May 2018

May 27, 2018

第3295回「敬愛すべき大阪人」

最後の晩餐はMKゴールド



みなさんこの上まで登りますか
「J 辛そうやな」

最終日は定番のバンコク三大寺院巡り観光。
前回はTやんが象に乗りたいと言うので
ワゴン車をチャーターして水上マーケットと
象のトレッキングにご案内したんだけど、
象がめっちゃ臭かったと嘆いていた。

昨夜は朝まで呑んじゃってさ
「よう そない呑むなぁ」
最後(の夜)だったからつい呑みすぎたかな

暁の寺院をバックに


さて、最初にご案内したお寺は三島由紀夫の
小説にも出てくるワット・アルン(暁の寺院)。
今日も今日とてバンコクの空は大快晴。

暑い怠い二日酔いには辛いぜ

改修工事を終えたワットアルン


先ずは歴代の王様の説明を兼ねて僧侶の前に
座って頂いて聖水で身を清めてもらう。

聖水で清められる


「J 懺悔せんでええのか」
Tやん ここ教会とちゃいまっせ

Tやん聖糸を付けてもらう


「おぉ〜このヒモ欲しかったんや」
サイシン言うて念の入った聖糸でっせ

F氏もサイシン


「なんぼや」
少額でええから箱に入れて下さい

M氏もサイシン


文献を紐解けばワット・アルンにはラマ2世王
が納骨されてるのだが、ここ1,2年の改修工事で
緑のコケが綺麗に取り除かれて暁のように
見えてた塔がすっかり白い巨塔に変貌していた。

みなさん 水分補給でこれ呑んで
「椰子の実か」

水分補給でココナッツ


ここに来ると熱中症を考えて必ず客人には水分補給
を兼ねて新鮮なココナッツを勧める。すっかり
顔馴染みになった売子のおばちゃんとも20年の仲だ。

ひぇ〜60バーツになったんかい
「最近は何でも上がるわよ」

オレがタイに移住した当時は10〜20Bだった。
時代の流れと共についこの間まで40Bだったのが
昨今の物価の上昇で今や60Bかよ。

せっかくだから塔の上まで登りますか
「J 辛そうだけど大丈夫なんか」
ふぅ〜どうかな 行きましょ

ワットアルンに登る


客人たちの体の心配するよりも、先ずは自分の
体力を考えねば。3カ所の寺院を無事に案内
せねばならんのに、正規のガイドなら失格だな。



全長44メートル高さ16メートルです
「でっかい仏さんや」
「ほぉ〜金ピカやな」

ワット・ポーの涅槃仏


「足の裏撫でたら願いが叶うんか」
ビリケンさんとちゃうでぇ

2カ所目の寺院はタイ古式マッサージの総本山
でもあり涅槃仏が横たわるワット・ポー。
昼が近かったせいもあり観光客が少なかった。

早い時間は中国人の団体で身動きできないすよ

以外と空いていた


昨年は150万人の日本人に比べて900万人を
超える中国人の観光客が訪タイしたらしいけど、
相変わらずのマナーの悪さで当局も難儀してる。

うるさい 汚い 順番守らない中国人』の
見出しが新聞の一面を飾ってからかなり久しい。

珊瑚礁は傷つけるし、遺跡に落書きはするし、
チェンマイでは無銭飲食が続出したそうな。
なんで人様の国を訪れる前にルールやマナーや
習慣を旅行会社のガイドが教えんのかねぇ。

さすがにBTSの駅で唾吐くヤツは見かけんけど
列に並ぶ習慣はない。ま、声の大きさは北京語の
声調がそうなんだからしゃ〜ないんだろな。でも、
台湾人はマナー守るし話し声も気にならんぞ。

まぁ昔の農協ツアーも批判されてたよな

その昔日本人団体ツアー観光客たちも海外では
「旅の恥はかき捨て」と大枚撒き散らしながら
今の中国人と似たようなことをしてたらしいけどね。



さ、最後はワット・プラケオ(エメラルド寺院)です
「J あれ乗ってみたいな」

Tやんのリクエストで出入口に待機してた如何にも
ボッタくりそうなトゥクトゥクの運ちゃんと交渉した。

「200バーツ」
アホか
「150バーツ」
タクシーならワンメーターの距離やろ

以前まで100Bとボッてた運賃が今は倍かよ。
ホテル前に待機しているタクシー同様に、彼らの
ボリ方は完全に初心者外国人観光客の価格である。

ここはアカンちょっと歩きましょ

Tやんの希望でトゥクトゥクに乗る


寺院から少し離れたとこで待機してた
トゥクトゥクの運ちゃんたちと次々に
交渉して最終的に60Bに落ち着いた。

「おぉ〜風が気持ちえぇわ」
「あれ もう着いたんか」

子供のようにはしゃぐ大阪人


今日は日曜日。道も空いてるからものの3分で到着。
タクシーなら初乗り35Bでエアコンも効いてて
涼しいけど、これはタイ観光のアトラクションと割り切る。

わっちゃ〜やめましょ
「おぉ えろう人集りやな」

さすがにエメラルド寺院と王宮である。昼近くにも
関わらずチケット売り場は多国籍の団体客の
長蛇の列。ほんならせめてタイ旅行の証にと。

やむをえんここで写真撮って帰りましょ
「アカンわ 次から次ぎに場所取られるで」

エメラルド寺院をバックに


ワット・プラケオ(エメラルド寺院)をバックに
写真を撮る個人や団体さんが後を絶たねぇ。



「ふぅ〜暑かったなぁ」
あと1時間も歩いてたらオレがもたんわ
「かぁ〜冷えたビールが喉に染みよる」

ランチはベラナポリで


暑さが厳しくなる13時過ぎに、前回も好評だった
ベラ・ナポリ”でランチにすることにした。
ここのパスタは誰を案内しても満足してくれるな。

「Jも疲れたやろ」
もう大丈夫すよもう今夜帰国すんのやね
「今回も早かったなぁ」
この次は1週間休み取って来てよ

楽しき時間というモンはあっと言う間に過ぎて
しまうもので辛い修行は長く感じるモンだ。

夕食を考えて軽めにランチを食べた後に、
毎日通った“あんまや”で最後のタイマッサージ。
チップ含めてたっぷり2時間やって500B
(約1700円)なら毎日やりたいと大阪3人衆。



「ほなJ 4日間ありがとぉ」
ほぉ〜いこちらこそ楽しかったですよ

名残惜しき最後の晩餐はタイスキMKゴールド。
酒の持ち込みがOKだったのでM氏にコンビニで
バランタインを買って頂いて店に持参した。

「タイで鍋食べんの初めてやな」
前回の最終日はタイレストランだったからね

MKゴールド


初日のフカヒレの中華に屋台の庶民的なタイ料理。
小龍包の中華と極旨のイタメシに最終日はタイ鍋。

おぉ・・・そろそろ日本食が食いてぇ



「ほなJ ありがとぉな 大阪で待っとるでぇ」
ほぉ〜い気ぃつけて帰ってね

空港のイミグレでお見送り


昨今のイミグレの激混みが気になって3時間前に
空港に送ったら、日曜日のせいかTGカウンターも
出国審査のカウンターもそれほど混んでなかった。

ほんまに愛すべきおっちゃんたちやったなぁ

毎回客人や友人を空港に迎えに行くときは
妙にワクワクして興奮するけど、さすがに
見送った後は心にポッカリと空虚な穴が・・・。

あぁ・・・こればっかりはしゃ〜ないな

きっと今夜からは寂しくなるんだろなぁ。
ま、満足させられたのか反省しながらお土産を肴に
さっき店で残ったバランタインでも呑むとするか。



翌朝関空に到着したM氏からメールが届いた。

「無事に全員帰阪しましたよ、お陰様でまた記憶に残る
楽しい4日間でした。出来れば大阪で反省会やりまひょ。
皆よろしく伝えて下さいとのことでした。喜んでいたよ〜
次の機会楽しみにしています。ほなね〜」

う〜ん反省会か今年も大阪行こかな


asia_jiyujin at 19:09|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

May 26, 2018

第3294回「大阪人ラプソディ」

M氏とオレ


うっわぁ〜カートがたくさん並んでるよ
「今日は混んでまんなぁ」

土曜日はめちゃ混み状態


今日は36ホールあるウンザーパーク。やっぱり
土曜日である。近年土日のバンコクのゴルフ場は
どこも激混み状態だ。しかも殆どが日本人と韓国人。

スターターに訊いたら今日は予約だけで70組だとか。
平日の昨日と違って1〜2時間は余計にかかるだろな。

今日は5,6時間は覚悟せんとね

元気なおじ様たち


予約した8時の時間より10分遅れてスタート。
キャディさんが終わりは13時半と予想。

今日も暑いから水分取ってよぉ

F氏のティーショット


今日も快晴で暑い日になりそうだ。オイラも
一緒にラウンドしようと誘われたけど、もし
オレが倒れたら誰が3人のアテンドを・・・。

今は体調万全でいるのがオレの勤めじゃ

Tやんグッドショット


そうは言ってもたまには運動を兼ねてゴルフ
でもせんと体が鈍ると思ったけど、せめて
時期が涼しい乾季ならなぁ〜と思うわけで。

おぉやっぱり塩鮭の方が普通に美味いな

M氏のティーショット


昨日同様、今日は18番ホールが見える
クラブハウスの外でおにぎりを食べた。で、やっぱり
連夜の寝不足で食後に一気に睡魔が襲って来た。



おつかれさまで〜す暑かったでしょ
「アカン 倒れそうや」

時計を見たらキャディが予想した13時半だった。
さすがにこの炎天下で5時間20分もプレーしたら
ご高齢者には辛いでしょ。オレなら自信ありまへ〜ん。

「汗が目に入ってパットが打てへんのや」
そら〜この暑さですからねぇ

どうして日本人はこんな暑い国なのにゴルフを
すんのやろね。まぁ、そう言うオイラも昔は
週に2回。年間50〜60ラウンドしてたっけな。

胃癌手術してから今は年に2,3回だもんな

胃を切る前はドライーバーで250〜270ヤードも
飛ばしてたのに、体重が16圓睛遒舛討らは
200ヤードが精一杯老化と共に筋力も衰えて
胆石手術した今はたぶん200ヤードも飛ばんだろな。

ま、ゴルフは“飛んでなんぼ”じゃなくて
あがってなんぼ“は分かってるけど、今は
100も切れんから情熱も薄れちゃったのかな。

次回は一緒に回ろうかな



Mさんまたグリーンカレー頼んだの
「タイに来たらこれ食わな」

またまたグリーンカレー


確かに折角タイに来たんだから本場のタイ料理を
満喫するのも有りだけど、かつて体調を崩されて
病院に搬送した客人もいたから心配になるわな。

ゴルフ場でランチ






あ〜今夜が最後になんのやねぇ。寂しいなぁ
「早いなぁ 明日の夜には帰国すんのやな」

今夜は北京飯店


最終夜の晩餐は、前回もご案内した小龍包と餃子が
極旨の北京飯店。でも、最近はシェフが変わったのか
昔より味が落ちたような気がする。でもVIPルームが
あって酒の持込みOKで価格もリーズナブルだしね。

「うん 十分美味いやん」
行きたい店もあったんだけどね

実は最近トンローにオープンしたばかりの台北でも
長蛇の行列が出来る“DIN TAI FUNG”にご案内
しようと事前にリサーチしたんだけど酒は持込み代
がかかるしVIPルームなしで価格は本場並みだった。

「もう1日あったらなぁ」
Tやん明日もおんなじこと言うてるよ
「そやな」

来年もまた来て下さいな
「Jが大阪来たらええやん」
う〜ん行こかな

2時間ほど晩餐を満喫してからホテルに戻る前に
フジスーパーに寄ってヤードム(鼻スースー)や
マンゴシチン石鹸のお土産を大量に購入した。

ホテルに戻って呑みましょ
「今夜が最後やな」

あっと言う間の最終夜。また明日の夜からは
テレビ観ながら会話もなくて1人で晩酌かぁ。
毎晩楽しく呑んでたからギャップが辛い。

明日はゴルフないから今夜は呑みましょ
「あの人もこの人もそぞろ歩く宵の街 どこ行く〜」
なんで今大阪ラプソディ歌うかな
「あれ もう0時かいな J2時まで呑もか」

愉快なTやん


この日は0時まで、1時まで、と延長しながら
結局2時までTやんと語りあって呑んでもうた。

「Jうちらもう寝るでぇ」
は〜いおやすみなさ〜い

他の2人は部屋に戻ったけど今夜は呑み足りん。
さらにオレは帰宅してかもまで呑んだくれた。

あぁたかが酒されど酒。酒の神様と
大阪の3人衆に感謝ですわ



asia_jiyujin at 23:19|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

May 25, 2018

第3293回「大阪人は屋台好き」

ゴルフ初日は大快晴



ナイスショトほな熱中症に気ぃつけて

朝6時にホテルを出発してバンコク都内から
1時間ほど走ったとこにある日本人設計の
ロータスバレーゴルフリゾートに到着。

「おぉ〜綺麗なゴルフ場やな」
2015年にASIAN BESTに選ばれたとこです

ロータスバレー


2年前はプレー代を考慮してクラブハウスが
しょぼいゴルフ場だったので、今回は「高くても
ええからもうちょいええとこにしてな」と言われた。

ここは日本式のお風呂がありますから
(タイのゴルフ場は殆どシャワーだけ)

M氏のティーショット


3人のティーショットを見送ってからオイラは
ゆっくりソファーに座って朝食タイム。以前なら
水割りを呑みながらチビチビやってたけど、
さすがに胆石手術してからは止めた。

ほぉ〜コンビニのおにぎりもイケんじゃん

Tやんショット


2月の利尻島からのゴルフ組の時は毎晩日本食
レストランだったのでおにぎりをお持ち帰り
して朝食にしてたけど、昨夜は中華だったので
コンビニで初めて日本式おにぎりを買って食べた。

塩鮭はイケるけど照焼きの鮭はやけに甘いな

F氏のショット


最近のコンビニの棚にはおにぎりや手巻き寿司も
あるんだけど、梅干しとおかかがないのが残念。
その代わりサバとトビッコとツナマヨがあった。

でも やっぱり米は寅次郎の方が美味いな

昨日お土産で頂いた魚肉ソーセージやつまみを
おかずにしながらペロッと2個も食べたら
睡眠不足だったのか、急に睡魔が襲ってきた。



おつかれさ〜ん 早かったね
「いやぁ〜やっぱりタイは暑いわ」

ゴルフ日和


朝食を食べてから1時間ほど仮眠してたら
3時間半で汗だくの3人が戻って来た。
今日は金曜日だけに前組もつまらずに
スムーズにコースを回れたそうな。

ほなお風呂入りましょ

ラウンド後のランチ


プレーを終えてシャワーとお風呂で汗を流した後で
レストランでタイ料理のランチタイム。

Mさん グリーンカレー辛くないの
「辛いのは好っきやねん」

M氏はグレーンカレー


Tやんはタイのあんかけかた焼きそばを注文。
量が多いからとオイラがちょっともらって食べた。
かに玉天津麺に天津丼、ラーンナートプラー。
あんかけは何にかけて食べても大好物である。

そのうち自分で作ってみようかしら




「おぉ〜どこもいっぱいやんか」
今日は金曜日だからなぁ

バンコク摩天楼


ホテルに戻って来てから近所の“あんまや”で
2時間のタイ古式マッサージをジックリ受けた後で、
M氏のリクエストでホテルのルーフトップバーへ。

「J 座るとこあんのかい」
任せんかい相席でもええやろ

金曜の夜は満席状態


カクテル類が50%オフのハッピーアワータイムに
最上階に登ったらほぼ満席状態。でも、そこは
宿泊客の強みじゃい何とか角の席を陣取った。

陽が暮れるまで呑んどいて
「Jはどこ行くねん」
部屋のカギ貸して チコちゃん観てくるわ

ルーフトップバー


「チコ?チエちゃうんか」
じゃりんこチエとちゃいまっせ
(この会話はコテコテの大阪人しか分からんやろな)

5歳のチコちゃん


客人をほったらかしてと叱られそうですが、毎週
楽しみに観てるNHKの“チコちゃんに叱られる”が
ちょうど始まる時間だったので昨夜部屋呑みした
Tやんの部屋のカギを借りて階下に下りた。

おぉ〜ちょうど始まったばかりやん

司会のチコちゃん


部屋の大画面の画像を観ながらオールドパーを
呑んで1人爆笑してたら間違いに気づいた。

あら間違ってたわ

訂正です。前回質問した答えが間違ってると
ぼぉーっとしてんじゃねぇよ」と5歳の
チコちゃんに叱られるって書いたけど、
ボーっと生きてんじゃねーよ」でした。

この番組、さすがNHKです。為になります

ボーっと生きてんじゃねーよ!




Mさん またグリーンカレー食うの
「辛いの好きやって言うたやん」
ここエアコンないから汗出まっせぇ

ソイ38の屋台村でディナー


今夜の晩餐は昨夜と打って変わって現地のタイ人や
外国人も通うソイ38の庶民的なタイ料理の屋台村。
正直、昭和生まれのおじ様方をこんな(失礼)とこに
案内していいのか迷ったけど、さすが大阪人ですわ。

「こういうとこがええねん」
「えぇ雰囲気やん」

屋台村で晩飯を堪能


と言うた割にはTやんは日本食ブースに行って
たこ焼きを買って来た。タイのたこ焼きの
味に興味があったらしいけど、ま、評価は厳しかった。

ほな今夜も部屋に戻って呑みましょ
「よし ほな行くか」

酒呑む相手がおるっちゅうことは楽しかことです。
あれ客人のためのオレやなくて、オイラが
楽しく笑って呑むための客人になってへんかいな。

どうでもええわ人生いつもわろて生きましょ
「J もうオールドパー1本空いたで」
早っほな 2本目開けましょ

部屋に戻るなり早々に部屋呑みを始めたら
あっと言う間にオールドパーが空いてもうた。

あぁ〜至福のひと時や〜今夜も呑むでぇ


asia_jiyujin at 23:09|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

May 24, 2018

第3292回「これぞ大阪人気質」

おもろい大阪人3人衆



うわっなんじゃいこりゃ〜
「これ全部JJに頼まれた土産やで」

先週大阪からM氏とお友達2人が来られた。
3人は2年前の5月にもゴルフで訪タイしてる。
3人とも学生時代からの気心知れた同級生の仲間。

オレより10コも年上なのに元気ですわ

M氏とは胃を切る12年前からの付き合い
だけど、F氏とTやんは2年前の訪タイ時に
出逢ってからすっかり仲良しの間柄に。

この難波の3人衆ホンマにおもろいんです

昨年は北海道に帰郷する前に6年ぶりに
大阪に行って彼らと九条のバーで呑んだ。
そん時にあまりにも楽しすぎて最終電車に
乗り遅れてタクシーでホテルまで戻った。

今回も彼らと楽しく酒が呑めるかと
思ったら、まるで遠足前夜の園児のように
興奮して妙に心が躍って前日眠れなかった。



「J 来たでぇ」
(J はオイラのニックネーム)
いらっしゃ〜い待ってましたでぇ

空港にお迎えに行ってから今日からの宿泊先の
Marriott HOTELに向かう。実はオイラの希望で
APTの向かい側にあるホテルを指定したのね。

歩いて1分アテンドすんのに便利でしょ

ホテルに着いてからチェックインして
M氏の部屋でカバン2つのうち大きい方を開けたら
全部オイラの土産だと言われて唖然とした。

あぁ・・・大阪人の気質を忘れてたよ

お土産に唖然


「何か買って来て欲しいもんあったら」と
言われたのでほな遠慮せんでと、ほうじ茶とか
焼き海苔、サンマの蒲焼き缶詰、乾麺の蕎麦と
うどん、あえるだけパスタソースを数種と、
お茶漬けにメンマにらっきょう・・・。

Mさん 1個づつでよかったのに
「多い方がええやろ」

1袋と言ったら2袋。2箱と言ったら4箱。
そうなのだ。2年前に来たときも頼んだ覚えの
ない大量の土産に度肝を抜かされた。

大阪人ってみんなこうなんか〜い

昨年大阪に滞在したときも、A氏の計らいで
オイラの付き人役でDちゃんを同じホテルに
宿泊させてくれたんだけど、そん時も「朝食に
納豆が食いたい
」と我が儘言うたら3個入
1パックでええのに1週間分も買うて来た。

毎朝納豆持って朝食会場に行ったっけなぁ

お陰で普段は食べない毎朝をDちゃんがかき混ぜて
くれた納豆で美味しくご飯を食べられました感謝。

そうやもう1つ思い出したわ

呑んでホテルに戻ってから小腹が空いたので
カップうどんが食いたい」と言うたらこれまた
きつねやたぬきや6種類のカップ麺を
買うて来てオレを驚かせてくれたっけな。

大阪人って少量という概念がないんか〜い

ま、何はともあれこんだけあれば当分は酒のアテ
には困らんけど賞味期限内には消費せんとな。

「Jゴメン 缶詰が没収されたんや」
TGって30圓泙OKとちゃうの

訊けばカバンの荷物が重量オーバーしたので、
サンマの蒲焼き缶詰8個を機内持込み荷物に
入れたらX線検査場で「液体類は持ち込みできません」と。

レトルトパックはダメだけど缶詰もアカンのやね

そもそもオレが頼んだのは缶詰3個です。他にも
重量オーバーせんように1袋とか2箱と言ったのに
全て倍だ。それ以外にもつまみや乾物の類が・・・。

それと関空の免税店でオイラと毎晩部屋呑み
すんのにオールドパーを3本も買うてきましたわ。

重かったのにホンマに感謝してます

オールドパーは旨い






「ほなJ 再会祝してかんぱいしょ〜や」
えぇなぁこのノリ大好きやでぇ

毎日が漫才


晩餐は前回も好評だったフカヒレ&アワビ雑炊
コースのホックシャークフィンで初日の乾杯。

「Jは呑めんのかい」
1月に胆石手術したけど今は元気で呑めまっせ
「そら良かったわ Jが呑めんとつまらんもんな」

会話でわろてまう


おろもいなぁ漫才聞いてるみたいやなぁ

食事しながら3人の会話を聞いてると、まるで
漫才を間近で見てるようで思わずわろてまう。
久しぶりの酒の相手に今夜は心が躍ってまうな。

えぇなぁ笑いながら酒が楽しめるって幸せやなぁ

食後は2年前にもご案内したタニヤに流れて
両替を済ませてから馴染みのクラブで呑んだ。

「Jも歌わんかい」
オレは呑んでる方がええねん

カラオケを楽しむ


小一時間ほど歌を楽しんでからホテルに戻って
部屋呑みに。実はオレはこれが一番至福のひと時。
明朝は6時出発でゴルフだから0時にお開きね。

あれフーターズができてんじゃん

タニヤの入り口にフーターズが


世界的に有名なカジュアル&スポーツバーだ。
アメリカを中心に世界に400店舗以上展開。
チアリーダーをイメージしたウェイトレスの
フーターガールがウリの大人気店である。

久しぶりにタニヤに来たけど吃驚だな

タイ国内でもプーケットやパタヤサムイ、
バンコク都内にもソイ15やナナにもあるけど、
とうとう日本人歓楽街にまで進出してきたんか。

負けんな日本人クラブの経営者たちよ


asia_jiyujin at 23:49|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

May 16, 2018

第3291回「母ちゃんに叱られる」

P家族と晩餐会



パァータット
「マイチャイ パーータット」
相変わらず母ちゃん厳しいよなぁ

先日ノンカイからP夫婦が上京してきた。
P元教育長から晩飯に誘われてオイラが住む
トンロー駅から6駅先のウドムスック駅へ向かう。

折角だから最近オンヌットから2駅先の
プンナウィティに引っ越したY君を誘ったけど
「今試験中だから」と淡泊に断られた。

学生の本分だもんな

なんで郊外の辺鄙なウドムスックかというと、
実は10年以上前に娘と息子の為に、まだ
人気のなかったウドムスック駅近くに建つ
コンドミニアムを150万Bで買ってあげたのだ。

サワディクラップ父ちゃん母ちゃん
「お〜フジさん久しぶりだなぁ」

P夫婦はオレにとってノンカイの父と母である。
突然のスコールの中、娘が運転する車が
迎えに来て近くのMK(タイスキ)レストランへ。

「明後日からにベトナムに行くのよ」
ベトナム旅行ですか
「フットボールの試合よ」

今年66歳になるP父ちゃんは定年退職後も
地元のOB先生等とサッカーに励んでいた。

「はぁ〜凄ぇやその歳でフットボールですか

で、その国際試合がホーチンシティで開催されるので
子供たちの様子を伺いがてらバンコクに来たというわけ。
胃癌を手術してからはゴルフ以外はな〜にも
運動してないオレとしては頭が下がりますわい。

姉ちゃん結婚する気ないんだろ
「そんなことないわ 私に会う人がいないだけよ」
早いとこ結婚して孫の顔を見せてあげろよ

未婚の姉弟


孫の顔を待ちわびる母ちゃんの思いとは裏腹に
39歳になる娘と1つ下の息子は、未だに結婚
せずに独身生活を謳歌しているようです。

「フジさん 体は大丈夫なの」
それがね1月に胆石の手術しましてね
「胆石?」

話の流れでカバンの中に常備していた手術で
摘出した胆石を母ちゃんに見せたんだけど、
手術”の発音が違うと厳しく指摘された。

パァータット
「マイチャイ パァーは服の生地よ 手術はパーータット」
相変わらず母ちゃん厳しいよなぁ
「正しく発音しないとダメよ」
クラッポン

相変わらず厳しい母ちゃん


もう20年前になるだろうか、メコン基金の
スタディーツアーでノンカイを訪れたときに、当時
教頭先生だったJ母に何度も発音を直された。

「マーマー(犬が来る)
「マーマー(馬が来る)」
「ママー(タイの代表的なインスタントラーメン)」

当時のオレにはタイ語の発音は別世界の言語
だっただけに、何度発音しても「マイチャイ」と
J元教頭先生に厳しく怒られながら直されたのだ。

20年以上タイに住んでいても、オイラが喋る
タイ語は所詮タニヤの日本人クラブかプロンポン
とトンロー界隈の日本人が多く住む居住区でしか
伝わらんスクンビット語なんだな自己嫌悪じゃ。

「ところでフジさん 相談なんだが」
来た来たなんじゃろ・・・

だいたいP父ちゃんから連絡が来るときは、
何かの相談事や厄介な頼み事が多いのだ。
ま、それが今までメコン基金に携わってきて
未だにタイに住んでるオレの宿命なんだろな。

「来年なんだけど12人で・・・」

P父ちゃん曰くは、来年退職した先生12人で
北海道旅行に行きたいそうな。で、そのときに
ホテルではなく各家庭をホームスティしながら
故・村岡氏の墓参りで道東まで旅行したいとな。

う〜んそれはちょっと難しいかなぁ

MKで晩飯


20年ほど前にメコン基金が28名の先生と
生徒を北海道に招聘したことがあった。

その時は各支部の会員さんからお金を募って
千歳を手始めに札幌→新十津川→広尾を周遊
しながら最後に当時本部があった佐呂間まで行った。

当時の会員さんもかなりの高齢だからねぇ

3年前に活動を終焉したメコン基金の会員さんの
中には、すでに後期高齢者になって他界した人もいる。
3,4人なら受け入れ先はあっても、さすがに
12人のタイ人がホームスティ出来る家はなかろう。

昔は年に一度の帰国にオイラ1人で千歳、札幌、
新十津川、和寒、佐呂間を旅しながら巡礼してた。

やがてS元代表が加わり千歳のN氏も加わり、
ノンカイのT先生も墓参りに案内したことがある。
昨年はバンコクから寅次郎のN大将とも行ったっけな。

それが12人のタイ人OB先生たちである。P夫婦や
顔馴染みのOB先生方が行くのであれば、通訳役で
オイラの同行も必要になんのかしら。

勘弁してくでぇ〜タイ人は我が儘だからなぁ

日本語の話せるR教頭先生か、長年ノンカイで
日本語教師をして今は帰国して札幌にいるY先生が
サポートしてくれんなら多少は助かるけどなぁ。

でもまぁ、どちらにしても12人は多い。そもそも
日本語の話せないタイ人を仮に2人1組に分けて
ホームスティさせてくれる家庭なんてあるのかしら。

タイの田舎と違って日本の家は狭いのよ

メコン基金のスタディーツアーとはわけが違う。
道東の大きな農家ならまだしも、都会の家は
部屋数も少ないし狭いからノンカイの田舎で
ホームスティするようなわけにはいかんだろなぁ。

まぁ今年帰国したら相談してみますわ
「頼むわフジさん」
あんまり期待せんといて

毎年帰国する度に何故か北海道で
タイゆかりの縁人やタイ人のアテンドを頼まれる。
さぁ、果たして今回の難儀なミッションは・・・。

誰かぁ〜手伝ってくださ〜い

因みに最近NHKの“チコちゃんに叱られる”に
ハマってます。質問した答えが間違ってると
ぼぉーっとしてんじゃねぇよ」と5歳の
チコちゃんに叱られるんだけど、なんだか
ノンカイの母ちゃんの怒り方に似てんだよなぁ。


asia_jiyujin at 05:59|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

May 14, 2018

第3290回「空駆け巡るN大将」

週に一度の晩餐会



「藤岡さん 今夜呑みますか」
ほ〜いいいっすよ

毎度ながらN大将からの嬉しい酒のお誘い。
(ここまでの出だしは前回と同じだな・・・)

「月曜日から台湾に行くんですよ」
仕事で
「台南の方にね」
へぇ〜オレも2年前に行ったよ

最近はすっかり週に一度の晩餐会になってる大将との
呑会だけど、月曜日のから台湾に飛ぶからと
土曜日にいつもの居酒屋“極楽”で呑むことに。

遅くまでやってる居酒屋極楽


いつも忙しく駆けずり回っている大将と比べて
食材と酒を買いに行く以外は殆ど部屋を出ない
プチ引き籠もりのオレにはとても有り難い。

「好きなもの頼んでよ」
いやこの時間じゃそんなに食えんよ

残り物を持ち帰りして酒のアテ


いつも食べきれないほどオーダーしてくれて
残ったら持って帰って酒のアテにしてよと
気遣ってくれるから翌日の肴には困らない。

「再来週は従業員連れて福岡にお遍路ですよ」
また九州いくのよく体が持つなぁ

今夜は1時からの呑会


ついこないだ家族と義兄家族を連れて鹿児島に
行ったばかりなのに、今度は慰安旅行でタイ人
従業員を連れて福岡とな。しかもお遍路の旅。

お遍路と言えば四国の八十八カ所巡りが有名だけど、
なんでも福岡県篠栗町にも弘法大師(空海)に纏わる
八十八か所お遍路巡りできる場所があるそうな。

ほぉ〜ちょいとネットで調べてみっか

『弘法大師空海が九世紀に唐の国より帰ってきた際に
修法した土地で、尼僧慈忍が八十八カ所の霊場の
創設を発願し、信仰の厚い藤木藤助がその志を受け継ぎ、
札所が整えられたのが起源とされている。四国と同じく
八十八ヶ所すべてを巡ると願いが叶うと言われ、全行程
50kmを白装束に身を包んだお遍路さんがご参拝される』
だってさ。

ただでさえ歩くのが苦手なタイ人ですぞ。果たして
彼らが願いが叶うと言われて50劼歩くのかしらね。

「藤岡さんもお遍路巡りに行きますか」
オレは絶対行かねぇ

それにしてもしょっちゅう飛行機に乗る大将だけど
また気圧の変化でエコノミー症候群になって足裏の
血栓症で歩けなくなるのが心配だな。しかもお遍路で
山道を歩くんだから相当足裏に負担が掛かるだろう。

じゃっど愚直で真っ直ぐなN大将チェスト


asia_jiyujin at 04:19|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

May 09, 2018

第3289回「神様が舞い降りる」

今夜も大将と酒宴の席



「藤岡さん 今夜行きますか」
ほ〜いいいよ

毎度ながらN大将からの嬉しい酒のお誘い。
いつもなら仕事が終わる間近に連絡が来るん
だけど、この日は3時間前の電話だった。

さてと・・・中途半端な時間だな

すでに夕方から2度目の晩酌中だったオレは
このまま呑んでれば途中で寝オチしそうだったので、
小休止を兼ねて小一時間寝ることにした。

げぇ〜ダメだ目が冴えて全然寝られんわい

すでに夜型人間に戻っちまった生活だけに
睡眠導入剤でも飲まなければすぐには寝られん。
結局ダラダラと呑み続けて0時に店に行った。

「お待たせ藤岡さん あれ おしるこ食べてるの」
ほ〜い お疲れさんいやぁ〜まいったよ大将
「どうしたの
店の子にナムデーンとおしるこを勧められてさ

おしることナムデーン


実はAPTを出て歩き始めたら急に貧血状態になり
体から冷や汗が出てきた。部屋にいれば甘い物で
糖分を補給できるけど外出中にこの症状に
なったら最悪である。

酒呑めば治るでしょ

タイのクソ甘い缶コーヒーを呑めば瞬時に
元気になれるんだけどね。実を言うと最初にこの
症状を体験したのは12年前の胃癌手術後だった。

越後娘の友人の両親と親戚が訪タイしたときに
彼女が仕事だったので、代わりにオイラが市内
観光に案内した。その時に寺院の建物の中で
突然瞳の回りに光の輪が現れて見づらくなった。

あれれなんだろ

そう思った途端に目眩が起きて崩れるように床に
倒れた。するとお寺の高い天井の角からオレの
体に向かって光が差して後光目映いお釈迦様が
舞い降りてきたのだ。じぇじぇ場所が場所だけに。

あぁ・・・オレ召されるんだな

まさに天国からお迎えに来たと思い、何の不安も
抱くことなく有り難い気持ちになったんだけど、
そこは普段からの仕事の習慣というか、つい
ポケットから携帯電話を取りだして舞い降りて
くるお釈迦様に向かって写メを撮ったのだ。

「おい しっかりしろ これを食べろ」

気がついたときは、案内してた両親の親戚の
おじ様がオレにアイスキャンディを口に入れて
食べさせてくれていたのだ。

なんでアイスなん

と思ったけど、事前にオイラが胃の手術をした
ことを伝えていたので、すぐに貧血と分かった
ようだった。偶然にもそのおじ様も胃を全摘して
度々貧血で倒れることがあったそうだ。

それ以来、外出する時はカンロ飴は常備する
ようにしてたんだけど、その時は近所だったので
飴を忘れた。で、店の途中にあった24時間
営業の果物屋でソムオー(ポメロ)を買ってから
フラフラしながら何とか店に辿り着いた。

これ店で食べていいかい
「どうしたの顔が真っ青よ」
貧血みたいなんだよ

顔馴染みになった店の子が心配そうに
訊くので症状を話したらすぐにナムデーン
(赤のシロップ)を出してくれて
「貧血にはこれが一番よ」と微笑んだ。
ほう、またタイの習慣を1つ教えられた。

糖分補給でおしるこ注文したんだよ
「よかったね ナムデーンはシロップだしね」
もう大丈夫よっしゃ 呑もか

0時からの酒席


回復した後は、いつもながらの近況報告やYくんの
引っ越しの話やら東京のY夫婦の訪タイの話題やら
千歳のN氏の旅の話で盛り上ってしまい、
結局閉店の3時まで呑んでしまった。

N大将 ごちそうさ〜ん
「は〜い おやすみなさい」

食べきれないほど注文してくれて残ったモンは
オレが持ち帰って再び部屋で朝まで呑み続ける。
彼の神対応で翌日は酒のアテには困らないのね。

N大将 いつもありがとね

あ、ところで寺院で倒れた時に携帯電話で
撮ったお釈迦様ですが、気になるでしょ。
残念ながら天井しか写ってなかったのね。

たぶん神様は「私を撮るとは罰当たりなヤツ。
もっと現世に身を置いて修練せんか〜い」と
怒ってしまって天国に戻っちゃったんだろね。

あれから12年。未だに何度も貧血で倒れるけど
お釈迦様が舞い降りてくることは一度もない。

あ、もしかしたらN大将が神様なのかしら


asia_jiyujin at 06:29|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

May 07, 2018

第3288回「タイにいる意味3」

こんなにおっきくなりました


Tちゃ〜んBがこんなに大っきくなったぜぇ

東京のTちゃんが心の悩みを抱えて
タイに来たのが4年前(だったかな)。そん時に
夜行列車に乗ってノンカイを旅した時に
気軽に家に泊めてくれたのがBさん家族。

あの時お腹にいた男の子がこんなんです

Bさん家族と


今は家族でバンコクに出てきたらしく
姉のBちゃんは現地のタイ人小学校に通い
弟のBくんは幼稚園の年少組なんだとか。
優しい旦那さまはトラックの運転手だってさ。

数年前に取材が縁で知り合っただけのBさん
だけど、オイラたちがノンカイに行った時に
気軽に家に泊めてくれて、旦那さまも笑顔で
イサーン流のおもてなしをしてくれたっけな。

イサーンの人はみんな優しくて器がデカイ

そう言えば、もう十数年前のことだけど
長距離バスに乗って東北を1人旅をしてた
時に、隣に座っていたタイ人夫婦と仲良くなり
「よかったら家に来ないか」と誘われた。

バスから降りて家に着いたのが夜中の23時。
それから既に寝ている近所の親戚等を起こして
見ず知らずのオイラの歓迎会をやってくれた。

翌日も、その翌日もおもてなし”が続いた。
そのうち近所のお寺の僧侶が日本人”に興味を
持って会いに来たり、小学校の先生が来たときは
学校まで連れて行かれて日本語の授業もやったっけな。

ヤバいなこのままここにいたら・・・

毎日サバイ状態が続き、このままでは抜け出せなく
なると思ったオレは1週間後に次の旅地を求めて
旅立った。とにかくイサーン人のホスピタリティは
金がなければ隣人から借りてでも旅人をもてなす。

まさにマイペンライのおもてなしタイ人精神

こういう愉楽の出逢いがあるのもタイだろうし、
こんなちょっと袖振り合った多生の縁が長〜く
続いてんのもタイにいてる意味があんだろな。

Tちゃ〜ん人生楽しんでるかぁ



asia_jiyujin at 22:49|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

May 05, 2018

第3287回「タイにいる意味2」

Yくんは元気です



Y母ちゃ〜ん息子は元気でやってますぜ

人は何かを認められたり頼られたりすることで
己の存在価値を改めて知ることが出来る。

某日、久しぶりにY君がオイラを訊ねてきた。
最近引っ越したというY君。今のAPTに住んで
丁度1年だからもっと安いAPTに引っ越すとな。

今のAPTに10年も住んでいるオレとしては不便が
ないだけに引っ越す理由もない。さりとて
陽が入らない部屋だけにドラキュラ化している。

ま、いささか荷物が多すぎて面倒なだけだけどね。
それ故に身軽なY君の引っ越しが、如何にも
今を生きてるヤツだなぁ”と羨ましくも感心す。

今や呑んだくれ爺を彼が頼ってきてくれんのも
和寒のH爺ちゃんの縁とはいえ、今オレが
タイにいる意味の1つなんかなと思ったりする。


ま、一応オレは彼の身元引受人だからね

因みに、オレが帰国中や放浪中で連絡がつかん時は
寅次郎のN大将を頼りんしゃい。彼はオレがタイで
唯一頼れる人間であり、一応身元引受人だからね。
遠くの親戚より近くの友”って彼も言うからね。

N大将そんときは宜しくお願いしますわ


asia_jiyujin at 22:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

May 04, 2018

第3286回「原因は血栓だった」

3時間も呑んじゃった



「どうも〜お疲れさまです」
今日も土砂降りの雨降ったねぇ

佐呂間のS氏が帰国された翌日から雨が続く。
例年であれば5月中旬までは猛暑が続くのに
まだ雨季には早いけど涼しくて過ごしやすい。

「団体さんの宴会が1時間早くなってさ」
それってタイ赴任の歓迎会

乾杯早々にN大将が疲れた顔で今日の話題。
4月は日本からの赴任者が集中する月である。

「ゴルフの団体さんですよ」

訊けば雨でゴルフコンペがキャンセルになり
寅次郎の60人の宴会の開催時間が1時間
早くなって天手古舞いしたらしい。

「もう雨季に入ったんかな」
いや〜まだ早いでしょ

最近のブログの写真だけ見ると、毎晩のように
N大将と呑んでると勘違いされるかもしれんけど、
実際には週一の割合で彼から連絡が来て呑んでる。

仕事を終えてからだから午前1時過ぎになる
ことが多い。「そんな時間から呑むの
と思われるかもしれんけど、オイラとしては
2回目か3回目の晩酌の時間だったりする。
この夜は1時からの4時まで呑んじゃった。

「食べられるようになって良かったよね」
おかげで体重が増えたよ

1月に胆嚢全摘手術を受けてからしばらく酒を
我慢してたけど退院してから1ヶ月後には
日本からのアテンド客で呑む機会も増え、その後は
量も増えて今では手術前の深酒に戻っちまった。

「藤岡さん 体調はいいんかい」
あの薬呑んでから痛みがピタッとなくなったよ
「良かったじゃない」

N大将と呑む


N大将は以前から飛行機に乗る度に、数日後に
足の裏が痛くなることに悩んでいた。最近は日本や
シンガポールも多かったし毎月チェンマイも飛んでる。

病院に行っても痛み止めをくれるだけなので
心配になってネットで調べたら、深部静脈血栓症
ではないかと。平たく言うとエコノミー症候群だ。

最近ではロングフライト症候群と呼ばれるらしく、
長時間同じ姿勢で座っていると気圧の低い
機内で体内に血栓ができる症状。

これまで飛行機に乗った後で悩んでいた足裏の痛みの
原因が血管内にできた血栓の痛みではないかと近所の
行きつけの薬局で相談したら抗血栓薬を処方してもらい、
その薬を2,3日呑んだら痛みが消えたそうな。

オレも4年前に免疫力が落ちて感染症になった
ときに相談した日本語の話せる北海道薬科大学卒の
タイ人薬剤師さんだ。在泰日本人には強い味方です。

N大将 その薬2,3日分くれんかな

血栓のお薬


今までN大将からのノニジュースやヤダム師から
頂いた漢方酒を呑み続けていても、膝から下の
チクチク病の痛みは一向に治まらなかった。
原因が判らずにモヤモヤしながら諦めていた。

やっぱりオレも血栓症だったんだな

試しにN大将からもらった薬を飲んだら3日目
から痛みがなくなったのだ。N大将曰くは、
大きな外科手術をした場合、一時的に切った
カ所が血を固めるようと血栓ができやすいそうだ。

S病院のドクターは玉子の白味を食べろって

ドクターよりN大将の方がなんぼか頼りになる。
いやはや、10日分で150Bの薬で治るんだったら
今までS病院の通院の診療費は何だったんだ。

ま、切ったり縫ったりするのは得意なタイの
ドクターも術後の食事の栄養学も詳しくないし、
手術した後の足のむくみやチクチク病の関係性も
そんなに詳しくないのが現状だったりするのね。
ただ、未だに足のほてりが治ってないのが悩みだ。



くっはぁ〜やっぱ精米したてはうめぇなぁ〜

昨年からN大将には助けられてばかりである。
正月のお節料理から入院中の出前。術後には体調を
心配してくれてノニジュースを買って来てくれた。

2本目のノニジュース


島根大学の学生たちが来た時は、まかない飯で
鰻重もご馳走になった。あん時は幸せだったなぁ。

地球が滅亡する前に食べたい鰻重


先日は精米したばかりの北海道米を頂いたので
早速炊いて食べたら、これがなまら美味かった。
以前までは訪タイ者に”ゆめぴりか”を頼んでたけど。

誠屋で精米やってんならこれからはこれだな

精米したばかりの北海道米


で、N大将からもらったカップ麺も賞味期限が
迫ってるから酒の肴になるように調理して食べてる。
白米が旨いと如何に美味い肴を作るかを
考えるのが日々の楽しみになった。

N大将から差し入れのカップ麺


最近は“肉じゃが“ではなくNHKの料理番組で
やってた”肉塩じゃがバター“にはまっている。
これが簡単なレピシで2日は持つ酒のアテなのだ。

利尻昆布で煮物料理


事前に利尻昆布で出汁を取っておいた水に
食べやすい大きさに切った豚肉とジャガイモと
玉葱を鍋に入れて火を付けて沸騰するのを待つ。

水から湧かすのがコツだ

自炊で肉塩じゃがバター


で、塩と酒(酒はもったいないからみりん)を
入れて煮立ってから灰汁を取って最後にバター。

これがさコクがあってなんまら美味いんさ

極旨肉塩じゃがバター


ホクホクの芋に塩辛をかけたらなまらうまいっしょ

極旨塩辛じゃが


伊藤家の塩辛じゃがもうまいんだなぁ

これがなんまら旨い


んで、ついつい呑みすぎて翌朝酒席跡を見たら
寅次郎の店から頂いたグラスにひびが入っていた。
何をどうやって呑んだらこんな割れ方すんのやろ。

あぁ・・・またやってもうた大将ゴメン

また割ったちゃった


asia_jiyujin at 16:59|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう