・・・だったようですね

彼らは、警備泣かせなのですよ・・・スタッフが彼らの安全のためにできるだけ混乱を避けようと万全の準備をするのですが、彼らは逆にせっかく来てくれたファンの気持ちに報いようとする

チリでは、組織されたファンが安全に迎えるための鎖の輪を作って待っていてくれたようですね・・・ちょっとした行き違いで無になったようで残念でした

ペルーでは、3000人ものファンたちが集まったとのこと・・・空港警備がピリピリするのももっともです。

事故に繋がるのでね・・・考えなければいけませんね・・・事故が起きたら彼らも悲しむしダメージも大きい

昨年日本に来た時も、準備したVIP専用通路を用意していたにもかかわらず皆さんに会いたいとファンの待つ方に向かったそうです


私は、安全が確保されるという条件付きですが・・・きちんと組織され整然として待つという条件付きですが・・・個人的には、彼らが空港でみなさんと会うというのはいい事だと思っています。


昨年、ジェジュンがスタッフだけに見送られてヨーロッパに旅立ちましたね。空港にファンは一人もいなかった・・・私は、その時の様子を聞き・・・いくら滞在が極秘だったとはいえ、本当は寂しかったんじゃないかと思いました。

そして今、南米ツアーが盛り上がっている一方、お留守番組のみなさんはいろいろと心配するできごとがありましたね・・・
私の方にも心配のあまりたくさんのコメントが寄せられておりますが、彼らと一緒に苦しむのではなく、彼らにはいつも笑顔を見せる事が大事なんだと思うのです。
その際、何も言う必要はないんですよ・・・「心配しないで!私達がついているから!」・・・とか言うと、あ〜心配かけちゃったなぁと思うでしょ・・・そういう彼らですから
私は、親のような気持ちでただ笑顔で迎えればいいと思うのです。

彼らが、帰国したとき・・・ソウルでは、そうあって欲しいなと思います。



「お帰り・・・ほら、今日はお前の大好きなカレー作っておいたからね」・・・あ、こんな事で喜ぶのは、私くらいか? 結構、私は単純なもので・・・ん?単純すぎるって? ほっといてんか 笑