January 2018

January 30, 2018

第3250回「恐るべし薬の効用」

消毒のみ



げっマジかよ

退院以来3日起きに通院しているS病院だけど、
いつもは午前11時が診察時間なのだが、この日は
いつものP医師がいないので違う医師が担当する。

で、この日は9時45分と半端な時間だった

ま、チューブ回りの消毒と胆汁の量のチェック
くらいだから医師は誰でもいいんだけどね。
でも、遅刻は出来んから先日S医師から頂いた
睡眠導入剤なるモノを人生で初めて飲んでみた。

念のために2つの携帯電話に8時起床に目覚ましを
セットしてから午前2時に睡眠薬を飲んで就寝。
たぶん、記憶では5分以内には寝たと思う。

げっマジかよ

ところが翌朝起きて時計を見たら午前9時45分。
我が目を疑った。診察の時刻に目覚めてどうすんの。
おそらくTVが点いていたから一度目を覚まして
から無意識に携帯電話を止めて二度寝したんだな。

さてどうしたもんだか

今更慌てたところで時間は変わらない。意外と
オレってこういうときは肝が据わってるもんだな。

取りあえず急いでS病院に電話して事情を話して
10時30分に時間を変更してもらった。さすが
私立病院だ。意外と変更ってできるもんである。
さぞや他の病院と掛け持ちしてる医者が多いんだろ。

それにしても人生初めて飲んだ睡眠薬がこんなに
効くなら次回からは充分気をつんとイカンな。

ドクター綺麗な縫い目ですね
「日にちが経ったらもっと目立たなくなりますよ」

早くドレーンを外してくでぇ


腹にぶっさ刺ったチューブの回りを、消毒薬を
染み込ませた脱脂綿で2,3回拭いてから
新しいガーゼに取り替えて、はい終了。
代替ドクターの処置は5分も掛かってない。

はぁ〜なんでやねん

脱脂綿で消毒


会計で渡された請求書が3日前より高いぞ。
同じ処置しかしてんのに何が違うんじゃい
と会計に食ってかかったら「医者が違う」とさ。

はいはいはいここは私立のボッタクリ病院

その翌日、オイラの携帯電話にS病院の日本人
通訳者から連絡が来た。3日後の検査と治療代が
6万B(約21万円)になりますが払えるか、と。

ろ、ろ、ろくまんバーツっすか

ドレーンを外して造影剤の注射打ってXレイを
撮るだけで6万Bかよ。少し甘く考えていた。
すでに通院費を入れて65万B(約230万円)
を超えてんのに最後の最後にデカイのが来たよ。

これって、もし「払えんです」と言ったらずっと
ドレーンの生活になんのかね。それは不便だな。

胆汁袋のドレーンが


当日は朝6時から絶食を告げられたが
さすがに前夜の睡眠薬は避けようと思った。

はぁ〜早く自由な体になりてぇよ〜


asia_jiyujin at 09:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 28, 2018

第3249回「とうとう薬に頼る」

今日はニラ玉丼



はぁ〜あタイの夜は長ぇな〜

未だに酒はダメだし、借りた映画も殆ど観たし、
今ではNHKの“鶴瓶の家族に乾杯“や
世界入りにくい居酒屋“や”ブラタモリ“や
サラメシ”なんぞを楽しみに晩飯を食っている。

言っとくけど晩酌ではない飲んでんのは水

晩飯が終われば煎餅を食べながら茶をすすって
リモコン片手にタイの事件や事故のニュース番組を
観てるわけで、何とも心が空虚に感じる時もある。

どうもTV以外の余暇の過ごし方が分からん

何も観る番組が無くなったらアニメや字幕のない
Fox Movieやゴルフ番組を観るようにまでなった。
そろそろタイの集大成で3作目でも執筆するかと
思っても肝心の旧知の出版社の紙媒体が衰退していた。

読書と料理以外は特に拘りの趣味があるわけでもなく、
たまにネタがあればノートブックのスイッチを入れて
ブログを更新するし、後はメールの確認だけで大衆が
見てるであろうYou tubeの類は一切見ることはない。

酒を呑まんとこんなに時間を持て余すかねぇ

医者から禁酒を宣告されてから呑まない生活に
なってしばらく経つけど、なんだかこのまま
呑まん生活でも平気になってきたぞ。お陰で
我が家のエンゲル係数も一気に下がった。

とにかく今は食べて太ることが先決じゃの

コンビニのトロトロお粥


退院当初はコンビニで見つけたジョーク(お粥)に
ハマったけど、殆どは玉子雑炊かうどんで澄ます。

「鶏肉を食え」と医者に言われてカオマンガイに
続いて、先日は開店したばかりの店で親子丼にも
挑戦したら、これがゆっくり食べれば完食できた。

あずま


一人前の料理が完食できたことが嬉しかった

親子丼


鶏肉だけではなくニラ玉丼にも挑戦してみたら
これまたゆっくり咀嚼しながらでも普通に食えた。

おぉ〜これなら違う店でも食べられるかもな

ニラ玉と豚汁


最近はやたらと食欲も増して54圓ら55埖罅
一時は57埖罎砲發覆辰峠臘瓦世抜遒鵑世薀肇ぅ
から出たら54埖罎梁僚天廚鮓て肩を落とした。

ようやく55埖罎紡僚鼎増える


簡単には太れんもんじゃのぉ

まだ55埖罎砲覆蕕




あわわっもういっぱいになったか

毎日量を計ってレコード用紙に記載


定期的にドレーンに溜まった胆汁の色を確認
しながら尿瓶に移し替えて量を専門用紙に書く。
今ではすっかり慣れた作業だけど気持ちが萎える。

それにしてもやることがねぇ

尿瓶で量を見る


今まで晩酌を主体に夜の余暇を楽しんでいたのに、
その酒を呑まなくなったら、何ともヒマを持て余す
生活になっちまった。これってある意味修行だな。

しかも不眠症で寝られなくなってしまったのだ

いつもなら寝酒で寝られたけど、酔わずにベッドに
横になったら何やら次から次ぎにいろんな妄想と
空想が頭を駆け巡って中々寝つけない日々が続く。

気がつけば空が白々明けている。ベッドで
2時間も3時間も妄想してるってどうなのよ。
結局寝るのが面倒になって起きてTVを観る。

不健康極まりない生活じゃあ〜

で、先日黄疸の数値が正常になるまで酒類の
飲食はNGと苦言されたS医師にお願いして
不眠症で悩んでいることを伝えたら、あらま
簡単に睡眠導入剤を出してくれちゃったよ。

はぁ〜このオレがついに睡眠薬かよ

睡眠薬に頼る


薬嫌いのオレが、寝不足に耐えかねて
とうとう睡眠薬に頼ることにした。

変な夢見ねぇ〜だろな

まぁ、そんな心配よりも“怪我の功名”ならぬ
病気の功名”で折角の呑んだくれ生活から
脱却出来たんだから、これからは何か趣味でも見つけて
今までと違った余暇の過ごし方でも考えてみっかな。

ま、あと1ヶ月もしたら元の生活に戻るだろうけどね



asia_jiyujin at 19:29|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 26, 2018

第3248回「BNK48に逢えず」

センター?の



たまには華やかなとこにでも行ってみっかな

S病院の日本人相談窓口で待ちながらスマホ
でメールの確認をしていたら北海道人会の
幹事さまから会員配信のメールが届いた。

日本人相談窓口で待つ




DSKの皆様へ
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
本日より2日間、北海道のコスメ&クラフト
商品の販売展示会があります。北海道庁の主催で、
非食品系の販売展示会ではタイにおいて初めての試みです。

会場は、エムクオーティエ M Floor, Q Spcae です。
(中略))
本イベントは番組制作と連動しており、同商品の
産地や制作の舞台裏を紹介するテレビ番組が1月
に入り毎週土曜、タイにて放送されています。

BNK48のメンバーがリポーターとして出演している為、
オープニングにBNK48のメンバー3名が来場します。
北海道メーカーの質の高い商品を在タイ道産子の
皆様にも是非触れていただきたく
S幹事



ほぉ〜北海道庁主催ですか。行ってみっか

道庁には毎年帰国する度に悪友会で会っている
同級生が勤めている。今では総務部の人事課
だったか個室を持っているほど出世していた。

BNK48ねぇどんなんでしょ

BNK48


断っておくけど、オレはアーティストやアイドル
とかの追っかけをやるほどのヲタクじゃないし、
逆にそのパワーを羨ましく思っている1人である。

ハマるモノがあるって幸せだよなぁ

ハマれるもの?


この数週間入院生活や退院後もドレーンのことも
あって極力人が集まる華やかなところは避けていた。
さりとて、さすがに心も荒んできたので、たまには
同郷人に逢って華やかな空間に身を置きたくなった。

あら〜もう帰っちゃったんですか

BNK48には会えんかった


残念ながらBNK48の3人は帰った後だった。
別に熱烈なファンっちゅうわけでもないけど、
つい先日タイのバラエティー番組でBNK48を
観たばかりだったのでセンターの顔は覚えていた。

でも 今日からはご本家が日本から来てるからね

なんだかなぁ〜


THE BIGGEST ALL JAPAN EVENT IN ASIA
JAPAN EXPO THAILAMD 2018】が
26日から28日までセントラルワールドプラザで開催。

ジャパンエキスポ


昨年は前国王の崩御で華やかなイベントが自粛
されていたけど、今年は日本からAKB48の
6人やガン黒の松崎茂やMay J。他にもオレが
知らないアーティストがわんさかやってくる。

さすがにドレーンぶら下げて行けんわな

ん、ところで肝心の北海道庁の職員にお会いした
んだけど、彼は経済部らしくオイラの友達が所属する
総務部のことは全く解らぬとのことだった。ま、いっか。

北海道物産展


会場には北海道産のコスメや何処かの町の
藍染めの特産物やらが展示されていた。上手く商談が
まとまればいいなぁ、と思いながらもオレの興味ある
モノがなかったのですぐにその場を後にした。


当分は人が集まる華やかなとこはやめとこ



asia_jiyujin at 22:29|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 24, 2018

第3247回「通院すれど道険し」

カオマンガイを食う


「まだ黄疸の数値が高いですねぇ」

退院してから3日毎に通院するも、胆汁袋の
ドレーンをぶら下げながら歩くと何かと厄介だ。
今日なんか午前中に執刀医のP医師の診察をロビーで
待ってたら何故かドレーンから胆汁がだだ漏れ状態。

ありぁ〜なんでズボンと靴が濡れてんのじゃ

吃驚してすぐ近くの診察室で処置をしてもらうも
たまたま黒いジーンズだったから目立たなかった
けど、これが白いズボンなら完全にお漏らし状態だ。

やっぱり外出時は気つけんとイカンな

P医師の処置は術後の経過を訊いた後で、腹に
刺さったチューブの周辺を消毒するだけ。こんな簡単な
処置でも会計から渡される請求書を見て愕然。

ひぇ〜バランタインが3本も買えるじゃん

採血


で、この日は午後12時半に採血をしてから
ようやく2時間後にMDのS医師の診察室へ。
こんなに待つならどっかで飯食えばよかったな。

で、採血の結果の書類を見ながら赤血球や白血球や
ヘモグロビンの数値が入院時よりトータル的に落ちて
いるとか、黄疸や胆汁の数値があーだこーだと説明
してくれてんだけど詳しいことはよう分からん。ただ、
順調に回復に近づいていることだけは理解できた。

ドクターいつからお酒呑めますか
「まだ黄疸の数値が高いから我慢して下さいね」

お酒はあと1ヶ月我慢して下さい


採血の結果をもう一度詳しく訊いたら、入院時の
Bilirubinが(0,0-1,2)にならないとダメだそうだ。

1月9日の入院時の数値がH 9,7だったのが、
12日はH 3,4。で、本日はH 2,1と順調には
黄疸の数値が下がっている。、あとひと月も
したら正常値になるでしょうとまたまた笑顔。

ひぇ〜ショックまだ一ヶ月も我慢せんとイカンのかよ

オレの腹は手術跡だらけ


さらに胆汁のALP数値(40-130)も入院時が
H 1586だったのが今日はH 384。まぁ自分でも
認識できるほど黄疸の顔色が良くなっている。

「とにかく今は栄養のある物を沢山食べて下さいね」
オレ揚げ物や肉類は食べられないんすよ

S医師曰くは、揚げ物はNGだけど豚や牛がダメなら
せめて鶏肉か魚類からタンパク質を
摂取して体重を増やして下さいと微笑んだ。

はぁ〜そうですか。なんか面倒やなぁ

午前10時に行った病院は採血やら待ち時間が
長すぎて午後15時に終了。さすがに空腹だ。

しゃあ〜ない 体重増やすために鶏肉でも食うか

いつの間にか67Bに値上げしてた


S医師の助言を素直に聞き入れて、普段1人なら
行くことがない海南料理店のカオマンガイを食う。
自炊するなら面倒だけどたまには外食に頼るべ。

あれいつの間にか値上げしてんじゃん

栄養を食う


そう言えばトンローのパクソイから病院まで乗った
バイタクも、ついこの間まで20Bだったに30Bに
上がっていた。最近は何でも物価が上がってんな。

退院後、何とか自炊しながらちゃんと食べてん
だけど全然太れんでいる。太れんどころか今日は
歩きすぎたのかとうとう54圓鮴擇辰討靴泙辰拭

おいおいどこまで体重が落ちんだよ

とうとう54圓鮴擇辰


めざせ60酒を断って療養すれど道は険し。規則正しい
食生活を心掛けてんのにどうやらまだ先は長いようだな。


asia_jiyujin at 23:49|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 22, 2018

第3246回「高級病院の神対応」

歯科治療完了


「歯科治療は当病院でやらして頂きます」
あ そうなのそれは助かりますわ
「もちろん無料です」

やはり五つ星ホテル並みの私立巨大病院である。
1月9日に入院したその日の23時30分から
始まった内視鏡での胆石除去手術は結果的
には1,5僂涼誓个貌呂ず断念した。

その際に11月20日に治療した前歯が半分割れて
欠けた歯は何処へ行ったか不明のままだった。
その時点では病院側の治療はさほど期待してなかった。

やれやれまた同じ歯の治療かよ・・・

歯が割れた


翌日日本人通訳H氏からどこで治療して治療費は
幾らと訊かれたので「近所のデンタルクリニック
で確か3000B以内で治まったよ
」と伝えると、
「わぁお、ウチの先生の初診料にも満たない」と
驚かれていた。正直こんな世知辛い世の中で
庶民派の良心的なクリニックは滅多にないと思う。

翌日、再びH氏が「ご自分で治療されてから
後ほど領収書を持って請求に来て下さい」と。
治療費が出るだけマシかとその時は承諾した。

そんなことより明日の手術の方が先やろ

今は割れた歯のことよりも翌日にやる腹腔鏡手術
のことで頭がいっぱいだったのだ。で、翌日夕方
からの手術を前にまんじりともせずに病室で待って
いたら今度は見るからに新人っぽい通訳S君が入室。

「あの〜治療費の上限は3000Bになります」
はぁ〜それって上から言えって来たのか

こちとら前日から何も食べずに夕方からの手術に
備えてソファーに座って待っていたのだ。そこに
新人君の「上限3000B」の一言にキレたのだ。

じゃあ オレが1万Bって言ったらそうなったんかよ

まったくもって間の悪い新人君である。おそらく
勤めて間もない真面目な通訳者なんだろうけど、
オレの怒り心頭の言動に病室を飛び出して行った。

もっとも上司からこう伝えろと言われれば
何の疑問も持たずに伝えただけなんだろう。
彼に責任はない。だけどオレはブチキレた。

別にいつもの歯医に行ってまた治療してもよかった
のだ。しかし、手術を前にしたオレの心境としては
こともあろうに何とも人を見下したような高級病院
らしからぬクソしみったれた対応に腹が立ったのだ。

平気で患者から高額とってんのに上限って何だよ

結局、この新人通訳S君とは二度と顔を会わすことは
なかった。術後の通訳は女性軍に変わった。最終的に
12年前にオレが胃癌全摘手術した時のベテラン通訳
のK女史が来室して冒頭の台詞である。

「歯科治療は無料で当病院で治療させて頂きます」
ま、そうして頂ければこちらも助かりますわ

まぁ、それがこの私立病院らいしい対応だと思う。
上限3000Bっていったい誰の提案だったんだよ。

おそらく執刀女医は責任は取らないだろうから
日本人通訳者たちでくだらん会議をしたのかね。
当初言っていた「自分で治療して後から請求書を」
でよかったのに、何で上限なんて言ったかな。



ほぉ〜見るからに富裕層ばかり座ってら

富裕層の患者しかおらんぞ


で、先日巨大病院の向かい側4階にあるデンタル
クリニックへ。担当医は日本の歯科医科大学でも
学んだ日本語の流暢な白髪交じりの御年配のC医師。

「はい終わりました。堅い物は噛まないで下さいね」
おぉ〜前よりも綺麗な出来映えかも

治療費はやっぱ高ぇ〜


樹脂で造った歯科治療は20分で終わった。無論、
約束通り治療費は無料だったので早々に帰宅の途へ。
因みにスタッフに治療費を訊いて吃驚。とても
隠居したオレが来るような歯科医院じゃなかった。

また割れたらまたあそこのクリニックですな

いずれにしてもこれでまともに食べられるようになった
けど、未だ体重は54圓55圓鮃圓辰燭衢茲燭蠅澄
これじゃ高校時代の体重と変わらんぞな。

太りてぇ〜



asia_jiyujin at 03:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 20, 2018

第3245回「退院後の難儀生活」

五つ星並み巨大病院


※ 食事前に方はご遠慮下さいませ

だうぅ〜こりゃあ辛い 倒れそうぜ

胆管の胆石除去と胆嚢全摘手術を受けてから
ちょうど1週間目に片道30分歩いて通院した。
リハビリと有酸素運動を兼ねてだが正直辛い。

とにかく60圓ら5圓眤僚鼎減ったんだから
歩いていてもフラフラする。それでも寝てばかり
いたのだから無理してでも使わんと筋力が衰える。

まだ朝だから涼しいけど午後は暑くなるな

午前8時15分自宅を出る。8時45分病院到着。
受付に日本人数人が待っていたけど、10分程で
治療室へ。で、約束の9時には執刀医の部屋へ。
これが国立病院だと何時間も待たされるのだ。

「どうですか」
はい 食力も出てきました
「顔色良くなりましたね」
体の黄疸もなくなりました

通り一辺倒の受け答えをして診察台に横になる。
腹腔鏡手術の跡は目立たないほどになっていた。
今日から大きな胆汁袋のドレーンを小型にする。

「これで歩いても目立たなくなりますよ」

左足に装着


別に目立ってもいいんだけどね。その方が周囲の
タイ人はみんな優しく接してくれる民族だからね。

動きやすけど前の方が容量大きくてよかったな

こんな感じですが


毎日決まった時間に胆汁の色と量を尿瓶に入れて
専用の用紙に書かなくてはならない。今までなら
1日2回だったけど軽量化ドレーンだと3,4回。

胆汁1


胆汁の色はグリーン(オレにはダークイエローだけど)
量は1日大体700ml。ウイスキー1瓶と同じ量だな。
医師曰くは、一般成人男性は1500mlだとか。
オレは半分にも満たないんだ。

小型になったけど


まだ2週間くらいはこの厄介な器具を装着して
生活せにゃならん。一番難儀なのはシャワーだ。
チューブが刺さっている腹部は濡らせんから下半身と
上半身を分けて別々に洗う。洗髪はもっと厄介だ。

こういう時の1人暮らしは何かと難儀だな

腹からチューブが


難儀と言えば食事の支度だ。ドレーンを装着しながら
包丁を使ったり火を使って鍋でてクッキング。とは
言っても今のところ食べられるのはもっぱら雑炊。

「フジ 何か困ったことがあったら電話しなさいよ」
「遠慮するんじゃないわよ」
はいありがと

こういう時のタイ人は本当に優しくて心強い。
もう入居して10年になる我がAPTに通院帰りに寄る。

オレが入院してしばらく留守していたので
オフィスに行って華僑系タイ人オーナーと
スタッフたちに説明したら、ガードマンを呼んで
オイラの荷物を持たせたり、以前ソイ38にあった
超美味い雑炊を買って来させると言ってくれる。

ありがたいけど何とか1人でやるよ

まぁ、難儀な療養生活だけど手も足も動くから1人で
何でもやんなきゃならん。ま、それでも今までの呑んだ
くれた怠惰な生活に比べたらちょっとはマシかな。

未だに医者から酒の許可が下りんのが辛い

いずれにしても病素はすでに取り除いたわけだから
後は栄養価の高い食事をしながら5圓睛遒舛紳僚鼎
増やして体力とつけんと来月のミッションが不安だ。

あぁ・・・酒が呑めんと時間を持て余すわい


asia_jiyujin at 01:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 17, 2018

第3244回「白い巨塔の裏事情」

優しいS担当医



1月15日

はぁ〜いつまで待たすんだよ

今日の午前中には担当医と執刀医が来て
最後の診察をしてから会計を済ませて退院
できるはずだったのにもう午後13時だぞ。

午前10時に担当医が来たけど11時頃に
来るはずの執刀院がを過ぎても来ない。
来ないところかすでに執刀医が他の用事が
出来たから来ないと連絡がきた。ぬぁに〜

もう金になんねぇ患者には用がないってかよ

毎日届けてくれていた日本の新聞は今日はないし、
検温よ病状はと寝かせてくれないほどひっきり
なしに病室に入って来ていた看護師もぱったり。
すばらしいぜこの掌を返したようなツンデレ対応。

だったら早く会計済ませて帰らせてくれよ

4時間毎に検温や心拍数


まぁ〜嫌われる由縁はある。本当に必要だったのか
内視鏡の手術に文句を言ったり、咳をしただけで
肺炎の恐れがあるからXレイを撮ると言うから
これ以上金の掛かる過剰な治療は止めてくれ
と声を嗄らして切願してから執刀医の態度が急変。

過去に2度もこの白い巨塔にお世話になった
実体験者としては、どうしても患者重視とは思えず、
病院側の言いなりで治療されてるように思えるのだ。ま、
タイの私立病院はビジネスなのは認知してっけど。

でも、どこまで信じればいいんじゃ〜

異国で腹を切る手術なんて滅多にあるもんじゃない。
オペ室で直前に書かされる何かの書類のサイン。
こんな時に限って日本語の通訳者は同席しない。

なんのサインなんだよぉ〜

おそらくは、失敗しても訴えません。告訴しません
サインだろな。ま、死んだら金になんないしオレは
全面的に医師やスタッフを信じてるから、麻酔を嗅が
された瞬間に覚悟を決めて身を委ねながら命を預ける。

無事に病室で目が冷めたら幸せと思わなきゃな

快適な病室


ま、そんな感情論は置いといて、早いとこサクサクッと
薬出して会計済ませて帰らせてくれよとイライラ
状態がMAX。そこに薬を持ったスタッフが病室へ。

抗生物質とメチコバルは分かるけど、もう一つの
薬の説明が、「う〜ん、たぶん頭痛とか解熱かな」。
はぁ〜要らんから持って帰れ」と突っ返す。

どうしてこういう大事な説明に日本語通訳者が
来ないのだ。オレは薬アレルギーかもしれんのに。
もし間違って呑んでぶっ倒れたらどうすんのじゃ。

分からん薬は絶対口にしちゃダメなんだぜ

結局、退院できたのは14時半過ぎ。15時過ぎに
N大将が車で迎えに来てくれた。まぁ、あーだ、
こーだと文句は言っても心では楽しんでたのよ。

あ〜このまとわりつくシャバの空気がうめぇ〜
「ホテルのような病室は快適だったでしょ」
快適だったけど高級ホテル並みの宿泊費だぜ

まぁ、今回も仏陀様から与えられた試練を真っ向から
楽しみながら体験させて頂きました。優しい担当医も
無表情の執刀医も、美形の看護師たちも、文句ばかり
言った日本人通訳者たちにも心から感謝しております。

患者はオレ1人だけじゃないし、緊急を要する
優先順位はその都度変わるだろうしね。最後に
病室から待合室までサポートしてくれたのはオレ
の体を毎日洗ってくれた御年配の看護師だった。

かあちゃんナースさま有り難うございました

ま、こんな貴重な体験は滅多に出来る事じゃないし、
今後誰かが同じような病気に直面したら、オイラが
親切丁寧に事細かく面白楽しくご説明しますので
きっと不安も解消できると思いますよ。

タイの外科医療レベルは確実に先進国並みの
先端医療国家ですぞ でも高っけぇ〜


無事退院にいたる


ま、いわば世界に誇るニューハーフを作り出せる国です。
手先の器用な精巧な手技を持つ優秀な名医は実在する。

さぁ〜てこれ持ってどうやって生活するべかの

このドレーンを3週間ぶら下げる


N大将に途中でスーパーマーケットに寄ってもらって
当面外出しなくてもいいように買い出しはしたけど、
胆汁袋のドレーンをぶら下げての生活に困惑する。

寝ててもしこれが腹から抜けたら速効で病院じゃ〜


asia_jiyujin at 01:09|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 14, 2018

第3243回「持つべきモンは友」

N大将家族が見舞いに



「藤岡さん 大丈夫ですか」
おぉ〜N大将 北陸は大雪だっただろ

タイ人スタッフ夫婦2組を引率して北陸能登
半島ツアーの慰安旅行から戻って来た土曜日の
夜23時過ぎに声を荒げたN大将からの電話。

「帰って来てからブログ見て吃驚したよ」
心配かけてすんません原因は胆石だったよ
「必要なモノがあったら言ってよ」



翌日の昼過ぎにN大将は家族で見舞いに来てくれた。
いつもやんちゃな息子のR君は、オイラとの最初の
挨拶は蹴りかパンチから始まる。でも、この日は
腹を見せた途端にエビのように後ずさりした。

「えー ふじおかさん どうしたのお腹」
「ちゃんと食べないとお腹に石ができちゃうんだよ」
お魚も食べないとオレみたくなるんだぞ

おののく息子


子供にしてみれば、どうしてお腹の中に丸い
石が出来るのか不思議でならないだろうな。

「ちゃんと食べないとこうなるんだからね」
「うん ちゃんと食べる」

注射針やら管も興味津々


子供には効果覿面である反面教師として
あえてオイラは呑んじゃるけんね。断って
起くけど今回の胆石は酒とは関係ないそうだ。

「それにしてもデッカイねぇ」
よくこんなモンがジッと入ってたもんだよな
「これがお腹の中に入ってたの」
そうだよ。この中でコロコロ痛いよ

巨大化した胆石




おぉ〜有り難う御座います。助かるわぁ

入院していて一番の問題は術後の病院食である。
ところが、この巨大S病院にはレストランの
メニューしかない。スタッフが毎回注文を取りに来る。

タイ料理に日本料理に西洋料理から選ぶ。
でも、ここの日本料理は食えたもんじゃない。

どれもこれも腹に負担になんないのはねぇんかい

12年前にオレが病院側と闘ってからその後に
大戸屋が開業したけど、とても食べきれない量だ。

これらが1食570B(約2000円)もするのだ

味のない茶碗蒸しとおでん定食


照り焼きサーモン定食


白身魚の何とか定食


術後に食べたポタージュスープ

ポタージュスープが一番口あって美味かった370B(約1300円)


夕方ここのクソ不味いレストランのお粥の代わりに
寅次郎で炊き立ての白米とくずした鮭を持って
来てくれた。それにお茶漬けの素を入れて熱湯を入れる。

くぅ〜これだよ。この味ですよ。安心するわぁ

術後2日間はパン屋で買った野菜パンと牛乳で腹を
満たしていた。もっとも空腹感はないだけに充分だった。
でも、退院前には体力だけはつけておかないとね。



「藤岡さ〜ん メールあとで気がついたよ」
間に合えばでよかったのに。悪いね

リンゴに梨にメロン


夕方彼が来院する前に「間に合えばリンゴ一個
買ってきて
」と携帯に送ったのだが気がつかず、
別によかったのだが、わざわざ近くのスーパーで
日本産のリンゴと梨とメロンまで買ってきてくれた。

忙しいのに悪いね食欲でるわぁ

N大将は目の前でサクっと梨を剥いて出て行った。
なんてぇヤツなんだ。やっぱ持つべきモンは友だな。
昨年の北海道巡礼の旅も九州の旅もチェンマイの旅も
オレは世話になりっぱなしだ。感謝してもしきれん。

薩摩男はほんに情に熱いやっちゃ大将は西郷どんか



asia_jiyujin at 23:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 13, 2018

第3242回「腹腔鏡手術成功す」

今回は辛い


痛ぇ〜よぉ麻酔が切れた〜

11日午後15時から始まった手術は胆管
の中につまっている1,5僂涼誓个函2,9
僂涼誓个ある胆嚢そのものを根っ子から
切除するものだった。

巨大化した胆石


胆嚢結石


手術時間3時間。集中治療室2時間。
で、オレの部屋に戻ってから目が冷めた。
痛い。辛い。苦しい。しんどい。怠い。

痛ぇけど、とにかくオレは闘っています

腹腔鏡手術


闘ってます


一応手術は成功したけれど、本当の
闘いがこれから始まるのだ。



asia_jiyujin at 15:09|PermalinkComments(4) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

January 11, 2018

第3241回「内視鏡手術不成功」

すっかり病院服に馴染むオレ


「藤岡さん やってみましたけどダメでした」
えーーーそうなんすか

説明すると検査の結果、食欲不振などの体調
不良の原因は胆管につまった1,5僂涼誓弌
それを取り除いてから2,9僂涼誓个中に
ある胆嚢を根っ子から全摘手術するらしい。

また体の臓器が一つ無くなんのかい

採血


昨夏に七転八倒して何度かオレを苦しめた
根源が胆石だったことが判明した。てっきりあれ以来
全然痛くないから腸から自然に胆石が排出したと
思ったけど胆管と膵臓の出口にへばりついていた。

昨夜遅くから超クソ寒い手術室で始まった
内視鏡手術で胆石を取り除くのは困難を極めた末に
諦めた。因みに執刀医はまあるい体型の女医だった。

今回は手術前に成功する%と失敗の確率やら
オレは胃がないから一般人よりリスクが高い
などいろいろと説明を受けた後に書類にサイン。
12年前は何の説明無しにいきなりサインだもん。

「今日か明日手術室が空いたら腹腔鏡手術をします」
おいおい今日ってちょっと待ってよ

ここに胆石がつまってます


なんでこう次から次ぎに展開が早まるんだよ。
まるでモルモットだな。ま、分かる気もする。

ここの医師の殆どは他の病院との
掛け持ち。手術代も入院代もべらぼうに高いから
1日も早く退院させたいのかね。いや、次の患者
(彼らはカスタマーと呼ぶ)のためだろな。

にしても過去2回入院した中では今回の看護師
の対応や順序がでたらめすぎて怒り心頭状態。
縦と横の連絡が全くなっとらん。

右利きなのになんで右に


明日手術で今夜の0時以降は一切口にしては
ならんのに1階のレストランからタブレットを
持ったスタッフが朝食と昼食の注文を取りに来た。
オレも昼寝を起こされてすぐだったので、ついつい
タブレットのメニューを楽しく選んでい・・・。

オレ明日手術だぞ。ちゃんとナースに確かめてから来いよ

0時以降は絶食


検査の順番も効率よくないし、内視鏡手術中に
以前治療した前歯が折れてどっかに紛失。どうせ
責任はとらんだろうしなんの期待もできんわな。
入院してからストレスの溜まりっぱなしだ。

歯が折れた


12年前にこのS大病院で胃癌全摘手術を受けたときは
まるで天国のようで“バンコク極楽闘病記”を
執筆したくらい満足したんだけどね。

時代も変わってこの拝金主義大病院も相当
儲かっているようで向かい側の角地の土地を買って
現在何やら新病党らしきもんを建設中。

医は仁術ではなく算術也”と12年前に
いやっちゅうほど思い知らせたタイの病院業界。
そんなことより明日の手術が成功することを祈るぜ。

一日5回


昨年は1年中幸せだったのに、今年は年が明けた
途端にいろんな災難が降り掛かってきたぞ。タイ人に
相談すればきっと誰もがワットに行けと言うだろな。

初詣に行かなかった報いかな・・・


asia_jiyujin at 00:39|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう