January 04, 2006

新年のご挨拶

003新年明けましておめでとうございます。2006年、いい年にしましょうね。さてこの年末年始、皆さんいかが過ごされたでしょうか。僕の生活はかなり不規則なもんでした。まず起きるのは昼前、それから用意してとりあえずお出かけ。向かった先周辺にある喫茶店で2,3時間勉強。それから友達に合流、で飲んで語ってたら日付は翌日。大体この繰り返し。久々にのんびりした時間を感じていた気がします。クリスマスにはT-jiがアメリカから帰国、もうすぐ帰ってしまうのですが、かなりの時間を共に出来ました。大晦日には一緒に六本木のクラブでカウントダウン。正月には友達のニュージーランド人、John君(近々紹介したいと思います)を実家に招いてのホームパーティー。日本の正月に多少戸惑っている様子でしたが、やはり楽しい時間を過ごせました。その他、普段なかなか会えない友達らとも時間を作る事が出来て、そういう面では非常に充実していたと思います。これを糧にまた切り替えて頑張っていこうと思います。今年もどうぞ宜しくお願いします。

asmyself at 15:54|PermalinkComments(10)TrackBack(17) Diary 

December 22, 2005

NHK受信料

すっかり厚着をしないと過ごせなくなってしまいましたね。野球部も先日から年始にかけてのオフに入りました。一年間でまとまった休みがとれるのはこの時期だけなので、皆それぞれのオフタイムを満喫します。しばらくは大学の方が続くので、ここぞとばかりに出席をかせぎに行きますが、大学が終わればそれぞれ実家に帰っていきます。上は北海道から下は沖縄まで。全員が温かい家族との時間を過ごせる事を願うばかりです。
002さて話題を変えて、最近NHKの方々が各家に出向き受信料のお願いをしている場面をちょくちょく見かけます。来年には法的な行使力を持たせるとか。信頼というのは築くのが非常に大変なのに対し、いとも簡単に崩れ去ってしまうものですね。前会長問題に始まり、一連の不祥事。NHKの存在に疑問の声が上がって当然だと思います。ある種の国営的要素を引き継いでいる訳ですから、それが他に見本を示せないようではいけませんよね。非難されるべき所はたくさんあると思いますが、今回僕はそれを書くために取り上げた訳ではありません。むしろその逆です。何か事件や災害が起こった時、皆さん何を頼りにしますか。多くの人がNHKのニュースを当てにしているのではないかと思います。テレビをつけ、気付けば見入っている世界の暮らしや環境などの特番、個人的にNHKスペシャルなどの番組を気に入っているというのもあると思いますが、あれを他の民放で再現出来るでしょうか。不可能ではないと思います。ただ、民放は常に視聴率のもとに大衆受けを模索しなければなりません。もちろんNHKもその色がないと言ったら嘘になるでしょう。番組にもよりますが、NHKの提供する情報の質の高さはその他の何よりもやはり勝るのではないかと思います。その質が受信料という問題で落ちていくとしたら非常に悲しい事だと思います。改善すべき点は山ほどあるでしょう。間違いは正さなければなりません。ただ、今内部で働く人達は悩み考え、良いものを提供するために一生懸命になっているのではないかと思います。一部の人の過ちでその他の今の頑張りを、そして何よりも国としての言わば財産までも失墜させてしまう事はないと思います。という訳で、長々と書いてしまいましたが、自分たちのために、責任の一つとして受信料を払う意義を考え直してはいかがでしょう。

asmyself at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(39) Diary 

December 16, 2005

久々に。

001一ヶ月も更新していませんでした。この一ヶ月が長かったのか、短かったのか。まず何よりも僕のブログに今まで訪れてくれていた方々にお詫びを申し上げたいと思います。突然の休止、本当に申し訳ありませんでした。久々にパンクした自分がそこにはいました。やりたい事がたくさんある故に、やらなくてはならない事がたくさんある故に、そして中途半端が一番嫌いであるが故に一番中途半端な形をとってしまいました。もちろん、続けるべき事は変わらずやっていたのですが、疲れていたのだと思います。昔からこうだと思ったらつっぱしらなければ気がすまないこの性分は良くも悪くも変わらないようです。ただそれで周りの人にまで影響を与えてしまってはいけませんよね。もう一度、申し訳ありませんでした。少しブログから離れて、また自分の生活を見つめる中で適当という言葉の意味を噛みしめる事が出来たような気がします。自分が頑張ろうが、立ち止まろうが、時間は等しく流れていきますよね。大切なのは積み重ねるという事。それをもう一度自分に言い聞かせていきたいと思います。別に特別な何かがあった訳ではないのですが、パンクした自転車に空気を入れなおし、ブログという形でより多くの人とつながっていきたいと思います。また温かい目で見守ってやって下さい。向かう山が富士山であろうが、エベレストであろうがのんびり登っていきます。

asmyself at 13:42|PermalinkComments(5)TrackBack(40) Humanity 

November 07, 2005

交通規則は守りましょう

etc25新しい出発のはずがいきなり更新滞っています。先に言い訳させて下さい、忙しかったんです。とりあえず代が替わると同時に四年生の引退、そして寮からの引越しです。それを手伝いつつ、新体制の下に動いていたのでかなりバタバタしていました。しかもまだ自分の下の学年にマネージャーがいないので、位は上がってもやっている事は以前の仕事も引きずっている状態で結構しんどかったりします。加えて萎える事件も起きてしまいました。先日、四年生の一人の引越しを手伝って車で日吉から千葉に運転してる途中、知らない土地で道に迷ってしまったんですね。で、適当にちょろちょろしていたら交差点曲がった所で白バイ参上、「そこの車停まりなさい。」なんでも本来曲がってはいけない所を曲がってしまったらしく、罰金6000円の減点1です。僕はただ引越しを手伝っていただけなのに。。頑張ります。やりたい事はたくさんあるのに時間がないです。変わらずコーヒーとお友達の生活になりそうです。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 11:53|PermalinkComments(7)TrackBack(2) Diary 

November 01, 2005

再発進

baseball13今シーズンにようやく区切りがつきました。早慶戦、新人戦を終え、チームも新しい代に切り替わりました。しばらくは試合等もありませんが、このオフシーズンにチームとしての底上げを図りたいです。個人的には上級生という立場になって部の中では責任がより伴う形になります。下級生としての下積みの辛い二年間を忘れる事なくこれからもマネージャー業に当たっていきたいと思います。もちろん、今まで以上に自由もきくようになるので色んな面から自分を大きく伸ばせたらとも思います。昨日は下級打ち上げという形で学年で飲みに行ってきました。今日の仕事の関係で最後まで付き合う事は出来ませんでしたが、それでも楽しめました。この仲間達と二年後には笑って引退したいです。写真は昨日神宮にて撮った一枚で、学ランを着て真ん中に埋もれているのが自分です。
さて、一つの区切りを向かえ、新しい自分として仕事に、勉強に、そして適度に遊びにも頑張ります↑時間も比較的作りやすくなった訳で、勉強面ではとりあえず語学は当然として、簿記とFPに株を加えて再発進します。いつでもこの「やってやる」って奮い立った時の気分は最高ですね。ストイックに出来る男、目指します。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 15:48|PermalinkComments(9)TrackBack(1) Baseball 

新たな自分へ

ブログを通して広がる人の輪に改めて無限の可能性を感じています。まずは自分を知ってもらう事から。次の何かに繋がるきっかけを信じてどうぞ宜しくお願いします。常に向上心と共に、、コメントいつでもお待ちしています。

asmyself at 09:00|PermalinkComments(23)TrackBack(9) Diary 

October 26, 2005

The Velvet Rope

cm6今日は僕のお気に入りCDの一つを紹介しようと思います。Janet Jacksonの「The Velvet Rope」です。基本的に僕はジャンルにこだわりはなく、フィーリングで音楽を選んでいくタイプなのですが、このCDはどんな方にもお勧めです。Janet Jacksonの全てが凝縮されている気がします。収録されているどの曲をとっても素晴らしい完成度です。そして、それらが一枚のアルバムとしてまとまる事により、一つのストーリーをみる事が出来るような気がします。忙しい毎日、時には落ち着いて自分と向かい合う時間も必要でしょう。自分の気分に合わせて、その空気を演出してくれる音楽を持っておきたいですよね。 写真をクリックしてアマゾンに飛べます。
さて、最近話題が野球に偏っていますが時期が時期だけにお許し下さい。早慶戦に向け最後の調整をする一方、並行して新チームの土台作りが着々と進められています。来季は僕も上級生という立場になります。その中で、自分としてのチームの見方、貢献の仕方がどう変わっていくのか、楽しみです。大学に足を運ぶと早慶戦に向けて応援団をはじめたくさんの人が自分達を支えてくれ、楽しみにしてくれているのが分かります。日吉の街を回っても所々に早慶戦、野球部のポスターが張ってあり、改めて感謝の心を持たされます。舞台が整っている以上は勝ちたいですよね。裏方として出来る事、一休みまでもうしばらく頑張ります。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 20:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Recommend one 

October 25, 2005

野球がアツい

baseball12日本シリーズ、面白い事になっていますね。二試合連続のロッテ大勝。ロッテファンにとってはたまらないでしょう。次は舞台を甲子園に移しての三戦目、さすがに阪神もこのままでは終われないですよね。
さて、こちら六大学野球もいよいよ今シーズンしめの早慶戦が近付いてきました。今回は優勝が法政に決まっているだけに両校その可能性はありませんが、四年生にとっては最後となる互いの意地をかけた勝負です。プロに負けない盛り上がりを期待したいものです。という訳で、またしばらくこちらの更新も滞ってしまうかもしれませんが、どうぞ皆さん宜しくお願いします。29,30の土日、時間のある方は神宮球場へ。13時試合開始です。ちなみに日曜の試合はNHKでも放送されるので、球場まで来れない方も是非ご覧になって下さい。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 08:53|PermalinkComments(7)TrackBack(4) Baseball 

October 20, 2005

目が冴える

baseball11早慶戦が近づくにつれ、普段に増して忙しい毎日になっています。また、それに並行する形で新チームの体制準備も着々と進められ、チームが慌しく動いています。あと二週間もすれば代も替わっている訳で早いものです。でもきっとこの最後の二週間、長く感じるんだろうな。最近やたらと目が冴えてます。マネ業務を片付け部屋に戻って0時前、そこから勉強する事3時間。気分はナポレオン、でもやっぱり朝は辛いです。
関係ないですが、最近スパムトラックバックを受けるようになりました。見た所アダルト業者さんのようですが、学生ブログ相手に何やってんだか。しばらく続くようでしたら対策考えます。でも結構人気のブログってこういう被害に遭われているみたいですね。勝手にいい方向に捉える自分です。それでは皆さん、よい一日を。

友達の紹介なんですが、これ面白そうです「livedoor スカイプ」。
無料電話が当たり前の日も近そうです。気になる方はこちらをクリック。
(アフィリエイトではないです笑)


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 09:18|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Diary 

October 17, 2005

新しい波

etc24法政戦負けてしまいました。粘り強さという面で明らかな差が出てしまったような気がします。これでうちの今季の優勝の可能性は消滅した事になります。悔しいですが、次のリーグ戦にこの思いをぶつけたいと思います。もちろん、まだ早慶戦を残しているのでそこでは勝利を飾れるように頑張りたいです。
さて話を変えて、再び球界再編の動きが出てきていますね。その渦中にいるのはご存知、楽天の三木谷氏と村上ファンド率いる村上氏です。今回の件の正当性は別で論じてもらうとして、ここから考えられる事は確実に日本が変化を求められているという事ではないでしょうか。もちろん、今回の件に関してはプロ野球、そしてファンという異種要素が加わっているために簡単に取り扱う事は出来ませんが、M&Aをはじめとしたマネーゲームが日常化した日本社会もそう遠くはなさそうですね。あれだけメディアの前で堀江ライブドアとは違うと主張してきた三木谷氏も結果的にやっている事は堀江氏の後を追っている訳ですし、やはり強いものが勝つという新たな構図の波が押し寄せてきているのでしょう。今までの日本社会は完全にそれと異なった体質であった訳で、そこから派生する倫理の上に考えると競争社会においても礼儀ありとなってしまいますよね。この問題は日本文化の根本的な所にまで及んでしまう可能性を秘めているので非常に取り扱い辛いとは思います。それこそ、欧米の白か黒のどちらかという社会に対しての、日本の灰色を好む社会等に通じる部分があるのではないでしょうか。または、結果に重点を置く欧米に対しての、結果よりその過程に重点を置く日本の教えなどもそうでしょう。どちらにも良さがあり、それぞれの国が歩んできた中で形成された風習なのでその是非を問う事は出来ないと思います。ただ一つ言えるのは現時点では結果主義、実力主義のよりアメリカ的な勢いの方が旧来の日本主義よりも強いという事ではないでしょうか。日本が江戸時代のように鎖国という環境にあったなら話は違ったとは思いますが、世界に通じている以上、また世界をリードする立場を担う以上、乗り越えなければならない壁ではないかと思います。この新しい波が運んでくるものはより進行した二極化世界であると思いますが、そのどちらに入るも自分次第な訳で最後に笑って振り返る事が出来るよう、今すべき事を一つ一つ積み重ねていきたいですね。また願わくば、社会は変わっても昔からの日本的な和の心を忘れずに、日本人としての誇りを次の世代へと繋いでいきたいものです。飛躍してしまいましたが、話をプロ野球から始めたので野球にてまとめたいと思います。ホームラン性のセンターフライを打った打者と、当たり損ないのボテボテ内野安打を打った打者、評価されるのはその打球ではなく残った結果、そしてそれを残した後者です。色んな場面で自分の価値観を上手く使い分けていきたいですね。

毎日2500クリック保障の権利を受けられ、ランキング一位も可能となる技術。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 17:55|PermalinkComments(1)TrackBack(5) Humanity