んだメニューがテーブルに並んだ頃に寅次郎の
N大将が顔を出してくれた。予てよりYくんの大学受験
を応援してくれていたN氏は、チェンマイ大学に受かれば
店の部屋の間借りとアルバイトも勧めてくれている。

有り難いことだよねぇこれもメコン基金の縁だよな

Yくんピース


Yくんの偉大なる爺ちゃんが、メコン基金を介して
ラオスの山岳地帯に小学校舎を建てて寄贈してくれた。
N氏とはオレがNGO活動でメコンのメンバーたちと
ラオスに滞在していた時に現地で出逢ってからの縁になる。

袖振り合うも多生の縁』凡人は縁を活かせず、非凡な
人は縁を最大限に活かして人生に夢と希望を見出す。

さしずめオイラは酒の縁を活かして今宵も仲間たちと
楽しく酔っぱらって酩酊の候。人生日々楽しからずやだ。


酔っぱらいブログにも登録してみたポチポチって押して下され。
 ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 00:30|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 28, 2015

第2874回「生きてるだけで丸儲」

10年ぶりの再会


「あれぇ〜、フジさんじゃない。生きてたの」
いやぁ〜何年ぶり。元気でやってたのかい
「日本に帰ったってみんなが言ってたけどさ」

吃驚した。もう10年以上も疎遠になっていた
バンコクのゴルフ仲間たちと、偶然
行きつけの喫茶店の前で再会した。

「フジさん、癌で胃切ったんだってぇ」
ほれこの通り。もう10年ですよ

かつては平日の週2回ほど仲間うちでゴルフを
回っていた時期があった。オレが胃癌手術をして
からはしばらく静養していたので誘われなくなった。

多いときで年間50〜60回はラウンドしていた
年もあったけど、今じゃ片手も行かなくなった。
飛ばし屋の異名も16圓眩蕕擦譴佝距離もガタ落ち。

Aちゃんは元気だったの
「オレも椎間板ヘルニアの手術してさ。背中見てよ」
わぉ凄い手術跡だね

腰の手術をしてからは、腰痛も改善されて今でも
定期的にゴルフに行っているようだった。腰痛が
なくなればゴルフもさぞかし楽しいだろうねぇ。

「オレは心臓の手術だよ。ほれ」
えっSちゃんも。わぉ、傷跡が痛々しいね
「Sちゃんはしばらく昏睡状態が続いて危なかったんだよ」

道の片隅で3人が衣服を捲り上げて手術の傷跡の
自慢をしている画って、何だか奇妙にも思えたが、
3人とも大手術を受けても元気だったのが嬉しかった。

「そのうちゴルフに誘うから携帯の番号教えてよ」
「麻雀の面子が足りなくなったら連絡するから」
オレ麻雀はやんないけどゴルフならね

いつもの喫茶店


あれからもう1ヶ月が過ぎようとしているけど、
未だにゴルフの誘いはない。まぁ、期限付きで転勤
して来た駐在員と違って、現地に長く住んでいる
輩たちは、あえて雨季の時期はやんないからね。

それにしても、みんな生きていて良かったなぁ

最近、仕事や恋愛で苦悩した若い日本人が自殺する
ニュースがやたらと目にするようになった。こんな
愉楽の国に居ながらなんで自ら命を絶つのかねぇ。

つい先日のニュースでは、ラマ9の某コンドミニアム
16階から日野トラック販売員T氏35歳が転落死。
部屋にはタイ妻宛の日本語の遺書あり。妻と喧嘩し
ストレスで自殺したとタイ警察は見ている。 

その前日にも、60歳代の日本人男性がデパートの
6階駐車場から飛び降り自殺した。理由は不明。

さらに、今週にはラマ3のRコンドミニアムで64歳
のK氏がタンスで首吊自殺しているのが発見された。

以前、歓楽街のタニヤでも、30歳代の男性が仕事か
恋愛の悩みで自らの体にガソリンを掛けて吹き抜けの
ビルの上から焼身飛び降り自殺を図った。あれは場所が
場所だっただけにかなり世間を騒がせた事件だった。

飛び降りならまだしも火まで点けるかね

完全に情緒不安定な状況で精神的に追い込まれて、
さらには異国で相談する友達もいなくての自殺か。誰かに
対しての自殺にしても回りに迷惑をかけちゃイカンだろ。

もう何年か前に出版された単行本の中に『自殺する
くらいならタイに
』みたいな内容があったけど、タイに
来てまで自殺するって相当の苦悩があってのことだろな。

さりとて、仕事が原因なら辞めりゃあ済むわけで恋愛が
原因なら別れちまえば悩みの根源は取り除かれるだろう。
それでも死を選択してしまった精神的な男の弱さ。
ま、一度死を考えてしまうと周りが見えなくなんのかね。

仏陀様は己が乗り越えられる試練を与えたもう

生きていればこそ楽しいことも苦しいこともある。
それらを全て肯定して生きるのが人の一生なんだと
以前、東北のある寺院の僧侶に説法されたことがある。

生きていれば旨い酒も呑めるし楽しい仲間も出来る。
食うための仕事と自分が面白いと思える職とは別なもんだ。
理想と思った恋人でも異文化で育った環境には無理が生じる。

ま、タイでも軟弱な男の自殺は日常茶飯事だけど、その
大半の理由が恋愛のもつれ。特に復縁を迫って断られた
からと相手を殺して自らも命を絶つ事件がやたらと多い。

タイ男も弱いけど日本男児も随分と弱くなったもんだな

そもそも文化も習慣も考え方も違うタイ人異性と理解
しながら生活が出来る人って極少数だろうな。少なく
ともオレの回りに仲の良い日泰夫婦は見たことがない。

そんな悩みから逃げるのに自殺の選択は卑怯だよな

何はともあれ、かつての仲間たちが笑顔で元気に生きて
いることは嬉しいことだ。昔、仲の良かった仲間たちが
仕事で失敗して殺されたり、何かの事件に絡んで逃亡
した噂なんて聞くと悲しくていたたまれなくなる。

今タイで成功している仲間たちは尊敬しますよ

オレ。オレは一度三途の川を渡りかけただけに
こうやって気ままに呑んだくれて適当な距離を保ち
ながら生かさせて頂いているだけで丸儲けなんですな。

酔っぱらいブログにも登録してみた】ポチポチって押して下され。
 ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 02:59|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 27, 2015

第2873回「散乱の原因が判明」

人見知りの孫


なるほどそう言うことだったのか・・・

以前から泥酔して帰宅する度に翌日に部屋の中が
散乱していた原因が、とうとう判明した。まさか
これがその原因だとは予想もしてなかった。

前夜は訪タイされていた愛泰家のO氏から晩餐の
お誘いがあり、同時刻に神楽のK氏からも電話が
来たので、いきつけのお好み屋で待ち合わせした。

ちょっと野望用があるから遅れるからね
「おぅ、先にやってるよ」

夕方から2件の野望用をサクッと終わらせてから
スリウオン通りの関西風お好み屋に駆け付けた。
この日は夕方から生憎の雨模様。雨は憂鬱だなぁ。

「おぉ、爺。来たか」
お晩です。お〜Y爺やでぇ。覚えてっかぁ

懐かない孫です


店に入るとK氏の3男坊のYがちっちゃい眼を
クリクリさせながら感情のない表情でオレを凝視
していた。しばらく会わんとオレの顔も忘れたのか。

「最初だけだ。すぐに慣れるよ」
そんなに人見知りだったっけ
「おう、爺。先ずは飯を食えよ」
・・・と言われてもねぇ

馴染みの女店長には懐く孫


早々に焼酎で乾杯するも、鉄板の上にはベ−コンや
コンニャクやらイカとピーマンの炒めた物があった。
実は胃がないオイラは、消化の悪いタコやイカや
コンニャクは苦手。さらに肉類もダメときている。

「だったら食うもんないだろ」
オレは酒さえあればええんよ
「アホか。食べんと体に悪いだろ」

お好み焼き店で


ま、そうは言われても胃のある人間と違って少々
難儀な体なのよ。無理して食べればダンピングや
低血糖などで後悔するのは自分自身だからね。

結局食べられたのは玉葱とアスパラとお好み焼きが
数切れだけ。液体類は全然イケるんだけど酒と
一緒に食べる固形物は妙に慎重になるんですな。

「よ〜し、店行って呑むぞぉ」

と言うことで2日前と同じ面子でしかもまったく同じ
シチュエ−ションで呑み始めた。ここまで同じならと
翌日休みのT君も誘って呑もうとメールしたら断られた。

じゃあ、今夜は帰るわ。またね

深夜でも元気な孫


で、この夜は早めにTAXIに乗って帰宅したのだが、
珍しく乗ってからすぐに落ちて寝てしまった。運ちゃん
に起こされて吃驚して飛び起きた始末。危ねぇなぁ。

チャオプラヤ川で邦人の溺死体発見』なんて言う
見出しが新聞に載ってみろ。それこそいい笑いモンだ。

タクシーに乗って


さすがにその時は深夜食堂にも寄らず(ま、Yくんも
いないしね)APTに帰宅。で、小腹が空いていたので、
今宵もキリンラ−メンを食べてからベッドに寝たのだが・・・。

あれ〜なんでこんなトコで寝てんだろ

確かにベッドで横になったまでは覚えていた。
なのに、明け方近くに目を覚ますと床に寝て
いるではないか。で、冒頭の台詞に繋がるのだ。

なるほどそう言うことだったのか・・・

おそらくは酒が入って体が火照っていたから、
まるで夢遊病者のように無意識にひんやりした
タイルの床を求めて移動していたんだろうな。

オレはタイの野良犬かよ・・・

で、寝返りや寝癖の悪さで周囲のテレビ台や
イスやテ−ブルが斜めに散乱してたってわけだ。
床ならまだしも、もしサッシを開けて外の
ベランダで寝てたらと考えたら・・・

危ねぇ今度からはフェンスを作って寝るべきだな


酔っぱらいブログにも登録してみた】ポチポチって押して下され
 ブログランキング・にほんブログ村へ



asia_jiyujin at 06:39|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 26, 2015

第2872回「2ヶ月ぶりのタニヤ」

神楽で乾杯


「藤岡さんと呑みたいって人が来てるんですけど」

前夜の午前3時半に神楽のW店長からの電話だった。
すでに酔って爆睡していたので電話に気付かず、起き
たら「明日神楽に集合です」とSMSが届いていた。

誰だろ

シルバーウィーク期間中は誰か彼か友人や知り合いが
訪タイするのは覚悟していたけど、こちらにも都合と
いうものがあるだけに、早めに連絡して下さいませ。

はぁ〜やっぱり客足が少ねぇなぁ
「あれぇ〜、久しぶりですね。どう今夜」
「新しい子入ってるわよぉ」

22時に呼び出されたオイラは、約2ヶ月ぶりに
タニヤの歓楽街を訪れた。顔馴染みの客引きたちから
声を掛けられるも興味は美人よりも美酒じゃい。

それにしても変わんねぇ街だよなぁ

爆弾騒動以降は日本から来られた客人たちも、あえて
危険な場所を避けて“君子危うきに近寄らず”だった
もんなぁ。このままじゃ、みんな冷え上がっちゃうね。

あれOさんじゃない。来てたの
「はい、LINEで藤岡さんが今店に夜来るって」
何だよぉ水くさいねぇ。連絡下さいよ

タニヤを歩いていたら偶然愛泰家のO氏と遭遇した。
ま、LINEやFBもやんないオレだけにタイムラグが
生じるのは仕方ないにしても連絡くらいは欲しいわな。

お晩ですご無沙汰してました
「おぉ〜、爺。久しぶりだなぁ。タニヤは最悪だよ」
おっちゃん。その話はやめてくれい

こんなご時世だけに景気の悪い話は耳にタコができるほど
行く先々で聞いている。愚痴や不満の一つも零したくなる
のは分かるけどさ、折角久しぶりに盃を重ねる酒席
だけにあまり聞きたくない話題と思うわけで。

「あ〜、来てましたか。どうもレジェンドさん」
どうもご無沙汰してました。あ〜、あの時の

オレの事をレジェンドと呼ぶS氏が来店したのだが、
何となく以前一緒に呑んだ記憶はあったけど、この時点
ではハッキリ覚えてなかったので社交辞令的挨拶をする。

「前に一緒に呑んだだろう。ジジィ覚えてないのか」
高橋克実に似てる人と呑んだような・・・ねぇ

オイラと呑みたいと言っていたS氏らしいけど、
たぶん泥酔している最中に呑んだ客人なんだろうな。
何となく記憶の片隅にかすかに残っていた顔だった。

かんぱ〜いよ〜し、今夜はオチるまで呑みましょ
「いやぁ〜、昨日から体調が悪くってよぉ」
風邪でも引いたんとちゃうの。最近寒いし

神楽で


確かにこの2,3日は台風が過ぎ去ってから妙に気温が
下がって肌寒かった。いつもパンツ一丁で
寝ているオレでさえTシャツ着て寝てるもんな。

「じゃあ、僕はこのへんで帰りますわ」
なにぃまだ30分も経ってないのにもう帰んの
「これから野望用があって、顔が見られただけで」

そもそも、オレと呑みたいとほざいておきながら、遅れて
来店して乾杯が終わったらと思ったらもう帰んるんかい。
ま、オレは久しぶりにK社長とも呑めるし、偶然にも
O氏と再会出来たから腰を据えて漢方薬を飲んだら・・・。

「僕も、もう少しで帰りますわ。また後日に」
へっOさんも帰っちゃうのぉ。寂しいね
「じゃあ、2人だけで呑むか」
あ、そうだ。T君も仕事終わっただろうから呼ぶかな

T君から頼まれていた事案もあり、携帯にメールを送った。
3人で呑んでいたら、近所の顔馴染みの連中が来店して
一気に場が盛る。そこにTAXIで駆け付けたT君が合流。

じゃあ改めてかんぱ〜い

T君も合流


T君が来店してから少ししてからO氏が帰った。さて、
今宵は翌の二日酔いを想定して事前にウコンの力と
漢方薬をWで服用していたお陰で断片的に記憶があった。

帰り掛けに今で最後になるYくんが働く深夜食堂に行って
呑んでいたらしいのだが・・・記憶はここまでだった。

〆は深夜食堂にて


案の定、翌起きた部屋の中は、まるで空き巣に入られた
ように家具が騒然としていた。あまりの散乱に友人から
防犯カメラか簡単なビデオカメラをセットしてみればと。

おぉ〜とても恐くて観られませんわ

そんな悲惨な画像を観たら自暴自棄になってしまいかねん。
傍若無人に暴れるわけではないのだが、仮にオレに
彼女が居たとすれば、きっと危険を察して帰ちゃうだろうな。

それにしてもなんで毎回こうなんのやろ。不思議じゃ

酔っぱらいブログに登録してみた】ポチポチって押して下され。
 ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 04:19|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 25, 2015

第2871回「せっかちなアジョシ」

結局最後は深夜食堂


「フジさん、ちょっと来てくれんかのう」
Cさんまたっすか

店を売却すると言いだした韓国爺様から頻繁に
電話が来るようになった。他に頼る日本人が
いないだけに、頼みの綱はオイラだけらしい。

Tくん時間があったら韓国料理食いに来るか
「あ、行きます。何処ですか」

T君も合流


毎度Cさんに呼び出される度に、オイラの苦手な辛い
韓国料理を食べるのがしんどかったので、山里の
T君が仕事休みだったこともあって誘ってみた。

「フジさん、プンド−サンを紹介してくれんか」
へぇ〜発音が同じだね

韓国語でも“不動産”の事を“プドンサン”と
発音するのを初めて知った。他にも洗濯機は
セ−タッキテレビがテルレビ読書はドクソ。

「フジさん、まだ他にもあるぞ」
もうえぇっちゅのに

道徳はドウトク新聞がシンムン。と携帯電話の
アプリを得意げに操作ながら得意げに日本語
の発音と類似した単語を次から次と披露し始めた。

この前の不動産会社はダメだったの
「あれから連絡がないんじゃよ」
ってまだ3日しか経ってないでしょ
「他の不動産にも紹介した方が早く決まらんかのぉ」
あのね数打ちゃ当たるわけでもないでしょ

売却希望店


まったく歳を取るとせっかちになってイカンな。
急いては事をし損じる”ってことわざ知ってる。
果報は寝て待て”って言うでしょ。ま、韓国に
同じ諺があるかは分かんないけど儒教の国なんでしょ。

調べてみるとバンコク都内しには日系の不動産会社が
およそ50店舗ほどあるらしいのだが、その殆どがAPTや
コンドミニアムなどの賃貸を主としている。店舗などの
商業施設の売買を扱っているのは僅か4、5件らしい。

明日にも調べて連絡しますよ
「フジさん、よろしく頼むわ」

毎週のように韓国料理


ところで、そもそも何故日本人だけに売却すんだろうな。
同じ韓国人同士の方が文化も習慣も同じだし、ましてや
言葉が通じるのだから書類の不備や誤解も少ないだろうに。
もしかしたらC氏は本当に同国人が嫌いなのかしらね。

それとも韓国人には知られたくない秘密があんのかねぇ

この国は犯罪者が逃亡してきても身を隠すには便利だし、
先月の爆弾事件のように他国からの密入者にとっても国境
賄賂が慣習化しているだけに都合の良い国だったりする。

そんな人身売買の数が毎年減らずに今年も米国から
不名誉なレッテルが貼られているのも現実だったりする。

Cさんに限ってそんな事はないと思うけどさ・・・

ま、オイラは陽気に酒が呑めれば犯罪者だろうが
逃亡者だろうが移住者だろうが寛容に対応するだけだ。

Cさ〜んソジュもう1本呑ましてくんろ

深夜食堂で


で、気がつくといつもの深夜食堂で2人肩を並べて
呑んでいた。大学受験に備えてYくんもあと僅かで
アルバイトを辞める。それまではパブロフの犬のように
条件反射で寄ってカウンターで酔いつぶれるのだった。


興味本位でブログ村に登録してみた】ポチッと押してみぃ
 ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 01:39|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

September 24, 2015

第2870回「意外なキノコの効能」

マッシュルーム


う〜しばらくキノコを見るのも嫌じゃあ〜

かつて胃を全摘切除した後に、偏った栄養の摂取は
避けるようにと病院の栄養士が助言してくれた。
まさに先週はキノコだらけの偏った料理に苦悩した。

元々、もったいない精神のオイラは「捨てる」という
ことが出来ない性格である。今流行の断捨離なんて
以ての外。物ならまだしも食材はこの国では生財だ。

特に酒ばっかり呑んでいるオイラのしてみれば
栄養価”の高い食は尚更貴重で捨てられない。
それ故に賞味期限が過ぎた日本食品でも捨てずに食す。

外に出したら賞味期限は1週間」のS氏の助言が
呪縛のように頭を掠めて、頂いたマッシュルームと
毎日苦悩しながら、あらゆる献立を考え始めた。

先ずは濃厚白湯ス−プの鍋にそのままマッシュルーム
を入れた水炊き鍋。これが肉厚がありすぎて椎茸と
比べて中まで味が染み込まずにイマイチの味だった。

次に考えたのがスライス状に薄く切って熱湯に入れて
パスタとあえてバター醤油風味のキノコパスタに挑戦。

おぉ〜これは中々味が染みて美味いじゃん

バター醤油風味キノコパスタ

バター醤油風味キノコパスタ

それに気をよくしたオレは同じようにスライスした
マッシュルームを入れたカレーを作ってみた。これも
かなりの高評価で自分的にはかなり満足だった。

おっイケるね

キノコカレー

マッシュルームカレー

で、今度は再びパスタとあえてナポリタンに挑戦。
これも案外イケたのでミートソースやボンゴレビアンコ
も試してみた。結果パスタ類はどれもかなりの満足度。

ナポリタン

ナポリタン
ミートソース

ミートソース
ボングレビアンコ

ボンゴレビアンコ

そろそろパスタも飽きてきたのでキャベツと
もやしを加えた野菜炒めにも挑戦してみた。T君が日本の
お客様から頂いたというシャウエッセンが、自宅に調理器具が
ないからとオイラにくれたのでそれもついでに入れた。

ほぉ〜これは酒のアテにもなって意外とハマるね

シャウエッセン&キノコ野菜炒め

栄養満点の野菜炒め
キノコ入り野菜炒め


最後はマッシュルーム入りの炊き込みご飯に挑戦。
これで頂いたマッシュルームを全部使い切ったぞ。
すでに賞味期限の1週間が過ぎてたけどマイペンライ。

くぅ〜この炊きあがった臭いがたまらんぜ

キノコ入り炊き込みご飯

マッシュルームいっぱいの炊き込みご飯

こうして何とか頂いてから10日間で全てを食べ尽くした。
しばらくはキノコの形を見たくないスーパーマリオの
ゲームも見たくないしきのこの山チョコも食べたくない。

雨が降って茶系色の傘を見ても、街でマッシュル−ム
カットの髪型の女を見ても目をそらしてしまう。

でも何か不思議な達成感に包まれたのは何故だろう

マッシュルームパスタ


因みに、短期間にマッシュルームを食べ過ぎた感が
否めなくなり、気になってネットでマッシュルーム
の効能や栄養成分を調べてみた。

栄養成分は、たんぱく質、多糖類、葉酸、ビタミンB類、D、
食物繊維、パンテン酸、カリウム、ビチオン、チロシナーゼ、
亜鉛、銅などがあり、一つの食材ながら様々な栄養素を
摂取することができるそうな。

また、低カロリーで高たんぱく質、高ビタミンの食物であり、
その食物繊維は消化吸収されやすく、特にコレステロールの
吸収力は他の食品にないほど強力なものらしい。さらに血糖や
血圧の低下にも大きく寄与してくれ、便秘の防止、体内の有害
物質の早期排泄の効能も発揮するそうです。

マッシュルームに含まれるポリフェノールは、高い活性を持ち、
人体の免疫力免疫力を高める作用があり、白血病やガンの予防、
虚弱食欲不振や老衰を止める効果も期待できる。とりわけ肺がん、
乳がん、皮膚がんに対して明確な治療効果をもっており、実際に
その効果も認められるようになってきているそうな。

なるほどマッシュルームは今のオレに必要な食材だったのね


ブログ村に登録してみた】ポチッと押してみぃ
ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 01:59|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

September 23, 2015

第2869回「極旨塩拉麺を探索」

仕事終わりの一杯と拉麺


「藤岡さ〜ん、ラーメン食べに行きませんか」
もう22時半だぜ

22時に仕事が終わったT君から晩飯のお誘い。
すでに夕方から二度の晩酌を終えているオレは食えん。
とは言え就任間もない彼としては旨い店も知るまい。

塩ラーメン派としては、かつてT君と同僚だった今や
シンガポールの愛知県出身のK君から紹介して貰った
知多ラーメンゆたか亭の塩がまあまあ合格点だった。

せたがやって言う店の塩も旨かったんだけどね
「知ってますよ。有名な店ですから」
でも(タイから)撤退しちゃった

で、以前から気になっていたトンロー通りにある
のじ屋&ゆうし”というラーメン屋に行ってみた。

ここの塩ラーメンって知床産の塩使ってんだってさ

のじ屋の塩拉麺


そのフレコミが気になっていたけど果たして味は如何に。
すでに晩飯を終えていたオレはペットボトルに入れた
焼酎を呑みながらT君が頼んだ塩ラーメンに興味津々。

ちょっとスープ飲ませて
「いいですよ」
う〜むやっぱり背脂が濃いなぁ

近年のスープは妙に背脂だけに拘ったこってりの
豚骨系がやたらと主流になってると思わんかい。
俗に言う“家系”の店は総じてそう感じるのだ。

もっとシンプルなのがえぇねんなぁ

う〜ん


丼の底が見えるほど澄んだ黄金色のスープの塩ラーメン
なんて、きっとバンコクでは出逢えないんだろうなぁ。

もしかしたらラーメン一番にあるかも

まぁ、往々にしてタイラーメンの殆どは丼の底が見える
スープだけど、あのチャルンクルン通りにある究極の
カオマンガイ屋の鶏ガラスープに縮麺を入れたらオレが
熱望する至高の塩ラーメンが完成すると思うんだけどね。

名古屋限定のご当地ラーメン


ふむ何ら特徴もない昔ながらの極普通の味だな

自宅に帰ったら、急に小腹が空いたので先日M氏に
お土産で頂いた名古屋の“キリンラーメン”なる
ご当地限定のラーメンを期待して食してみた。

嫌いでねぇけど名古屋人にはうみゃ〜いんやろね

キリンラーメン


にほんブログ村に登録してみた】 ポチッと押してみ。
ブログランキング・にほんブログ村へ


asia_jiyujin at 20:19|PermalinkComments(2) 藤岡わこう 

September 22, 2015

第2868回「強か韓国爺様再び」

強か爺様


9月11日

「アヨハセヨォ〜、カネカセヨォ」
お金は貸せません

またもや韓国爺様C氏から電話が掛かって来た。
晩飯のお誘いと思いきや、どうやら店を売却したい
とのたまうではないか。まだ開業して1ヶ月半だろ。

一度はやってみたかったと言うC爺様だが、いざ
自分でやってみると市場の買出しから酒類の仕入れ、
お客様の接客やら授業員の教育と日々目まぐるしい。

ゴルフに行くヒマもないんだよ」

多忙なC氏


カルフォルニアで長年やっていた韓国人の料理人を
雇っているから味は申し分ないのだろうが、如何せん
63歳の爺様はほとほと疲れたらしい。

あのねそんな事は最初から分かってたでしょ

経営者ってのは、寝ないでも働かないと持続できんのよ。
以前一緒に行った寅次郎の大将を見習いなさいよ。
とは言え、年齢的も違うしスキルも無理があるわな。

だったらヒラメの活魚をやれば儲かるよ

昨年、知人の韓国人がやっているホイクワン地区の
居酒屋に呼ばれて韓国産のヒラメの卸先を紹介して
欲しいと頼まれた事があった。サザエやアワビもある。

週に2日間だけのヒラメの活魚をやよなよ

ガヤ


店の売却を考える前に、先ずは他店に無い料理を考えろ。
今やバンコク都内だけでも数え切れないほどの日本料理
や韓国料理の店がある。他の店と差別化した料理が
なければ、生き馬の目を抜く業界じゃ生き残れんだろ。

毎週水曜日と木曜日の、しかも午後20時から2時間
だけの限定でやれば平日に行列が出来る評判の店に
なるに違いないと助言するも、あまり乗り気ではない。

「誰がヒラメを捌くの」
良い料理人を紹介してあげるよ

焼き肉も旨い


当然、オイラの脳裏にはT君ことが浮かんでいた。
週に2日来てビッチリ韓国人料理人に教えれば、
それなりに見栄えの良い刺身や鮨も握れるでしょ。

貴重なヒラメも安く提供すれば盛況店になるって

ケランチムにはまった


盛況になればなるほど、今以上に自分が忙しくなると
弱気の発言。ならば、韓国語とタイ語の話せる日本人
を雇えばいいじゃん。言ってから自分の失言に気付いた。

「だったらフジさんがやってくれんかの」
え、オレむ、無理だよ

ソジュ


何故ならオレが手伝ったら、開店から閉店までキムチを肴に
冷蔵庫にあるソジュやマッコリを全部呑んじまいかねんぞ。


asia_jiyujin at 01:00|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

September 20, 2015

第2867回「居酒屋かあちゃん」

〆はいつもの深夜食堂で


9月9日

「藤岡さん、今夜何処か呑みに行きませんか」
う〜んじゃあプラカノン駅で待ち合わせすますか

山里に就任以来、毎週水曜日と木曜日が休みの
T君から晩餐のお誘いである。呑んべぇとしては
呑み仲間がいればそれなりに楽しいのではあるが
如何せん外で呑むのは少々危険が伴うのである。

昔馴染みの居酒屋かあちゃんが、ソイ26から移転
したのを知ったのは1週間前の事だ。しかも教えて
くれたのはT君の部屋を案内してくれた担当者だった。

まだ栓を開けてないオレの焼酎はどないなんねん

と言うことで、T君が住むオンヌット駅とオレが住む
トンロー駅の中間点に位置するプラカノン駅で待ち
合わせしてから移転した店を歩いて探した。

「あれじゃないですか」
おぉ〜こんな辺鄙なとこに移ったんかい

居酒屋かあちゃん


通りからちょっと入ったタウンハウス街の一角に
居酒屋かあちゃん』の行灯が見えた。付近には
如何にも日本人向けとも思えるマッサージ店が点在。

「あっらぁ〜、フジさん久しぶりねぇ」
かあちゃん、いつ引っ越したんだよぉ
「2ヶ月前かな」

その昔、Kヴィレッジに出来た新しい店に料理人や
従業員を引き抜かれて常連客が激減、一度は閉店も
考えたけど、応援の甲斐あって何とか盛り返した。

こっちの店も満席じゃん
「前のお客さんも来てくれてるのよ」
知らなかったから開店祝の花も出せなかったよ
「マイペンライ。その分いっぱい呑んでいって」

今夜もT君と一献


つくづくタイ人女性は強いと思った。逆境にもめげず
苦境にも真っ向から立ち向かう勇気と元気と強かさ。
逆に男はダメだなぁ。働かないし酒と博打と女だもんな。

オレもダメじゃん。働かないで酒ばかりだもんな
「実は今日って彼女の誕生日なんですよ」
へぇ〜アムステルダムの彼女
「はい、11月にタイに遊びに来ますよ」

因みに9月9日はメコン基金創設者の故M氏の命日だ。
今春にNGO活動は終焉しましたが感謝とご冥福を祈ります


「藤岡さん○●を紹介して下さいよぉ」
いいよじゃあ行ってみますか

食後は、何故かソイ33を歩いていた。ある人を紹介する
ためだったが、何分にも店で飲みかけの焼酎を
持って行く先々で呑んでいたので記憶が曖昧なのだが、
何故か馴染みのガールズバーの店前の写真が。

店内に入らずいったいここで何をしてたんやろ

何故かガールズバー店前で


で、最後はお決まりの深夜食堂で2人で呑んだ
くれている画像が写っていた。

オレってタイ人男以上にダメな男でしょ

お前はパブロフの犬か


asia_jiyujin at 20:19|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう