草月流上村春洸ぎゃらりー

草月流のいけばなは、植物を使って自由に自分を表現するもの、そして移り変わる時代と空間に、軽やかに、自在に対応していくものです。 「つねに新しく、つねに美しく」それが草月流の花ごころです。 さてこのブログでは、私や生徒さんの日々の作品と共に、自然の中で出会った植物や風景の写真をご紹介していこうと思います。

郊外で

気づかぬところでとても疲れている気がしました(何もしてないのに)
はじき出されるように
郊外に出ました。

田園風景はやはり心が晴れます。
あとひと月もすれば菜の花が咲き始める
天高くひばりの声もするでしょう・・・
小川の水もぬるむでしょう・・・
そしてその頃には・・・
どうかどうか
少しずつでも終息に向かっていてほしい・・・

目を閉じて青い空にお願いしました。
IMG_20210117_151148


胸の中がもやもやモヤモヤ・・・
落ち着かないこの頃でしたが霧が晴れたように爽やかになって帰ってきました。

松の葉を使って

お正月に使かった松の緑もだんだん勢いがなくなったので
葉を取って足元に敷いてみました。
草月のマークの三日月型に
IMG_20210116_185224
松の内が済んだので
“お松さん”に
最後の働きをして有終の美を飾ってもらいました。

時間の使い方

ピンポンマム・・・いったい「はなびら」は何枚あるのか
IMG_20210114_173305
いつも思うのです、一度数えてみたいものだ、って。
このコロナ休みに
こんなことでもやってみる?

他にやること山ほどあるのに
落ち着いて出来ないのは私だけでしょうか・・・

やってみるかな?・・・
いや〜、それって時間の無駄遣いかしら?
揺れ動く私。

長閑な日の午後

寒波が過ぎ
久しぶりに暖かくて長閑な日でした。

こうなると、「ちょっと庭にでも下りてみようか」

おや!全く気付かなかった。水仙が咲いてる。
IMG_20210114_172917
この明快な形と色が好きです。
勿論ふくよかな香りも。

後ろ姿・・・
IMG_20210114_172935
後ろ姿には深い趣きがある。
後ろ姿は考えさせるものがあるって
お花も同じですね。

ほったらかしていたアイビーだけど
IMG_20210114_173154
こんなにもみじしている。
微妙な色、絵具ではなかなか出せそうもない色です。
いじらしくなって
ご無沙汰のお詫びかたがたお水を上げました。

あとは神頼み

熊本もいよいよ県独自の「緊急事態宣言」が出されました。
私の教室でも昨日、1月お休みの連絡を回しました。

とても近づいてきたようでさらなる注意が必要ですね。
そしてそのあとは“神頼み”
yjimage[2]
お願いしますよ、アマビエ様!

しかし高校では部活もやっていまして
行ってまいりました。

花材は「ネコヤナギ」「オンシジューム」「チューリップ」「スカビオサ」「レザーファン」と
とても美しい花材で
皆上手に生けたのに
スマホを忘れて行ってまして
作品の画像がありません。

みな感染拡大防止のために丁寧に検温や消毒作業をやっていました。
フラワークとは。。。
フラワー(花)とワーク(仕事)が合体した造語です。

ホテルや病院のロビー、パーティ会場、ステージなどさまざまな公共空間に植物を使って演出をすることをいいます。

私もいくつかのフラワークをしておりますが、ここでは主にKKRホテル熊本のロビーの花を毎回ご紹介していこうと思います。一週間に一回位のペースで活け替えています。

ホテルや病院のロビー
  パーティー会場
    コンサートなどのステージ
      ウインドーディスプレイなどなど
植物で空間演出いたします
   
 お気軽にご相談ください
男の生け花
草月の生け花は型を学び型を生けることを目的とするものではなく、植物を使って自由に自己表現するものです。絵や工作のように誰にでも楽しめる芸術です。

ということで最近は男性の愛好家も増えてきています。

わが教室にも数人の方々が居られますので彼らの作品を紹介していきます。

Archives
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。一日1クリックお願いします。
TagCloud
  • ライブドアブログ