第2059回「神楽主催の忘年会」第2061回「ん、デジャヴゥか」

December 25, 2010

第2060回「仏教国のX’mas」

2060「あユミちゃんと唄う」

仏教徒が95%を超えるタイ国でも日本同様にX’masは盛り上がる。
デパートやレストランではカップルや家族向けのイベントが盛りだくさん。
1年に1日だけのスペシャルデーだが、やはり北国生まれとしては
雪のないX’masはどこか物足りない。

さて、不況を脱したと言われるタイでは年明け早々に全国の賃金が値上げ
される予定。それに合わせて公務員の給料も引き上げられる見通しだ。
今年は赤シャツ軍団によるバンコク騒乱で財界含めていろんな業種が
痛手を受けたはずなのだが、年末には不思議と景気が回復している。

ハイブリッド車の生産に加えて多種の製造工場も景気が回復。
失業率も減って結果的には終わりよければすべてよし。
メリークリスマ〜ス」と言いたいところだが、話は2日ほど遡る。

2060「かつ真で」


アカン。もう酒は止めよぉ
神楽の忘年会の翌朝にそう決意してから僅か2日後、鶏頭のオイラは
またしても酒を口にしてしまう。しかも、気が付けば朝の6時まで。
どっひゃあ〜、なんでこんな時間なの

この日は竹亭での慰労会や神楽での忘年会にも出席された
PPツアーズのH氏のお誘いでタニヤの“Pink Soda”に行く。
3年前のOPEN当時から何度か取材をさせて頂いている店でもあり、
オーナーのA氏とも顔馴染み。ただし、この店で呑むのは初めて。

開業以来、順調な経営をされ今やタニヤでも有名な優良店の1つ。
とは言え、やはりバンコク騒乱時はかなり大変だったらしい。
「いやぁ〜、よく潰れずにやってこれましたよ」とAオーナー。
1つの店を長く維持していくためには、やはりスタッフの人柄と
店の雰囲気と徹底した従業員の育成に尽きる。

2060「きた〜イサーン」


2060「きピンクソーダにて」


H氏と神楽のK社長と奥様とオイラの4人。後に妹も合流しての
5人客だが、な〜んと、H氏が選んだ子もオイラが選んだ子も
K社長の奥様も偶然にも全員サコンナコン出身と聞いて一同吃驚。

「うっそぉ〜すごいねぇ〜
出身県は同じでも郡が違うらしい。それでも同郷出身者は大いに盛り上がる。
これに気をよくした女子たちは、当然のように田舎のイサーン音楽を熱唱。
それにつられて独特な踊りで一気に場が盛り上がる。

2060「くさの社長踊る」


2060「くユミちゃんと」


2060「くシンちゃん」


呑まない」と決めていたオイラも一気に箍が外れて呑みまくりに
踊りまくる。気が付けばジョニクロが空いて2本目に突入。
やべぇ」セーブしないとまたしても2日前の二の前になるぞ。

そんな心配をしていたら、次の瞬間(実は移動した記憶がない)
河岸が“神楽”に変わっていた。しかも面子がさっきと一緒。
Pink Soda”のA氏も傍らで盛り上がっていた。

あれワープしたの・・・

このコラム次回につづく・・・



懲りない人は【タイブログ】をポチポチって押して下さいませ

キングオブタイブログ


asia_jiyujin at 06:28│Comments(0) 藤岡わこう 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第2059回「神楽主催の忘年会」第2061回「ん、デジャヴゥか」