August 2005

August 28, 2005

just playing with my heart

etc8"I don't play it with my size. I just play with my heart. I think I have one of the biggest heart in this league. That's what helps me get over nine times out of ten."
NBAのスタープレイヤー、Allen Iversonの言葉なのですが、初めて聞いた時からすっかり気に入って、ことあるごとに自分自身に言い聞かせています。いつの日か、こんな言葉を自然と言えるようになっていたいものです。


blogrank
←Enjoy your life.

asmyself at 22:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Humanity 

August 26, 2005

休みが、、

friends5昨日はせっかくのオフのはずだったのですが、途中から仕事が入り合宿所に呼び戻されてしまいました。どの道台風直撃で何も出来なかったとは思いますが、昨日は夕方に以前知り合ったアメリカ人の友達に会う予定だったので残念です。名前はBrandon君です。一見ワルな雰囲気が漂う彼なのですが、実際は全くそんな事はなく、結構シャイな面も持ち合わせていたりします。今は兵役でNavyとして日本に来ているという事で、もう2,3年は滞在するようです。兵役の義務がない日本に生まれた僕はいまいちその感覚が分からなかったりするですが、いずれにしても大変ですよね。平和な国である事に感謝。


blogrank
←ワールドワイドに。

asmyself at 12:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Diary 

August 23, 2005

波乱の予感、衆院選

etc7郵政民営化案の否決を受けた形での解散、そして衆院選へ向けての各党の攻防と面白くなってきました。もはやこの状況下で各党という見方をするのも少し違う気もしますね。色んな意味で関心を呼んでいる今回の選挙戦ですが、まずその一つにご存知ホリエモンの政界参入が挙げられるでしょう。しかもその立候補選挙区は亀井氏のお膝元、広島6区。新しい力が勝つのか、それとも経験がものを言うのか。それにしても亀井氏の「政治は金もうけの場ではない。」という発言、国民のどれだけがこの言葉をまともに受け止める事が出来たのでしょうか。どこの国、どの時代であっても政治に汚職や賄賂といったような黒い部分は付き物であると思いますが、今の日本の政治家をどこまで頼りにしていいのでしょうか。このような不安から、ホリエモンのような新しい時代の波にかけてみたいという人が出てくるのも当然の事だと思います。また、この一連劇の主役、小泉首相が今回本当に意図しているものは、郵政民営化はしかり、一本の筋が通った自民党の再構築、抵抗勢力の一掃にあるのかもしれませんね。そういった意味では他に屈しない小泉首相の行動力は評価されるべきであると思いますし、だからこそここに来て再び支持率上昇という形に結びついているのだと思います。国民が望むもの、案外とても単純な事なのかもしれません。どろどろしていない、クリアな政治。これに尽きるのではないでしょうか。昔覚えましたよねリンカーンの言葉「人民の人民による人民のための政治」、いつの間に「政治家の政治家による政治家のための抗争」に変わってしまったんですかね。それにしても今回の選挙、どういう観点から投票するかによって大きく変わってくるような気がします。民主党も郵政だけに関しては明らかに分が悪そうですし、ここに来て生まれた新党がどう絡んでくるのか、楽しみですね。自分達の将来を担う代表者選び、疎かにはしたくないですね。 って仕事しなきゃ、集中集中。


blogrank
←一票の重み。

asmyself at 17:11|PermalinkComments(2)TrackBack(1) Diary 

オープン戦に追われて

完全に生活リズムを崩しています。おととい、昨日と二日連続のオープン戦引率。二試合共にかなりの距離の移動とあってくたくたになっています。試合前日の夜は普段の仕事に加え、翌日の準備含め色々な仕事が入ってくるので忙しくなります。なんだかんだでおとといは3時間、昨日は2時間しか眠れず、どうにも仕事に身が入らない感じです。とりあえず今日の関西学院大、明日の同志社大とのオープン戦を終えれば久々のオフです。来クール(オフとオフとの間の活動日を1クールとし、うちの部では大体1クール=1週間で動いています)は更なる忙しい日々が予想されますが、頑張ります。


blogrank
←精進します。

asmyself at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

August 21, 2005

甲子園閉幕

baseball5激戦が繰り広げられていた甲子園もついに幕を閉じましたね。駒大苫小牧の大会二連覇、すごいですね。花形選手が各校にちらばる中で、彼等を頂点へと導いたものは何だったのでしょうか。野球的な実力、または注目においては彼等をしのぐ学校もあったかと思います。しかし、彼等は昨夏からの経験と自信、更にはもう一度優勝を味わいたいという強い想いにおいてどこの学校よりも勝っていたのではないでしょうか。野球をやる者、スポーツをやる者なら誰しもが頂点を夢見ると思います。その中で連覇を成し遂げた彼等の優勝の裏には弛まない努力があった事でしょう。その努力あっての優勝におめでとうと言いたいです。そして、この夏に全てをかけて練習に励んできた高校球児達、本当にお疲れ様。今まで野球に打ち込む自分を支えてきてくれた人達や周りの環境への感謝の気持ちを忘れず、これからも野球といい付き合いをしていってもらいたいと思います。


blogrank
←We love baseball.

asmyself at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Baseball 

August 19, 2005

Difference

etc6日本人と欧米人の違いと言われて皆さんどんな事を思い浮かべるでしょうか。もちろん外見的な違いに始まり、さまざまな事が挙げられると思います。今日は僕が個人的にとても驚いた違いについて書いてみようと思います。英語力を伸ばすべく、オフの日に街に出て外国人を探して積極的に話しかけてみたり(ある意味不審者ですね)、ネットにて知り合うなどして、今まで何人かのガイジンさんと友達になり、何度か会ったりもしています。その度に僕は彼等にあって自分にない、あっても弱いモノを感じてきました。彼等には会話の中に日本人とは決定的に違った、独特の雰囲気があるんです。もしかしたら、これは僕が知り合った人に限られる事なのかもしれませんが、数名であってもその全員に共通して感じられたのでおそらく欧米人という枠で言える事ではないかと思います。さて、この独特の雰囲気が何なのかというと、その場に誰が何人いようと、会話をする時は一対一という空気です。上手い表現が見つからないのですが、言い換えるならば眼光が鋭いというような、、なんのこっちゃ。普通、日本人間で会話をする時、自然と話し手はみんなに語りかけるようになりますよね。逆に言えば集団に対して語りかける時に特定の人とのみの会話を避けるような傾向があるような気がします。これは日本人の美徳的な面から、どこか八方美人的な要素が作用しているのかもしれません。しかし、欧米人間においてはほぼこの傾向が感じられないのです。ある時、僕のアメリカ人の友達が、同じく日本に住む彼の友達を二人連れてきて四人で話していた時、彼等と自分との違いを痛感しました。彼等はある事について会話を交わす際、そのシーンのみを切り取ってみると完全に一対一の関係が成り立っているのです。もちろんその場には他に二人いる訳で、話のネタもその二人にしか分からないという訳ではなく全員に通じる事だったのですが、それでも会話は一対一なんです。不思議ですよね。言っている事がよく分からない人もいるかも知れませんが、欧米人の方と話す機会があった際に、相手から何か普段と違う強い目力のようなものを感じた経験はないでしょうか。その力がどの状況においても作用しているんです。当然、彼等自身は特に何も意識はしていないと思いますが、これが文化の違いという奴なのでしょうか。それこそよく言われる、欧米人は自分の主張を強く出してくるという事に通じるのかもしれません。一対一の関係を重んじる欧米人、全体としての調和を重んじる日本人。どちらが良いのかは分かりませんし、そもそも文化的な相違に由来する部分が大きいため優劣はつけらえないと思いますが、少なくともそこに僕は強さを感じました。自分にない良い部分はどんどん吸収していきたいですよね。


blogrank
←Click click.

asmyself at 15:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Humanity 

August 16, 2005

ファーストインプレッション

今はとても忙しくてそんな余裕はありませんが(うちの部に下級生はアルバイトをしてはいけないという規則もありますし)、高校の野球部を引退した後二ヶ月間だけアルバイトをしていました。今日はそのアルバイトから話を展開していきたいと思います。そもそも何のアルバイトをしていたのかというと、色んな家庭に電話を掛けて家庭教師を雇いませんかという誘いをするテレアポの仕事だったのですが、要は勧誘電話ですね。仕事としてはとりあえず、電話帳を見ながら片っ端から電話を掛けまくるのですが、アルバイトを始めた最初の月で正社員含め20名くらいのアポインターがいた中で僕は営業成績2位を獲得する事が出来ました。給料も歩合制でしたので時間で割ったら軽く時給2000円は超えていたと思います。高校生のアルバイト料としては相当な額ではないでしょうか。さて、ではどうしてそれまで一度もアルバイトの経験を積んだ事がなかった僕がそんなおいしい思いが出来たのでしょうか。自分で振り返って書くのも変な感じではありますが、おそらく「相手の立場になる」これに尽きると思います。僕は基本的に人見知りをしないタイプなんですが、知らない人と初めて話す時に必ず心掛けている事があります。それは「相手の話を聞く」という事です。当たり前のようですが、とても大切な事だと思います。話を聞く事によって相手はその時に思っている事、もしかしたら自分の不安等も含めて打ち明けてくるかもしれません。自分が考えている事などを人に話した時に落ち着いた気分になれたというような事を誰もが一度は経験した事があるかと思います。話を聞くという姿勢により確実に相手との距離を縮められると思います。一つ、この時に注意しなければならないのが、相手の話している内容にしっかり反応をするという事です。相手がある話題について話すごとに「そうですね」などと理解を示す訳です。もちろんただ同意をしているだけではなく、時には相手に意見してみるのも良いと思います。ただ、加えて気を付けなければならないのが、まず相手を認めるという事。例えば自分がある提案をした時に相手に「それは違う」と言われるのと、「そうですね。ただこういう見方も出来るのでは…」と言われるのでは受け手としても大きな差がありますよね。話をアルバイトに戻して、話を聞く過程を通し、ある程度相手と打ち解けてきたら、そこで話を自分の持っていきたい方向と絡ませていきます。後は自然と事が進んでいくと思います。決して、自分主体にはならずに相手主体で会話を進める。そして常に相手を思いやる気持ちを忘れない。これらを心掛けるだけで必ず違いが実感出来るはずです。さて、偉そうに語ってきましたが別に特別な事ではなく誰にでも実践出来ますよね。もっとも、当時僕の上に1位が君臨していた訳で、きっとそこにはまた普通の人とは違った何かがあるのでしょう。幸い今の立場上いろんな方と接する機会も多いので、いつの日かその何かが分かる日が来ると信じてこれからも頑張っていきます。etc5アルバイトから話を進めてきましたが、人の印象は最初の応対等で確立されてしまう事がほとんどではないでしょうか。逆にその機会を上手く活かして自分の強みに出来れば最高ですよね。応対能力、更には人間性、仕事に限らず生活のあらゆる場面で問われますよね。今日の自分より明日の自分、人を呼び込むような自分の魅力、磨いていきたいですね。何か良いアイデアや意見等ありましたら是非教えて下さい。ちなみに写真はうちのマネージャー室で、内容とは一切関係ないのであしからず。


blogrank
←Step by step.

asmyself at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Humanity 

August 15, 2005

オープン戦の日々

先日から秋のリーグ戦へ向けてオープン戦が始まりました。今年は例年よりも多く試合が組まれており、来月10日のリーグ戦開幕までひたすら実戦経験を積んでいきます。うちの場合は基本的にホームで試合を行うのですが、日によってはチームを二つに分けて片方がホームで、もう片方がアウェイにて行われます。試合には基本的に最高学年のマネージャー、主務がベンチ入りするのですが、分割されてアウェイにて行われる時などは僕が試合に帯同してベンチに入ります。丁度今日はアウェイの試合に帯同してきたのですが、朝9時にこちらの合宿所を出発して先程夕方6時に帰ってきました。大学野球のマネージャーは事務的な仕事等がほとんどで案外直接野球に触れている時間が少なかったりするので、久々にこういう時間が持てるとやっぱり爽快な気分になれますね。ただ、疲れました。。つくづく体力が低下したなと痛感しました。しばらくは毎日オープン戦という日々が続くので頑張っていきたいと思います。さて、明日の準備して、10時半まで仕事やって、帰ってから簿記の勉強やろっと。今日も一日お疲れ様でした。


blogrank
←一日一回のご協力。

asmyself at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

August 13, 2005

My favorite movie

cm4何度も観かえしたくなる映画ってありませんか。僕もそれほど映画に詳しい訳ではありませんが、今日紹介する「Forrest Gump」はそんな映画の一つです。というよりも僕が一番好きな映画です。正直紹介する必要もないくらいに有名な映画だとは思いますが、軽くあらすじに触れると、知能におき人よりも劣る主人公が人生を通して、友情や愛、そして人間の心の深いところにある大切なものを学び成長していくといった感じです。とりあえず、テーマが壮大であるので実際に観てもらうのが一番良いかと思います。純粋な心故の葛藤等もあると思いますが、そんな誠実さが周りの人を結果として幸せにする。悲観的な見方をすればさまざまな批評がされてしまうかもしれませんが、少なくとも僕はこの映画に表現される人間らしさを信じていたいですし、また素直に感動出来る気持ちを忘れたくはないです。現実社会において、本音と建前が存在するのは仕方のない事でしょう。自然と使い分けている自分もいます。現実を生きるにあたって綺麗な事ばかりは言ってられないのも事実だと思います。ただ、決して忘れてはいけない大切なもの、それをこの映画は教えてくれる気がします。まだ観た事がない人は是非どうぞ。


blogrank
←Life is like a box of chocolates.

asmyself at 15:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Recommend one 

August 11, 2005

野球遍歴

baseball4初めて野球に触れたのはいつだろうと思い返してみても、正確な時期は思い出せません。ただ、自分が幼稚園に通っていた頃の記憶として父親とキャッチボールをしている画が思い浮かぶので、その時分から接点はあったのだと思います。小さい頃から運動神経には恵まれていた方だったので、色々なスポーツに手を出してきましたが、実は一番最初に覚えたのはキャッチボール、野球であったのかも知れません。当時は父親の方から休日の空き地に誘われキャッチボールをしていました。むしろ指導されていたという方が正しいかもしれません。時には、連れられるままに嫌々という事もあったように思います。まだ昔を振り返るには若すぎる歳ではありますが、その野球とまさかここまで一緒に歩む事になるとは思ってもいませんでした。そんなきっかけを与えてくれた父親も五十間近。もうかつてのように親子でキャッチボールをする機会もありませんが、記憶している中で最後に一緒にキャッチボールをした高校三年の時、父親にかつての球の勢いはありませんでした。当たり前ではありますが、時間とともに父親も老いたのだなと悲しく思いました。もちろんまだまだ元気な父親ですが、キャッチボール一つを通してもその時間の経過に驚かされるばかりです。今では二ヶ月に一度くらいで実家に帰る際に顔を合わす位しか話す機会もありませんが、自分に初めて野球を教えてくれた父親に、そして陰から見守り支えてくれている父親にいつも感謝しています。
思った時にシリーズ形式にて、自分と野球という観点からのんびり今までを振り返り綴っていきたいと思います。


blogrank
←Enjoy Baseball.

asmyself at 19:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Memory of baseball 

August 09, 2005

宣伝〜

cm3かつては夢中になっていた頃もありましたが、今は基本的に無縁のものとなってしまっているテレビゲーム。そんなテレビゲームの1タイトルを今日は紹介させていただこうと思います。「プロ野球チームをつくろう!3」というプレイステーション用のゲームソフトなのですが、実はこの製作にあたって僕もちょっぴり協力しているんです。自分がオーナーとなってプロ野球チームを運営していくというゲームなのですが、ゲーム内での野球施設・練習メニュー等を考える上で参考にしたいという事で、少しではありますが意見させていただきました。そのやり取りをしたのが去年の12月なのですが、1つのゲームを作るにあたって、長い時間と苦労がかけられているのだなと改めて感じています。制作期間中、何度か経過報告をメールでいただいたのですが、その度に製作にあたっての現場の意気込み等がひしひしと伝わってきました。当たり前の事であるのかもしれませんが、そこに一つのプロが成す仕事を感じていた自分がいます。将来、自分が携わっている仕事には誇りをもって打ち込んでいたいと思います。 とりあえず、、「プロ野球チームをつくろう!3」宜しくお願いします。


blogrank
←セガに売り上げ貢献。

asmyself at 20:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Diary 

August 08, 2005

自分を見つめる

baseball3先日、全国高校野球選手権大会が開幕し、甲子園にて熱い試合が続いていますね。常連校の中に交じる形で初出場も7校ほどあり、最高の舞台にて各々の最高の野球が出来る事を願うばかりです。野球に限らずスポーツ全般に当てはまりますが、自分達のために結果を残そうと一生懸命練習をし、そして試合なりを通して第三者である観客らにも感動を与える事が出来るって素晴らしいですよね。だからこそやるからには本当に頑張って欲しいし、例えそれが結果に結びつかなくても何かしら残るものもあると思います。さて、話は少し古いですが、今回甲子園開幕にあたって悲しい事件が起こりました。部内暴力、部員の集団喫煙、更にはその隠蔽という高知県代表の明徳義塾高校の不祥事。もちろん色々な事情も絡んでいたのだとは思いますが、まず選手達に何のために野球をしてきたのかと問いたいですよね。確かに人それぞれに価値観等も違う訳で一筋には語れないとは思いますが、一歩引いて自分を客観視し、今何を優先しなければならないのかと考える必要があったのではないでしょうか。またそれを隠蔽してまで栄誉を勝ち取ろうとした行為、遺憾な限りです。今回はたまたま明徳義塾高校が表に出ましたが、おそらく氷山の一角に過ぎないと思います。誰にでも過ちはあると思います。それを認めた上で這い上がれるかに、人間としての大きさが求められるのだと思います。野球に限らず一人間として、自分には正直でいたいですよね。偉そうに書き綴ってきた事をお許し下さい。さあ今日も一日頑張りましょう。


blogrank
←真摯に。

asmyself at 12:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Baseball 

August 06, 2005

Self talking

生活のいたる場面で僕は独り言をつぶやいています。独り言といっても、ちょっと趣向を変えて英語にてつぶやくのです。いくら自主的に勉強してもそれを実践する機会がなければ身に付かない。かといって今の状況ではそういう時間を設ける事は出来ない。この条件下でいかに英語を日常に浸透させるかと考えた末に行き着いたのが、この"Self talking"です。たまたま本屋で英語の勉強法について調べていた時に見かけたのがきっかけで、朝起きて"It's another day of work."から始まり、ことあるごとに英語を繰り返しています。もちろんTPOをわきまえて実践していますが、可能な時は口に出して、それ以外は心の中でつぶやいています。意識的に何か頭で組み立てる時も英語にて考えるようにしています。もちろんこの勉強法には限界があると思いますが、とりあえず当分は続けていくつもりでいます。出来る事はとりあえずやる、この姿勢を維持して引き続き頑張っていこうと思います。同じく英語習得、ないしは他の勉強に励む皆さん、頑張りましょう。


blogrank
←継続は力なり。

asmyself at 17:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Let's English 

August 05, 2005

夏らしく

issei2夏休み中は授業もなく、日中はかろうじて人手も足りているので練習の手伝いをしにグランドに下ります。まだ始めて数日しか経っていないのに、すっかり肌も焼け、夏の日差しの強さを改めて痛感しています。これで海に行かずとも、夏を越えて肌が白いという状態を回避出来るなとひそかに喜んでいたのですが、それも束の間、焼けているのは顔と腕だけで、なんとも情けない感じに仕上がっています。
話変わって、ブログを始めて感じている事の一つに男女の違いがあります。別にどうでもいい事なのですが、例えばあるコメント等を残した時にそれに反応を示してくれるのは明らかに女性の方が多いという事です。以前読んだ本に女性の方が男性よりも共感感情に長けるとあったのですが、それをまさにこれが表しているのかなと勝手に感じています。対象を人間にして研究してみるのも意外に面白そうですね。


blogrank
←日々前進。

asmyself at 20:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Diary 

August 04, 2005

簿記。。

etc4色んな人と会って話す度に、簿記は将来的に必要になるから今の内に身につけておいた方がいいよと助言されます。その必要性は十分に理解しているつもりなのですが、なかなか思ったように勉強が進みません。限られた時間の中で勉強する時間を見つける訳ですが、上手くやれても簿記に充てる事が出来るのは一日に40分がいっぱいいっぱいで、その間相当な集中力で臨んでいるとはいっても数日前にやった内容が既に頭から抜けていたりします。出来る事ならまとまった時間、期間をとって集中的に勉強したいのですが、そう出来ないのが現状です。何か良い方法はないものでしょうか。ちなみに最近は会計士を目指す友達らから某資格学校の問題集等を回してもらう形で地道に勉強しています。うーむ、先の道は険しい。


blogrank
←資格取得も地道な努力。

asmyself at 18:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0) To be businessman 

August 03, 2005

We all live underneath the same blue sky.

今日はうちの部が主催で、来年度入部希望の高校生を対象とした合同練習会があったため、朝は6時に仕事場に向かいました。日中は練習会のサポートに追われ、夕方は来賓者等の送迎に時間を捧げるという形で過ごしました。先程合宿所の方に帰ってきて、ようやく昼兼夜ご飯にありつけました。今日は起きてから勉強出来なかったので、仕事を終えて部屋に戻ってからは集中して勉強に臨もうと考えながら、今ブログに書き込みをしています。
さて、今日は自分の親友の一人について書きたいと思います。人それぞれに色んな付き合いや仲間がいると思いますが、僕にはこいつになら自分の全てをさらけ出せる、逆に何でも相談に乗ってやれるというような仲間が何人かいます。これはとても幸せな事ですが、その内の一人がこれから紹介する、T-ji君です。彼とは中学の時からずっと一緒という感じで、中学・高校で同じクラスになる事、4回。クラブは同じ野球部に所属というすごい縁でした。今でも覚えている彼との初会話。中学に入って初めての体育の授業、着替えの時間に当時すでにトランクスを下着として身に着けていた僕を見た彼が口にしたのが「おまえトランクスなんかはいてるのかよ、普通ブリーフだろ。」というなんとも低次元な、それこそ小学生から上がりたての子供の会話でした。しかし、当時まだまだ幼い僕もこれにムッと感じたのを鮮明に覚えています。ほんとにどうでもいい事なんですが、人間の記憶って面白いですよね。そういう記憶こそ鮮明に残っているんです。中学・高校と計6年間、彼と共有した思い出は数え切れないほどあります。本当に楽しかった良き思い出もあれば、お互いに辛くほろ苦い思い出までさまざまです。でもそれら全てが合わさって今の僕と彼との関係が成り立っている訳で、どれもがとても大切な思い出です。昔は喧嘩をする事もしばしばあり、その度にどちらかが謝っていたのですが、本当に懐かしいです。彼を一言で表すとクールな奴で、それでいてたまに見せる物事に対する熱い姿勢。どんな格好をさせてもビシッとキマるし、スポーツも万能で、当時はよく彼のする事や身につけている物などを気にして、時には真似をしてみる自分もいました。そんな彼の欠点をあえて挙げるならば勉強でしょうか。当時の自分の成績を振り返る限り、人の事は言えたものではありませんが、彼は相当に悪い部類でした。もっとも自分としても学校の成績なんて全く気にしていない時分でしたので、そんな事はどうでも良かったのですが。大学に上がってからは、自分は体育会にて、彼は普通の大学生としての生活を送り、たまに会っては昔の思い出をつまみに酒を飲むという感じでした。ある時、彼が英語と本場のビジネスを学びたいからアメリカに留学を考えていると告白してきました。前々から、多くの分野で日本の先をゆくアメリカで勉強をしたいとは言っていましたが、少なくとも英語で良い成績を残している彼の姿を見た事はなく、補習も常連というレベルでしたので、あまり自分としては現実感をもって受け止めてはいませんでした。さてそのT-ji君は今、アメリカにいます。日本にいた時に一人でもくもくと向こうに渡る準備をしていたんですね。まだ向こうに渡ってから数ヶ月しか経っていませんが、時々メールのやり取りもしています。互いを深く知っているだけに、また良い意味で競い合えるライバルでもあっただけに、先を越されたなという少しの悔しさも正直感じています。自分の全く知らない世界、知らない人間、知らない文化と、乗り越えなければならない壁は厚いとは思いますが、彼自身の目標達成を心から祈っています。
friends4好きな曲の歌詞の一節、"We all live underneath the same blue sky"と彼に届けたいです。ついつい長くなってしまいましたが、皆さん友達は大切に。自分のために、そして自分を信じてくれる仲間のために一日一日を大切に生きましょう。


blogrank
←Keep good work.

asmyself at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) With my friends 

August 02, 2005

暑い日、続いてます。

baseball2おとといから続く歯痛(処置後痛)とあまりの空腹のため、今朝は夜中の三時に目が覚め、どうせだからとそこから簿記の勉強を始めてそのまま朝を迎えました。午前中は今日は充実した日になりそうだとやたら得した気でいっぱいだったのですが、午後はほとんど寝てない事がたたって疲れを感じだし、やっぱり寝ておけば良かったと後悔にたたられていました。今日も午後はグランドに下りて練習の手伝いをしていたのですが、なんてったって暑い。もうすっかり「する側」から遠のいてしまっている自分には、一年前この暑さの中練習に励んでいた自分が信じられないです。ちなみにうちのグランドは今の季節、日がまともに射す昼には人工芝の照り返しもあって、グランド上は40℃近くまではね上がります。本当に尋常じゃない暑さと湿気です。
さてさて、最近中国語の勉強にリスニングも少しずつ取り入れてやっているのですが、これが恐ろしい程聞き取れない。教材CDの対象は初級者用となっているのにもかかわらず、朝の英語のリスニングとは逆にもっと速度を落としてやりたいくらいです。こんな所で中国4000年の歴史を痛感するとは思ってもいませんでした。マネ業務終了の22:30まであと3時間、残り頑張ります。今日の写真は練習中にグランドでこっそり撮った一枚。ちなみに後姿にて写っている左側のキャッチャーは岡崎さんです。分かる人は分かるかな。ではでは。


blogrank
←いつまで続くこの暑さ。

asmyself at 19:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Diary 

August 01, 2005

夏の風物詩

etc3今日の夜、横浜にて花火大会があるようです。夏と言えば、海。花火。今年はかなり忙しいので、残念ながらどちらにも行く機会はなさそうです。話変わって、先日最近奥歯が痛むなと鏡で確認してびっくり。ついに自分にも親知らずの恐怖がしのびよってきていました。昨日はグランドに下りて選手の練習の手伝いをしていたのですが、久々に体を動かしたのと、外が相当に暑かった事が重なって一気にへばってしまい、その疲れが親知らずに表れる形でかなりの激痛に襲われ、その後のマネ業務が全くはかどりませんでした。あまりに痛みがひどかったので上級生にお願いして仕事を早くあがらせてもらい、小学生以来の歯医者に行ってきました。診察が始まるやいなや、状態はかなり悪いと宣告され、抜歯はまとまった日がないと出来ないので、応急処置として親知らずの上の歯茎が切り取られました。麻酔が効いていた当初は良かったのですが、今はかなり痛みます。おかげで今日は朝からプリン一つしか食べれず、さんざんな目にあっています。皆さん、歯の異常はお早めに。


blogrank
←一日一票。

asmyself at 19:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Diary