第2197回「和みの角打ち呑み」第2199回「未だ風邪完治せず」

August 28, 2011

第2198回「バンコクてっぱん」

2198「てっぱん」


神楽のK社長がめっちゃ旨いと豪語するお好み焼き屋へ行った。
大坂へ行った時は、必ずと言っていいほど食べるお好み焼きだが、
実は粉物文化で育ってないオイラとしてはそれほど得意な分野でない。

しかも全てが炭水化物故に食べた後のダンピングが怖くて
あまり自分から進んで食べることのない食材でもあった。でも、
たまにタコ焼きやお好み焼きは無性に食べたくなる時があるよね。

店はスリウォン通りにあるタワナラマダホテル前の小さな路地を
入ったタイスキのCOCAの手前の左側にある。一見昭和風の
レトロな佇まいは如何にも隠れた名店のような気がする。

げっ、満席じゃん

現地で待ち合わせをしたのだが、平日の夜だというのに
5つあるテーブル席はすべて満席だった。意外と人気なのね。
後から来たK社長たちとカウンター前に座りタイ人女性料理人
が焼くお好み焼きや鶏皮や野菜炒めや焼きそばを眺める。

くぅ〜、見てたら腹減ってきたぞ

鹿児島の薩摩芋焼酎をロックで呑む。K社長の嫁はんと
妹は冷えたハイネケンで乾杯。やがてオーダーした鶏皮や
砂肝が目の前のてっぱんに運ばれる。

「な、うめぇだろ」
ムムム、うぇ〜、ちょっとしょっぱいぞ
「これがいいんだよぉ」

その後も大阪風モダン焼きを食べるもコショウが利きすぎて
辛くてしょっぱい。どうも風邪を引いて以来味覚がおかしい。
何を食べても旨味が舌に伝わって来ないのだ。

参ったな。こりゃあ呑むしかないっしょ

その後もK社長はいろんなモンを頼むもオイラの舌には
合わなかった。こりゃあ重傷だな。長引く夏風邪はとうとう
オイラを味覚音痴症候群にしてしまったようだ。

これじゃあ、さすがに食欲も減退するわけだ

結局、なんだかんだと閉店の22時迄実に3時間以上も飲み食いした。
その後タニヤに移動してこれまた閉店まで呑んだのは言うまでもないが
またしても途中で爆睡してしまった。益々弱体化するオイラの身体。

健康食品にでも頼るしかないのかしらん

2198「てっぱん2」


そう言えばちょくちょく食材を買いに行くスクムビット通ソイ33/1の
フジスーパー1号店の近くにも大阪風お好み焼き店がオープンしていた。
店名は「ちょいちょい(Choi Choi)」と言うのだが、大坂なら
ちゃうちゃう」やろと思ったらWebに出ていた記事を見て納得。

店名には「普通の、特に〜でない」というタイ語「チュイ・チューイ」
の意味と「料理も値段もちょいちょい(そこそこ)」であることから
「ちょいちょい」にしたとのこと。

夫の駐在でバンコクに滞在していた眞下(ましも)祐子さんが開いた店。
以前から、バンコクには1人で気軽に食事ができる店が少ないと感じて
いたため「1人でも入りやすく家庭的で落ち着いた雰囲気の店を作りたい」
と夢が膨らみ、今回の出店に至ったという。

オープンから1カ月が過ぎた現在、当初の狙い通りにカウンター席には
駐在員の1人客や、男女共に少人数の利用客が多く、「お好み焼き豚玉」
(190B)や、生地にたっぷりネギを混ぜ込んだ「ちょいちょい風ネギ
焼きミックス」(290B)「塩焼きそばミックス」(200B)などが特に
人気になっているとWebに載っていた。

風邪が完治したら何でも旨く食べられるのだろうが、どうにもこうにも
今回の風邪はタチが悪かとばい。健全な精神は健全な肉体に宿る。


asia_jiyujin at 17:55│Comments(2)TrackBack(0) 気ままな時遊人的日記 | 藤岡わこう

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スッチー住民   September 05, 2011 16:21
ご無沙汰しております!

仕事で看板を設置したらと言う訳ではないのですが… ちょいちょいのお好み焼きオススメです♪

なんでも調理をしているタイ人のおばちゃんの腕がバツグンらしく、お好み焼きも塩焼そばもめっちゃうまかったです!
2. Posted by 麺好者   September 06, 2011 04:37
5 スッチー住民さま
電話でもメールでも情報ありがとう御座います。
近いうちに韓国アジョシを誘って”ちょいちょい”に行ってみますわ。
お好み焼きよりも熱いてっぱんで焼き上げた”塩焼きそば”に興味津々ですわ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第2197回「和みの角打ち呑み」第2199回「未だ風邪完治せず」