第3560回「先生の家族に乾杯」第3562回「後ろ髪を引かれて」

October 14, 2019

第3561回「南タイを後にして」

トラン空港でお別れの写真



10月14日】 ナコンシタマラート バンコク 

「う〜ん コーヒーが美味いなぁ」

あ〜カフェが美味しい


今朝の食卓も庭の木からもぎたての果物が並ぶ。
優雅なR先生の実家での朝食もこれが最後だ。

あぁ〜とうとうバンコクに戻るんだなぁ
「初めて来たけど南も楽しかったなぁ」

今朝も新鮮な果物が並ぶ


今日は午前9時50分発でバンコク行きの
飛行機に乗るので朝食は6時半とちょと早い。
それでも今朝も5時38分に目が覚めてた。

クンメーまた来年も来ますからね
「帰るのかい また来なされ」
来年は腰を完治させてもっと元気な体で来るね

オレの母上さまと同じ年のR先生の母上さまが
別れを惜しんでか握った手を中々放そうとしない。

来年も健康に元気でいて下さいね

およそ大手旅行代理店でも味わえんような心に
深く残る至福の旅が終わる。家族に別れを告げて
7時半過ぎに出発して一路トラン空港へ向かった。



「最初は昨日トランに泊まる予定だったのよ」
あ そうだったの
「昨日はお酒販売禁酒日だったでしょ」
お〜そうだよね
「だからトランに泊まっても楽しくないでしょ」

3日間も実家で過ごすのは飽きるだろうと
最終日はバンコクに戻る空港がある
クラビの街に泊まることを考えてくれていた。

「この街は美味しくて有名な店が多いのよ」

車窓から見える街の商店街は中華系タイ人と
タイ南部に多いイスラム系のタイ人が融合してる。
行列してる点心店や老舗の牛骨麺屋があった。

「この通りは古い店が多いのよ」
ふ〜ん歴史のある面白そうな街だね



ありがとう先生また来年来るからね
「食べ物も美味しかったし楽しかったぁ」

トランの空港で


小一時間でトラン空港に到着した。北海道の
女満別空港のような小さな空港。昨年から
新ターミナルを建設中だったけど未だ完成せず。

Nちゃん運転ありがとうね
「フジさん お酒はほどほどにね」
クラッポン じゃあラーコン

名残惜しくも搭乗です


R先生たちに手を振って搭乗ゲートに入るも
2人とも我々が見えなくなるまで見送ってくれた。

あ〜ぁR先生ロスになりそうだな

5日の鹿児島から始まってタイに戻ってから
クラビと実家の今日まで実に10日間も
一緒に旅をしただけにさすがに寂しくなるなぁ。

「トラン空港って小さいね」

トランの空港だよ


飛行機に乗りましょ

いざ機上


座席の狭いエアアジアA320は遅延する
ことなく定刻の9時50分に飛び立った。

さぁバンコクに戻りますよ

バンコクに帰るだなぁ


ばいば〜い南タイ

バンコクが見えて来たぞ




では無事にバンコク安着祝いで乾杯っす

ランチはイタメシ


バンコクに無事に戻って来た最初のランチは
N氏の希望でイタリアンの“ベラ・ナポリ”。

11時20分にドンムアン空港に到着した段階で
一度荷物を宿に置いてからランチに行こうと
思ったけど、それだとギリギリ14時になる。
そう、14時を過ぎると酒類販売禁止の時間だ。

「ここのシーザーサラダが美味いんだよね」

嬉しいシーザーサラダ


野菜好きのN氏は“ベラ・ナポリ”のサラダに
使うドレッシングが殊の外お気に入りだった。
タイ語は覚えんけど美味い料理だけは覚えてんのね。

これがナポリタンね

極旨ナポリタン


本場のイタリアにはナポリタンというメニューは
ないけど、ここは店名なのか若しくは日本人客が
多いせいかハッキリ“ナポリタン”がメニューに。

こっちがボンゴレあれトメートじゃんか

ボンゴレのはずが


「オーーーボーノ」

イタメシを堪能


白ワインで味付けしてって頼んだつもりなのに
2皿ともトメート味になってもうた。マイペンライ。

「うわぁーー大きいねぇ」

名物ピッツァのタイタニック


この店の看板商品の巨大ピッツァの“タイタニック”。

これは全部食べきれんなぁ

ワインで乾杯


さすがに食べきれず半分残してしまったので
食後に宿にチェックインした際にオフィスの
スタッフに上げたら小躍りして喜んだ。
因みにスタッフのNは推定80圓鯆兇┐觸性だ。



「先ずは綺麗に足を洗ってからね」

先ずは足を綺麗に洗って


「あぁ〜優しくやってね」

おぉー効くぅ


「おっおーーー効くぅ」

チェックインしてからお二人は近所にある
あんまや”2号店でN氏はフットマッサージ。
I社長は全身のタイ古式マッサージ。
その間オレはアパートメントに戻って小休止。



どうも大将無事に戻って来たよ
「いらっしゃい どうでした南は」

今宵は寅次郎で


「天気も晴れて海も楽しかったですよ」
「R先生の実家は大きな平屋だったよ」

久しぶりの寿司


今夜の晩餐の席は無事の安着祝いと
鹿児島旅の感謝を兼ねて
寅次郎”のN大将に会いに来た。

「NさんIさん飛行機ありがとう」
「おぉRくん」

感謝のピース


「あれはね 走ると光るんだよ」

飛行機のプラモありがとう


鹿児島でN大将の息子のRくんに
お土産で買ったANAプラモのお礼を
伝えるために律儀に自ら店にやってきた。

「R ちゃんとお礼言ったかい」
「言ったよ」

ちゃんとお礼言ったかい


普段から多忙のN大将だけに、息子と会話
できるんは車で学校の迎えに行った時くらいだ。
故にこういう時の父親としてのしつけは大事です。

「いやぁ〜鹿児島は楽しかったよぉ」
「楽しんでくれて僕も嬉しいですよ」

大将戻って来たよ


「ずっと運転もしてたから疲れたでしょ」
「いえいえ 僕も楽しみましたから」

寂しくなるなぁ


明日帰っちゃうんだねぇ社長 寂しくなるなぁ
「また来年タイに来れるように350日間働くよ」

I社長は仕事の関係で一足先に明夜便の
TG670で千歳に帰国する。また旅の
お伴が1人減ってしまう。寂しくなるよなぁ。

今夜は記憶無くなるまで呑んじゃおっかな〜


asia_jiyujin at 15:09│Comments(0) 気ままなアテンド日記 | 藤岡わこう

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第3560回「先生の家族に乾杯」第3562回「後ろ髪を引かれて」