2016年08月22日

2016年8月21日(日)公開日レポート

今日の桑名は37℃、阿下喜は少し涼しいのですがそれでも32℃を記録しました。この暑さですから、さすが来館者の数もまばらでした。
DSCF5873


来館者のおもてなし要員が少なくて済みましたので、逆にそのメンバーでモ二226の補修作業がはかどりました。
DSCF5907


狭い部分のパテ研ぎに「マルチツール」と呼ばれる新しい工具が活躍しました。
DSCF5879




asita381 at 00:43コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月20日

2016年8月7日(日)公開日レポート

「北勢線とまち育み掲示版」はここをクリックしてください。


朝のうちはモ二226の損壊事件であわただしい状況でしたがご来館の皆さんにはいつものように楽しんでもらいました。
DSCF5765


暑さにもめげず軌道自転車に挑戦。
DSCF5768


鉄道模型の展示に新車が加わりました。
DSCF5776


あすなろう鉄道の新260系車両です。3両編成のうち老朽化した中間車として活躍していたサ123をまったく新しいサ181に置き換え大デビューを果たしました。今回廃車になった中間車サ123は阿下喜に留置されているモ二226の末裔モ二229(戦後型)でした。
DSCF5777



モニ226は塗装補修の作業を進めました。今日は幕板(車体側面上部)のパテを研ぎました。この作業は研いだ粉の拡散がひどく粉塵まみれになります。風向きを考えて人の姿のないほうへ風が流れているときにしかできない作業です。
DSCF5780



上部を先に仕上げれば足場を外すことができます。
DSCF5791


木製の雨樋は暑さと湿度による木材の伸縮により塗装がはがれてきました。下地処理に問題があるようです。
DSCF5792


下地処理(ガードセプター)した反対側は塗膜がしっかり食いついています。
DSCF5799


asita381 at 11:59コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月19日

データ用(軽便鉄道博物館)

DSCF1901


DSCF2915


DSCF2225
DSCF5499


DSCF6116


DSCF6434


DSCF1973


DSCF1976


DSCF5338


DSCF2139


DSCF9215


DSCF9229


DSCF9193


DSCF9207


DSCF6394


DSCF5391


DSCF5389




asita381 at 00:18コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月18日

データ用(北勢線)



めがね橋通過中1
s-261207220



めがね橋通過中2。
DSCF2576


阿下喜〜麻生田間。
PICT0173


阿下喜〜麻生田間。
PICT0170


阿下喜駅進入。
DSCF7813


藤原岳をバックに阿下喜駅発車。
DSCF7131


阿下喜〜麻生田間。
DSCF5254-1


山田橋梁。
DSCF1332


阿下喜駅付近。
DSCF1204


モ200系塗装変更(三重交通カラー)。
a9198ef3


モ277号塗装変更三重交通カラー。
DSCF3451


藤原岳をバックに阿下喜〜麻生田間。
DSCF3371




昭和51年11月撮影。
img045


モ227号車内。
img046


阿下喜駅構内。
img047


阿下喜駅構内モ200系(近鉄カラー)。
img048


阿下喜駅へ向かって走行中。
img053


めがね橋通過中。
img058


六石駅にて(現在廃駅)。
img062


六石駅にて(現在廃駅)。
img075-1


麻生田駅にて
img077



麻生田付近。
img078-1


撮影地不明。
img071






asita381 at 08:37コメント(0)トラックバック(0)データ用 

2016年08月07日

2016年8月7日(日)モ二226 いたずら(投石)により車両破損にあう!

「北勢線とまち育み掲示版」はここをクリックしてください。

本日は誠に悲しいお知らせです。日本の鉄道遺産としても貴重な昭和6年製モ二226がいたずらによる投石被害にあいました。今となっては手に入れるのが難しい前照灯のレンズガラスも破壊されました。
DSCF5759


このモ二226はいなべ市の所有で、市の財産が被害にあったのです。警察といなべ市に被害届をだしました。阿下喜駅に設置されている監視カメラに犯人が写っていれば犯人像が絞られますが目撃者の有無も含めて今のところ不明です。自首してくれればよいのですが・・・。
前面のガラスも4枚破損。
IMG_6231


車内の中央付近まで届いている投石と飛散したガラス。線路のバラスに使われている石。ガラスを割ってここまで投石が届くとは相当な投球力のある輩と思われます。
IMG_6235


運転席、足元の汽笛ペダル付近にも投石が落ちていました。
IMG_6237


モ二226の外部にも相当量のガラスが落下していました。
DSCF5757


本日は貨物鉄道博物館の開館日でもあります。モ二226の見学を楽しみに訪れた鉄道ファンには申し訳ないことになりましたが車内見学を中止して必死の復旧作業が続きます。
DSCF5762






asita381 at 21:51コメント(1)トラックバック(0) 
皆様からのコメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ