April 2016

April 30, 2016

第2986回「藤岡、スマホを買う」

公園の池


前回から続く

かぁ〜やっぱ地下鉄で行っとけばよかったぜ

何を思ったのかパスポートの申請を終えてから
目の前にあったルンピニー公園の中を歩いていた。

くぅ〜こりゃあ予想以上に暑いな

ルンピニ公園


6月に帰国する為のエアチケットを受け取りに
シーロムのANAオフィスに向かったのだが、
予想以上の猛暑に途中で挫けそうになっていた。

この炎天下で公園内をランニングしている
タイ人に目が入ったのが間違いだった。普段
からの運動不足を考えて園内を歩いたのだが。

にしても日中から休んでいるヤツが多いな

休日でもないのに公園内には若いカップルや
子供連れなど多くの来園者たちが思い思いの
時間を楽しんでいた。喧噪な大都会の中なのに
不思議と静かな空間に感じた。

まるで都会のオアシスのようだな

都会の中のオアシス


日陰を探しながら何とかデカイ公園を抜けた。
それからANAオフィスに足を運び、事前に
予約してあったエアチケットを受け取る。

さて次は携帯電話か・・・

束の間の涼を得た後に今度はBTSに乗って
MBKに向かった。そうなのだ。14日以降は
新しい携帯端末機を買わなくては
誰とも連絡が取れなくなっていたのだ。

やっぱi phone6は高っけぇな

アメーバのように広大に広がる携帯電話や
電子機器類を扱うフロアーの店を歩き回った。
相場価格を調べて数軒調べるも新製品は高額だ。

昔から馴染みの店の店員に売値を訊いた後に
何軒かめぼしい店でも訊いてみたが、オレが
手を出せそうな機種はi phone4sくらいだ。

粘り強く32Gを値切って交渉成立

とうとう買っちまったよ


今使ってるI phoneの初期モデルに入ってる
電話帳や写真などのデーターを移替えして貰う。
終わった後に傷が付かないようにフィルムを
貼って貰いついでに携帯カバーも購入した。

ありゃマジかよ

早速使ってみたらあっと言う間に残高が減った。
そうなのだ。厄介なことに3Gをオンにして
使っているとリアクションが早くて便利だけど
プリペイド式なだけにすぐに課金するハメに。

やれやれ金が掛かるシステムだな

スマホを買う


今月はパスポート代にエアチケット代に
携帯電話代。月末にはリタイヤメントVISA代の支払いもある。
今やプーになったオレには重くのし掛かる出費だぜ。

因みに普段はi phoneのモバイルデーター通信の
3GをオフっているのでSMSメールは届きません。

たまにモバイルwifiをオンしてるときか、Wifiが
使える環境の場所でオンにした時に届きますが、
緊急のご連絡の際は、直接お電話下さいませ。

それにしてもいささか覚えることが多すぎるな

今更ながら時代遅れのアナログ人間の苦悩である。
時間はたんまりあることだし、認知症防止の為
にもアプリの使い方を徐々に覚えてみるとするか。


asia_jiyujin at 00:49|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 29, 2016

第2985回「パスポート切り替え」

日本大使館


あれぇもう10年が経ったんか

早いものでパスポートの期限が迫っていた。
10年前に胃癌手術をして札幌で静養していた
時期に申請したものだが、『十年一昔』とは
言うけど時の流れは思ったより速いもんだね。

10年ってあっと言う間だったな

思わず以前のパスポートも含めて過去に渡航した
国々のスタンプを見てみると、インドシナ半島全域
から東アジアまで殆どの国に渡航していた。

あの時代はしょっちゅう飛び回ってたんやね

2000年は輸出関係の仕事に就いていたことも
あって毎月のようにマレーシアを往復していた。
時には香港や国境を越えて中国深センにも行ったな。

10 マレーシア


12 香港


12 ベトナム ホーチミン


その頃から縁があって地元のアジア情報誌や
日本の某雑誌に“アジアの闇を歩く”を掲載する
ようになってからは未渡航の地に取材で飛んだ。

インドネシア・シンガポール・マレーシア・
フィリピンベトナム(ホーチミン)・韓国・
中国(昆明・上海)・香港を飛び回り、
タイの近隣諸国のカンボジア・ミャンマー・
ラオスとまぁ、ざっと11ヶ国。東アジアで
行ったことがない国は台湾と北朝鮮だけだ。

さすがに今は体力的に無理だなぁ

10韓国


12 中華人民共和国


5 昆明


3カンボジア


4 上海


で、6年前からは年末年始にA嬢とNちゃんと
海外で過ごすようになってエジプトベトナム
(ハノイ)・シンガポールと今年は台湾だった。

1エジプト


1 シンガポール


12 中華民国


これだけ渡航していれば、さすがにパスポートの
残存ページも僅かだった。NGO活動に携わって
いただけにラオスのスタンプがやたらと多い。

2002 2ラオス共和国


今でこそVISAが不要になった中国やベトナムは
いいけど、カンボジアやミャンマーに至っては
未だに入国VISAで1ページを占めてしまう。

3カンボジア


11 ミャンマー


よくもこんだけの国に行ったもんだよなぁ

実際パスポートは10月に期限が切れるから7月に
帰国した時に札幌市で申請すればいいのだが、
何分にもリタイヤメントVISAの期限が5月で切れる。

大使館に問い合わせたら新しいパスポートに切り替えて
から入国管理局でVISAを申請して下さいと。

やれやれ海外居住者は厄介でござる・・・

てなわけでタイ在住21年目にして初めて
ルンピニー公園前に移転した日本大使館
に赴いてパスポートの切り替え申請することにした。

くぅ〜暑なまらクソあ“っづ〜い

地下鉄出たら炎天下


折しもソンクラン後のバンコクは狂おしいほどの猛暑。
エアコンの効いた地下鉄から
外に出ると容赦なく灼熱の太陽が襲いかかる。

こりゃあ40度を超えてんだろな

歩いて7,8分の現地までに街路樹以外は
太陽を遮るものは何もないときた。炎天下を
歩いたら辿り着く前に熱中症で倒れそうだ。

ふぅ〜何とか倒れずに辿り着いたぜ

申請所


ソンクラン後の仕事始めとあってか、申請者の
数は少なかった。現パスポートに申請書類と
写真が4枚。小一時間で手続きが終わる。

さて、次はエアチケットを買いに・・・

申請書類


この回続く

asia_jiyujin at 02:09|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 28, 2016

第2984回「北海道の幸を堪能」

幹事さんたちと




うほっなんまらうまいっしょ

先週、タイ王国北海道人会主催の交流会に
Y君を伴って参加した。最近ではAKBに
肖ったのか道産子会をDSKと命名した。

他の県人会もやってんのかしら

通常は6月と12月の年2回にゴルフ大会と道産子が
愛してやまないご当地グルメのジンギスカン大会が
開催されるのだが、今回は幹事さんたちの考案で
4月の新旧交代の親睦を目的に交流会を開催。

「今月は本帰国と現地赴任の入れ替え時期だからね

現在、泰国道産子倶楽部の会員数は120名前後だが、
今回のDSK交流会に参加された会員の数は53名。
昨年末のジンギスカン大会はなんと90名超だった。

「毎回参加者が増えてますよねぇ」
「昔は北海道出身者も少なかったんだけどね」
これもひとえに幹事さんたちのおかげですわ

開宴のご挨拶


さてさて、今月は新学期や新年度も相まってか、
珍しく日本からの訪タイ客がゼロ。毎日部屋で
1人呑みしているオレとしては久しぶりの酒席。

「じゃあ、お疲れ様です。かんぱ〜い」
「このカニも刺身もうまいっすねぇ」
これで冷酒があれば言うことねぇのになぁ

皆様で乾杯


最近は人様と呑んで記憶を失うのが頻繁になって
から外で呑むのを躊躇っていた。今回は以前から
行ってみたかったというY君も同席してくれたん
だけどね、終宴後を考えて終始赤ワインに徹した。

料理が7品付いて2時間飲み放題なんだけどさ、
酒類はビールと焼酎類とワインだけだったのね。

原始焼


話は前後するけどお店は“北海道原始焼き”2号店。
一軒家を改装した中々の店構え。以前1号店が開店
してすぐに愛泰家O氏を伴って行ったことがあった。

その際、懐かしさのあまり“チャンチャン焼き”を
注文したらアルミホイルにくるまれたシャケが。
ウキウキしながら開けたら味噌がついてねぇじゃん。

これってチャンチャン焼きとは言わねぇべぇ

タイ人スタッフに丁寧に指摘したら困惑した顔で
「これが注文されたチャンチャン焼きですよ」
と、明らかにめんどくさそうな顔をされた。

どんな店でも日本から進出して開店した時が
スタッフの育成も含めて一番大変な時期だからね。

2号店が出来たっちゅう事は味も改善されたんだろね

石狩鍋と刺身盛り


確かにスタッフの挨拶や料理の対応は申し分ない。
刺身の盛りつけも豪華で、各々の鍋料理の取り分けも
サービスが行き届いている。お代わりのワインも早い。

いやぁ〜久しぶり旨いもん食ったよ

乾杯


さんまの塩焼きに至っては、そこら辺のスーパーで
パックで売っている代物とは比べものにならないほど
脂がのって身も分厚くてなまら旨かった。

「今年で本帰国が決まっちゃってね」
長年ご苦労様でした。寂しくなりますね

任期を終えて本帰国


道人会のゴルフ大会でしばしば会っていた顔馴染みの
会員さんが、寂しそうな顔で盃を傾ける。オイラの
ような組織にも属さぬ自由人と違って任期が終われば
帰国するのが駐在員の宿命だもんね。

「タイ駐在は8年間でしたよ」
退職したら老後はのんびりタイで暮らして下さいよ

仲間達で乾杯


2,3年で本帰国される駐在員よりは中途半端に
長い分だけ思い出も多くて後ろ髪が引かれるだろな。

帰国されたらきっと今の日本の社会に戸惑うのかな。
でも、こんな旨い料理が毎日食えるなら羨ましい。

あ〜オレの本帰国はいつになんだろなぁ・・・


asia_jiyujin at 03:39|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 18, 2016

第2983回「仏陀様はタイにいる」

神様はバリにいる


あ〜一日中テレビ観てたらさすがに目が疲れる

相変わらず飽きずに毎日映画鑑賞に耽っている。
もちろん民放番組も観て楽しんでるけど、1日の中で
ひと時でも現実逃避できる体験は贅沢な幸せだ。

ま、1日に1,2本は観てっから1ヶ月間で
30本以上は鑑賞してんだろけど、なんせ未だ
観ぬ過去の作品を含めて2〜300はあんのよ。

ひょっとしたら映画評論家になれるかしら

そんな中で、先日のカンボジアに小学校を建てた
僕たちは世界を変えられない』に続いて、
ちょいと心を揺さぶられて感銘する作品に出逢った。

感銘と言ってもいかにも東南アジアならあり得
そうなコメディタッチの起承転結で、最後には
思わず涙腺が緩むハッピーエンドな作品だ。

作品名は『神様はバリにいる』。

バリにいる


2年前の2014年の作品だからTUTAYA
にもまだ在庫があるでしょ。是非この作品を
先月帰国された愛知県のO氏に観て欲しい。
もちろんタイで出逢った夢追人たちにもお勧め。

オイラが未だにタイに拘って居続けているのか、
この作品とかぶって思わず納得してしまったのだ。
まさしく『仏陀様はタイにいる』と思ってしまった。

ドラマのようで現実離れしたような夢物語だけど、
実際バリだろうがタイだろうが日本でも自分の可能性に
懸けて前に進めばまるっきり不可能じゃないからね。

事実オレの回りにはタイで成功した人も多いよ

もちろん夢には個人差はあるけどね。タイで燃え尽き
症候群になったO氏に、是非この作品を観て頂いて
もう一度“勇気と元気とやる気”を奮い立たせてね。

人様のために何かが出来る幸せを感じて下さいませ


asia_jiyujin at 01:09|PermalinkComments(2) 藤岡わこう 

April 16, 2016

第2982回「世界のなんちゃら」

世界入りにくい居酒屋



かぁーなまら暑くて外出したくねぇ〜

世間では水掛祭りで盛り上がっている時に、
オレは部屋に引き籠もって酒を呑んだくれ
ながらひたすら映画鑑賞に明け暮れていた。

映画だけに限らず日本のドラマやバラエティー
番組や為になる情報番組など、兎に角ジャンル
を問わずにくまなく観まくっていた。

実は、昨年までは日本から送られて来た映画や
民放の番組をレンタルしていた友人の店から
DVDを借りて観ていたのだが、昨今の不景気
と病気を理由に店を閉めて帰国してしまった。

あ〜ぁ楽しみが減っちゃったよぉ

それ以来、嗜好的な娯楽の趣味が1つ消えた。
ところが、昔から人生の苦境に立たされたときや
大きな壁に立ち塞がれると必ず救世主的人間が現れる。

以前から懇意にしていた縁ある人が、「それじゃあ」
と最新の映画からワンクルーのドラマやバラエティー
番組などをダウンロードして、いろんな手段で
タイに送ってくれるようになったのだ。

本当に有り難きことです

自分の利益にもならないことなのに、オイラの
ために貴重な時間と労力を掛けて頂きまして、
ホント“持つべきは友感謝する縁人です。

おかげで、以前にも増して至福の時間が出来た。
今月は訪タイ客の予定がなかったので、ひたすら
部屋に引き籠もりながらテレビ鑑賞に耽っている。

あれ牛乳も酒も食材も切れちゃってんじゃん

気がつけば3日間も部屋を出ない日もあった。
いくら食材を買いだめしてもいつかは冷蔵庫も
空になる。買い置きしていた酒類もない。

いやはや一日中テレビが観られるって幸せだねぇ

こんな至福のひと時に、いろんな番組を観ていたら、
ふと、ある事に気付いた。それは番組のタイトルに
やたらと『世界』のなんちゃらが多いことだ。

世界の衝撃映像』シリーズなどは、映像を買い取る
だけだが、長者番組の『世界ふしぎ発見!』を始め
世界の果てまでイッテQ』や『世界ナゼそこに日本人
や『世界の日本人妻は見た!』なんかは、直接現地に
飛んで数日間滞在しながら取材した番組だろう。

いつのまにか日本は景気が良くなってんのかしら

景気が良かった昔の時代は、TV局の制作部は、
現地で取材して帰国してから掛かった経費の
請求書を経理部に提出してした時期があったらしい。

某局のバラエティー班の若いADなんかは、タイで
遊びすぎて取材費を使い果たした挙げ句に
どうでもいいネタを取材して帰国したヤツもいたっけな

そんな景気の良い時代もあったんだけどねぇ

ところがバブルも弾け2008年のリーマンショックに
続いて東日本大震災で大手のスポンサーが減少すると
企画と取材経費が承認されないと海外取材は難儀な時代に。

そんな理由でオレのコーディネート業も激減した

なのに、これだけ海外ロケや取材が出来る番組が
増えたっちゅうことは、アベノミクス効果とは思い
たくないけど日本の景気はかなり良くなったと推測。

さて、本題ですがタイでも観られる衛生NHKだけでも
世界』がつくタイトルの番組は結構あったりする。

『世界で花咲け!なでしこたち』
『これでわかった!世界のいま』
『世界で一番美しい瞬間(とき)』
『世界ふれあい街歩き』
『世界お悩み解決』


入りにくい居酒屋


そしてオイラが毎週楽しみにして観ているのが
『世界入りにくい居酒屋』である。

世界の何だコレ!?ミステリー


日本の民放にしてもフジテレビは
『世界の何だコレ?ミステリー』
『世界のスゴイ動物園&水族館』
『世界ベスト・オブ映像ショー』
『世界一のビックリライフ』


世界のスゴイ動物園&水族館


日本テレビは
『世界の果てまでイッテQ』
『世界まる見え!テレビ特捜部』
『ネプ&イモトの世界番付』
『ザ!世界仰天ニュース』
『世界一受けたい授業』
『世界!極限アーティストBEST20』


世界まる見え特捜部


世界ふしぎ発見


TBSは
『世界の日本人妻は見た!』
『世界ふしぎ発見』
『世界がビビる夜』
『世界遺産』
『世界衝撃映像100連発』


スゴ〜イデスネ


世界の村で発見こんなところに日本人


テレビ朝日は
『世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団』
『世界の村で発見!?こんなところに日本人』
『マサカの世界衝撃事件』
『世界の車窓から』


ナゼそこに


ありえへん


テレビ東京は
『世界ナゼそこに日本人』
『ありえへん∞世界』
『世界の衝撃ストリー』
『世界日本食堂』
『世界のキケン地帯に住む人々』
『世界でお願い!あなたのサイフ見せてください』


あなたのおサイフ


他にも『世界さまぁ〜リゾート
高田純次のセカイぷらぷら
世界が驚く日本の心【すごい国】』
やっぱり世界はぶっ飛んでいる
世界140ヶ国を・・・』とまぁ、オイラが
見落としている他の番組もあるとは思うけど、
ざっと数えただけで40近くもの番組があるのだ。

長年続いている番組もあれば、季節に応じた
特別番組のモノもあるけど、『世界』が付く
タイトルは視聴率が稼ぎやすいのかしらね。

世界のビビる夜


一時期流行した韓国モノのドラマばかりを
放送していた時代よりかはマシだね。でも、
オイラの母上様は妙にハマっていたっけな。
さすがに今はヨン様のポスターは剥がしたけど。

今まで低視聴率に喘いでいた各局のバラエティー
班のプロデューサー陣の世代交代に伴い、時代も
変わったせいで番組編成に苦慮されているのかね。

因み、『ネプ&イモトの世界番付』だったと思うけど、
何かの調査で“正月の視聴率”だったか“好きな番組
だったかのベスト10というのを偶然目にした。

全部は覚えてないけど、3位は『孤独のグルメ
2位が『世界の果てまでイッテQ』で、栄えある
第1位は『ブラタモリ』だった。

日本人って散策モノが好きなんかねぇ

街を散策しながら巷の情報案内を発信する
アド街っく天国』や、全国を探索しながら
ぶらり○○旅』みたいなモノがやたらと増えたね。

何となくテレビを観なくなった今の世の中を繁栄
しているようにも思うけど、実は正月に放映された
孤独のグルメ』(旭川編)を観たオレは思わず
ホッコリしながら昔を思い出して1人酒盃を傾けた。

若い時に歩いた昔の店がまだあんのやねぇ

何はともあれこんな番組調査を書いているオレは
相当ヒマなんだと思う。こうも時間に追われない
ゆる〜い生活が出来ると心まで余裕が出来ますわ。

あまつさえ、こんなに沢山の映画や民放番組を
たっぷり堪能させてくれる懇意の縁人には
心から深謝しておりまする。

あ〜今月はマッタリ過ごせそうやなぁ


asia_jiyujin at 06:19|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 14, 2016

第2981回「憂鬱な水掛け祭り」

水掛2



サワディーピーマイクラップ

今年もこの時期がやって来た。タイ人にとっては
待ちに待ったソンクラン(タイ旧正月)水掛け祭り。
都会で働く子たちが田舎に里帰りする時期でもある。

はぁ〜かれこれ20回目のソンクランだな

水掛3


昔は楽しかったソンクランも、今や常軌を逸した
狂喜乱舞の水掛け祭りには辟易してしまう。まるで
普段からのストレスを発散するかのように水鉄砲を
手に傍若無人に激しく水をかけ合うのがお決まりだ。

男も女も、子供も大人も、猫も犬も、サラリーマンも
警察官も、タイ人も外国人も、この時期だけは水を
掛けられても怒らずに笑顔で対応しなきゃならん。

だからと言っても節度っちゅうもんがあんだろ

水掛5


無論こちらは人様の国に住まわせて頂いている身の上
だから外を歩けば濡れても良い格好で歩くのが暗黙の
了解なのだが、当然のように水をぶっ掛けてくるのは困る。

水掛4


ただし、今年はちょっと状況が違った。深刻な水不足と
いうことでバンコクでは例年水掛け期間は4月12日
から始まるけど、今年は13日から15日までとなり、
時間も夜9時までと規制がかかった。

シーロム


当局からは極力節水を呼びかけているけど、
いくら今の若い世代たちを規制したところで、
大人しく聞くとは思えんがな。

果たして今年は昔のように伝統的な様式の穏やかな
水掛け祭りになるのかTVニュースを観ると、
相変わらず傍若無人な水掛合戦の映像が流れていた。
やっぱ何にも変わってねぇじゃんね。

よ〜し正月三箇日は部屋に籠城したるわい

水掛祭り1


asia_jiyujin at 01:29|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 12, 2016

第2980回「偉大なる爺様の孫」

子供達と記念撮影



「ドンドンドンフジさ〜ん、甥っ子の部屋が・・・」

部屋で映画鑑賞に耽っていたら、突然けたたましく
ドアを叩く音が。何事かと開けてみるとAPTの
タイ人スタッフたちが険しい顔をして立っていた。

なんだなんだ何が起きたんじゃい

訊けばY君の部屋のベランダに設置されている
エアコンの室外機が落ちたと言うではないか。

はぁ〜何で

Y君の右隣部屋のエアコンを新品と取り替えて
工事中に、室外機を外したら壁を隔てて抱き合わせて
隣の彼の室外機が外れて落ちてしまったらしい。

なぜ室外機を外す前によ〜く確認しなかったのか。
いかにもその場しのぎのタイ人らしい思考である。
で、急いでY君に電話するも一向に出ない。

仕方がないのでY君の部屋で作業が終わるまで
待つことにしたのだが、何分にもこの猛暑である。
当然エアコンは使えないから暑さが身に応える。

あ“っぜぇ〜

たまらず彼に電話してもやはり出ない。SMSで
メールを送信しても返信はない。語学学校に行って
いるのか、はたまた何処かへ遊びに行ってるのか。

額からじわっと流れる汗を拭いながら修理状況を
見ると、とても1、2時間では終わりそうにない。
仕方なく部屋にあった大きめの鞄に、Y君の金目
の物や貴重品を入れて自分の部屋に戻った。

下手に信用したら後でえらい目に遭うからね

過去の経験からAPTや会社内で盗難事件が発生
すると、大概はガードマンや修理人だったりする。
タイは盗まれたら盗られた方が悪い。全て自己責任。

で、その日の夕方にY君から電話があった。
何でも知り合った日本人から通訳や翻訳を頼まれて
南のプーケットに行っているらしい。

翌日バスに乗って10時間も掛けてバンコクに
戻って来たY君が、預かっていたブツを取りに来た。

うわっ真っ黒じゃん
「焼けちゃいましたよ」
海で泳いたんか
「歩いているだけで日焼けしましたよ」

Yくんと呑む


留学ビザを取得するためにラオスのタイ大使館に
ビザ取りツアーに行った際に知り合った日本人から、
プーケットでGハウスを開業するので通訳と翻訳を
頼まれたんだとか。

それって違法就業じゃねぇの

ただでさえタイは無届けの宿泊施設が全国に数千軒
もあるらしい。先頃、元政権はそれら外国人経営者
を一斉に取り締まって逮捕したばかりだ。

おかしくねぇかその日本人って

そもそも開業するための弁護士や会計士とも相談せんで、
Y君のような年端もいかない語学留学生に安易に翻訳や
通訳を請け負わせること自体がおかしな話でしょ。

Y君に訊けば、現地に行ったらあらかた準備が終わって
いるかと思いきや、最初の段階から何も進んでいない。
オレからの連絡でAPTに問題が発生したので、急遽
バンコクに戻ってこれて良かったらしい。

この国の日本人には気をつけろよ

オレも何度か痛い目に遭ってるけど、タイ在住の日本人
の詐欺師や詐話師の類は、笑顔で近づいてきて、良い
ように利用した後に騙して逃げるヤツ等はわんさかいる。

それにしてもYは逞しくなったよな

そんな案件を頼まれるほど彼のタイでの1年という歳月は、
オレが知らないうちに随分と大人に成長させたようだ。

いずれは君たちに夢を託してお亡くなりになった偉大なる
爺ちゃんの孫の1人としてグローバルな国際人になっとくれ。


藁葺き屋根の校舎


因みに、先日『僕たちは世界を変えられない』という
映画を観て、思わずY君たちの爺ちゃんを思い出した。

エンドロール


内容は医大に通う大学2年生の主人公が、友人たちと
それなりに楽しい日常を過ごしながら、何か物足りなさを
感じていた。ありきたりの毎日を変えるために、ふと立ち
寄った郵便局で海外支援案内のパンフレットに目がとまる。

あなたの寄付でカンボジアに屋根のある学校が建ちます

勉強できる子供達


単なるお金集めだけでは意味がないと、リサーチのために
カンボジアへ飛ぶ。しかし、到着した東南アジアの最貧国
には、想像している以上の現実があった。地雷の残る村で
生活しなければならない村人たち、HIV感染者の現実、
そして学校に行けない極貧農村地帯の子どもたち。

ポルポト時代


現実を目の当たりにしながらも、最後にはカンボジアの
子どもたちのために学校を建てたのだが、この映画が
実話であり、今も支援が継続していることに感銘した。

先生たちも喜ぶ


子供達に囲まれて


今も支援が続いている


Y君を始めH家の孫たちよ、どんな思いで爺ちゃんが
ラオスの山岳極貧農村に小学校を建ててくれたのか。
そして君たち全員をラオスに連れて行ったのか。

国は違えど、機会があったら是非この映画を観て
君たちの偉大なる爺ちゃんの意志を継いで下さいまし。

H家の逞しい孫たちよ今夏にまた会おうぜ

asia_jiyujin at 02:09|PermalinkComments(0) 気ままなボランティア活動 | 藤岡わこう

April 09, 2016

第2979回「突然理不尽な終了」

新しいSIMカード


マジかよまいったなぁ〜

タイの通信大手AIS社が4月14日をもって、
2Gサービスを終了することになった。知った
のは偶然読んだフリー情報誌の記事だった。

寝耳に水だぜ

あわてて近くにあるAISショップに駆け込んで
タイ人スタッフに訊くと、「ライセンス期間満了に
伴い900MHz帯の2G(GSM)サービスの終了で
現在お使いのSIMカードと携帯端末機が使用でき
なくなります」と事務的な顔で淡泊にのたまった。

えっSIMだけでなく携帯も使えなくなんの
「はい。3G以上が使える携帯端末機をお買い求めて下さい」

ってぇことは、このガラケーはダメなん
「チャイ カー」

おいおいおいあと1週間もないじゃんか
「13日から正月休みになりますので12日までには」

そう言えば、最近やたらと携帯電話にSMSメールや
1175から電話が掛かってきてたっけな。面倒だから
切っていたけど、あれがこの知らせだったのかよ。

じぇじぇじぇビックリポンどうないしたらえぇんやろのぉ

今や携帯電話も4G時代。いつまでも時代に逆らって
2Gを使っていても、やがては化石の産物になる。
とは言え、この事実を知らない現地で働く日本人や
年金組のロングスティヤーたちはかなりいるはずだ。

しかも、よりによってサービス終了が4月14日の
タイ正月のど真ん中である。各企業や官公庁も全ての
機関が長期の休みになる。せめて月末にしてくれよなぁ。

「パスポートとSIMカードを出して下さい」
今この場でやってくれんの

古いSIMと新しいSIM


結局、今使っているSIMカードの情報を全て新しい
SIMカードに移行してもらい、14日になった時点で
自分で新しいカードに入れ替えて使用することになる。

すぐにでも3G以上の機種を買わなアカンのか

それにしても、この事実を知らない日本人を始め
多くの外国人たちは、ソンクランの休暇中に海外
や国内を旅行している最中に、突然使用不能に
なるんだから、あまりにも理不尽すぎるやろ。

今の若い世代の人たちは、すでに3G以上が使える
新機種を持っているだけに慌てる必要もないだろう。
心配になってY君に連絡したら、彼のスマホはすでに
4G対応でしかもTureだったから心配御無用だった。

因み、他の通信2社のTrueとDTACは、2G
サービスは引き続き提供していくとのことなので、
AIS以外のSIMを新しく買えば今の携帯は使える。

とは言え、今の番号は縁ある多くの方々との連絡用
だけに変えたくはない。さすればすぐにでもMBKに
行ってi phone 4s でも買ってこなくちゃならんのかね。

扇風機に電磁調理器に続いて今度はスマホかよ。
月末には1年分のVISA代も掛かるのだ。

あ〜今月はやたらと出費が嵩むわい



函館のHさま。お預かりしている今のAIS社の
SIMカードは如何致しましょうか。取りあえず新しい
SIMに変えて来年2月まで使えるようにしましたけど。

古いガラケータイプはAISのSIMでは使えなくなる
ので、来年訪タイされた時に安いスマホを買われますか。
確か格安の2,000B台の台湾製スマホもありましたよ。


asia_jiyujin at 01:09|PermalinkComments(2) 藤岡わこう 

April 08, 2016

第2978回「寿命ある電化製品」

寿命が尽きた電磁調理器



あ〜ぁとうとう壊れちゃったよ

形ある物いつか壊れる”とはよく言ったもので
食器やグラスは、落とせば粉々に割れてしまう。

電化製品にしてもいつかは寿命が尽きる日が
訪れる。消耗品と違って使い方によっては
もっと長く使えるものもあるんだろうな。、

でも所詮はメイドインタイランド

さりとてその日は突然やってきた。長年掃除や
メンテナンスしながら長年使っていた小型の
扇風機がウンともスンとも動かなくなったのだ。

それからすぐに、今度は飛んでいる蚊を電気
ショックでやっつけるタイ語で「マイティユン
と言うテニスラケット型の製品が壊れた。

その数日後、今度は煮物やカレーを作っていた
電磁調理器が、突然スイッチが入らなくなった。
裏蓋を外して修理を試みるも原因が分からん。

ま、この手の電化製品には寿命がないと毎年発売
される新商品が売れんからいつかは壊れるもんだ。
扇風機に蚊取り機に続いて毎日使う電磁調理器。

それにしてもこう立て続けに寿命が来るかのぉ

もう少し大事に扱っていれば多少は寿命が伸びたんかな。
となれば、我が肉体も大事に使って寿命を延ばさねば。
その為には栄養ある料理を作る新たな電磁調理器を買わねば。

今月はやたらと出費が嵩むのぉ〜


asia_jiyujin at 02:19|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

April 07, 2016

第2977回「悲劇の夜から半年」

完治した骨



「もう橈骨もヒビの部分も完全に治ってますよ」
本当ですかはぁ〜長かったなぁ

昨年の10月31日のハロウィンの夜に、
突然降り出した雨で転倒して骨折した右腕が、
半年近くも掛かってようやく完治したようだ。

でもドクター、肩はまだ治ってないんですが

医者の見解


骨折した右腕をかばったせいで、普段使ってない
筋肉を酷使したのか左右の肩から首筋に掛けて
今まで感じなかった痛みが走るようになっていた。

以前、両肩にステロイド注射を打って貰った時は
痛みも消えて調子が良かったのだが、それから
1,2ヶ月も経つと以前にもまして骨筋が痛む。

ドクター、前に打った注射をもう一度・・・
「あの注射は止めておきましょう」
へっなんで

鍼の先生も


医は仁術よりも算術主義であるはずの整形外科医
とは思えぬ発言である金満私立病院の中にも
患者のことを考えたまともなお医者さんがいんのね。

「まぁ、それは年齢からくる問題ですよ」
なるほど。そうですか
「薬よりも筋肉を鍛えなさい」

ゴムバンド


と言うことでゴムバンドを使ってリハビリを兼ねて
腕と肩の筋肉を鍛錬するように助言された。
ま、安易に薬に頼るよりも鍛える方が良策だろう。

あれから数日が経ち、気がつけば毎日のようにゴム
バンドを片手にTVを観ながら筋肉強化に励んでいる。

いつまで続くかは分からないけど、またいつか路上で
転倒して骨折しないように普段からの鍛錬は必要だ。

この際だからさ・・・ズンズズンズンズズン

それこそ“RIZAP”ではないが、腹筋や背筋も鍛錬して
スリムで強靭な肉体改造でもやってみようかしらん。

「あれって、けっこう食事制限が大変なんですよ」
あ、そうなの。なら絶対途中で断念するやろな

お世話になった整形外科


あと2年で還暦である。最近はめっきり体も動かさず
昼間っから呑んだくれているオレは確実に筋肉が衰えて
やがて杖をつきながら介護される老人になってしまうぞ。

よぉ〜し筋肉を鍛えて強靭な肉体になったんでぇ

asia_jiyujin at 01:29|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう