August 2019

August 31, 2019

第3535回「愉楽の再会ランチ」

Y家の前で



8月31日

うっわぁ〜オレも食いでぇ〜

この日はオイラも今夏にゴチになった札幌の
Y家でのジンギスカンの昼食会だった。

「M(甥)の家族とYさんやSさんを誘って
ジンギスカンやるから藤岡さんもおいで」
飛んで行きてぇけどさ・・・

オレも誘われたけど、さすがにバンコクに
戻って来たばかりだし長時間の移動は辛い。
それに今はリハビリに専念してるしね。

婆っちゃんが作る和寒のカネコの
 ジンギスカンはなまらうまいっしょ


オレもジンギスカン食いてぇ


現在バンコクのA大学に通っているY君の
実家の母ちゃんが、みんなを自宅に誘って
楽しそうな昼食会の写メを送ってくれた。

MとYさんも懐かしかっただろなぁ

たぶん7,8年ぶりの再会


当時高校生だった和寒のH家の孫のM君が
7,8年前にメコン基金のスタディーツアー
に参加した時にY氏と仲良くなっていた。

M君は高校を卒業してから地元で就職した
後に良縁があって道北の天塩町の(確か)
お寺の娘さんのTちゃんと結婚した。

とにかくなまら明るくて元気な嫁だべさ

凪ちゃん抱くY氏


1人目の寿乃ちゃん”は2年前に帰国した
時に巡礼の旅の和寒のH家で会ったときに
抱かしてもらった。男だらけのH家の孫だっただけに
女子の誕生に思わず「嫁でかしたぞ」と褒めた。

2人目の凪ちゃん”が生まれたのを
知ったのは最近になってからだけど、
少子高齢化の昨今だけに子宝に恵まれて
天国のH爺さまもさぞや喜んでんだろな。

みんな楽しそうやなぁ・・・

寿乃がおっきくなってるぞ


ま、S氏も楽しそうだしY氏も久しぶりに
M君と再会できて募る話もあったようだ。

何でも近年中に一緒にタイ旅行を計画してた
らしいけど、オレは歓迎だけどM君とT嫁さんが
2人の子供を抱いて訪タイしたら・・・。

何はともあれ世代を超えた楽しい昼食会を
開いてくれたY母ちゃんに感謝ですな。

オレも来年の夏は腰を治して行くからねぇ


asia_jiyujin at 16:29|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 26, 2019

第3534回「リハビリに専念す」

靱帯が肥厚



8月26日】 

「順調ですよ」
でもまだ尻と左足が痺れるんです

8月26日X線


前回のレントゲン写真と見比べながら順調に
骨とチタンボルトが接合してるというC医師。

「手術してからまだ4ヶ月ですからね」
もう4ヶ月ですよ・・・

8月26日レントゲン


もう4ヶ月も経つのに未だにケツからももに
かけての痺れがとれん。おまけに身体の傾き
加減によっては左側の手足にも痺れが走る。

帰国して札幌に滞在してた時は治療を兼ねて
ミストサウナや水素風呂に浸かって腰を
含めてひたすら腰の筋肉を揉みほぐしたし、
実家に滞在してたときも銭湯で温浴治療した。

北海道ではそんなに痺れはなかったんだけどな

腰部脊柱管狭窄症とは


W氏の友人の姉が同じ腰部脊柱管狭窄症で
手術することになったけどリハビリを
兼ねて退院までは1ヶ月間かかると聞いた。
たぶん9月上旬には退院してんだろうな。

5月7日に手術を受けた後も6月末の
帰国までずっと訪タイ客が続いてたので、
あえて病院でのリハビリを望まなかった。

あん時はすぐに歩けると思ったのになぁ

このまま治療を兼ねたリハビリでも
やらんと、将来歩行困難な取り返しの
つかん身体になると思った。

「では今日からリハビリをやりましょう」

リハビリ治療開始


と言うことでその日から早々に音波治療
(たぶん低周波治療)と医療マッサージと
ホットパック、加えて腰と腹筋を鍛える
エクササイズのようなリハビリが始まった。

8月26日血圧


8月26日59.6


かくして2時間以上もかかるリハビリを
週3回通院してやることになったけど、
はたして痺れが緩和されるんだろうか。

にしても情けねぇポンコツ身体じゃのぉ



8月28日

あれれまっすぐ歩けん

8月28日血圧


2日前の再診でドクターからそれまで
外出時に装着してたコルセットを外す
許可が下りてからの通院なのだが。

未だに前後左右のバランスがとれずに
ヨチヨチ歩きの赤ちゃんか、酩酊した
ときの千鳥足状態になるのだ。

うへぇ〜体重が59.1圓よ

8月28日59.1


血圧と脈拍と体温と体重を計るも
衣服を着用してるから58埖罎世福

8月28日リハビリ台


午前11時30分 痛みと痺れる患部に
低周波治療と医療マッサージ。それが
終わると最後はホットパックで2時間。

ふゃぁ〜もう13時じゃん



8月30日

今日も59.1圓

8月30日59.1


いつも通りリハビリ前には必ず血圧と
脈拍と体温と計るも体重は前回と同じだった。

8月30日血圧


午前10時30分から低周波治療と医療
マッサージが始まり最後は患部に20分
のホットパックで12時前に終了した。

まだ痺れるなぁこりゃあ先は長いぞ

8月30日低周波治療


はたしてこのリハビリは正解なんかな。
何はともあれ通院するようになってから
早起きして規則正しい生活になった。

相変わらず酒は呑んでるけどね



asia_jiyujin at 22:29|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 24, 2019

第3533回「土産の美酒に酔う」

わっぜぇうまか



8月24日】 バンコク 

お〜これは癖がなくてうまか

毎週日曜深夜の“極楽”での定例会も昨今の
諸事情により土曜の夜に呑むことになった。

これもご時世なんかね

今まで日曜は午前4時まで営業してたから
0時には店を閉めて仕事を終えたN大将と
ゆっくり呑めたけど、最近になって日曜から
木曜までは深夜2時に閉店するようになった。

2時じゃ落ち着いてゆっくり呑めんとね

金土曜は今まで通り4時まで営業するけど
土曜なら店を閉めてからN大将が来るのは
深夜1時過ぎになる。それでも3時間は
呑めるけど3時にはお開きになって帰宅。

これK先生からお土産で貰ったんだ
「おぉー鹿児島の有名な焼酎じゃない」
ほんじゃおやっとさぁ

鹿児島産の石蔵


何かと多忙なN大将と比べて、来月までは
アテンドがないオイラは翌日を気にせんで
気軽に呑んだくれることが出来る。

お〜これは癖がなくてわっぜうまか
「まだ腰の痛みはとれないんかい」
そうなんよいまだにケツが痺れる

K先生ゴチになりま〜す


来週の月曜日には再診してレントゲン検査する
から術後の経過が判るだろう。まだ手術して
3ヶ月半だから完治にはまだ時間が掛かるようだ。

酒呑んで酔っぱらえば痺れも気にならばい

銘酒はうまかねぇ


K先生有り難うございました。鹿児島の銘酒を
鹿児島生まれのN大将と堪能させて頂きました。

10月には鹿児島に行くんだっけな

今宵も食べ切れん料理が


因みにこの夜は記憶が無くなることもなく翌朝も
スッキリ目覚めた。やはり銘酒は違うんだなぁ。
N大将曰くはウィスキーと焼酎の度数が違う
からロックで呑んでも二日酔いにならんらしい。

「なるほど・・・でも呑みすぎたら


asia_jiyujin at 19:49|PermalinkComments(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 18, 2019

第3532回「曼谷で仏教を体験」

仏教を体験する



8月18日】 曼谷  

こっちから入るのは初めてだな

ラマ樟い気泙砲覆辰討ら何かと厳しく
なったのか、はたまた爆発的に増え続ける
外国人観光客の対策なのか、王宮周辺では
車の乗降が出来なくなりチャオプラヤ川を
渡って暁の寺院の裏道側から入った。

今日は4人だけなんですね

昨夜まで一緒に呑んだくれた豪快で愉快な
I先生たちが帰国された。妙に親近感が
沸いたばかりだったのでちょっと寂しい。

類は友を呼ぶからねぇ・・・

で、本日は初訪タイされたS先生たちの
ためにバンコク定番の三大寺院をご案内。
炎天下だけに熱中症に気をつけんとね。

「お〜高いなぁ」
てっぺんまでは81.85mあります

ワット・アルン


K先生は下で待ってて下さいね

ワット・アルンをバックに


K氏をガイドのPちゃんに任せてから
初めて来たS先生たちを伴って王宮と
エメラルド寺院が見渡せる場所まで上った。

お〜王宮だ


川の向こうが王宮ですよ

川の対岸に王宮が見える


「お〜良い眺めだね」

昨日から合流したS先生達


寺院の周りをグルッと歩いて回ってから
お堂に入りタイの仏教を体験してもらう。

住職の前に座ってワイをして下さい

一同正座をして僧侶の前に座ったところで
念の入った聖水を掛けて頂き、厄払いを
兼ねて旅の安全や家内安全と無病息災を願う。

「ナモタサ パカワト アラハト サンマサ プタサ・・・」

聖水を


常に礼節を忘れず感謝の念を・・・

う〜んどれどれ


「う〜んどれどれあなたは金運に恵・・・」

アモタサ パカワト・・・


今日はずいぶん丁寧だなぁ

いつもの僧侶だとしたことがない儀式を
今日の若い僧侶は日本人にも関わらず
1人1人丁寧にやってくれた。

おまけに手相まで占ってくれたんだけど
普段聞いたことがない専門的なタイ語が
多くて通訳に難儀した。

右手を出して掌を上にしてください

サイシンを巻いてもらう


僧侶たちが長時間祈って念を込めた白い聖糸の
サイシンを1人1人に巻いてもらう。不思議と
心が和んで穏やかな気持ちになれる。

タイで仏教を体験できましたね
「僕はもっと働けって言われたのかな」
たぶん人の役立つ存在になれってことでしょ

このクメール式仏塔の横にある本堂の
ご本尊台座にはラマ2世が眠っている。



「お〜これはすごいな」

涅槃仏


渡し船でチャオプラヤ川を渡り2つ目の
巨大な涅槃仏が横たわるワット・ポーにご案内。

前回訪れたときに入寺拝観料が100Bから
倍の200Bに上がっていたのには驚いた。
20年前は50Bだったことを思えば人件費も
含めて時代と共にあまねく物価が上がるのね。

長さ44m高さが16mです

ワット・ポー


16世紀に建立された涅槃寺はタイ最古の
寺院で初めて大学が置かれた寺院でもある。
本草学、兵法、天文学、歴史など医術の
伝統的なタイ古式マッサージの発祥地だ。



わっちゃぁ〜相変わらずの凄い観光客だな

ワット・プラケオ


最後に訪れた寺院は本堂に輝くヒスイの
仏像が祭られているエメラルド寺院と王宮。

最近では増え続ける外国人観光客のために
と言うよりはマナーを守らん中国人対策の
ためなのか出入口の順路が変わっていた。

以前のように出入口が同じ門なら時間帯に
よっては当然混雑するわけだし、特に団体客が多い
午前中はさながら出勤時の満員電車状態だ。

ホントに観光客が増えたよなぁ

因みに入口の際の衣服の厳格化になり女子に
限らず男子も短パンはNG。サンダルはOK。

この20数年で数え切れんほど三大寺院を
案内してるだけに数年前に250Bから一気に
500Bになった拝観料のこの寺院と王宮は
タイ人は無料のガイドのPちゃんに任せて
オイラは出口の日陰で待つことにした。

それにしても中国系の観光客が多いよなぁ

王宮側が出口


待機所で待ってると語尾が上がってやたらと
やかましく聞こえるマンダリンとそうでない
カンタニースの違いが分かるだけに、いかに
本土の中国系の観光客が多いのが分かる。

彼らは現地のタイ人の旅行会社を使わずに
自ら創業した旅行会社で本国でツアー料金を
払ういわゆるゼロドルツアーの観光客。

バックマージンが入る中国系の土産店や
キックバックがもらえるレストランで食事
をさせる。つまりタイの観光会社にはお金が
落ちんゼロドルツアーが問題になっていた。

1昨年から政府はこのゼロドルツアーを
主催する旅行業者の営業を取り止めた。
それでも毎年増え続ける中国人観光客は
迷惑でもあっても貴重な財源なんでしょ。

ま、今は日本でも韓国との関係が政治的に
もめて旅行やホテルのキャンセルが続出してる
けど、外国人観光客は貴重な財源なんだろな。



「おぉ〜これがタイスキですか」
「博多の水炊きみたいな鍋だな」

初めてのタイスキだな


K氏のリクエストでランチはエアコンが
ガンガンに効いてるセントラルワールドの
MKでタイ人も大好きなタイスキを堪能。

しかも普通のMKではなくワンランク上の
MKゴールドだけに、健康を重視した厳選
されたオーガニックの食材が鍋を彩った。

ほふほふあつぅ〜
「アローイ マークカ」
やっぱ鍋は大勢で食べると美味いね

ランチはMKゴールド


オイラはいつものように持参したペットボトルに
入れたウィスキーにアイスを入れてチビチビ。
普段から野菜不足のオレには有り難い栄養だ。



辛っ〜あれぇこの前より辛いぞ

トムヤムクンにヤムーセン


添乗の世話係のS氏が先生方2人を伴って
本場のムエタイに観戦に行ったので、我々は
ガイドのPちゃんを伴って3人で夕食。

K氏が以前ブログに掲載してたエビ料理が
多彩の“クントーン”が美味しそうだから
是非行ってみたいと。

で、先日食べた辛いのが苦手なオイラでも
食べられたトムヤムクンを頼んだのだが、
今日は前回よりも辛くて舌に激痛が走った。

Pちゃん辛くしてって頼んだんか・・・

バンコク三大寺院を観光した
世界三大スープのトムヤムクンを
食べるもあまりの辛さに撃沈した。

タイ料理をなめたらアカン・・・辛っ


asia_jiyujin at 21:29|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

August 17, 2019

第3531回「今時女子の食欲は」

ホックシャークフィンでフカヒレ&アワビ雑炊



8月17日】 バンコク 

えっここは何処だ・・・

この日は土日しかやってない通称サンデー
マーケット(チャトチャック市場)に来た。

昔は日本からアジア雑貨の仕入れの客人に
頼まれてちょいちょい訪れた市場だけど、
ここ数年はずーーっと来る機会がなかった。

参ったなぁ・・・

それだけに歯科医師団を連れてワゴン車から
下りた途端に「ここは何処じゃい」と周りを
見渡したけど昔とまるで雰囲気が違っていた。

さすがにこの様変わりには吃驚だよなぁ

いつもはBTSモチット駅から下りて
サンデーマーケットの正面ゲートから
入っていただけに方向が分からん。

ここは完全に裏側だな・・・

ランドマーク的な時計台


取りあえずランドマーク的な存在の
時計台を目指すもさっぱり見あたらん。

「藤岡さん 両替したい人がいます」
えっーーー昨日両替したじゃないですか

昨日はそんな高級料理を食べたわけでも
ないのに既に所持金がないというので
取りあえず市場内にあった銀行で両替。

「じゃあ11時にここに集合」
「どっかに酒の呑めるとこあるかな」
じゃあ先生 グルッと探してみますわ

今回は日本語の話せるタイ人の
ガイドがいたので、特にオレが案内する
必要もないので放置プレー気分でいたら
早々に朝から酒が呑みたいという某先生
のために広大な市場内でBARを探した。

酒は11時からだけどどっかにあんだろ

と思いきや久しぶりに来た市場内は
すっかり様変わりしているし、しかも
腰が痛くて思うように歩けないときた。

結局、某先生は自ら探して呑んでた。
昨日のメークロン市場でも着いてすぐに
駅構内で店を探して呑んでたけど、
呑んべえは異国でも鼻が利くんだなぁ。



「おぉ〜来た来た 地元に詳しいガイドさんだ」
スリか置き引きにでもあったんか
「藤岡さん ちょっとここ教えてやってくれんか」
何だこの場違いなシチュエーションは

久しぶりの探索に疲れながらあまりの暑さで
涼を求めて地下鉄の構内で体を休めてから
約束の時間に待ち合わせの場所に行ったら
可愛いらしい女子たちを取り囲むおっちゃんたち。

「おいおい厄介な事に巻き込まんでくれよぉ

こんなスリが多いバンコクの混み合う市場で
間からナンパでもしてんのかと思いきや、
どうやら声を掛けてきたのは彼女たちからだった。

「この子たちこの店探してるんだってさ」
はぁ・・・台湾人か

一見したら親日派の小柄な台湾人かと
思ったらコテコテの東京から来たという
今時の渋谷系のカワイイ若い女子が2人。

「あの〜この店なんですけど」
ふむふむ市場の北側かな・・・

チャトチャック市場内


彼女たちが探しているというパエリアが
美味いと言う評判の店の地図をスマホの
SNSの画像を見せられたけど・・・。

こりゃあ説明すんのが難しいな

と言うより何でよりによって市場の
中にあるようなスペイン料理なんだよ。
地元人でも迷子になりそうな
甲子園球場並みの広大な市場だぞ。

「オレたちこれから地元の美味い
 カオマンガイ食べに行くんだけどさ」
「一緒に行くかい ごちそうしてあげるよ」
「カオマンガイは昨日食べたんです」
「あっそうなの・・・」

トゥクトゥクに乗って記念撮影


そもそも何でこんな可愛らしい女子が
こんな多民族で賑わってる市場の中で、
一見したら強面のおっちゃんに声を掛けたんだ。

「いやぁ〜日本の子だったよ」

声を掛けられたときは日本人とは分からずに
お互いつたない英語で会話してたら
日本人だと分かって大笑いしたらしい。

それにしてもだ・・・

取りあえず彼女たちのスマホに載ってた
パエリアが極旨という店の方角を教えて
別れた。今時の子の貪欲な食に唖然。

分からんなぁ。わざわざ東京から
金かけてやって来て何で土日しか
やってん市場の中の店でパエリアなんだ。

今時の子は理解できんわい

トムヤムクンを食べにタイとか
焼き肉食べに韓国とかならまだ分かるけさ、
パエリアなら恵比寿や目黒でも食えるだろうに。

最近はあぁいう若もんが増えたなぁ



これで自分好みにタレを作って食べて下さい

新嘉坡雛飯


市場を探索した後は、トンローにある
地元人で混み合う新嘉坡雛飯にご案内して
カオマンガイと福建麺のローカルのランチ。

「紫のカオマンガイだよ」
確かに服の色が紫だな・・・

カオマンガイを堪能


前回K氏が来たときのリクエストが有名
旅行雑誌にも掲載されていたピンクの
カオマンガイ屋だったけど、オレ的には
冷房の効いた紫服の店の方が駐車場も
あるし何より観光客がいないから気楽だった。

「今頃あの子たちパエリア食べてるかな」
それにしてもよく先生に声をかけましたよね
「確かに歯医者さんには見えないだろうなぁ」

カオマンガイに福建麺


あれから彼女らが探していた店でパエリアを
食べられたのかは定かではないけど、10月に
千歳から来られるN氏を案内しようかしら。

いややっぱりトンローのアロスだな



「このスープは濃厚でうまいですな」

今日から2人が合流


前夜に女性の歯科医師が帰国してから
今日の夕方に2人の先生が訪タイした。

今夜のディナーはホックシャークフィンで
フカヒレ&アワビ雑炊のコースを堪能。

フカヒレ誘ってたらきっと・・・

空心菜に


どうせなら今朝の女の子たちに屋台でも
食べられるカオマンガイの海南料理より
極旨フカヒレ&アワビ雑炊に誘ってたら
おそらく来たかなと言葉には出さずに妄想した。



食後は昨夜の日暮里のような場末的な
カラオケクラブじゃなく観光客で賑わう
妖艶で煌びやかなネオン輝く銀座のような
タニヤの老舗の高級クラブに案内した。

で、そうなんです例によって記憶が・・・

翌朝スマホには画像が残ってないし、朝から
呑んだくれてる酒好きの某先生に妙に親近感
が沸いてすっかり呑んだくれてしまったオレ。

今日は三大寺院巡りだぞ・・・大丈夫か



asia_jiyujin at 03:19|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

August 16, 2019

第3530回「これが観光資源か」

メークロン駅で記念撮影



8月16日】 サムットサコーン   バンコク 

うっひゃ〜すっげぇ人の数だな

どっから沸いてきたんじゃ


先月帰国して帰省した美瑛の青い池でも
日本人だけでなくアジア各国の観光客が
大勢大挙して観に来てたけど、これは・・・。

ただのローカル線じゃん

駅の構内はカフェと食堂が


よほどの鉄オタでもなければこんなキハ40系
のような普通の電車に興味なんか沸かんだろ。
なのにこの異常なほどの観光客に驚くばかりだ。

おいおいわんさか人が沸いてきたぞ

1構内にアナウンスが流れた


どこから集まったのかいつの間にか人が増えていた。
函館の北斗に新幹線が開通したような賑わいだな。

「○▲□・・・」
うっせぇなやっぱり中国人が来てらぁ

線路の上を歩いて市場を探索


今までに何度かテレビや雑誌で見た事は
あったけど、田舎では何処にでもありそうな
日用雑貨や野菜を売ってる普通の市場の風景だ。

「○×△・・・」
おまえら横入りすんなよ

日用雑貨と野菜類が売っていた


そんな店が線路脇でやっていて電車が通ると
軒先のテントのような傘を手際よくたたむ
光景が話題になって人気の観光地になってる。

何でこんなんが人気なんだかよぉわからん

メークロンステーション


バンコクからわざわざ1時間半もかけて
観に来る価値があんのかね。それでも、
電車が到着する午前11時過ぎには駅の
線路脇は観光客の異様な熱気で盛り上がってた。

「間もなく電車が到着します」
「おぉーーーーーー

2みんなスマホを構えた


駅の構内にアナウンスが流れると多民族の
観光客たちが更にヒートアップしてきた。
それを微笑みながら見てるタイの店主たち。

「危ないので線路の脇の・・・」
「おぉーーーー○▲□・・・」

3ゆっくりと電車が来たぞ


ご多忙に漏れずマナーを守らん中国人や
台湾に韓国にファラン(西洋人)がスマホ
片手に一斉に奇声を上げながら盛り上がる。

なんじゃいこの異常な盛り上がりは・・・

4一気に盛り上がってきたぞ


離れて観ていたオイラはかなり冷静に
かつ客観的にこの光景を見渡しながら、ふと
駅舎脇の金行屋の2階のベランダを見上げた。

あの上に観客席造って入場料取ったら
 さぞかし儲かんでないんかい


5ゆっくりゆっくりと


美瑛の青い池もなして未だに入場料や
駐車料金を取らんのかなぁ。

無料だから観光客が来んのかいな

6お〜


旅行雑誌で確かめたら日に4本の電車が
このメークロン駅に到着するらしい。

なしてここが観光名所なんだ


ならば儲けは4倍いや午前中だけの
観光コースだからそうはならんか。

周りのカフェや食堂は儲かってんな

7乗客が手を振る


おぉ〜乗客が手を振ってるよ

8乗客と握手


なして握手してんだ

9みんなが一体になった


おぉ〜何故かみんなが一体になったぞ

10間もなく到着


間もなく到着だな

11到着


それにしても暑ぃ〜エアコンの効いた店はないんかよ

周囲には昔ながらの市場や雑貨屋はあるけど
エアコンの効いたコンビニが一軒も見あたらん。

12すぐに傘テントが上がる


こんだけの数の観光客だ涼を兼ねて冷たい
飲み物を買う客も沢山いるだろうに。

この昔ながらのローカルさが観光資源なんかね

これぞメークロン駅で






先生 紹興酒呑みますか
「おっいいねぇ お願いします」

ランチは北京飯店


クソ暑い炎天下を散策したメークロン市場の
観光を終えてバンコク都内に戻って来た。

K氏のご希望で北京ダックを皆に食べさせさいと
前回も利用した”北京飯店”でのランチ。

「2時過ぎてるけど呑めるの」
無問題っす

この中華店は何度も利用してる顔馴染みの
山東省出身の中国人経営だけに法律を
無視して14時過ぎても酒類を呑ましてくれた。

じゃあお疲れ様でした

極旨小龍包


テーブルの上には小龍包や酸辣湯や
チンジョォロースや北京ダックなどが
次から次ぎに運ばれてきた。

「これは酸味が利いててうまいね」
「この北京ダックもいけるよ」
痛っやっぱダメだな

帰国した時に造った義歯が最初は良い具合
だったんだけどバンコクに戻ってきてから
金具が歯肉に当たって痛くて噛めんのだ。
折角だから歯科医師たちに訊いてみた。

「これは削った方がいいね」
造り直すことも出来るんですか

K歯科医師に相談


K氏は保険の関係で半年過ぎれば再度同じ
義歯が造れるという。来年帰国するまで
右奥歯がない状態で食べるしかないのか。

「地元の歯医者で削ってもらえばいいよ」
はぁ保険のきかんこの国でですか・・・

ま、左側だけで食べられない事はないけど
K氏曰くは、片方だけだと身体のバランスが
崩れて肩こりの原因にもなると助言された。

なるほど・・・そうなんですか

確かにスポーツ選手は奥歯にかなり力が入る。
ゴルフやテニスもそうだけど、最近の日ハムの
選手は全員マウスピースを装着してから
バッターボックスに入ってると聞いた。

奥歯噛みしめるようなスポーツせんからな

ま、当面は豆腐や小龍包などの軟らかいもん
食ってりゃ義歯なしでも生活できんだろ。



食後は本場のタイ古式マッサージをうけに
我が家の近くの“あんまや”にご案内した。

オレもやりたいけど医者に止められてるしな



で、ディナーはこれまたローカル色満載の
現地人で賑わうソイ38の屋台街にご案内して
良心的な低料金のタイ料理を注文。

「うん 美味いよ」
一杯70Bかよ高くなったなぁ

ディナーは38の屋台街で


25Bの時代を知ってるだけに吃驚するな。
こんな偉い先生たちをこげな冷房もない
ちんけな屋台街で食べさせてええんかい、
と躊躇したけど本人たちのご希望だった。

まぁ、折角のタイなんだから一杯250Bも
 するような日本のラーメンよりはいっか




島唄よ風に乗り〜鳥とともに〜

カラオケクラブで呑む


夜は先生方のリクエストで日暮里のような
場末のカラオケ屋にご案内した。
オイラも歌ったんかな・・・記憶にない。



カラオケ屋の後でちょっと小腹が空いたと
先生方が仰られたので、いつもの
馴染みの“極楽”にご案内した。

先生ハイボールを頼みますか
「面倒だから角瓶ボトル1本頼んでよ」
でも・・・
「残ったら持って帰って部屋で呑むから」

さすがに今夜は酔えんなぁ・・・
「は、は、は、タイは楽しい国だなぁ」
なんちゅう豪傑な人たちなんだ・・・

金に糸目をつけん歯科医師の先生たち。
って言うか酔ってるのか初めて見る
タイバーツ札が幾らか分からんようだ。

先生その赤いお札2枚ですからね

トゥクトゥクと交渉して200B


店を出てからタクシーを探していたら
夜遅いのに偶然トゥクトゥクが走って来た。
「あれに乗りたい」の一言でホテルまでの
送迎料金を交渉したら200Bとボリやがった。

タクシーでも100Bもかからん距離だろ
「へ、へ、へ旦那 深夜割り増しだよ」
「いいよいいよ 乗ってみたかったから」
アトラクションみたいなもんだしな

帰りはトゥクトゥクで帰った


いつまでたってもこの国のタクシーや
トゥクトゥクのボッタくりはなくならん。
こうやって相場が崩れていくんだろうな。
それでも日本よりははるかに安い料金だ。

無事に送ってくれればマイペンライだな
 先生気ぃつけて帰って下さいよぉ



asia_jiyujin at 11:29|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

August 15, 2019

第3529回「異色の歯科医師団」

歯科医師団のディナー



8月15日】 バンコク 

こんばんは〜どうもK先生
「藤岡さん みんなに紹介しますよ」

お盆にオイラのブログの愛読者でもある
千葉市歯科医師会会長のK氏がお友達の歯科
医師たちと添乗の世話係を伴って再訪された。

前回ゴールデンウィークにアテンドさせて
頂いたときに6月に歯科医師会会長の任期を
終えるのでそれを記に8月に数人を連れて
タイに来るのでアテンドを頼まれていた。

どうもみな様初めまして藤岡です
「は〜い 明日からよろしく頼むね」
腰を手術したんでこんなんですけど

腰に肌色のコルセットをハメながらの挨拶。
正直こんな体でまともにやれんのか不安だった。

今夜はタイ料理好きなら一度は食べに来る
プーパットポンカリーで有名なバンコクでは
老舗の“ソンブーン”の晩餐に誘われていた。

おぉ・・・こりゃあすごい面々ですな

かつて百戦錬磨のこのオレが一瞬たじろいだ。
一見しただけで異色で独特な業種の
ただならぬ雰囲気に呑まれそうになった。

おぉ・・・こりゃあ一筋縄ではいかん
 癖の強うそうな人ばかりじゃのぉ


定番のソンブーン


かつて河内弁のごっつぅキツイ親分衆や
北関東のテキ屋の親分から警察官や大学の
教授やボランティアの現役の大学生、さらに
RCにNGO団体など様々な業種の方々を
アテンドしてきたオレだけどさすがに凜となる。

こりゃあとても素面じゃおえんのぉ

ま、職の肩書きや地位は関係ない。
皆1人の人間であるマイペンライだ。

先生 台風は大丈夫だったんですか
「東京は影響なかったよ」

西日本で台風が接近してただけに東京から
飛行機が心配だったけど、無事に訪タイ。

色々と予約してたから良かったぁ〜

K氏から依頼された今回の日程は列車が
通過すると軒先の傘をたたむメークロン市場に
土日しか開業してないチャトチャック市場に
バンコク市内観光定番の三大寺院巡りである。

それと今月初めに爆弾事件があったばかりの
マハナコーンタワーのルーフトップと
タイならではの格闘技のムエタイの観戦だった。

「ムエタイはアトンドしなくていいからね」
そうなんですか

チャトチャック市場もバンコク三大寺院も
何度もアテンドしたことはあったけど
列車が通ると軒先のテントをパタパタと
下ろすメークロン市場は初めてだった。

まぁ何とかなるべぇ
「明日帰国する人がいて明後日来る人がいます」
はぁ〜何だかよく分からんですけど・・・

問題はこの腰だよ。帰国しで毎晩呑んだくれて
いたのが原因なのか未だに歩行に難があった。
初タイの方も数人いるから熱中症が心配になる。

炎天下で歩くのがしんどそうやなぁ・・・


asia_jiyujin at 20:59|PermalinkComments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

第3528回「軍曹泥酔したばい」

完全に泥酔してるでしょ




おぉ〜なんばしょっとオレは

前日の泥酔の失態の現状がようやく分かった。
前夜愉楽のひと時を過ごしたY氏からの連絡に
恥ずかしながらもかなりご機嫌の自分がいた。

嗚呼1ミリも覚えてねぇ・・・

田舎っぺでY氏ご夫婦と



Y氏からのコメント
藤岡軍曹殿、なんと、あの日の夜を
お忘れですか。悲しかとです(熊本弁)。

田舎っぺを出た時、戦意高揚の軍曹殿は
「リトル・ジョン、これからホテル行って
朝までのむぞー!」雄たけびをあげました。
衛生兵(嫁)も、「よーし行こう!」と同意。

何故このときに止めんかったんじゃい・・・



それを見ていたN大将は「軍曹もう帰った方が
いいって。BTS最終があるからそれに乗って…」
とアドバイスしてくれたものの、軍曹殿は
「いくら上官の命令でも、今宵は前線に
出たいのでありまーす」流しのタクシーを
捕まえると、私と衛生兵を押し込めホテルへ。

だからさこの時点でオレを止めんとさ・・・



かくして12時すぎからホテルの部屋で三次会
という名の戦闘が始まったのでございます。

おぉ〜なまら楽しそうな酒席だったんだ・・・



幸い、N大将からの補給物資「白岳」や、軍曹
持参の「ウイスキー」リトル・ジョンが冷蔵庫に
隠していた「ジョニ赤」やビール、炭酸水、氷が
あったのでナッツやポテトをつまみに、ちびちび。

なしてオレはこげな楽しかこと覚えてんのや・・・

白丘が



午前2時半頃。軍曹殿が少しフラつきながら
トイレに行ったと思ったら、両手いっぱいに
アメニティを抱え、匍匐前進で戻ってきながら、
こう言いました。「おーい、これちょうだい♪」

だから部屋にカミソリがあったんか・・・



5分後。軍曹殿は一気に酩酊し、何度も落ち
掛けながら「あ、やべー」と言い出したので、
衛生兵とも相談の上、後方のキャンプに
帰すことにしたのでした。

それが正解だと思います・・・

なんのポーズだ?




ふらつく軍曹殿に私、リトル・ジョンが肩を貸し、
1階まで降りました。そして午前3時頃ドアマンの
兄ちゃんにタクシーを呼んでもらい、軍曹殿を
押し込め「BTSトンロー」と大雑把な場所だけ伝え、
運ちゃんに100B握らせて見送ったのでありました。

どうりで財布の中の札が減ってなかっんだ・・・



でも、ホテルで撮った写真を見ると、
最初はしっかりしてましたよ。

そうなんです見た目は酔ってないんよ・・・



でも、翌起きたらまったくと言っていいほど
覚えてないのがオレなんですなしてかな〜。



Y氏からのメールでようやくあの日の夜の
実態が赤裸々に・・・でも、やっぱり1ミリも
思い出せんたぶん相当楽しかったんだろな。

リトル・ジョン並びに衛生兵(嫁)さま
 ご迷惑をお掛けしまして申し訳なかとです


これに懲りずに次回はきっと・・いや・同じかな。


いずれにしても至極愉しきひと時を共有させて
頂いたことは愚軍曹としては至極の幸福だったと
思います。ホント心から有り難う御座いました。

オレ・・・この先の人生大丈夫なんかな・・・


asia_jiyujin at 20:49|PermalinkComments(2) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

August 14, 2019

第3527回「呑んだら忘れるな」

嬉しき再会で乾杯



8月14日】 バンコク 

どうもYさん今回はバンコクだね

今年の5月26日に寅次郎チェンマイ支店に
2人して食材を運ぶお手伝いをした東京の
Y氏が今度は奥様を伴って訪タイした。



「Yさんがまた藤岡さんと呑みたいってさ」
また呑みすぎて記憶なくしそうだな

前日の平日だったけど1ヶ月半ぶりに
寅次郎のN大将が仕事終わりに誘って頂き
いつもの“極楽”でグラスを交わした。

「チェンマイの夜は呑んだよね」
最後は全然覚えてなかったもんなぁ
「これ日本行った時に買って来たから」
お〜ありがとう助かりますわ

低血糖症対策糖分がいっぱい


その時にY氏が再訪する事を告げられ、
日本に行った際にオイラの低血糖症防止の
為にぶどう糖などの甘味のお土産を頂いた。



どうもアル中の藤岡です
「初めまして 主人から聞いてますよ」
Yさんチェンマイでは呑んだよねぇ
「今日も記憶なくさないで下さいよ」

チェンマイ以来の乾杯


前回はひょんなことからチェンマイ旅の
珍道中だったけど楽しくも濃い時間を
過ごせたと喜んでいたY氏との再会の盃。

前回は帰国してすぐに共通の友人が
経営する焼き鶏屋の“鳥福”に行って
H氏とタイの話で盛り上がったらしい。

「これお土産です」
おぉ〜噂のインドカレーじゃん
「これは姫カツオと千葉ご当地のスィーツです」
ありがとってかやっぱり酒のアテかい

嬉しいお土産です


ブログの愛読者でもあるY氏だけに
姫カツオの酒のアテと千葉名産の
梨のブランデーのスィーツを頂いた。

おぉぉ〜久しぶりの日本の銘菓じゃん

実は後日これがやたらと役に立った。自宅で
炭水化物を食べた1時間後に冷や汗が
出てきて早期ダンピング症候群になった。すぐに
N大将のぶどう糖とスィーツを摂取して復活した。

助かりましたよぉ有り難うございました



「私エビが大好きなんです」
「もちろんトムヤムクン食べるよね」
「本場ですもの」
ここのは辛くなくてオレでも食べれたよ

クントーン


クントーン”(黄金のエビ)という
店名だけあってメニューには他店にはない
ような多種多彩のエビの料理が載っていた。

うわぁ〜全部エビ料理づくしかい

トムヤムクンに生エビ刺身


N大将が大好きだと言う奥様に代わって
「これでもか」と注文したエビ料理が
次から次ぎにテーブルに運ばれてきた。

おぉクンパオにヤムーセンに刺身に・・・

今夜はエビ料理づくし


オイラは持参したペットボトルに入れた
ウイスキーを炭酸で割ってくぃくいっと。
徐々に焼いたエビのように顔が赤く・・・。

今日は呑みすぎないようにせんとな

エビ料理がなまら美味しい




じゃあかんぱ〜い

田舎っぺでY氏ご夫婦と


仕事もあるだけに一次会で解散すると思ったら
N大将がタクシーを降りてから近くにあった
居酒屋“田舎っぺ”に入って二次会と相成った。

この流れ・・・絶対やばいよなぁ・・・

案の定ここから後のことはまったく覚えてない。
起きたら部屋の机の上に見慣れん
ホテルのアメニティが置いてあった。

なしてこんなもんがあんの・・・

何故かY氏夫婦が宿泊していたグランド
センターポイントのカミソリの袋があった。

もしかしてあれからホテルに行ったんか・・・

グランドセンターポインtp


Y氏がLINEをやってなかったのでN大将に
LINEで確認したら“田舎っぺ”を出てから
タクシーに乗って一緒にホテルに行ったそうな。

やっぱりその流れになったんか・・・

スマホの写メには画像がなかったので
記憶がまったく蘇えらなかったのだ。
やばいなぁまさか暴れて暴言なんて・・・。

Yさんもしホテルでご迷惑をかけてたら
 酔ってたとはいえホント申し訳ないっす


この後に記憶が消えた




それにしても不思議だな。いくら酩酊してたと
してもだ、断片的には少しくらい覚えていても
いいもんだが、なして記憶がないんじゃい。

呑んでも忘れたらいかんばい

そう言えば今年の4月5日にバンコクに来た
A子とM君夫婦も、Y氏夫婦と同じグラント
センターポイントに泊まった。で、例によって部屋で
呑んだんだけど1ミリも覚えてなかったのだ。

あのホテル何かあんのかな・・・いや呑む相手か

それにしても毎回翌にはブラックアウト
してんのに帰省本能だけはあるようで、ちゃんと
タクシーに乗って帰宅してんのが不思議だよな。

危機管理の意識だけは酩酊してんのやね

asia_jiyujin at 21:09|PermalinkComments(2) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

August 09, 2019

第3526回「現実の世界に戻る」

相変わらずの大渋滞



8月9日】 バンコク 

なんだなんだまた爆弾事件かよ

バンコクに戻った早々に都内の彼方此方で
連続爆発事件が発生してた。ったく、政権が
民政化になっても相も変わらず物騒な国だよなぁ。

在泰日本大使館】より
8月2日(金)朝9時前後,首都バンコクの
4カ所において連続爆発放火事件が発生。
場所はBTSチョンノンシー駅付近,ラマ9世通り
ソイ57/1付近,チェーンワタナ政府合同庁舎付近,
国軍司令部付近、法務省入国管理事務所付近。

プラトゥーナム地区の店舗や倉庫等、ショッピング
モールサイアムスクエアワンやサイアムパラゴン
では時限発火装置による放火事件が発生。

こりゃあ絶対反政府派の仕業じゃん

バンコク最大のパワースポットのエラワン廟で
爆弾テロがあったのは4年前の2015年8月17日だ。

8月って月は何かあんのかね

2015年8月17日に爆弾テロがあったエラワン廟


報道によれば、
タイ南部の分離独立を標榜するイスラム武装勢力に
よる犯行の可能性もあるとの見方だが、警察当局は
鋭意捜査中であり現時点で犯人グループ全員の逮捕
には至っておらず動機や真相についても未解明のまま。



後日、南タイのイスラム過激派の容疑者たちが
逮捕されたニュースが流れてたけど、意外と
警察の面子のための冤罪もあるのがタイ警察。


まぁ、軍政から表向きは選挙で民政になっても
相変わらず役人の汚職は後を絶たないし、
麻薬事件も日常茶飯事のように起きてる。

これがタイの現状だ・・・

雨が降るとボッたくるタクシー


激走や飲酒による交通事故も一向に減らんし、
ボッタクリTAXIに相変わらずの慢性的な
渋滞に否応なしに現実の世界に引き戻された。

やっぱり日本は良い国だったよなぁ

毎日大渋滞


英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・
インテリジェンス・ユニットが纏めた2019年版の
「世界の都市安全性指数ランキング」で、60都市中
東京が1位に選ばれた。バンコクは47位だった。

意外と日本って安全な国なんだなぁ

乗車拒否も当たり前のタクシー


タイに移住してから四半世紀近く経つけど、
事故や犯罪に巻き込まれることもなく、こんな
呑んだくれ爺でも意外と危機管理意識が
働くのか危険を回避して生きてるのだ。

君子危うきに近寄らずだな

バンコク摩天楼


ところでBTSチョンノンシー駅付近で起きた
爆弾事件って来週千葉から来られる歯科医師
団体をアテンドする予定のマハナコーンタワーじゃん。

こりゃあやめるべきかな・・・


asia_jiyujin at 17:59|PermalinkComments(0)