先日KOZAで行われた某ケーブルテレビの配信テスト。

書くべきか迷ったけど、どこかでキチンと説明しないと各方面にご迷惑をかけてしまった以上収まりがつかないので書くことにした。




機材は全部KOZAのもの。
スイッチングも音響も照明もKOZA。
すべてを整えて素材をHDMIケーブルにてお渡しした。

リハも終了
配信も問題無く行えるとのこと
ライブが始まる。
トップバッターは鼓動BAND
いつものように汗だくでぶっ飛ばす。 

途中、どうもスタッフがバタバタしてる様子が気になった・・・
残り2曲となったところで、事態を把握した嫁さんがステージ前にやって来た。

「・・・流れてないんだって」 
「え?・・・・いつから?」
「・・・始めから」

一瞬何を言われてるんだか分からなかったよ。
そんなことってあるの?
配信がストップしてるのに演者にひと言も告げることなくライブを続行させるって・・・
これでもお客さんが観てくれてたんだぜ?

慌ててFacebookのLIVE配信で間をつなぐ、知り合いにはすぐにメールやLINEで事情を説明してFacebookへと誘導したが、当然ながらFacebookをやっていない方には何が起こっているのか伝わらない。
時間にして約1時間20分・・・その間のフォローも一切無し。




今回テスト配信とは言え、有料での配信公開に踏み切ったのはお店の判断である。
少しでもミュージシャンにギャラを持って帰って貰いたかったからだ。

配信がダメならダメで払い戻しなどのお客様対応はお店が責任を持って行うべきだ。
事実配信終了後、すぐにそうさせて頂いた。

ただ・・・有料だろうが無料だろうがお客さんに「観て下さい」と言った以上、一定レベルでのクオリティは保証するべきじゃないだろうか?
それとも今回のテストって言うのは配信が止まった時のトラブル対応のテストだったってことか?
だとしたら最悪だ。



後日経過報告で聞いた話ではケーブルテレビ側での不備は見当たらなかったそうだ。
ライブ直前まで何の問題も無くサーバー側に送られていたデータが、ライブ配信スタートと同時にまったく送られなかったようだ。
その辺りはサーバーのログに残っているとのこと。
まぁ俺らが確認出来るわけでもないんだけどね。

つまり、通常の放送やイベントなどでの配信に使っているシステムがこの時だけ不具合を起こすとは考えられないと言うのだ。
てことは・・・KOZAの回線?ルーター?ここに原因があるのでは?と言われた。
嘘でしょ?
前日もまったく同じ回線で配信してるんだけど・・・
一度だって途中で落ちたり、データが遅れなくなったことなんて無いんだけど・・・



ここまで来たら水掛け論にしかならんのだろうね。
原因の究明は充分にやるべきなんだろうけど、お客さんに対して失礼なことをしてしまったのは事実。
ここを見ずして(俺らだけに預けて)先に進むなら、検証結果なんかどうでもいいってことだ。
少なくとも、店やミュージシャンや数は少ないが観て下さったお客さんには
「ネット配信=不安定」
「無責任」
という感情は残った。




KOZAとしてのダメージも計り知れない・・・。
折角ライブ配信に向けて、コツコツと環境の整備やミュージシャンとの折衝など様々な地ならしをしてきたのだが、一瞬にして信頼を失った。
KOZAから配信するってことはKOZAの名前と配信環境を信頼してくれてチケットを購入し、時間を割いてくれたわけだ。

どこの会社が配信の中核を担って業務を行っていたか?はお客さんには分からないことだよ。
単純に
「KOZAの配信がトラブった」 
「やっぱり配信は・・・」
「これじゃあ配信ではお金取れない」 
そういう流れになっていくよ(涙)

せっかく苦労して積み上げてきたものが軽く壊された感じがしてもの凄く嫌な気になったね。 
もの凄く残念だ・・・。 
検証も大事だけど、そこに協力したハコやミュージシャンに対しての思いが感じられなければ今後の話だって無しだよな。