そう言えば・・・年末のバタバタで書き忘れていたことがあるんだ。

昨年12月11日に行われたライブのリハーサル時に突然逝ってしまったコンソール X32。
電源ユニットの寿命と思われるも修理のアテがない(涙)

以前までX32を生産していたB社の代理店は音響やバンドマンさん御用達の格安ネットショップさんだったんだが、最近になって代理店契約を解消してしまったのだ。

使い始めて8年。
いろいろなレビューも目にしたが、俺にとっては何の問題も無くベストな仕事をしてくれた相棒なのだ。
とは言え、故障を機にそろそろ買い換えも考えないといかんかな?と思い様々なネットショップを覗いて大まかな予算だけでも見積もろうと思ったら・・・

・・・・・・ない(汗)

ことごとく「在庫無し」「入荷時期未定」のオンパレード。

え?マジか・・・
買い換えの線はすーーーーーっと消えていった。

とにかく修理だ。
でもどこに頼めば?
しかも1週間後にはライブが控えている。

ネットで調べまくると・・・あった!
1社だけB社の製品を修理してくれる窓口を発見。

プロオーディオテック様

藁にもすがる思いで「助けて下さい!」とメールを出したのが月曜日の朝8時。
すると1時間もしないうちにお返事が! 
「お任せ下さい!お助け致しましょう!」
もう震えましたね。

それからの仕事の早いこと早いこと・・・。


すぐIMG_8582
にX32を梱包して翌日火曜日着で発送。
火曜日の夜遅くに修理見積もりが2種類届く。
本当に丁寧な内容で、第1案なら¥000000、第2案なら¥000000
と提案してくださった。

即返信をして、更に修理代金を振り込んだのが水曜日のこと。

なんと金曜日の午前中にはKOZAに修理済みのX32が届いたのだ。

IMG_8583

ファクトリーリセット(出荷時の状態に初期化)から改めて設定を行い、土曜日の午前中にすべてを完了!
その日の夜のライブにギリギリ間に合ったのでした。

IMG_8582

肝を冷やしましたわぁ。



やはり定期的な有料メンテナンスを施すこと
それから購入時の外箱をキチンと保管しておくこと
アナログでも古い機種のコンソールを予備機として手元に置いておくこと

の大切さを痛感しました。

今回外箱を我が家の倉庫で大事に保管していたことで、梱包〜発送がスムーズに行えた。 
アナログ卓のYAMAHA MG24をキチンと保管していたことで突然のトラブルもなんとか回避出来た。

やっぱり「備えあれば憂い無し」・・・いや、「備えあれば嬉しいな」である!



この度お世話になったプロオーディオテック様には感謝感激です。
窮地を救ってくれた救世主でした。
B社の製品でお困りの方は是非こちらへ。
ただ、カスタマーセンターではありませんので、仕様の説明などには対応しておりません。
あくまでも修理のご依頼窓口であることをご承知置きください。