Baseball

November 01, 2005

再発進

baseball13今シーズンにようやく区切りがつきました。早慶戦、新人戦を終え、チームも新しい代に切り替わりました。しばらくは試合等もありませんが、このオフシーズンにチームとしての底上げを図りたいです。個人的には上級生という立場になって部の中では責任がより伴う形になります。下級生としての下積みの辛い二年間を忘れる事なくこれからもマネージャー業に当たっていきたいと思います。もちろん、今まで以上に自由もきくようになるので色んな面から自分を大きく伸ばせたらとも思います。昨日は下級打ち上げという形で学年で飲みに行ってきました。今日の仕事の関係で最後まで付き合う事は出来ませんでしたが、それでも楽しめました。この仲間達と二年後には笑って引退したいです。写真は昨日神宮にて撮った一枚で、学ランを着て真ん中に埋もれているのが自分です。
さて、一つの区切りを向かえ、新しい自分として仕事に、勉強に、そして適度に遊びにも頑張ります↑時間も比較的作りやすくなった訳で、勉強面ではとりあえず語学は当然として、簿記とFPに株を加えて再発進します。いつでもこの「やってやる」って奮い立った時の気分は最高ですね。ストイックに出来る男、目指します。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 15:48|PermalinkComments(9)TrackBack(1)

October 25, 2005

野球がアツい

baseball12日本シリーズ、面白い事になっていますね。二試合連続のロッテ大勝。ロッテファンにとってはたまらないでしょう。次は舞台を甲子園に移しての三戦目、さすがに阪神もこのままでは終われないですよね。
さて、こちら六大学野球もいよいよ今シーズンしめの早慶戦が近付いてきました。今回は優勝が法政に決まっているだけに両校その可能性はありませんが、四年生にとっては最後となる互いの意地をかけた勝負です。プロに負けない盛り上がりを期待したいものです。という訳で、またしばらくこちらの更新も滞ってしまうかもしれませんが、どうぞ皆さん宜しくお願いします。29,30の土日、時間のある方は神宮球場へ。13時試合開始です。ちなみに日曜の試合はNHKでも放送されるので、球場まで来れない方も是非ご覧になって下さい。


blogrank
←ワンクリック、宜しくお願いします。

asmyself at 08:53|PermalinkComments(7)TrackBack(4)

September 17, 2005

体育会

etc14気付けば入部してから一年半という時間が経っています。早いものです。野球部では11月に四年生が引退するので、それと同時に代が新しくなります。僕もあと一月半で上級生になる訳です。さて、今日は野球部における、いや体育会という世界における学年構成について触れてみたいと思います。皆さんは体育会という集団に対しどんなイメージをお持ちでしょうか。僕も入部する前には色んな想像をめぐらせていたのですが、入ってから圧倒された部分が大きかったというのが正直な所です。もちろん練習の質や量はさることながら、やはりその部としての体制や上下関係といった所に一番戸惑いを感じました。体育会という性質上、規律などはしっかりしているのですが、それら全ては上下関係の下に成り立ちます。よく世間で言われるような、一年奴隷・二年貧民・三年富豪・四年天皇に通じるものがあります。うちの部の場合はこの構成図とは少し違って、一・二年を下級生、三・四年を上級生と区分し、その二つの間にはエベレストよりも高い山がある訳です。基本的に上級生=規則という式が成り立つので、下級生はそれに必ず従う形となります。これに反すると恐ろしい罰が下される訳です。この仕組みは野球から日常生活まで全てに至るので、時にはこれらに矛盾を感じる事もありますが、上級生も昔はこの修羅場を掻い潜って今に至っているんだなと思うと妙に納得出来る自分がいます。変な話ですが、同じ痛みを知っている仲間という所でしょうか。この古い日本の決定版とも言える、究極の年功序列制度に感じる疑問も多々ありますが、決してそれだけではなく学ぶ事もたくさんあります。まず、挨拶や礼儀に始まり相手を敬う心。また、多少不平を感じてもとりあえず実践してみるという姿勢。どこまでが将来的に役立つのかは分りませんが、以前よりも明らかに成長した自分を感じる事は出来ます。きっと、根本の理念はそのままに、年を重ねるごとに、代を越えるごとにいいものが残っていく所に体育会の良さがあるのではないかと思います。このリーグ戦シーズンを終えれば、上級生。きっと空も飛べるはず、、は言い過ぎかな。今日も皆さんが充実した一日を送られる事を心からお祈り申し上げます。


blogrank
←不屈の精神。

asmyself at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 13, 2005

厳しい開幕

baseball8土日の明治戦は残念ながら連敗を喫し、厳しい開幕となりました。どうにも投手陣が安定せず、そこを上手くつかれた形で勝ち点を挙げられてしまいました。今週は空き週となり、その次には立教が控えています。しっかりチーム状態を立て直してから試合に臨めればと思います。それにしてもやっぱり試合前後は格段に忙しくなりますね。仕事の方も頑張ります。


blogrank
←前を向いて。

asmyself at 06:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 09, 2005

神宮に行こう

etc11いよいよ秋季リーグ戦が開幕します。これから二ヶ月忙しくなります。チームが勝つために出来る事、、頂点を目指して全員で頑張ります。応援の程、宜しくお願いします。ちなみに今回は僕がうちの応援パンフレットを作りましたので、神宮に足を運んでいただいた際にはそちらの方も楽しんでいただけたらと思います。


blogrank
←明日は明治戦、まずは一勝。

asmyself at 22:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

September 05, 2005

神宮の星へ、、

baseball7秋季リーグ戦開幕を前に、「大学野球(特別号)」として東京六大学野球特集号が発行されました。巻頭ではうちの正捕手・岡崎祥昊(智弁和歌山高)と早稲田のエース・宮本賢(関西高)がかっこよく特集されています。少し野球に詳しい方ならなじみのある二人の名前だとは思いますが、この二人の出会いは高校三年時の甲子園までさかのぼるようです。同じチームでの後輩という立場からは、岡崎さんは良き先輩、そして良き野球人として映ります。野球に関する技術はさることながら、普段はおもいっきり関西人オーラで場の雰囲気を明るく盛り上げてくれます。それが野球の試合となるとまるで人が違うかのように熱く、厳しい人になります。それでもチームメートへの思いやりを忘れない所に岡崎さんの人間性が表れていると思います。もちろん部員全員いてこそのチームであり、勝利な訳ですが、岡崎さんが優勝へのキーマンとなる事は間違いないでしょう。後輩という立場ではありますが、皆さん岡崎さんを宜しくお願いします。そして、塾野球部への応援も加えて宜しくお願いします。


blogrank
←投票お願いします。

asmyself at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 04, 2005

リーグ戦に向けて

friends6昨日で今夏のオープン戦が終了しました。A軍戦はホームで新日本石油と、B軍戦はアウェイにて明星大と試合を行ったのですが、残念ながら共に負けてしまいました。それでもこの夏のオープン戦を通して選手個人として、チーム全体としてたくさんの事を学べたと思います。さて、B軍戦のアウェイ引率は前にも書いたように2年生マネージャーの仕事の一つなのですが、それも昨日にて全てを終了した事になります。春から数えてかなりの試合をこなしてきました。B軍戦は神宮の主力メンバーにあと一歩という準メンバーにてチームが構成されます。実力的にはA軍に劣るものの、いい意味で泥臭い独特の雰囲気があります。その輪の中に入って試合に臨む事ももうないのかと思うと、少しせつなくなります。この雰囲気を知っている選手達が将来、上にあがって神宮の舞台に立てる事を願うばかりです。同じチーム内でも常に熾烈な争いがある訳で、勝負の世界は厳しいですね。写真は試合の帰りに同期の選手二人に挟まれて撮った一枚です。リーグ戦開幕まで一週間をきりました。春果たせなかった優勝を秋こそ掴みとりたいです。


blogrank
←常に上を目指して。

asmyself at 14:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 21, 2005

甲子園閉幕

baseball5激戦が繰り広げられていた甲子園もついに幕を閉じましたね。駒大苫小牧の大会二連覇、すごいですね。花形選手が各校にちらばる中で、彼等を頂点へと導いたものは何だったのでしょうか。野球的な実力、または注目においては彼等をしのぐ学校もあったかと思います。しかし、彼等は昨夏からの経験と自信、更にはもう一度優勝を味わいたいという強い想いにおいてどこの学校よりも勝っていたのではないでしょうか。野球をやる者、スポーツをやる者なら誰しもが頂点を夢見ると思います。その中で連覇を成し遂げた彼等の優勝の裏には弛まない努力があった事でしょう。その努力あっての優勝におめでとうと言いたいです。そして、この夏に全てをかけて練習に励んできた高校球児達、本当にお疲れ様。今まで野球に打ち込む自分を支えてきてくれた人達や周りの環境への感謝の気持ちを忘れず、これからも野球といい付き合いをしていってもらいたいと思います。


blogrank
←We love baseball.

asmyself at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2005

自分を見つめる

baseball3先日、全国高校野球選手権大会が開幕し、甲子園にて熱い試合が続いていますね。常連校の中に交じる形で初出場も7校ほどあり、最高の舞台にて各々の最高の野球が出来る事を願うばかりです。野球に限らずスポーツ全般に当てはまりますが、自分達のために結果を残そうと一生懸命練習をし、そして試合なりを通して第三者である観客らにも感動を与える事が出来るって素晴らしいですよね。だからこそやるからには本当に頑張って欲しいし、例えそれが結果に結びつかなくても何かしら残るものもあると思います。さて、話は少し古いですが、今回甲子園開幕にあたって悲しい事件が起こりました。部内暴力、部員の集団喫煙、更にはその隠蔽という高知県代表の明徳義塾高校の不祥事。もちろん色々な事情も絡んでいたのだとは思いますが、まず選手達に何のために野球をしてきたのかと問いたいですよね。確かに人それぞれに価値観等も違う訳で一筋には語れないとは思いますが、一歩引いて自分を客観視し、今何を優先しなければならないのかと考える必要があったのではないでしょうか。またそれを隠蔽してまで栄誉を勝ち取ろうとした行為、遺憾な限りです。今回はたまたま明徳義塾高校が表に出ましたが、おそらく氷山の一角に過ぎないと思います。誰にでも過ちはあると思います。それを認めた上で這い上がれるかに、人間としての大きさが求められるのだと思います。野球に限らず一人間として、自分には正直でいたいですよね。偉そうに書き綴ってきた事をお許し下さい。さあ今日も一日頑張りましょう。


blogrank
←真摯に。

asmyself at 12:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 28, 2005

甲子園出場をかけて

baseballいよいよ、神奈川でも今年の夏の甲子園出場校が決まりますね。今日まで毎日熱戦を繰り広げてきた高校球児達に拍手を送りたいですね。さて、今日の決勝戦は慶應高校vs桐光学園。どちらもここまで際どい試合を制して勝ち上がってきているだけに本当に楽しみですね。期待はしていましたが、ここまで慶應高校が来るとは正直思っていなかったので本当に頑張って欲しいです。昨日の準決勝にしても両校共に激闘を繰り広げていましたし、今日の試合も接戦が予想されます。
今日は朝早くからマネージャーの仕事があったため、普段より一時間も早く仕事場にやってきました。今丁度一つを片付けて一息というところです。マネージャーの仕事についてはまた今度触れる事にして、今日は夕方まで仕事をした後、高校時代の友人らと会ってきます。夢を語り合える仲間がいるのは本当に有難い事ですよね。それでは皆さん良い一日を。


blogrank
←どうなる、神奈川決勝。

asmyself at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 24, 2005

高校野球真っ盛り。

早速更新いたします。何でもやり始めってのは意欲が湧くからいいよね。何事にもこの初心を忘れる事無く続けるスタイルでいけたらどれだけ充実した人生が送れることか。さてさて、気付けば暑い夏真っ盛り。大学生にとってこの時期はまさしく試験シーズンであり大変な毎日かと思います。もちろん自分もかなりの窮地に立たされている身ではありますが。人それぞれに色んなアツい夏があると思いますが、なんといってもこの時期は高校野球児が各地で夢を追って激闘を繰り広げている頃でもあります。小さい頃から野球をやっていた自分にとっても高校野球には格別な思いがありました。今も大いに野球に携わる環境にいたりするのですが、とりあえず今年も例年同様に高校野球ニュースは欠かさずチェックしています。でもって、せっかく慶應に所属している訳だから付属校である慶應高校の応援をしたくなるってのは当たり前の話ですよね。あの慶應のユニフォームが神宮球場ではなくて甲子園で見られるってのも気持ちがいいものです。大学の早慶戦の盛り上がり、迫力もすごいけれど、甲子園での慶應高校ナインの活躍にも期待したいところです。ただ、少し疑問に思うのはそれらを解釈する側の事。当人達には本当に頑張って欲しいし、それに励まされる事も間違いないと思うけれど、それをOBなり今社会に出ている側の人間がここぞとばかりに慶應慶應ってのもちょっと違う気がします。それをする事によって、確かに自分達の誇りを示す事にはなると思いますが、行き過ぎは一般の純粋な高校野球ファンの反感を招いてしまうのも否めないのではないでしょうか。確かに選手の彼等はすごいし、その頑張っている姿に自分を含め多くの人が勇気づけられていることでしょう。ただ、彼等も慶應の野球部員である前に、華の甲子園を夢見る高校野球児な訳ですから。行き過ぎた扱いにより「慶應」という目で特別視されてしまうのは彼等自身望んでないのではないでしょうか。だらだらと書いてしまいましたが、要は純粋に野球をみんなで楽しみたいなって話です。もちろんまだ慶應高校が神奈川代表になれるかどうかも分からない訳で。日本中の高校野球児、頑張れ。明日大学のテスト三つもあるのに大丈夫なのかなと自分自身怖くなってきました。ブログ作成してみたいなという思いは前からあったものの、昨日の夜中に勉強していての息抜きで気付いたらブログ公開にまで至ってしまった自分も恐ろしい。今からまた気合い入れて勉強頑張ります。
ps.ある程度ブログが軌道に乗るまで、色々なページを渡り歩いて足跡残していこうと思います。どうか先輩方、温かい目で見守ってやって下さい。ついで、ランキングの方もどうぞ宜しくお願いします。少しでも多くの方に目を通していただけたらと思います。これもまたブログの永遠のテーマですね。


blogrank


asmyself at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)