マカオ サウナ 混浴プレー

マカオのサウナに行く場合、
香港のフェリーターミナルで、フェリーチケットとセットになった
クーポンを購入するのがお得だ。

香港からマカオに向かうフェリーは、九龍と上環から出ているが、
サウナのクーポンを扱っている旅行代理店は、九龍のフェリーターミナルには
1店舗しかないので、上環に行ったほうが選択肢が広がるだろう。

DSC00655
上環のフェリータミナルには、数えたわけではないが、
サウナクーポンを扱っている
旅行代理店は、10店舗ほどあったような気がする。
上記のような、いわゆる風俗紹介所っぽいところなので、
すぐに見つかるだろう。

上環のフェリーターミナルは、テナントとして入っている飲食店やショップも
多く、ちょっとしたショッピングモールでもある。
DSC00652
ちなみに吉野家も入っている。
ここはいつも人で一杯だ。


旅行代理店で、仙楽都芬蘭浴(サンド・スパ)とフェリー往復チケットのクーポンを購入した。


DSC00659

DSC00658

仙楽都芬蘭浴 は、18サウナの次に僕のお気に入りだ。
北京街にある。

ここのウリは”水着姿の女の子が、
プールにやってきてサービスしてくれるところ”

と「香港マカオ夜遊びMAX」に記述があった。

が、僕が行ったときはそのようなサービスはなかった。
ただ、別料金で混浴プレーが楽しめる。
25分、3,500円くらいだったかな。
それ以外に、個室でのボディーマッサージ
(全裸で身体を使って)というのもあった。

ものは試しということで、混浴プレーをオーダーした。
浴場には、5人くらいの姫がスタンバっていた。

その中で、小柄で可愛らしい姫を選ぶと、
湯船に入るように言われた。
その時は僕しかいなかったが、
その湯船はもちろん他の客も入ることができる。

湯船で待っていると、指名した姫は全裸になり、
僕と向かい合わせで
抱きついて身体を密着させる。

結構巨乳だ。
風呂の中で、抱っこちゃんの格好でリズミカルに身体を動かす。
すぐ勃起した。 

湯船の縁に座らされて、今度はフェラをされた。
そこは、普通の浴場だ。
客が浴槽の横を、チラ見しながら通り過ぎていく。
僕の近くに来て、湯に浸かろうとするものは誰もいない。

フェラされながら、
浴場の椅子に座っているほかの姫と目が合った。
笑顔を返された。

フェラをされている姿を見られるのは初めてだ。
不思議と恥ずかしくない。
やはりここはマカオだからだろう。
あっと言う間の25分間だった。

個室で、身体を洗ってもらった。
その時、指名(SEX)して欲しいといわれたが、
「ちょっと考える」と答えた。
選り取りみどりなわけだから、
一人の姫だけと遊ぶこともないと思った。

もし他に気に入った姫が居なければ、
この姫と一戦交えるか、と。

休憩室でしばらく休んでから、姫を呼んでもらった。
10数人、目の前に整列した。
先ほど混浴した姫も居た。
もっと可愛い姫が居たので、
申し訳ないと思ったが混浴嬢は指名せず、
別の姫と個室で戯れた。




18サウナ

18サウナに行ってきた。
漢字で書くと「十八桑」 だ。
マカオのサウナで最も人気があり、100名を超える姫を
抱える。

18サウナは
ゴールデンドラゴンホテル(澳門金龍酒店)
の6階にある。

このホテルは4つ星で、フェリーターミナルからも程近く(徒歩圏)
また金、土以外であれば1万円以下で泊れるのでお勧めだ。
もちろんカジノも入っている。
ただし、家族連れには向かないだろう。
 DSC00661
1階ロビーにはこのようなとても目立つ看板が立っている。

DSC00663
エレベータの中もこんな調子だ。
とても子供に見せられない。


ちなみにここのナイトクラブもとても評判がいいそうだ。 

エレベータで6階に上がった。
入り口付近の雰囲気は、まあまあ。
特別豪華というわけではなかった。
思ったより間口は小さく感じた。

ロッカールームに案内され、服を脱いでバスタオルを渡された。
そのあと、簡単な料金説明。
最後に、、、、
なんと浴室はリニューアル中で、使用できないとのことだ。
大きい湯船に浸かるのも楽しみの一つなので大きく落胆した。
そうであれば、入店する際に言って欲しいものだ。 
もう服を脱いでしまった後だったので、しぶしぶ承諾した。
行ったのは11月初旬なので、すでに工事は終わっているかもしれない。

浴室は使用できないだけで、スチームサウナ、休憩室、レストランは通常のままで
ダンスショー、姫全員の顔見せもあるということだった。

工事用の壁に囲まれた細い通路を通って、シャワー室に行った。
シャワーを浴びてからだれもいないスチームサウナに入った。

しばらくしてから、休憩室に行き、奥の食事室で、ビール(有料)とカレー(免費)、
餃子(免費)をオーダーした。
食事はあまり美味しくないという情報もあったが、意外といける。
量も多い。

食事を済ませて、休憩室のソファーに行った。休憩室のソファーはほぼ満杯。
浴室が工事中でも相変わらずの人気だ。
どの店でもそうだが、休憩室のソファーにいると、やたら「マッサージ、マッサージ」と
声をかけられる。無視しても勝手に肩を揉みだして営業してくる。

他の店に比べ、18サウナの休憩室にいるマッサージ嬢は概ね年齢層が高く、
可愛い娘もいない。
どうせ、身体を揉んでもらうなら若くて可愛い娘がいい。

そうこうしているうちに、セクシーショーが始まるというアナウンスがかかった。
シャワー室に行くと、既に4人の姫が吹き抜けになった2階の手すりのある通路で、
音楽にあわせて踊っていた。

見ている客は数人。
皆、見上げて鑑賞していた。

10分ほどでショーが終了すると、姫の顔見せ。
通常は浴室で行われるらしいが、工事中のため、休憩室で行われた。

総勢100人はいる。圧巻だった。
20人ずつくらいのグループで、順番に休憩室に入ってきた。
じっくり観察した。
あまりの人数に言葉もでない。

中国、台湾、韓国、ベトナム、東欧と国籍も様々だ。黒人もいる。ただ、日本人はいないようだ。
今まで、日本人がいた店にいったことがあるのは、ダーリンサウナ1だけだった。
値段も一番高い設定になっていた。
わざわざマカオまで来て、日本人を指名するのはどうかと
思い、可愛い娘だったがその時は指名しなかった。
 
18サウナの顔見せは1時間に1回らしい。
一通り眺めた。

1回目はスルーするつもりだった。
はじめてこんな多くの姫を目の当たりにして、
冷静に見られなかったかもしれないので、2回目に
指名するつもりだった。

特に気に入った姫の胸につけている番号札のNo.を記憶した。
3人ほどいた。 

顔見せが終わり、姫たちが引き上げた後、また数名の姫が休憩室にやってきて、
営業を始めていた。
僕がいるソファーは通路から少し離れていたため近くまでやってくる姫はいなかった。

僕の傍らにあるテレビを、通路から立って見ている姫がいた。
か、かっ、かわいい!色白でスタイルもいい。僕好みのか細い感じだ。
先ほどの顔見せの時にいたのだろうか?
記憶しているNo.の姫でもない。 

じっと彼女の顔を見ていると、視線を感じたのか、目があって笑顔で返してくれた。 
僕の席までやっていた。
四川出身だそうだ。年齢は21歳だと。
簡単な英語は大丈夫だ。 
もちろん指名した。
個室に連れられた。

個室は広めで快適だった。
ベッド横にはお約束の鏡が取り付けられていた。
マッサージベッドのようなのがシャワー室に置いてあった。

お互い全裸になり、シャワー室に入って身体を洗ってもらった。
マッサージベッドにうつぶせにされ、姫は身体を使って背中を愛撫してきた。
乳首が背中に当たる感触が気持ちいい。
四つん這いにされ、アナルを舐められた。玉袋も咥えたり舌で舐めたりしてきた。
こんな可愛い姫に、いやらしいことをされるだけで感動だ。

身体を丁寧に拭いてもらい、ベッドにもどった。
ベッドに座らされ、マカオサウナの常套プレー 氷とお湯を交互に口に含んでの
フェラチオ。モンダミンも口に入れているようだ。

これは本当に気持ちがいい。
なんどもイキそうになる。
日本の風俗も、これを取り入れたほうがいいと思うのは僕だけはないだろう。

しばらくフェラチオを楽しんだあと、ベッドに一緒に横になった。
攻守交替し、僕が姫を責めた。

乳首を舌でじっくり愛撫して、少しづつ舌を下半身に這わせた。
クリトリスを舌で転がした。

膣に指を入れようとしたら少し抵抗された。
マカオのサウナでは指入れはほとんどNGのようだ。
アナルも舐めてあげると、くすぐったいのか身体をよじられた。

体勢を元に戻した。
コンドームを付けられた。
いつもと感触が違う。 
ムスコがびんびんしている。 モンダミンに浸していたのか?
そんなもんじゃない。
よく見ると、小さな電池がついている。
そう、電動コンドームだった。

正常位で挿入した。
その時、電池の部分が、クリトリスに当たるように密着した。
お互いの感じる部分に振動が伝わるようだ。
あまりの気持ちよさに、すぐイキそうになる。

体位も替えた。
正常位からバック、座位と。

それから鏡を前にして、後座位。
これだと鏡越しに挿入状態がよく見える。
姫のよがっている顔もだ。
本当にこの姫は可愛い。

最後は正常位で果てた。
少し時間が残っていたので、
二人、ベッドで抱きながら横たわった。 

浴室がリニューアル中で入れなかったとはいえ、
可愛い姫と楽しいプレーができたので、良しとするか。


香港141

香港の風俗は、マカオに比べてメジャーではないのか、
情報量が少ない。

夜総会、サウナとH系の店はあるが、マカオに比べると随分地味な感じがする。
ただ、値段はマカオのそれよりもかなり安い。
半額か1/3以下で遊べるところが多い。

そんな中で、
香港の代表的な風俗といえば”141”だろう。

”141”の意味は良くわからない。

仕組みは、女の子のいる部屋に直接赴き、
そこで性的サービスを受けることができる。
 
直接部屋に行く場合と、電話をして指定のホテルの部屋に行くか、
宿泊先のホテルに来てもらう、いわゆるデリヘルと同システムの場合がある。
 
ただ、後者のケースは、電話で会話しなければならないので、
中国語がある程度できないと厳しい。

ぼくは中国語が全くできないので、
直接女の子のいる部屋に行くしかない。
 
どうやって?
そこは上手く出来ている。
Webサイトがオープンになっていて、
住所、建物名、部屋番号が明記されているので、
それを頼りに行けばいい。
 
Webサイトは中国語と英語だが、建物名は漢字なので、
中国語で見たほうが分かりいいだろう。
最初、少し抵抗があるが、慣れればどうってことない。

以下のサイトに入るといきなり、
姫たちの写真が出てくる。
 
http://sex141.com/zh/

旺角
油麻地 
佐敦 
尖沙咀 

と書いてあるのは地名である。

ぼくは香港で一番風俗店が集まっているといわれている
旺角の近くにホテルをとったので、
”141”も旺角にあるビルに行った。

旺角をクリックすると、旺角の”141”のビル名が左側に出てくる。


ちなみに”電話預約”とあるのは電話で予約して、
指定のホテルに行くか、宿泊先に来て貰うかだろう。
 
”電話預約”のほうが、顔出しで可愛い子が圧倒的に多い。
日本人もいたりする。

建物によっては、写真が1枚しかないもの
(おそらくそのビルには一人しかいない。) 
もあったりするので、効率を考えた場合、
姫がたくさんいそうな建物に行って、
気に入った姫の部屋にはいるほうがいいと思う。

”建興大廈”というビルに行った。
 
Webサイトで見る限り、20人くらいの姫がいるようだ。
場所は、地図と、ご親切にビル入り口の写真までついているので、
そんなに迷わずにいけるだろう。


HongKong&Macau2 020

ぼくが撮影したビル入り口の写真。

間口は小さい。
2階には美容院が入っていた。

必ずしも、Webサイトに掲載されている写真の
雰囲気ではない娘もいるようなので、
片っ端からピンポンするのが通例のようだ。
 
冷やかしOkらしい。
飛田新地を徘徊する感じに近いかもしれない。

11階まである。
まず、9階に行った。
Webサイトでは5部屋ほど営業しているようだがもっと
あったかもしれない。
HongKong&Macau2 023
 
部屋のドアは派手な装飾を施しているので、
どの部屋が”141”かは一目でわかる。
もし、先客がいるか準備中の場合は”Wait a Moment”と、
先客がいなければ、”Welcome”といった札が掲げられている。


9階のエレベータを降りて、手前の2部屋は”Wait a Moment”だった。
その奥に進むと、”Welcome”とあった。



初めての”141”突入。
勇気を振り絞って、呼鈴を押した。

もし、タイプではなければ、ごめんなさいするつもりと心に強く決めていた。
決して妥協はしないぞ、と。

おっと、いきなり可愛い姫の笑顔が迎えてくれた。
これは予想外だった。

まだティーンエージャーに見える美少女だった。

他の姫も見たい気はしたが、この最初の姫に決めた。

部屋に入った。


HongKong&Macau2 022

6畳くらいのキッチンなし、シャワールームとトイレだけのワンルーム
の部屋だ。
ベッドはシングルベッド。
横に鏡が取り付けられている。

服を脱いで、姫と一緒にシャワールームに入った。
姫の乳房はちょうどいい大きさ。
手に収まる感じで、身体を洗ってもらっている間、
両手でずっと触った。

下半身を丁寧に洗ってもらった。

身体を拭いてもらい、先にベッドに行った。

部屋には小さな冷蔵庫があり、その上に、部屋の前の廊下が見えるよう監視カメラのモニターが
置かれてあった。
何年か前に殺人事件があったそうだ。

そのモニターを見ているとひっきり無しに、部屋の前を行き来している
男たちが写っていた。
まだ昼の3時。
このビルは人気があるのだろうか。
モニターでみる限りは、男たちは中国人が多いようだ。

姫がベッドに来た。
マッサージしてくれるのかと思ってうつ伏せになろうとしたら、
仰向けにされた。
いきなり、ムスコをしごかれた。
睾丸を揉まれながら、咥えられた。
奥まで咥えたかと思うと、亀頭を舌でペロペロされる。
その繰り返しで、早々にイキそうになった。
まだ、部屋に入って20分も経っていない。

やばいと思って身体を離して、姫を下にした。
形のいい乳房を揉みながら乳首を舐めた。
舌で転がしたり、軽く唇ではさんだりした。

好好(ハオハオ)と言っているようだ。気持ちいいいのだろう。

下半身に手を伸ばした。
秘部は濡れていた。それも、、、結構な量。

クリトリスを舌で舐めながら、膣の周辺を指で愛撫した。
好好(ハオハオ)が大きくなった。隣の部屋にきっと聞こえているだろう。
かなりの興奮状態になって、無理やり身体を離し、素早く
ゴムをつけて、ぼくの上に乗り挿入した。

途中、身体を入れ替えて、正常位の体位で、姫の身体をくの字にして、
奥まで挿入した。
その姿勢を隣の鏡で鑑賞した。

そのまま、果てた。

姫も終わってからも興奮状態が続いていた。
きっと、中国人男性のSEXは淡白なのだろう。

しばらく、ベッドで抱き合い、余韻を楽しんだ。

ちなみに値段は1時間400HK$だ。
約4,000円。


香港の代表的かつお手軽風俗だ。
美少女率は他の風俗に比べて高いだろう。

 

人気ブログランキング キングオブタイナイト にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ