書かざるを得ない記事とはこのことでした。

これで彼等がこの日本で自由に羽ばたける

いたずらに彼等の失われた3年はとてつもなく長いです。
でも、彼等はそれを決して無駄にはしませんでした。
そして、彼等が心が折れることなく、決して負けないという気力を持ち続けられたのは
ファンのみなさんの揺るぎない絆と応援があったからです。

私は、心よりみなさんにおめでとうと言いたい。
そしてありがとうと

今から仕事
詳しくは、後ほど

取り急ぎ

隼人