音声配信アプリ stand.fm 
『スタジオKOZA発 いざKOZAゆんTAKU』
第11回目は『ちむどんどん的ゆんたく』と題してお届けします。

以前所属していた劇団を飛び出し、自分自身の劇団ちむどんどんを立ち上げた頃のお話。
1996~1997年頃ですか・・・22歳~23歳の俺はただただ生意気で、視野狭窄のまんまに突っ走ることしか出来ないクソガキでした。
お世話になった劇団に後ろ足で砂をかけまくり、立つ鳥跡を濁しまくってやめてしまった。
それでも自分を正当化することしか出来ず、大切な言葉を言えないまんまになってしまいました。

自分の行動に悔いはありませんが、若気の至りと言うには余りにも恥ずかしい思い出の数々・・・そんなお話です。

どうぞお付き合い下さい。

いざKOZAゆんTAKU#11
https://stand.fm/episodes/603dc6a20ec063efc46922b4

ちむどんどん旗揚げ公演『大和風吹ちん』の1シーンですね。
名古屋市港文化小劇場を3ステージ超満員・・・1,000名動員しちゃったんですからパワーだけはありましたわ(笑)
脚本も芝居も若さから来る情熱だけで・・・今みたいにyoutubeなんぞ無くて良かったです(汗)
観た人の記憶の中だけで大照れで生きていればいいんです。

スクリーンショット 2021-03-03 11.14.50