プレイヤーとしては今回初めてイヤモニをつけましたぁ。

IMG_2934

イヤモニとは・・・イヤーモニターの略ですね。
普段はステージ上で客席と反対方向を向いているスピーカーから自分たちの声や楽器の音を聞きながら演奏するんですが、ほんのちょっとした角度とか音量によって聞きづらかったりハウリングをおこしたり、バランスが難しいんですね。
しかも複数のメンバーがそれぞれに「あの音くれ、この音くれ」と要求が殺到すると、ステージ上は音の渋滞が起こるんですなぁ。
それが客席にもこぼれるので聞きづらい状況が生まれやすいのですわ。
イヤモニであればステージ上にモニタースピーカーの音が溢れる心配が無い上に、ハウリングの心配もありません。
演者もそうですがお客さんもライブに集中しやすい環境になるんですねぇ。




しかしイヤモニは慣れるのに時間がかかるかもなぁ・・・。
まずは付けるのにひと苦労(笑)
そこか!

IMG_2912

IMG_2913

俺の耳の形が癖が強くて・・・上手くはまらないのさ。
鼓動に教えて貰うけど要領が掴めず・・・

IMG_2915

無理に押し込まれて痛ててててて・・・・

IMG_2919

IMG_2920

パーカッションの立花朝人くんにコツを教えて貰ってようやく装着出来た・・・。

ここまででだいぶ悪戦苦闘したんだけど、問題は実際の演奏中にどうきこえるか?

自分の欲しい音はバッチリと耳元で・・・と言うか耳の中で鳴ってくれるんだけど、イヤモニで耳を塞いだ状態になってるからハコの様子がまったく聞こえなくなるのよ。

上手く言えないんだけど・・・現実世界と遮断された状態?みたいに?なるんだよね。

歌ってるときはもの凄く気持ち良く歌えるんだけど、MCになると途端に不安になるんだよね。
事実イヤモニからはMC中もクリアな声が返ってきてるもんでそのまま喋り続けていたら、どうやらかなりオフマイクになっとったようで、小さな声になっちまったとか(涙)
その辺のハコ全体で鳴ってる音や感覚を同期させるのは場数を踏まなきゃ分からないんだろうねぇ。

それでも自分の欲しい音がどのあたりで鳴っていて欲しいのか?を指定出来るってスゴくない?
単純に俺の右側で演奏している鼓動のギターは右の耳から多めに鳴っていて欲しいとか。
ベースは俺の左後ろで演奏しているから、イヤモニにも左の後ろから聞こえてくるように設定できるとか!
パーカッションは真後ろから全体を支えるような感じで・・・なんてね。
これは使いこなせたら最高のアイテムだろうね。 




まぁでもKOZAくらいのハコだったらしっかりステージ所の音を聞き分けて対応出来なきゃアカンわなぁ。
オーディエンスの声もメンバーの息づかいも感じながらのライブが小さなハコの醍醐味のようにも思ってますが・・・皆さんはどう思います?