バンコクにあるマッサージパーラーは、
大きく、ラチャダービゼーク通りとニューペッブリー通りの
2箇所に集中している。

ラチャダービゼーク通りの場合、BTSのホイクワン駅、スティサン駅近辺に
有名どころのマッサージパーラーがあるので、慣れない方はその
あたりの店から始めるのがいいだろう。

ニューペッブリー通りの場合、近くに最寄り駅が無いのと、店がそれぞれ
離れているので、何軒も回るのにはちょっと不便だ。

ぼくもバンコクに来たときはラチャダービゼーク通りで、何軒か回って
気に入った姫を見つけることが多い。

店の中で長居することはめったに無い。

必ず行く店といえば、やはり日本人に圧倒的な支持を得ている
ナタリーだろう。
姫の数も多いし、日本人好みの娘を集めている。

ただ、設備が古いのと、お値段もやや高め。

2,600バーツの姫が一番多い。中には4,000バーツという姫もいる。

ポセイドンの豪華さには比べ物にならないくらい粗末なのに強気な値段設定だ。
ポセイドンは、2,000バーツからで、モデルクラスで3,000バーツだった。
確か、モデルクラスの姫2人と3Pしたんだ。


ナタリーの隣のエマニュエルも高級MPを謳っているだけあって、フロアは豪華だ。
ただ、ここは中国人やタイ人の富裕層がターゲットらしい。
あまりタイプの姫は見つからなかった。

Bangkok_20110627 030
ナタリー。
入ると、姫たちがソファーに座っているので間近で選ぶことができる。
金魚鉢の中の姫は、少しご年配に見えた。




Bangkok_20110627 028
夕方の同じ時間帯にナタリーとエマニュエルを見て回ったが、
ナタリーのほうは40人以上いたにも関わらず、エマニュエルは20人もいなかった。
20時くらいからの出勤が多いようだ。