香港の風俗は、マカオに比べてメジャーではないのか、
情報量が少ない。

夜総会、サウナとH系の店はあるが、マカオに比べると随分地味な感じがする。
ただ、値段はマカオのそれよりもかなり安い。
半額か1/3以下で遊べるところが多い。

そんな中で、
香港の代表的な風俗といえば”141”だろう。

”141”の意味は良くわからない。

仕組みは、女の子のいる部屋に直接赴き、
そこで性的サービスを受けることができる。
 
直接部屋に行く場合と、電話をして指定のホテルの部屋に行くか、
宿泊先のホテルに来てもらう、いわゆるデリヘルと同システムの場合がある。
 
ただ、後者のケースは、電話で会話しなければならないので、
中国語がある程度できないと厳しい。

ぼくは中国語が全くできないので、
直接女の子のいる部屋に行くしかない。
 
どうやって?
そこは上手く出来ている。
Webサイトがオープンになっていて、
住所、建物名、部屋番号が明記されているので、
それを頼りに行けばいい。
 
Webサイトは中国語と英語だが、建物名は漢字なので、
中国語で見たほうが分かりいいだろう。
最初、少し抵抗があるが、慣れればどうってことない。

以下のサイトに入るといきなり、
姫たちの写真が出てくる。
 
http://sex141.com/zh/

旺角
油麻地 
佐敦 
尖沙咀 

と書いてあるのは地名である。

ぼくは香港で一番風俗店が集まっているといわれている
旺角の近くにホテルをとったので、
”141”も旺角にあるビルに行った。

旺角をクリックすると、旺角の”141”のビル名が左側に出てくる。


ちなみに”電話預約”とあるのは電話で予約して、
指定のホテルに行くか、宿泊先に来て貰うかだろう。
 
”電話預約”のほうが、顔出しで可愛い子が圧倒的に多い。
日本人もいたりする。

建物によっては、写真が1枚しかないもの
(おそらくそのビルには一人しかいない。) 
もあったりするので、効率を考えた場合、
姫がたくさんいそうな建物に行って、
気に入った姫の部屋にはいるほうがいいと思う。

”建興大廈”というビルに行った。
 
Webサイトで見る限り、20人くらいの姫がいるようだ。
場所は、地図と、ご親切にビル入り口の写真までついているので、
そんなに迷わずにいけるだろう。


HongKong&Macau2 020

ぼくが撮影したビル入り口の写真。

間口は小さい。
2階には美容院が入っていた。

必ずしも、Webサイトに掲載されている写真の
雰囲気ではない娘もいるようなので、
片っ端からピンポンするのが通例のようだ。
 
冷やかしOkらしい。
飛田新地を徘徊する感じに近いかもしれない。

11階まである。
まず、9階に行った。
Webサイトでは5部屋ほど営業しているようだがもっと
あったかもしれない。
HongKong&Macau2 023
 
部屋のドアは派手な装飾を施しているので、
どの部屋が”141”かは一目でわかる。
もし、先客がいるか準備中の場合は”Wait a Moment”と、
先客がいなければ、”Welcome”といった札が掲げられている。


9階のエレベータを降りて、手前の2部屋は”Wait a Moment”だった。
その奥に進むと、”Welcome”とあった。



初めての”141”突入。
勇気を振り絞って、呼鈴を押した。

もし、タイプではなければ、ごめんなさいするつもりと心に強く決めていた。
決して妥協はしないぞ、と。

おっと、いきなり可愛い姫の笑顔が迎えてくれた。
これは予想外だった。

まだティーンエージャーに見える美少女だった。

他の姫も見たい気はしたが、この最初の姫に決めた。

部屋に入った。


HongKong&Macau2 022

6畳くらいのキッチンなし、シャワールームとトイレだけのワンルーム
の部屋だ。
ベッドはシングルベッド。
横に鏡が取り付けられている。

服を脱いで、姫と一緒にシャワールームに入った。
姫の乳房はちょうどいい大きさ。
手に収まる感じで、身体を洗ってもらっている間、
両手でずっと触った。

下半身を丁寧に洗ってもらった。

身体を拭いてもらい、先にベッドに行った。

部屋には小さな冷蔵庫があり、その上に、部屋の前の廊下が見えるよう監視カメラのモニターが
置かれてあった。
何年か前に殺人事件があったそうだ。

そのモニターを見ているとひっきり無しに、部屋の前を行き来している
男たちが写っていた。
まだ昼の3時。
このビルは人気があるのだろうか。
モニターでみる限りは、男たちは中国人が多いようだ。

姫がベッドに来た。
マッサージしてくれるのかと思ってうつ伏せになろうとしたら、
仰向けにされた。
いきなり、ムスコをしごかれた。
睾丸を揉まれながら、咥えられた。
奥まで咥えたかと思うと、亀頭を舌でペロペロされる。
その繰り返しで、早々にイキそうになった。
まだ、部屋に入って20分も経っていない。

やばいと思って身体を離して、姫を下にした。
形のいい乳房を揉みながら乳首を舐めた。
舌で転がしたり、軽く唇ではさんだりした。

好好(ハオハオ)と言っているようだ。気持ちいいいのだろう。

下半身に手を伸ばした。
秘部は濡れていた。それも、、、結構な量。

クリトリスを舌で舐めながら、膣の周辺を指で愛撫した。
好好(ハオハオ)が大きくなった。隣の部屋にきっと聞こえているだろう。
かなりの興奮状態になって、無理やり身体を離し、素早く
ゴムをつけて、ぼくの上に乗り挿入した。

途中、身体を入れ替えて、正常位の体位で、姫の身体をくの字にして、
奥まで挿入した。
その姿勢を隣の鏡で鑑賞した。

そのまま、果てた。

姫も終わってからも興奮状態が続いていた。
きっと、中国人男性のSEXは淡白なのだろう。

しばらく、ベッドで抱き合い、余韻を楽しんだ。

ちなみに値段は1時間400HK$だ。
約4,000円。


香港の代表的かつお手軽風俗だ。
美少女率は他の風俗に比べて高いだろう。