自称「文化昆虫学研究家」のひとりごと

いつか,文化昆虫「楽」者になることを夢見て…

2013年09月

9.22 - 拙著文化昆虫学論文2編が出版されました

◆拙著文化昆虫学論文2編が出版されました

 文化昆虫学に関する拙著論文2編が,日本甲虫学会英文誌「Elytra Tokyo New Series」3巻1号に掲載されました. 本論文が出版に至るまでには,多くの方々からのご支援・ご助力を賜りました.つきましては,関係者各位に対し,ここにお礼申し上げます.

 なお,論文タイトルは以下の通りです.

 1.Takada, K. (2013) Fireflies and Animals Associated with the Aquatic Environment Illustrated on a Sewerage Manhole Cover in the Urban Area of Amagasaki City, Hyôgo Prefecture, Japan. – Elytra, Tokyo, NS, 3:191-194

2.Takada, K. (2013) Ladybug-shaped Chocolate on a Mousse Cake Bought at a Bakery in Amagasaki City, Japan. – Elytra, Tokyo, NS, 3:195-198

9.21 - 拙著論文が出版されたようだ / ヒガンバナ

◆拙著論文が出版されたようだ

 日本甲虫学会英文誌に投稿していた文化昆虫学の論文2編が無事出版されたようだ.実は,私の手元にはまだ届いていないのでわからないのであるが,某呟きサイトでそのことを知った.ある研究者の方が,当該呟きサイトにて私の論文を紹介してくださり,とてもうれしかった.



◆ヒガンバナ

 すっかり秋になった.エンマコオロギの鳴き声が聴こえる.ある場所にて,ヒガンバナを見た.ヒガンバナには,白いものもあるようだ.

DSCN4991-2

DSCN4994-2



9.16 - 先日から執筆している文化昆虫学論文を少しだけ改良 / サーカムフレックス

◆先日から執筆している文化昆虫学論文を少しだけ改良

 本日は,先日から執筆している文化昆虫学論文の修正点(改良点)を思いついたので,少しだけ論文を修正した.作業時間は,実質30分程度で,ほんのちょっとした変更であるが,この少しの改良が論文の流れを大きく変えるものだった.



◆サーカムフレックス

 そういえば,「^」(â, î, û, ê, ô)は,サーカムフレックスということをはじめて知った.明らかに不勉強だ.いや,ひとつ勉強になったという言い方のほうが前向きでよいのかもしれない.
 日本語のローマ字表記においては,母音にサーカムフレックスを添えることによって長音を表す.

9.14 - Fさんと文化昆虫学談義

◆Fさんと文化昆虫学談義

 本日は,文化昆虫学仲間のFさんと一緒に食事をしながら,文化昆虫学談義をした.私自身は,あまり研究者と会う機会が少ないので,こういった研究話ができる機会は貴重である.多謝.
 話の中では,研究は戦略的にすすめるべきで,まずはたくさんの情報を収集して整理し,おおまかなスキームを作り出したほうが,後々に問題設定や議論がしやすいということを力説した.ただ,もちろん人によってやり方は違うと思うので,何がその人にとってベターなのかはやってみないとわからないだろう.

9.8 - 文化昆虫学にかかわる有力情報を自力でゲット / お祝い事

◆文化昆虫学にかかわる有力情報を自力でゲット

 文化昆虫学にかかわる有力な情報(2件)をインターネットサーチで見つけた.これは絶対に使えるというサイトで,ひとつはすでに具体的な調査プランがたつまでに至った.いつか,解析する日が楽しみである.



◆お祝い事

 今日は,家族の誕生会だった.楽しかった.
プロフィール
 在野の文化昆虫学研究家です.文化昆虫学とは,人間社会の文化事象にかかわる昆虫のインパクトや役割について研究する学問です.

 なお,昆虫生態学などにも興味を持っており,飼育を通してゴミムシダマシ,ジョウカイボン,ハサミムシ等の生態を調べています.

 拙ブログでは,主に自分自身の研究活動に関することについて,徒然なるままに書きます.

 ※当サイトは,リンクフリーです.
ギャラリー
  • 7.5 - 神戸三ノ宮センター街にて昆虫グッズ採集
  • 7.5 - 神戸三ノ宮センター街にて昆虫グッズ採集
  • 7.5 - 神戸三ノ宮センター街にて昆虫グッズ採集
  • 6.20 - 文化昆虫学の本を購入
  • 2.15 - 文化昆虫学英語短報を執筆 / 本日の祝勝会 / 本日の夢の扉
  • 1.11 - 有馬富士自然学習センターの特別展 / 文化昆虫学報告文の投稿 / 本日の夢の扉
  • 1.1 - 謹賀新年
  • 12.20 - 岸和田にて文化昆虫学フィールドワーク / きしわだ自然資料館
  • 12.20 - 岸和田にて文化昆虫学フィールドワーク / きしわだ自然資料館
最新コメント
最新トラックバック
ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ