May 2016

May 20, 2016

第2993回「ブラックアウト解明」

泥酔


ふむふむ・・・なるほど・・・で

前回のブログに千葉県我孫子の読者さまより
貴重な情報を頂きました。こんな呑んだくれ爺に
誠に有り難きことで御座います。感謝。


はじめまして。
楽しくブログを読ませて頂いています。
お酒と記憶について面白い記事を見つけたので
ご参考までに内容をご紹介します。

過度な飲酒による一時的な記憶喪失現象
(ブラックアウト)は、アルコールによって、
ニューロン(脳神経細胞)間の接続を強化して学習、
記憶するプロセスを抑制するステロイドがニューロン
で産出されるからだそうです。

アルコール(によって産出されるステロイド)が
ニューロンに与える影響と神経伝達と記憶の形成が
損なわれる障害のプロセスはかなり解明されていて、
「5α還元酵素阻害剤」を服用しているとこうした
記憶障害を起こすことを防ぐことがあるそうです。

因に、「5α還元酵素阻害剤」は男性型脱毛症や
前立腺肥大症の治療薬として一般に用いられている
薬剤とのことです。人の身体って不思議なものなん
ですね。ご自愛下さいませ。



なるほどねぇ・・・で、5α還元酵素阻害剤って何

オチた


いずれにしても過度の呑みすぎで一時的な記憶喪失
になる現象がブラックアウトというのを初めて知った。

ブラックアウトねぇ・・・

酔っても自分の行動に責任持て


なんだか格好の良い響きに聞こえるけど、21年前に
日本の社会からドロップアウトした人間が、
今はタイでブラックアウトになってしまった。

アウトって・・・やっぱ良くねぇよな

泥酔になる


呑んでいる途中で、突然オチるのは一時的な気絶と
札幌の友人が教えてくれたけど、オイラの場合は
酩酊中であっても意識はあるし、暴言を吐いたり
暴れたりはしない。たとえ1人でも帰宅はできる。

問題なのは、翌に起きた時に完全に数時間だけ
すっぽり記憶が無くなっていることだ。以前なら
断片的にでも覚えていたけど最近は完全に真っ白。

悪意がなくても何をしたか覚えてないって恐いでしょ

酔っても介護人がいれば


貴重な情報を頂いた我孫子のHさま。いつか
オイラの酒宴に陪席させて頂くのが夢とのこと
ですが、とても有り難きことです。

ただその前に教えて頂いた“5α還元酵素阻害剤
の薬剤を手に入れてからにしましょ。そうじゃないと
折角の愉楽の酒席が途中から記憶喪失になりますので。

さて今年は関東方面に行けんのかしらん

オチました


asia_jiyujin at 00:09|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

May 19, 2016

第2992回「懲りない人間で候」

久しぶりの呑み会


いやはや、酷暑の次は連日の雨かよ

気象局によれば、17日から23日かけて
全国各地で激しい雷雨が予想されるらしいが、
どうにもタイはいつも極端すぎる気候である。

4月以降訪タイ客も全くなくすっかり自宅で
呑んだくれの日々を満喫していたら、売り上げ
不振に喘ぐ韓国アジョシのC氏から連絡が来た。

「毎日呑んでるだけなら手伝ってくれんかの」
悪いけど力にはなってあげられないよ

以前までなら日本人の集客や売上げ向上の為に
幾らでも一肌脱げたけど、さすがに1年以上も
こんな生活を続けていたらすっかりダメ人間だ。

申し訳ない。他からも誘いはあるけど今はね・・・

この世に生を受けたからには人様の役に立つ存在で
いることに意義を感じて生きていたつもりだけど、
今は誰の役にも立たない生産性のない単なる酔い爺。

次なるステージに備えて敢えて“何もしない生活
と束の間の休息だったつもりが、気がつけば1年以上も
こんな酒浸りの怠惰な生活が続いている。

それを見かねてのC氏の誘いだったのだが、今は
興味も失せてパワーもないし、正直煩わしいだけ。
燃え尽き症候群ではないが、ワクワク感がない。

慣れが感性を鈍感にさせ人生の刺激を堕落させる

この歳になるまでは大概のことは体験してきたし、
描いてきたちっぽけな夢も殆ど叶った。最初に受けた
タイでの衝撃は、今や鈍感になって全然感じない。

ゴメンね。期待に応えられなくて
「その気になったらいつでも連絡くれ」

C氏の誘いを断ったその日の夜に、およそ1ヶ月半
ぶりに神楽のK氏から呑みの誘いがきた。
なんでも日本料理店で頼んだ酒の一升瓶が
呑みきれず、嫁がオレを呼べとのことだったらしい。

「TAXIに乗ってすぐに来いよ」
へいへい飛んでいきますわ

今日は酔うぞ


C氏の誘いは断っても酒の誘いは断らないオレ。
やっぱり性格も歪んで堕落した人間になっていた。

おまっとさん。孫はどこじゃ
「おう、久しぶりやな」
R。爺やでぇ。元気やったか

元気な孫


嬉しいことにオレが孫の誕生日に悩みながら
選んで買ったマリーナの服を着てんじゃん。

日本料理店で1本が空いたので、さらにもう
1本頼んで、それを持参して神楽に流れた。

んじゃあ、かんぱ〜い

すでに酩酊状態


確か21時半頃に日本料理店で呑み始めたのは
覚えていたのだが、神楽に流れてしばらくして
からオークラのT君が横に座っていた。

T君が来た


どうやらオレが呼んだらしいのだが、例によって
全然覚えてない。最後は自宅まで送ってくれた
のだがそれすらも綺麗すっかり記憶が消えていた。



「藤岡さん、大丈夫ですか」
面目ない。また迷惑かけちゃったようだね
「昨日僕が言っていたこと覚えてますか」
ゴメン。1ミリも覚えてない

間もなく落ちる


翌日の夕方頃にT君から電話が来て、昨夜の
詳細を聞いた。先日の記憶障害といい、今回の一件も然り。
酩酊による記憶障害が本気で恐くなってきた。

物忘れや認知症の類がこれ以上酷くなるようなら
人様と呑む時は、意識して酒の量を自粛しないと
いつか多大な迷惑を掛けてしまうぞ。反省然り。

「オレってつくづく懲りない人間で御座る



asia_jiyujin at 01:09|PermalinkComments(6) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

May 17, 2016

第2991回「ようやく涼の雨季」

ようやく雨季


「ホント毎日毎日クソ暑い日が続くよなぁ

エアコンを入れっぱなしで部屋に籠もっていても
頭がボーッとしている。単なる深酒の影響かと思い
きや、もしかしたら脳梗塞の兆候かと脳裏を過ぎる。

先日の記憶障害の原因は、たまたま連日酷暑が続き、
あまりの暑さでオイラの頭のネジが緩んだのかしら。
いやいや、やっぱり酒のせいだろな。酔ってなきゃ
自分の行動くらい絶対覚えているはずだもんな。

タイ気象局によれば、バンコクの最高気温は38・3度。
体感温度は43度。夜も30度を超える熱帯夜だった。
エアコン入れても熱中症になりそうだ。

食欲も湧かないわりには何故か水割りだけは呑めるな

38度


因みに中部ナコンサワン42・6度。
東北部ナコンラーチャシマ41度。
北部スコータイ43・9 度。北部チェンマイ41・6度。

いったいこの暑さはいつまで続くんだよぉー

温度計を睨みつけながら嘆いていたら昨日突然雨が
降った。ようやく雨季に入ったようで、これで日照り
続きで干ばつに喘いでいた農業の水不足も解消されるな。

はぁ〜これで多少は涼しくなるわい

空から雨が


とは言えタイの雨はシトシトしっとりではなく
ドッバーっとまるでバケツをひっくり返したような
豪雨だからすぐに道路が冠水して歩行困難になる。

クソ暑いよりはまだマシか

雨が降ってきた


来週初めには、およそ1ヶ月半ぶりに関西から
ゴルフ組の友人たちが訪タイされるだけに、
プレー中の熱中症を危惧して海外旅行傷害保険を
勧めていたけど、その心配もなくなりそうだな。

さてそろそろ万難を排して体調を整えておくか


asia_jiyujin at 19:59|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

May 15, 2016

第2990回「酩酊症の記憶障害」

観覧車


やっべぇなぁ昨夜の記憶が全然ねぇ・・・

またしても酒を呑んでから数時間後の行動の記憶が
思い出せなかった。呑んでいる時は暴言を吐いたり
暴れることもなく、自力で自宅までは帰宅している。

なのに翌朝起きた時には、後半部分の記憶がスッポリ
抜けているのだ。何を話したのか、何処に行ったのか
1ミリも覚えてない始末なのだ。我ながら情けない。

先月初めにも、ウドンタニで日本語教師をやって
いたO氏とYくんと外で呑んでから自宅に流れて
二次会で呑んだ際も、仕事終わりに来たT君の
事をあろうことか1ミリも覚えていなかったのだ。

これって記憶障害なのかしら・・・

御年配の友人は「歳を取ったら誰でもそうなるよ」
と慰めてくれたけど、未だ還暦前のオレとしては
コレが老化現象かと思うとかなり精神的に凹んだ。

それ以来、人様と呑むのを躊躇っていたのだが、
先日、20年来の旧友から自宅にお呼ばれして、
つい誘われるがままにウィスキーを呑み始めた。

うわぁ〜すっげぇ部屋。わぉ、良い眺めですねぇ
「あれ、ウチに来たのは初めてでしたか?」
買ったのは聞きましたけど来たのは初めてですよ

チャオプラヤ川を展望


スクンビットの高層コンドミニアムが立ち並ぶ界隈の
一角にあるまさにハイソが住む高級なコンドミニアム。
広い部屋から見渡せるチャオプラヤ川に感動する。

「フジさん何呑む。マッカランでいいですか」
はいビール以外なら何でも良いですよ

1本空けちゃった


「僕は飲めないけど気軽にやって」
それにしても、まさに成功者の生活ですね

同じくらいの時期にバンコクで仕事を始めたのに
20年後のこの暮らしの違いはなんなんだ。答えは明瞭。
タイ人の良いパートナー(伴侶)を見つける事に尽きる。

バンコクで起業して成功する日本人の殆どが変動する
時代に対応しながら常に先を読む力を養い、自分を
サポートしてくれる性格の良いタイ人パートナーがいる。

オレにはいなかったなぁ

ま、仮にいたとしても、この国で起業するつもりも
なかったしバツイチの結婚生活不適合者としては
タイ人を嫁に貰ってまで家族を持つ自信はなかった。

「20年も家賃払っていたら1軒くらい買えてたのにね」
今思えば確かにそうですよねぇ。でもねぇ・・・

独身の身で不動産を持ったところで、歳を取って
から後々の処理が面倒だと思っていただけに、
いざという時のために身軽でいる方が楽だった。

夕方16時くらいから呑み始めて気がつけば窓の外は
トワイライトタイムが過ぎてすっかり暗くなっていた。
バンコクの綺麗な摩天楼夜景が目の前に広がっていた。

うぉ〜バスルームから見える夜景最高ですね

感動のバスルーム


記憶にあるのはそこまでだった。あくるに目覚めた時は
その後の記憶が全くなく、「あぁ、またやっちゃったか
と反省しながらスマホの写メを確認して衝撃を受けた。

なんじゃいこりゃオレこんなとこ行ってたのか

ダイナソーパーク


画像は最近オープンしたばかりの恐竜のアミューズメント
パークのダイナソーの写真が数枚。仮に酔っていたと
しても、こういうとこは1人で行くことは絶対ない。

入った記憶がない


友人宅からスーパーに行く途中で誰かと出会って一緒に
行ったのか。財布の中を確認しても入場券らしきものが
見あたらない。誰かが払ってくれたのだろうか。

はて誰と行ったんだろ・・・全然覚えてないや

果たして誰と行ったのか?


友人宅で最後の夜景の写真を撮った時間が19時2分。
ダイナソーの時間が20時15分。その後スーパーに
寄って焼酎とウィスキー、さらに豚汁用に豚の細切れ
と肉を軟らかくするのに塩麹を買って21時前に帰宅。

確認のために昨の友人に連絡しても、一緒には
行ってないと。じゃあ、オレは誰と行ったんだ。
ものの見事に数時間の記憶が吹っ飛んでいた。

参ったなぁこりゃあ恐ろしいことだぜ

無意識のうちに犯罪を犯しているかもしれないし、
間違って喧嘩の仲裁に入って誰かを殺めるかもしれん。
まるで自分が自分じゃない多重人格者に思えてきた。

ジキルとハイドならぬ酩酊症の記憶障害者だな

asia_jiyujin at 20:49|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

May 12, 2016

第2989回「Yくんのお引っ越し」

引っ越し先のアパートで


へぇ〜広くて良い部屋じゃん

先日Yくんが引っ越しをした。場所は今住んでいる
近くのトンロー駅から3つ先のオンヌット駅の周辺。
最後の荷物を運ぶ際に手伝いがてら部屋を見に行った。

オンヌット駅


「前の所とそんなに家賃が変わらないんですよ」
いいなぁオレも引っ越そうかな

広いリビング


キングサイズのベッドや豪華なタンスやソファーなどの
家具も付いて、部屋内のキッチンや冷蔵庫に電子レンジ
が完備。トイレもシャワールームも格段に綺麗な造りだ。

キッチン


シャワールーム


「この近くから大学行きのバスが出てるんです」
Yもこれから本格的にタイの大学生になんだね
「はい、もう今週から大学に行かないと」

でっかいベッド


バンナーにあるアサプション大学に通うために
オンヌットから出ている通学バスに乗るのに
便利だからと引っ越しを決めたようだ。

それにして君は大したもんだね

1年前の春に高校を卒業してすぐに訪タイして語学留学。
それから僅か1年でタイの大学生だもんなぁ。いやはや
若者の限りない可能性と行動力には敵わねぇな。

天国の爺ちゃんもさぞや喜んでんだろうなぁ
「藤岡さん餃子作りますから食べていきます?」
おういいね。じゃあ早速引越祝いしなきゃな

餃子を作る


さすがにオレはスーパーで売っている冷凍餃子だけど、
なんとYくんは自ら挽肉をこねて餃子を作り始めた。

器用だね。じゃあオレビール買ってくるわ

ランドリーも完備


広い庭園


近くのコンビニにビールとつまみを買いに出た。
外に出ると同じような建物が何軒も建っていた。
こりゃあ、酔っぱらったらどれだか迷っちまうな。

同じような建物が続く


お〜こりゃあお世辞抜きに美味いよ
「タイ産の日本米もイケますね」

我ながらうまいぞ


Yくんが作った餃子は、そこら辺のタイ人の
なんちゃって日本料理の餃子より遙かに旨かった。
タイ産の日本米も炊きたてだけに意外とイケる。

君はもう1人でも十分やってけんね

数日前に26歳になったオレの北海道の息子より
遙かに輝いて見えたのは何故だろう。反面教師
の破天荒な人生を歩いてきた父親の生き様を見て
きただけに、石橋を叩いても渡らない超慎重派の
現実主義者になっちまってる。

父親の立場から見たらつまんない人生に思えるけど、
息子は身の丈にあった生き方に満足しているようで
無謀な冒険はしないようだ。ま、それも人生だけどね。

長い間いろんな若者と接してきたけど、昔の子と
違って最近の子は目先だけの現実主義者が多くなって
ワクワクするような規格外の子には逢えなくなったな。

人生は1回限りやりたいことに全力で挑戦せよ

やりたいことさえ見つかれば、後はそれに向かって
右往左往しながら切磋琢磨して突き進むだけ。無論、
そこに辿り着くまでには大きな壁に立ち塞がれて
何度も挫折するけど、その体験が大きな力になる。

どうもごちそうさん。帰るわ。何かあったら連絡すれよ

名ばかりの現地の身元引受人だけど、我が手を離れて
タイの大空に飛び立つヒナを見守るだけである。

BTS


asia_jiyujin at 22:09|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

May 11, 2016

第2988回「殺人的な酷暑続く」

バンコクの外気温


「あ“っづ〜い干上がって溶けそうやでぇ

あつい兎に角暑い。死ぬほどクソ暑い。暑さの
せいで何にもやる気が起きないソンクランが
過ぎて5月になっても強烈な猛暑が続いている。

昨年のゴールデンウィークには札幌と福井から
4組もの友人や仲間たちが立て続けに来たけど、
今年に至っては珍しく訪タイ客がゼロだった。

あれま〜珍しい年もあるもんだね

涅槃仏

札幌から親子4人で初めてのタイ

E嬢とY嬢

福井から看護師2人がやってきた

新年度や新学期を迎えた社会人や学生たちは
旅行どころではないんだろうけど、今年の酷暑に
来ていたら、たぶん熱中症でぶっ倒れていたかもね。

いやきっとオレが倒れていたかもしれんわ

寅次郎にてY家と

札幌から語学留学したYくん家族

M氏夫婦

いずれタイで起業する予定のM夫妻

日本でも夏季には40度を超す酷暑になれば
全国各地で熱中症が原因で亡くなる人がいるけど、
最近のタイでも熱中症患者が続出している。

「日本人って40度の暑さで死んじゃうんだね」

なんて言っていた暑さにはめっぽう強いはずの
タイ人でさえ暑季の3月1日から4月22日に
かけて熱中症による死者が34人もいたそうだ。

バンコクはこれから1週間38度が続くってさ

チェンマイの外気温


気象局によれば10日の最高気温はバンコク38.度。
中部ナコンサワンでは43度。北部のチェンマイ
では41度のこと。日本のイメージなら北部の方が
涼しく思うけど、まぁ近年は毎年異常気象が続くな。

最近買ったスマホでバンコクの外気温を調べたら
連日38度だけど体感気温は43度だってさ。

おいおいおい体温より高いじゃんよ

暑季のタイの暑さには慣れていたつもりだけど、
これほどの殺人的なクソ暑さは初めての経験だな。

しばらくは酷暑が続くようだから外の買い出しは
陽が落ちる夕方以降にして、なるべくなら部屋に
引き籠もってる方が案外良策とも言えるかもしれん。

とほほほ、今月もエアコンで電気代が嵩むぜ


asia_jiyujin at 02:09|PermalinkComments(0) 藤岡わこう 

May 03, 2016

第2987回「ビザ申請無事終了」

新規パスポート




よしこれでまた1年間は滞在出来るわい

リタイヤメントビザ


毎年面倒な申請手続きだけど高額納税者や
タイ人の妻帯者がいないオレには永遠に
永久ビザが下りることはないから仕方ない。

ま、年に1度の行事と思って楽しみましょ

やたらと広いホール


入国管理事務所


現地駐在員であれば面倒な書類や手続きは
会社側が全てやってくれるけど年金組や
リタイヤメント組は自分でやるか、代行業務
を専門にやっている業者を頼るしかないもんな。

「貴方これはいつ撮った写真なの
えっ、先月ですけど

パスポート


10年前のパスポートの写真よりも、持参した
写真の方が若く見えると美女係官につっこまれた。
嘘じゃねぇ。撮ってから1ヶ月も経ってねぇぞ。

あのねオレ整形なんてしてないっすから
「撮る人の腕が良かったんでしょうね」
コイツどついたろかしら・・・

10年経ったパスポート


芸能人や風俗で働く子じゃあるまいし、親から
貰った身体にメスなんか入れんわい。まして
この歳になってから整形してどないすんねん。

ま、何はともあれ半日以上掛かって在泰外国人の
務めでもある面倒な続きを終わらせて帰路に着く。

政府庁舎


さ〜て今宵は何を肴に呑むとするかのぉ

最近は訪タイ客がないだけに外で呑むことが
めっきり減ったので泥酔する心配はなくなった。
代わりに自宅での晩酌が半端じゃなくなった。

今更やめらんないしどうしたもんじゃろのぉ

日々の楽しみだけに無理にやめるつもりはないけど、
最近になってエンゲル係数が倍増していることに
吃驚した。こりゃあ、少々自制して節約せなアカンなぁ。

あちゃ〜今月も酒代が食費を上回ってら

安いウィスキーで酔う


以前までは、晩酌の肴に合わせて日本酒や
焼酎やワインを呑みながら、寝酒はサントリーの
角瓶やジョニ黒だったけど、最近は出費が
嵩むから質より量で安いウィスキーになっちまった。

安くても酔ったら寝れる体質になってしまった

いつまでもこんな怠惰な生活を続けてないで、
来るべき日のために強靭な肉体改造やらんとな。


asia_jiyujin at 01:09|PermalinkComments(0) 藤岡わこう