February 2019

February 17, 2019

第3423回「記憶の曖昧な一日」

中国人街で有名な



2月8日】 バンコク

う〜ん何食べたっけ

昨夜何食べたかも思い出せないのに、
1週間も前の記憶はかなり曖昧である。

実は今回のI君は有給休暇での父子旅
なんだけど会社にはタイに行くことは
内緒しているので顔出しNGなのね。

然るに記憶を辿るべく写メを確認しても
父子を撮ってないからはたして
オレは何処を案内したのか・・・。



東京の彼の家で呑んで以来11年ぶりの
再会につい歓喜して呑みすぎた結果が泥酔。
いつまで経っても学習能力のないオレである。

確か息子のサンダルを買いにランチを
兼ねてBTSに乗ってMBKに行った。
それは覚えている。

で、I君親子はフードコートで
食べられそうなタイ料理を選んで食べた。
オレは持参した水割りをチビチビ。
と、記憶はここまでしかない。

携帯にはトゥクトゥクが写ってた

念願のトゥクトゥク


たぶん息子がトゥクトゥクに乗ってみたいと
言うので交渉して中国人街に行ったんだと思う。

何処のお寺なのか仏陀の写メだ

何処かの中国寺の


で、その日の最後にはソイ38の屋台村が
写っていたからそこで夕食を食べたんだろうな。

今としてはその日の後の記憶は全くない

ソイ38の屋台村


写メがあれば何となく行動は覚えているけど
さすがにオイラの海馬のメモリーだと限界だ。

さりとて3日前に食べた晩飯はお土産で頂いた
凡の風”の極旨塩ラーメンである。
そう、写メさえ撮っておけば記憶は戻る。

う〜んなまらスープも麺もうまいしょ

極旨凡の風の塩ラーメン




さて、今日の夕方から1週間ぶっ通しで
利尻島ゴルフ組のアテンドが始まり、それが
終わったら出雲の国から大学生15名が訪タイ。

愛知の知多からも友人が来るので9日以降の
ブログはいずれヒマになったらアップします。

はぁ〜今月はなまら訪タイ者が続くべよ



asia_jiyujin at 03:39|PermalinkComments(2) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

February 16, 2019

第3422回「海と酒と再び泥酔」

海をバックに



2月7日】 シラチャ・バーンセーン

「おぉ〜静かなとこだな」
シラチャは初めてなんすか 

静かな海


バンコク近郊の観光地は大概のとこは
行ってるS氏が初めてとは意外だった。

一昔前までは、リゾートと言えば東洋の
リビエラと言われたパタヤが定番だったけど、
アテンドする立場としては勧めたくない。

今のパタヤは好きじゃないよ

ローイ島の先端


然るに昨今のパタヤはロシアンマフィアや
地元のイカれたタイ人のヤク中どもが
暗躍する猥雑な犯罪観光地のイメージ。

ましてや春節の時期に行ったら大型バスで
大挙して来る中国人観光客の団体に辟易する。
シラチャはそんな団体客も来ないし静かでいい。

シラチャは日本人の現地駐在員も増えたよ

穏やかな海を見てシーフードを堪能するなら
外国人用の理不尽な高い料金が設定された
観光地のレストランより、新鮮な地場の魚介類を
ローカル料金で食べられる店の方がいいっしょ。

昨年11月以来のシラチャのローイ島だけど、
今は橋も完成して車で通行できた。シンガポール
赴任中だったA嬢とこの島から船に乗って
シーチャン島に行ったのは3年前だったかな。

ここから船に乗ってシーチャン島


春節らしく中国寺には白装束を着た信者たちが
お経のようなもんを大声で唱えている。その
近くで地元の若者が釣りを楽しんでいた。

白装束の信者の合唱




ランチは風が気持ち良いこの店でいいかい

隣はコンドミニアム


「おぉ〜静かで良い雰囲気の店だべ」

ランチはシーフード


この店を訪れたのは3度目になるけど
海辺のレストランとしては比較的良心的な
料金で新鮮なシーフードが堪能出来る。

3度目の来店


オイラはひたすら持参した水割りを堪能。

ハンモックで昼寝ですか
「おぉ〜気持ちいいべや」

食後はハンモックで昼寝




食後は砂浜に行きたいと言うリクエストに
応えて車でバーンセーンのビーチに移動した。

「おぉ〜ここも静かでいいとこだな」
昔ここでジンギスカン食べたでしょ
「そうだったか」

バンセーンのビーチ


もう10年以上前になるけどこのビーチに
S氏と一緒に携帯用のガスコンロを持参
してジンギスカン鍋をやったけど
本人はまったく覚えてなかった。

あん時は風が強くて肉が焼けなかったよね

ビーチチェアーは30B


その時S氏が買った携帯用ガスコンロは
現在オレの部屋にて料理で活躍している。

「おめぇこんなの食ったらあたるぞ」
大丈夫だよ
「牡蠣は温度が上がったら毒素が出んだぞ」

牡蠣とソムタム


牡蠣大好きのガイドのTちゃんと
運転手のタイ人と亜鉛不足気味の
オレで貪るように地元の牡蠣を食った。

「大丈夫か 食中毒になったら病院だぞ」
マイペンラーイ

地元の牡蠣を食らう


2年前にバンコク滞在中に食中毒で
病院に搬送されたS氏が心配そうに見る。



バンコクに戻ってからそのままスクンビット
26にある“湯の森”の温泉に案内した。

「1人450Bだったか」
カードなら割引になるよ

JCBカードで支払えば15%割引に
なるけど、なんと65歳以上は半額とな。
全員からパスポートを預かり支払い完了。

ほなごゆっくり

温泉から出て来るまでしばしソファで小休止。
今日の夕方にオイラのAPTにチェックイン
するI君親子の心配をするも未だ連絡なし。



はーいおつかれぇ乾杯

カツ丼が美味いんでないかい


S氏はみんなをエカマイのゲートウェイの
食べ放題の回転“しゃぶし”に連れて行きた
かったかようだけど、さほどお腹も空いて
ないし、誰かが「カツ丼食いたいな」の一言で
近くの日本町にある“寅次郎”にご案内。

晩餐は寅次郎26で


「なんだ また牡蠣食うんかよ」
亜鉛不足なのあれそういえば
 あの牡蠣食べても食中毒なってないよ


夜も牡蠣を食らう


おぉうっめぇ久しぶりの鰻丼じゃ

久しぶりの鰻丼




食後はタクシーでAPTに戻り、すでに
自力でチェックインしてたI君と11年
ぶりに再会を果たしハグをする。

Iちゃ〜ん久しぶりだねぇ

20年ぶりの訪タイは10歳の長男を
伴っての父子旅。彼の部屋でビールと
ウイスキーで乾杯するも、すでに酩酊気味
だったオレは途中からまったく記憶が無い。

あぁまたやってもうた

I君に確かめたら途中からかなり
眠たそうだったので酩酊してるオレを担いで
8階の部屋まで送ってくれたそうな。

部屋に送ってくれてなきゃまた廊下で寝てたな

彼が泊まっている5階からオレの部屋が
ある8階までだが、今回は同階にはS氏を
含めて3人が泊まってるから、また廊下で
寝てたら誰かが起こしてくれたでしょ。

はぁ〜寝不足に酩酊に記憶障害・・・自己嫌悪


asia_jiyujin at 21:09|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

February 15, 2019

第3421回「愉楽日々の始まり」

道東の皆様と



ふぅ〜疲れたぁ何とか終わったぜ

毎日呑んだくれながら気ままにボーっと
過ごしていたら、節分が過ぎた途端に
何やらにわかに慌ただしくなった。

中国系でもないのに春節(中国旧正月)が
始まった翌日から北海道や東京の
友人たちが立て続けタイにやって来た。

昔から商売人はニッパチ(二八)月はヒマに
なると言ってたけど、オイラにとっては今月は
まさに目が回るほどの多忙な月になる。



2月6日

初陣は北海道の道東のS氏の5人。タイ東北部
ノンカイで中学生の家でホームスティを体験。

蓮の池を探訪す


ノンカイのどこかの丘


オイラも昨年暮れにお世話になったR先生や
ビール大好きN先生が現地の観光地を案内。

ビール先生もいる


どこかの中学校で


それからタイ北部チェンマイに移動しさらに
チェンライから橋で越境して隣国のミャンマーの
タチレクを旅してから夕方バンコクに到着した。

国境の橋


メーサイの町


頬にタナカを塗ったビルマ人と


タチレクのパゴダ


タチレクのお寺


旅先からLINEで写メが送られてくる度に
高齢者軍団の元気さに驚かされた。
で、オイラのAPTに5部屋チェックイン。



「いやぁ つかれたべぇ〜」

初日はどんたくで


晩飯は徒歩で“どんたく”に移動した。
久しぶりの和食に冷えたビールで乾杯される
皆様方。昭和生まれの元気さに圧倒される。

「明日一緒にパタヤに行かないかい」
えぇ〜春節にパタヤっすか

春節にパタヤに行きたいと申されるS氏。
こんな時期に行ったら中国人観光客ばかりで
辟易するのは確実。近場のシラチャを勧めた。

あっ明日はI君が来んだよなぁ

7日に12年ぶりに東京のI君親子。
9日には4ヶ月ぶりにお騒がせ娘の
A嬢が同僚2人を連れてやってくる。

愉しい日々になりそうだけどオイラの
体は一個。よ〜し久々に伊賀忍法
分身の術でも使ってみるべか。

使えるか〜いま、なんとかなるべ



asia_jiyujin at 21:49|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

February 14, 2019

第3420回「北海道なら凍死だ」

鹿児島から戻ってきて2月3日の呑会


「北海道なら凍死してるぞ」

寅次郎のN大将と2月に入ってから
最初の日曜恒例の夜会の席だった。

ホントそうだよなぁ

先日の泥酔して自分の部屋に辿り着き
ながらもカギを開ける寸前にドア前の
廊下でオチて寝てしまった話をした。

「北海道で凍死した人いたじゃない」
え〜マジかよ

今夜はオチないぞ


先日豪雪の北海道岩見沢
(確か)で帰宅した男が家の前でカギを
握ったまま凍死していたんだそうな。

雪山や水難などので低温の環境に
さらされる寒冷暴露によって起こる偶発性
低体温症による死だが北国ならあり得る。

低体温症になって徐々に気持ちよくなって
意識が無くなりやがてあの世に逝くとか。
まぁ、それはそれでオレらしい幸せそうな
人生の最後だけど、身内には申し訳ない。

やっべぇ〜南国でよかったなぁ

とは言え、最近はすっかり酒が弱く
なっちまって情けねぇ。酩酊なり泥酔なり
記憶がなくなるのが一番タチが悪い。

今週は北海道と東京から3組が
訪タイするから泥酔して迷惑をかけん
ように大人らしい呑み方をせんとな。
ま、節分過ぎれば運勢も変んだろ。

しかし結果はそうはならなかった・・・


asia_jiyujin at 17:09|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

February 06, 2019

第3419回「この男泥酔につき」

ワット・マハタート


ふぅ〜何とか無事に終わったぁ

怒濤の4日間のアテンドが無事に終わった。
今回はご本人達のご意向で顔出NGなので
写真にて旅のあらましをご説明しましょう。

初日】 

到着したその日の夕食は宿泊ホテル近くの
庶民的なタイ料理屋でエスニックを満喫。

ニッコーホテル


食後はルールトップバーでバンコクの夜景を
見るもPM2.5の影響で地平線が見えんかった。

この大気汚染マジでヤバイな

ルーフトップバーにて


お土産のグレンモーレンに歓喜する。

グレンモーレン


他にも”凡の風”の塩ラーメンや酒のアテの
魚乾類に低血糖症予防の大量のチョコも。

歓喜のお土産




2日目】  

バンコク旅行初心者向け定番コースで
世界遺産アユタヤ遺跡や日本人村を観光。

ワット・マハタートにて


日本人村はもう何百回もご案内してたけど
平日の開門時間が9時半からと初めて知った。

涅槃仏


ワット・ヤイ・チャイ・モンコン


ランチはローカルのタイ料理に舌鼓を打つ。

ランチもタイ料理


フカヒレのディナーの後にタイの名物
とも言えるエンターテーメントショーの
妖艶なカリプソショーを鑑賞。

カリプソショー


妖艶なショー


2ステージ目なのに会場は満席だぜ

第2ステージも満席




3日目】 

中国の春節間近のチャイナタウンを探索。

春節間近のチャイナタウン


ディナーはトンクルアンで世界三大スープの
トムヤムクンや蟹カレー玉子炒を味わう。

ヌアプーポンカリー


食後はホテルに戻ってから部屋呑みするも
その後の記憶が完全にブラックアウト。

世界三大スープ




最終日】 

MBKに行った後でトンローの新嘉坡飯店で
福建麺と空心菜とカオマンガイのランチ。
食後はエンポリアムデパートとフジスーパーで
お土産のショッピングタイム。

その後ホテルに戻り、皆様が荷物の
パッキングに苦戦してる間、オイラは
プールサイドでチビチビ呑んで読書に耽る。

ディナーはMKゴールドに予約してたのだが、
ブッキングボードのオレの名前のKAがない。
電話で予約するとこんな事は日常茶飯事だ。

予約ボードのオレの名前のKAがない


因みに前日のトンクルアンはシブオカ様に
なっていた。在泰24年目ながら未だに
タイ語が上手くならずしばしば難儀する。

空港まで送って皆様を見送り無事アテンド
終了せり。今回も病気も怪我も事故もなく、
犯罪に巻き込まれることもなく無事に帰国。

空港に見送り




ところで、例によってアルコール依存症の
オイラは連日皆様が極旨フカヒレスープや
アワビ雑炊やタイ料理に舌鼓を打ってる間、
料理には手をつけずひたすら呑んでいた。

まぁタイ料理が苦手なこともあんだけどね

で、3日目の夜に友人の1人とホテルの
近くの居酒屋でもずく酢やアサリのバター
炒めを肴に呑んでから帰宅したのだが、
目覚めたら部屋のドアの前の廊下だった。

おいおい大丈夫かよオレ

何で部屋に入ってからオチなかったんだ。
さすがにこの時ばかりはなんまら焦った。
財布や貴重品を確認したが大丈夫だった。

まぁ、この日は昼からウイスキーに
バーボンにワインに日本酒に
最後にはハイボールだもんな。

飯も食わず呑んだくれたら泥酔するわな

夜中に友人と居酒屋に行って呑んだことも
まったく記憶にない。きっと同階の人が廊下で
寝てたオレを見ても”こいつ酔寝してるよ”と
関わり持たずに見ぬ振りしてたんだろな。

あぁ恥ずかしい・・・今頃噂になってんな




asia_jiyujin at 17:19|PermalinkComments(2) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

February 05, 2019

第3418回「奇妙な名前の暗示」

おぉ〜BMWじゃん



Nちゃんえぇ車乗ってんじゃん

17〜8年ほど前に大阪の友人から頼まれて
所持金7万円を手に握りしめて訪タイした
N氏をオイラの部屋に泊めて仕事を紹介した。

その後彼は幾つかの仕事を転職しながら
類い希な才能を活かして、今は会社を
2つも経営する成功者になっていた。

で、いつの間にかタイ人と結婚していて
しかもタイでは1000万円以上はする
高級車BMWを乗っていたのには驚いた。

Nちゃん トンロー駅まで送ってよ

N氏


さらには最近30年ローンでバンコク
郊外に一軒家を購入したと言うではないか。
凄いよなぁ。あの日7万円しか持って
なかったN氏が車に嫁に家ですぞ。

オレは20年以上もタイにいながら
未だに安アパート暮らしだし
どころかバイクすら持ってない。

まぁ、オレも昔は日本では結婚して25年
ローンの一軒家に住んでBMWに乗ってた
時代もあったけど離婚してタイに移住して
からは面倒な資産は持たん主義になったのね。

BMW・・・だよな

乗っけてもらうオレ


1月23日に札幌のM田氏と会った。
24日にはN大将とW田氏と会食した。
で、その翌日の25日に2〜3年ぶりに
偶然車から手を振るN田氏と会った。

何の偶然なのか3日間続けて名前の
最後が“”の人ばかりに会ったのだ。
BangkokでM田氏と田氏に会った
翌日にBMWに乗ったN田氏と再会した。

これって何の暗示じゃろ

タイ人ならすぐに宝くじ買うのに
車のナンバーを訊くんだろうな。

あれから10日が経ったけど“”や
BMWに纏わることは何も起きてない。


asia_jiyujin at 01:59|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう