December 2017

December 31, 2017

第3236回「今年の漢字一字は」

来年は笑って過ごしましょ



さぁ、今年も今日で終わりです。皆様方には
どんな年だったですか。オレは幸せな年でしたよ


今年は芸能界の不倫の謝罪に始まり、その後も
次から次ぎに出るわ出るわタレントや落語家や
議員までもが不倫騒動で頭を下げっぱなし。

製造業界も日産を筆頭に不正が明るみに出て
経営者陣も謝罪。最後は大相撲の元横綱・
日馬富士関の引退での謝罪とまぁ、何だか
謝罪だらけの1年だったような気がした。

さて、そんな日本では今年の世相を表した
漢字が『』に決定。ま、今年はちょいちょい
北朝鮮のミサイルが日本を驚異に陥れていた
けどオレとしては『』を候補に出したいくらいだ。

今年のタイは割と平穏な年だった。
ま、バンコクの国立病院の爆弾事件は
あったけどすぐに犯人が逮捕されて解決した。

だが、長年続いている深南部でのイスラム系過激派の
爆発テロは未だ続いている雨季にも
南部では洪水が発生して多くの被災が出た。

今年は前国王崩御に伴って服喪中だったからね

国を揺るがすようなテロやデモはバンコクでは
起きなかったし、相当数の屋台が撤去されて
電線も地中埋設で歩道は歩きやすくなったしね。

軍事政権になってから随分と変わったよ

今タイが軍事政権だってことを忘れてる人も
いるかもしれんけど、来年11月には民政移行の
選挙が行われる。また、国が騒がしくなりそうだ。

ところで、オイラも今年一年を振り返ってみて
漢字一字を考えてみた。年明けはラオスで始まり
3月には我が息子の初訪タイで東北ノンカイ。

4月5月はなくて、6月は大阪に7月8月は
北海道周遊。9月は再びラオスで10月には
九州一周。11月はチェンマイ・ノンカイ・
プーケット。んで、12月のケニアは断念した。

乗った飛行機の回数は国外内合わせて14回

漢字一字で考えたら『』が頭に浮かんだのだが、
実際にはこの旅の殆どの要因がタイで出逢った
人たちとの縁であることに気づかされた。なので、
いささか強引だけど今年の漢字は『』に決定。

袖振り合うも多生の縁出逢えた縁人に感謝。

来年は何が起きるかわからんけど『』がいいな。
明るく元気にいつも笑って”過ごしたいよね。
ともあれ、ここは“微笑みの国”なんですから。

何はともあれ、今年お世話になった全ての縁人の
方々に感謝しつつ、皆様も健康に留意されて
さらなるご健勝を南国から祈念申し上げます。

では良い年を迎えて下さいませぇ


asia_jiyujin at 16:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 30, 2017

第3235回「藤岡酒やめたってよ」

やっと酒が呑める


「うっそだろぉ〜」

呑んだくれのオレを知っている縁人たちは
このタイトルを見ても誰も信じないだろう。

「どっか身体に異変があったんかい

別に体調を壊して病院に行って検査を受けて
ドクターストップが掛かったわけではない。

考えられるはこの異常な寒さだ

正直に言うと一口も呑んでないわけではない。
先週月曜日から予想外の寒さが要因なのか
部屋呑みしていても体が水割りを受けつけない。

どうせ2,3日で終わるだろ」と高を括っていた
のだが、寒さは翌週のX’masを過ぎても続いた。
夜の部屋の温度は常に24度を下回っていた。

「24度もあったらあったけぇだろ」と思うでしょ。
でもね日本のように暖もとれなくオレ的には
20度以下の体感温度の寒さだったのね。

だめだ 寒くて酒が呑めねぇ

首に温泉タオルを巻きTシャツの上にユニクロの
フリーツを着て、下はスエットに長靴下をはいて
毛布にくるまりながら寒さで震えながらアイスを
入れた水割りを呑んでいる姿ってどうなのよ。

「だったらお湯割りにして呑めばいいじゃんよ」

確かにお湯割りにすれば体は一時的に温まるだろ。
しかし、部屋全体が寒いのだから酔いが覚めたら
当然のように再び寒さに打ち震える結果になる。

オイラの東向きの部屋は高層コンドミニアムに
囲まれて一日中陽が差さない。猛暑期であれば
涼しいけどまさか乾季にここまで寒くなるとは。

外の方がよっぽど温っけぇじゃん

ま、そんな環境の中でいかんともしがたく2週間
近くも殆ど酒を口にしてないのだ。って言うことは、
オレはアルコール依存症じゃないことが判明した。

だけんど酔えんから不眠症になっちまったべ

予想外の寒さは昨夜まで続いた。ようやく厚着と
タオルケットと毛布2枚にくるまりながらの
生活は終焉を迎えそうだ。今夜の部屋は27度。
(断っておくけど体感温度が人と4,5度は違う)

さ〜てそろそろいつも通りに呑むべか

と思ったのだが、別に呑みたい気分にならない。
それよりも寒さで食も細くなっていたので、
気になって体重を計ったら我が目を疑った。

56.8キロってまた痩せたんじゃんかよ

8キロだぞ


アカンこれはダメでしょ。これは無理してでも
炭水化物類を体に取り入れないとまた
ジーンズをはいたらベルトが1つ縮まってしまうぞ。

「藤岡さ〜ん 忘年会やりましょう」

まさにそん時だ、このブログを書いてアップする
寸前にN大将から電話が来た。これ幸いとは言わん
けど、寒さも多少ゆるまった今夜なら呑める気がした。

今年はホントいろいろお世話になりましたよ
「今年は北は北海道に南は九州ですもんね」
ホントN大将といっぱい旅をさせてもらったよな
「こんなことがないと実家にも帰れないですから」

寒かったぜぇ


いつもの居酒屋で2人だけの忘年会を兼ねた酒宴。
正直、この2週間を考えると呑めんと思っていけど
やっぱり呑む相手がいると意外と酒は進むもんだ。

「藤岡さん 最後に日本酒のみましょ」
おぉ酒いいね

お互いビールとハイボールで呑んでいたラストに
徐にN大将が日本酒好きのオイラに気を遣ったのか
冷酒を頼んで御神酒で今年の〆の乾杯をした。

N大将 また来年もよろしく頼んますわ
「じゃあ 来年から月に2回呑みますか」

年明けにホストマザーのM夫婦がバンコクに
戻って来る。Mさんがまたオイラと呑みたいとな。
呑んべい爺には至極有り難くも嬉しいことです。

「藤岡さん来年はコスタリカに行きませんか」
コスタリカってニカアグラの近くだったっけ

どうやらMさんが一緒に中南米を旅しないかと
N大将に誘ってきたらしいのだが、小国ながら
何だか楽しそうな国だ。もし行けるならN大将も
一緒なだけに微酔いのオイラとしてた快諾だ。

さぁ〜て来年もいろんな国を旅してみるべか

自分が生きてきて出逢った人の縁ってその後の
人生でどう影響するのか、実におもろいもんです。

何にせよ今夜オレの呑んだくれが復活した


asia_jiyujin at 23:49|PermalinkComments(0) 気ままな呑んだくれ日記 | 藤岡わこう

December 29, 2017

第3234回「LEDも改ざんかよ」

まさかの改ざんか



あれもう切れたんか

最近のあまり寒さに耐えかねて、体を動かす
為に部屋の大掃除を始めようと天井のLED電球の
スイッチを点けたらホタルのような薄暗さなのだ。

取付けてからまだそんなに経ってねぇだろ

調べてみたら2014年1月7日に、それまで
使っていた普通の白熱電球が切れたので、
当時ではまだ高値だった“Lasts up to15years
と書かれたLED電球を買って取り付けた。
(当時は普通のが100円位でLEDは1500円)

まだ4年も経ってないじゃん変だよな

15年はもつらしいけど


何だか納得いかん気分だ。これって1日何時間
使用したデーターが15年なんだろ。今年は日本
日産で無資格社員の検査が発覚し、スバル、
三菱、神戸製鋼、東レ、東洋ゴムと名だたる
大企業の製造業が燃費やデーターの改ざん、
捏造や不祥事が次々に発覚した年である。

いったいどうしちまったんだろうね。世界に誇る
日本の製造業が品質を軽視して信用よりコストや
納期を優先するようになったら終いだろ。

創設者の理念を会社の壁にぶら下げながら、日本の
製造業を担う現場の担当者たちはいつの間にか上に
言われたまま理念もルールも軽視してしまうのかね。

ところでタイの製造業は大丈夫なんかね

さて、今更「15年もたんかったぜ」と店に文句を
言ったところで所詮ここはタイである。スタッフが
気を利かして同じ電球を1個くれるとも思えなかった
ので日系の店で日本のメーカーのLEDを買った。

パナソニックさん今度は15年もたせてくれよ

パナも15年って書いてあるぞ



asia_jiyujin at 21:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 28, 2017

第3232回「ケ、ケ、ケニアかよ」

ギザのピラミッド

エジプト カイロ


「Jさん今年の暮れはケニアでどうでしょう!
ぬぁ〜にぃ〜ケ、ケ、ケニアかよ

本来なら今頃はアフリカのナイロビを旅して
いたかもしれない。話を2ヶ月半前に戻そう。



毎年年末年始に海外を共に旅している
東京のA嬢からのメールを確認したのは、
オレがN大将と九州に行った10月4日の
長崎のホテルで部屋呑みしている時だった。

おいおいケニアの首都ってどこだよ
「ナイロビですよ」
お〜さすが博学のN大将 応えが早いね

A嬢とエビ天」

ベトナム ハノイ

毎年お互いの友達がいる国を訊ねてその国の
文化と民に触れながら新年を迎えるっちゅう
いささか変な理由で8年前から始まったのだが・・・。

エジプト→ベトナム(ハノイ)→タイ→
タイ→シンガポール→台湾→ラオス・・・
で、今年はケニアかよ。

「教会前で」

ベトナム ハノイ

翌日、再びA嬢からメールが届いた。オレは熊本の
温泉に滞在しててすでに部屋で微酔い気分。

『Nちゃんの中高の同級生の女の子が住んでいます。
年末にも現地にいること確認済み!!年末の平均
気温は24.5度だから、Jさんも大丈夫!
今まで行ったことない国 今しか行けない国
3人だからこそ行ける国を旅しましょう!
酒の心配はしちゃダメ!』



「こんな機会滅多にないから行っておいでよ」
そっかじゃあ行ってみっか

至福のひと時

タイ バンコク

温泉の部屋で微酔い気分で呑みながらN大将に
相談したら、海外旅行好きの彼が助言してくれたので
酔いも手伝ってか「よし 行くわ」と返信した。



『やった!!行きましょう ケニア!
私も早く決めたいんだけど、Nちゃんの
予定がいつも直前まで分からないんですよね』

と即返信メールが戻って来た。オレ本当に行くんか。

う〜む一抹の不安はあるけどなぁ

愉しき晩餐

タイ バンコク



九州旅行からバンコクに戻って来たオレは早々に
旅行代理店に行って年末のエア代を調べたのだが、
なんとナイロビにはジョモケニヤッタ国際空港と
ケニア国際空港とウィルソン国際空港があるではないか。
取りあえずケニア国際空港で料金を調べてみたが。

ひぇ〜さすが年末 いい値段すんなぁ

マーライオン

シンガポール

さらにケニアの国についてもネットで
調べてみたたら驚愕の事実が判明した。

そっか ナイロビって入国ビザが必要なんだ

2015年9月より一次入国ビザ(観光ビザ)、
トランジットビザについては事前のオンラインでの
ビザ申請・取得が必須となったとあるけどさ
オレがネットでビザ申請するのなんか超難儀だぞ。

しかも、ビザ代が6,000円ってカイロより高けぇ。
これならバンコクのケニア大使館に行って自分で
VISA申請した方がネットでやるよりは確かだな。

さらにだ。日本から直接入国する場合も黄熱病の
予防注射とマラリアの予防薬の服用が望ましいとな。

バンコクの病院で予防注射打ったらなまら高けぇぞ

ガーデンショー

シンガポール

さらにさらにだ。平均気温が24,5度って言って
たけど12月の気温を調べたら最低気温10度じゃんよ。
カイロより寒いのかよ。皮下脂肪のないオレには辛ぇ。

【赤道直下であるにもかかわらず、中部一帯は
標高1700m前後の高地であるため、平均気温
10〜28℃という過ごしやすい気候である】

ナイロビ25度


今もバンコクで15〜25度の気温で震えてんのに
きっとナイロビに行ったら口も体も動かなくなるぜ。
でだ、ナイロビはバンコク以上に犯罪も多いようだ。

【ナイロビはケニアの中で犯罪率が突出している。
一般犯罪では強盗が最も多く、スリ置き引きと続く。
場所によって危険度は違うがナイロビでの移動には
タクシーを使おう。たとえ昼間であっても、また
どんなにすぐ近くであっても油断は禁物。国立公園
などの一部でも強盗の被害が出ているため、危険な
行動を避け、勝手に茂みなどに踏み入らないこと】

おぉ〜ケニア・・・なんか恐ぇ国だなぁ

コンドーのプールで

シンガポール

ネットでナイロビの情報を見てたら、
段々モチベーションが下がってきたぞ。

で、その後11月に入ってから千歳のN氏とI社長の
旅が始まってからはケニアのことは頭から離れていた。



11月23と27日にA嬢からメールが届いた。

『最寄りはジョモケニヤッタ国際空港です。
12/23-12/30でケニア便とりました。
ドーハ乗り換えです。金額は1人16万円弱。
あちらでの宿泊や移動費が1400ドルくらい
かかるときいて私も吃驚なのですが、まぁ
アフリカ大陸で安全清潔に旅行しようと
思ったらこんなものなのかもしれません。
こんな長い時間飛行機に乗るのかぁと吃驚ですが、
Mちゃんがいる今しか行けないし、いま南半球は
いちおう夏だし、ってことでJさん行きますよ!』



まぁ君たちにとっては夏だろうけどね・・・

30台南で担仔麺を食す

台湾 台南

で、現地に住んでいるM女史が作成したナイロビ
観光ツアーの行程表が届いたのでジックリ見てみた。

今後ケニアにご興味がある読者のご参考のために
一部を抜粋して添付いたします。



改めましてMです。Nとは高校からの友人です。
ケニアとの出会いは2007年、旅行を重ねるうちに
住みたいと思うようになり、突如2014年に勝手に
住み着くようになった変人です。現地旅行会社にも
勤めていた経験がありますので、それをベースに、
今回のケニア旅行のお手伝いをさせていただきます!
(ケニアを選んでくださりありがとう!)

今回、国立公園1つ、ナイロビ生活体験を
ご希望とのことで、行程を作成しました。

国立公園を1つに絞るなら断然マサイマラです。
BIG5(ゾウ、バッファロー、サイ、ヒョウ、ライオン)が
一番見られる確率が高くサバンナに広がる地平線は圧巻。
おススメです!

ナイロビ生活体験は、1日はモールやスーパー、カフェ、
レストランなど「中流階級以上」の層が楽しむナイロビの
「シティライフ」。もう1日は、ナイロビ郊外の村を
訪問し、家庭料理やそこに住む人々の「ビレッジライフ」
を体験できるようにアレンジしてみました。

村では近くを散策したり直接お話を聞いたりもできるので、
通常の旅行では経験できないオモシロイものになるかと
思います。(いらなくなった洋服や安価で構わないので
文房具などをお礼にプレゼントすると喜ばれます)。

●ホテル・ロッジについて
安全面、清潔面から中級クラスのホテルとロッジをご案内。
【ナイロビ=Panafric】 中心街から近く、どこに
行くのも比較的アクセスが良いところにあります。

【マサイマラ=Mara Sarova Game Camp】
公園内に位置する評判のよいテント式ロッジ。お食事も
おいしいです。(丈夫なキャンバスで建てられており、
コンクリート建てのロッジよりも、自然を感じられます)

<マサイマラ+ナイロビ体験>
*移動車両はサファリカー(ハイエース)を貸切でご利用
*お部屋は3人1部屋のトリプルにてご案内。シングル
ベッド3つまたはダブル+エキストラベッド

大人お一人 US$1450

<含まれるもの>
ホテル・ロッジ宿泊代、車両大、ドライバー兼ガイド代(英語)、
日程表記載通りの食事代、移動車内でのミネラルウォーター、
公園入場料

<含まれないもの>
日程表記載以外の食事代、お飲み物代、ドライバーへのチップ
(目安は1日約US$30)ポーターやホテルスタッフへのチップ
(目安はスーツケース1つUS$1)村の人々へのプレゼントなど

遠路はるばるケニアまで来られるので、国立公園1つはやや
もったいない気もするのが経験者のホンネでもありますが、
ご希望があれば、ナイロビ2日のうち1日をナイバシャ湖
でのボートサファリやウォーキングサファリ(歩いて草食
動物が間近で見られます)にあてることもできます。

ご不明点など、おたずねください!
よろしくお願いします。




いろいろと考えてくれてんですねぇ

霧雨の中で

台湾 九分

で、改めてジャモケニヤッタ国際空港でエア代を調べた。
ドバイ経由のエミレーツ。ドーハ経由のカタール。
アブダビ経由のエティハド。さらに直行便のケニア航空。
そのいずれの便も機内の酒類のサービスがねぇときた。

15時間も酒が呑めんで映画も観られんのかよ

ターサデット

タイ ノンカイ

直行便は20万円(飛行時間9時間半)。
トランジットの3便は11万〜18,6万円(飛行時間15時間〜)
んで、ナイロビでの必要経費がUS$1450・・・高ぇ。
安全と水は金で買えってやつですな。

オレはもう隠居した倹約生活の身なんですぜ

Nちゃん初タンブン

タイ ノンカイ ターボ

トランジットでドーハかドバイかアブダビで
1人ぼっちの待機や、還暦前の老化した自分の
健康面や経済面予防注射にVISA申請。
さらに現地に着いてからオレのこのポンコツ体が
皆様に迷惑をかけやしないかと不安になる。

で、いろいろと自分なりに冷静に思案した結果、
今回のケニアは断念することにした。すまん。

今年は2人でアフリカを楽しんでくれろ

タートルアン

ラオス ビエンチャン

アフリカのサバンナでゾウ、バッファロー、サイ、
ヒョウ、ライオンをサファリカーに乗って・・・。

って、アジア象なら数え切れんくらい見てるし
サファリパークでライオンやサイも見てるしなぁ


元気な2女子

ラオス ビエンチャン

ナイロビ郊外の村を訪問しての、家庭料理やそこに
住む人々の「ビレッジライフ」の体験。近くを散策
したり直接お話を聞いたりもできるので、
通常の旅行では経験できない・・・。

って、これに似たようなホームスティは
長年ノンカイの田舎村で体験してるしなぁ


対岸は昨日までいたビエンチャン

タイ ノンカイ シーチェンマイ

まぁ、これがフランスのモンサンミッシェルとか
バルセロナのサクラダファミリアだったら建築家の
端くれとしては見てみたい衝動には駆られるけどね。

最後の最後までギリギリ悩んだんだけど・・・

T母と記念撮影

タイ ノンカイ

と、このブログを更新した今はまさに彼らはナイロビだな。
車から顔出して野生のバッファローや象を見たんかな。
んで、ケニアの現地飯も美味そうに食べてんだろうな。

たぶん内蔵の弱いオレは食べられましぇ〜ん

サンコム新名所

タイ ノンカイ サンコム

エジプトから始まった3人旅が8年目にして同じ
アフリカ大陸でリタイヤ。オレも来年は還暦である。
正直、長時間の1人だけの移動はしんどいし、
おまけに飛行機で酒が呑めんのはもっと辛いわな。

さりとて、今年のラオスでも昨年の台湾でも、
オレの泥酔でご迷惑をかけた記憶は残っている。
それでも誘ってくれたことには感謝しています。

本来ならペナンに移住したDちゃんを励ましに
3人で行ったろかと思ったけど、A嬢がケニアを
決めたんならオレがとやかく言えた立場じゃない。

それに、どうも彼の悪戦苦闘のブログを見る限りでは、
年末年始に行っても迷惑をかけると思って延期した。

お〜いDちゃんそのうち陣中見舞いに行ったるぜ

ウドンタニ空港で

タイ ウドンタニ


asia_jiyujin at 21:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 27, 2017

第3232回「寒――――い!」

日中のベランダが21度



寒い寒すぎるぞここはタイなのか

いつまで続くんだよこの寒さ。しかも今日も雨。
例年なら3,4日もすればいつもの暑さに
戻っていたのに、先週初めから始まったタイの
寒波襲来はすでに10日近くも続いている。

昨夜なんかあまりの寒さで寝られんかった

昨年の12月はパンツと下着だけで寝られたのに、
さそれが今年の12月はどうだ。ユニクロの
フリーツにスエットパンツと長靴下をはいて
タオルケットにくるまっても寒いのだ。

暖を取りたくても日本のようにストーブや
セントラルヒーティングのような設備がないから
ドライヤーで暖まるかガスコンロでお湯を
湧かして少しでも室温を上げるしか手がない。

さらには水温が低くてシャワーも熱湯にならん。
蛇口を出来る限り絞って湯量を弱めれば熱めの
お湯にはなるんだけどすぐに体が冷めてしまう。

あぁ〜あっつい温泉にでも入りてぇ

夜の外気温


ソイ26にある湯の杜”かトンロー通りの
Let’s Relax”にでも行けば体は温まるけど
帰宅途中で湯冷めして風邪をひくのがオチだろな。

15〜21度で寒いのかよと思われても、いつも
30度あった気温が10度以上も下がれば寒い。
体脂肪率が20を切って皮下脂肪のないオレは、
他の人とは体感温度が全然違うんだろうな。

でも 今の北陸や北海道の豪雪を考えればね

この数日間の北陸や北海道の豪雪や極寒の
現状を見れば、オレのこの現状なんか全然マシである。
だから、この異常な寒さを前向きに肯定して普段
タイでは着ない衣服を楽しみながら乗り切ってみるか。

あれオレって長袖の服って全然なかったのね 

これ以上寒さが続けばタンスの奥から
ヒートテックと羽毛布団を出さねばな。

asia_jiyujin at 22:19|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 26, 2017

第3231回「あれから13年か」

漁村の民たちも



もちろん忘れていたわけではない。
あの衝撃的な大災害から13年が経った。
記憶の片隅にはずっと残っている。



2005年12月26日】のブログより

13年前のカオラックの漁村


1年前のクリスマスが明けた翌日、
その悪夢はインド洋沖全域をを襲った。
大津波は一瞬にして全てを呑み込んでしまった。

あれから1年。
テレビでは朝から津波被災地の
復興ドキュメントを放映している。
精神的にも肉体的にも立ち直れないほどの被害。

あれから1年。
いろんな人が復興のために力を注いだ。
知恵があるものは技術を。
財があるものは物資を。
何もない人も自分の力を。
とにかく人ごととほっておけない
各国の心ある有志が現地に飛んだ。
そして復興のために汗を流した。

だが、未だに復興できない場所がある。
親や姉弟を失った子供たちのこころの中だ。
それでも彼らは生きていかなければならない。

あれから1年。
オレは1度だけ現地へ行った。
観光地のプーケットはほぼ復興が終わっていた。
しかし、一番被害が大きかったパンガー県の
ナムケン村は・・・。

これから1年。
まだまだ復興が必要な場所はある。
もちろん子供たちのこころの中も・・・。

今は観光客も




あれから13年。今は殆どの復興も終わって
当時の悲惨な被災も知らないであろう
多くの外国人観光客で賑わっている。

あれから13年。あの時現地の被災地の
テントで出逢った親を亡くした子供たちは、
今は大人になって海の街で生きてんのかな。

復興した島


因みに今日バンコクは珍しく雨が降った。
きっと13年前の追悼の哀しみの雨なのか。
現地では未だに引き取りのない遺体が
320体埋葬保存されている。

←ご興味があればこの右の【過去の気ままな】を
ポチッと押して当時の現状をみて下さいませ。

asia_jiyujin at 21:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 25, 2017

第3230回「仏教国の X’mas」

仏教国のX'mas


きっと君は来な〜い一人だけのクリスマス

気がつけば今年もあと1週間だよ。街は
華やかなムードにつつまれながら
道行く人々には笑顔が溢れていた。

メリークリスマス

仏教国の聖歌隊


毎年思うことだけど、敬虔な仏教徒が多いタイ
の割には日本同様ハロウィンもクリスマスも
ヴァレンタインも大いに盛り上がる国民性です。

とは言え、このクソ暑い南国でいくら
X’masをイメージしたところで雪は降らんしね。

「でもタイ北部の山岳では霜が降りてるけどね

巨大ツリー


ところが今年に限っては雪こそ降らんけど
異常気象なのか気温が下がって否が応でも
厚着をせんと我慢が出来ないほどの寒さなのだ。
(注:皮下脂肪がないオレには肌寒いのだ)

これなら多少は寒い雰囲気は出るよな

街は華やいでいるけど


昨年は前国王の崩御に伴って1年間は服喪期間で
年末のカウントダウン花火もなく、また各地でも
大きなイベントが自粛されていただけに、今年は
各地で多きに盛り上がっておりまする。

でもねぇ・・・

イベントもいっぱい


正直、この三大イベントは独りモンのオレには
辛い時期でX’masで盛り上がってる会場を
横目にワインを買って帰るだけなんだな。

今年はKFCに寄って1つ買ってくか

エラワン廟は今日も盛況


普段は肉類を食べないオイラでも聖夜くらいは
フライドチキンを肴に赤ワインを呑むとすっか。

と言いつつランドリーで洗濯しながら、あまりの
寒さに耐えかねてクリームシチューを作って
ワイン片手にタイのローカルニュースを観ている。

きっとオレは部屋で〜一人だけのクリスマス

今年はしろくま



asia_jiyujin at 21:49|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 24, 2017

第3229回「米老夫婦 in タイ」

ウエルカムタイランド



12月17日】 バンコク

Welcome to Thailand
「Oh〜 nice meet you FUJI」
I am happy to see you again

現在、釜山の大学でサイエンスを教えている
M夫婦が約束通りにタイにやっていた。

例によって寅次郎のN大将が空港まで向かえに
行き店からも近くて利便性の良いホテルを事前に
予約していた。相変わらず気遣いの出来るヤツだ。

It is SURPRISE 

で、オレはチェックイン時を見計らってロビーの
ソファーに身を潜めてながらジッと待っていたら
半袖姿のM夫婦が入って来たのでビッグハグで
お出迎え。N大将が考えたサプライズ企画だ。

「It is hot in Thailand」
Thailand is a cold season now

タイは韓国に比べたら半袖でいられるほど
温かいとご機嫌だけど、オイラとしては
長袖長ズボンに靴下を履かないと肌寒い。



What do you want to eat  
「There are lost of manus」
How is Japanese pizza  

寅次郎で晩餐会


チェックイン後に寅次郎の本店でN大将の家族も
交えての賑やかな歓迎会が始まった。M夫婦が
たくさんあるメニューを見ながら迷っていたので
九州旅行の初日で食べたお好み焼きを勧てみた。

くぅ〜やっぱり日本酒はうめぇなぁ

あとのオーダーはN大将に任せてオイラは
久しぶりに冷酒を堪能する。やはり大勢で
食べる食事は酒も進むし会話も弾む。とは
言っても久しぶりの英会話で四苦八苦。

結局、明日はフリータイムで明後日にN大将の
嫁や姉たちがアユタヤ遺跡観光に案内するらしい。
で、そのままチェンマイにもN大将家族と一緒に行く。

あれオレの出番なくなったの

タイで再び


チェンマイの後はプーケットに飛んで南国の
を堪能するらしい。おそらく
スクーバダイビングにも挑戦するんだろうな。

チェンマイもプーケットも世界中の国から
旅行者が訪れる人気の観光地だけに、現地で
英語は通じんでしょ。

「藤岡さん この後いつものとこで呑みますか」
おっいいね

Please enjoy Chiangmai Phuket

さすがにM夫婦のアテンドと元気盛りな息子の
世話で落ち着いて食べるヒマもなかっただろうに。
0時過ぎにいつもの行きつけの居酒屋で呑む。



「おつかれさまでした」
N大将も大変だよねぇ
「毎年藤岡さんがやってることでしょ」
そうだけど君には本業があんでしょ

二次会はいつもの居酒屋で


言われてみればそうだが、今年は24組の35人。
昨年は33組の80人と比べたら随分と減ったな。
日本の景気なのかオイラの呑んだくれ老体が要因
なのか、年々アテンドする訪タイ客が減っている。

でもまぁ今年は日本で会えた人が多かったしね

ま、タイで会えん代わりに大阪や九州でタイが縁の
古き旧知の仲間たちに会えたんは、還暦を前にして
元気なうちで良かった。至高の幸せやったな。

今年お会いできた縁人の皆様方いろいろと有り難う
御座いました来年もご縁があったらまた愉呑みしましょ




asia_jiyujin at 01:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 22, 2017

第3228回「ダイエットの極意」

激痩せ!



えっ58.4圈_燭世茲海梁僚鼎

そういえば最近ジーンズのベルトが一つ
縮まったのには気づいていたけど、まさか
ここまで激痩せしてたとは思ってもなかった。

え〜っ57圈,泙紳僚鼎減ってんじゃん

4kg


それから2日後、今度は57.4圓砲覆辰討い拭
普段からそれほど食べない食生活だけど、まさか
50埖罎砲覆辰討い燭海箸ショックである。

別にストイックな生活をしてるわけじゃない

確か北海道から戻ってきた8月末は63埖罅
それから9月にラオスに行って10月には九州
一周旅行に行った。11月にはタイ国内旅行と、
割と規則正しい食生活が続いていたはずだった。

それがなんで7圓眩蕕擦燭鵑犬

6月17日      12月16日
体  重 64.2圈、 57.4
体脂肪率 21.9  → 19.1
体水分率 55.7  → 58.2
体筋肉率 34.1  → 35.3
骨  量  2.8  → 2.6
基礎代謝量1380 → 1234
B M I 値 20.9 → 18.7

半年間で増えたんは体水分率と体筋肉率だけだ。
(ただし、59歳の体筋肉率は40以上が理想)
あとは全部激減していたことに驚くばかりである。
そう言えば炭水化物って殆ど食べてなかったな。

こりゃあ無理にでも食わねば

確かに普段から食は細いけど、それなりには
食べていた。考えてみれば12月に入ってから
何度か風邪を拗らせて食欲不振になっていたし、
1日に一回くらいし食べてなかったもんな。しかも少量。

これぞ究極のダイエットだな

要は人間は食わんと痩せるっちゅうことだ。
いずれにしても痩せすぎはイカン。適度に
炭水化物を体に取り入れないと、持久力も
体力も落ちるし外出時に転けたら最悪だぞ。

でもなぁ〜食欲がないんだよねぇ

生憎と最近は特に食べたいモンがない。
以前まで好物だったはずのモノが食べたくない。
仮にラーメンを食べても半分で残してしまうし、
定食モノや丼モノを食べても3口が限界だ。

極度の食欲不振だこれって何かの病気かいな

かくなる上は酒の肴を充実させて・・・いやその
酒でさえ最近はあまり呑む気にならんのだ。
呑んだとしても水割り1〜2杯でやめてしまう。

酒も呑めんくなって飯も食えん 
どないしたんじゃ〜オレの体


はたしてこの極度の食欲不振は、折からの異常な寒さと
何かの因果関係があんのかね。熱燗にっすっかな。


asia_jiyujin at 18:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

December 21, 2017

第3227回「元気老夫婦が訪泰」

極楽


12月3日】 バンコク

「藤岡さ〜ん 起きてる 呑みに行くかい」
ほ〜いありがとう いま行きますわ

日曜日は寅次郎がいつもより早く閉まるので
たまに0時前にN大将から誘いの電話が来る。

「じゃあ お疲れさん」
あれ声が変だな
「風邪でも引いたんじゃない」

N氏が千歳に帰国し、O氏も知多に帰国して
から2週間ほど誰とも話をしてなかった。
するにしても行きつけのカフェでのオーダーか
スーパーマーケットでレジの子と話すくらいだ。

確かに11月末から急に気温が下がったり
雨が降ったけど、さすがに風邪はない。人間は
声を発さないと声帯が縮まって弱るのかしらね。

「ところで藤岡さん Mさんが17日に来るってさ」
おぉ〜やっぱり来るんだ。いいんじゃない

30年越しの恩返し


10月にN大将のホストマザーだったM夫婦と
一緒に九州一周旅行をして博多港で見送る際に
Next let’s meet in Thailand」って言って
たのを思い出す。社交辞令じゃなかったのね。

いいよこれも縁だし、今度はオレが案内するよ
「その時は頼んで良いですか」
お安いご用ガイドなら任してよ

今夜はN大将と


それでなくても今月は忘年会シーズンで彼の店も
猫の手も借りたいほどの忙しさだろ。オレが役に
立てんならいつでもこのポンコツ体を提供するぜ。

ところでMさんたちはいつまでタイに滞在するの
「来年の1月5日までだってさ」
へ〜随分と長いバケーションだなぁ

N大将に送られて来たメールにはバンコクと
チェンマイとプーケットを予定しているらしい。
しかもスクーバーダイビングも体験したいと。

元気な夫婦だよねぇ
「チェンマイに行きます?」
う〜んま、ご要望があれば行くよ
「チェンマイまでは何とかしてあげたいんだけどさ」

夜遅くまでやってる居酒屋


う〜む つい1ヶ月前にチェンマイ・ノンカイ・
プーケットを旅してきたばかりだけど、さすがに
この寒さでは肉体的に迷うところだなぁ。
(因みに彼らが行った20日の北部の最低気温が9度だった)



タイはいつでも常夏のイメージの国だけど
実は18日からかつてオイラが体験したことが
ないほどのクソ寒い日が続いてんですよ。

最近の【ネットニュース】抜粋
タイ気象局によると19日朝のバンコクの最低気温は
15・5度を記録し今乾期で一番の冷え込みとなった。
タイ東北地方はさらに冷え込み、サコンナコン県では
最低気温が7度まで下がった。

タイは冷え込みが一層強まり20日各地の最低気温は
バンコク14・8度、北部チェンライ市10・3度、
東北部ルーイ市7・8度。バンコクの最高気温は
27度までしか上昇しない見通し。



北海道はマイナスだぞぉ

確かに北海道の極寒とは比でないけど
実際タイではこの寒暖差で死亡者が続出してんのね。
さすがに日中の温度から10度以上も下がれば、
今までに体験したこともない寒さでしょうな。



最近の【ネットニュース】抜粋

バンコク隣県で寝泊まりしていたテントの中で、
労働者たちが酒を飲んで暖を取ってそのまま
寝たら、最低気温16℃の極寒で凍死

極寒のスリン県で60歳の高僧が寒さで
心臓発作を起こし死亡

スリン県で69歳の女性が寒さに
耐えきれず自宅で低体温症で死亡

バンコクの某交差点陸橋下で、
ホームレスが寒さに耐えらず死亡

パタヤの隣のジョムティエンビーチの
ジャングルで凍死寸前のホームレスを救助



タイ気象局によれば、来週の26日までは
この寒さが続くそうな。ヤバいぞ。外で
呑んで帰って来る途中で、もし部屋に辿り
着けずに落ちでもしたら凍死するかもな。

タイのユニクロでヒートテック売ってんのかな


asia_jiyujin at 21:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう