2008年09月03日

知ってるようで知らないし、知らないようで知っている

ab70cc1e.jpg 今日は、被告人が結核の為、法廷内の人にマスクが配られる裁判があったんです。
 以前も5月27日分のブログに書いたし、たま〜にある事なんで、個人的には何の驚きもないんだけど、初マスクの人が法廷内にいたんです。それは弁護人。
 若い女性弁護人が2人いたんだけど、開廷前にマスクを渡されてアタフタしてるんですよ。
 その二人が小声で
女性弁護人A「え?これって…」
女性弁護人B「ゴムが2本あるから、後ろに引っかけるのよ」
女性弁護人A「これでいいの?」
女性弁護人B「上下が逆!この針金みたいなのを鼻に合わせて曲げるようになってるの!」
 と、悪戦苦闘しながらマスクを着用してました。法廷用のマスクを知らない弁護人がいるなんてねぇ。本職なんだから、みんな知ってるんだと思ってたよ。


 さて今日は、渋谷駅の近くに路駐したダンプカーの上で性交場面を撮影していた、AV女優の三浦亜沙妃ことM被告人の裁判を傍聴です。

 久しぶりの有名人の裁判って事もあって、開廷の一時間前から法廷の入口に並んでる人もいました。開廷直前には、傍聴席の数を超える人の列です(結局、傍聴出来ない人も多数)。
 スポーツ新聞の記者や法廷画家も並ぶ中、大学生らしき女性もならんでました。女性ファンもいる程の人気女優だったんですね。
 グラビアとかで何度か見たような気もするけど、彼女の作品を見てないので、こんなに人気があるとは知らなかった…。

 起訴されたのは、昨日のK被告人らと同様、公然わいせつ。さらに、自宅で乾燥大麻3.887グラムとコカイン0.223グラムを所持してた件、それらを使用した件でも起訴されていました。

 ここまでは報道された通りなんだけど、さらに自宅で大麻11本を栽培してた件でも起訴です。
 栽培までしてたとなると、常習性や販売目的の疑いが出てきますね。

 検察官の冒頭陳述によると、被告人は平成18年の末頃に外国人から大麻を購入し、使用していたらしい。さらに平成19年春頃、購入した大麻の種を蒔き、大麻を栽培。秋には、収穫した大麻を使用したとのこと。
 そして起訴に関する内容としては、去年のクリスマスイブに六本木の路上で外国人からコカインを購入し、使用した。残った分は自宅に置きっぱなしにしていた。
 今年4月上旬には、大麻の栽培を再開したらしい。

 被告人は取り調べに対し渋谷でのAV撮影について「撮影内容は当日聞かされた。やりたくなかったし違法なので断りたかったが、違約金を請求されたり、今後の仕事に影響がある事を考えると断れなかった」と答えてるそうな。
 薬物に関しては「21才の頃、当時付き合ってた彼から『吸ってみな』と言われて吸ったが、今から思うと大麻だったと思う。それ以降は平成18年まで吸ってはいない。栽培した大麻は自分で使う為に育てた」と答えてるとのこと。

 法廷には、被告人の父親が情状証人として出廷です。まずは、弁護人から。
弁護人「事件は、どうやって知りました?」
証人「知人からTVのニュースに出てるよ、と。法治国家に挑戦するバカモノがいるのかと、ひっぱたきたい気分です!」
弁護人「被告人がAV女優という仕事をしてるのは知ってました?」
証人「いえ。以前に写真撮影をしてるとは聞いてたんですが、そういう事をしてるとは…」
弁護人「今後は?」
証人「この職業を辞めてもらい、実家には大麻草もありませんので、夫婦で娘を監督していきます。」
弁護人「本人とも話してるんですか?」
証人「話し合って決めました。…残りの人生をかけて守りたいと思います!」
 この言葉を聞いた被告人がボロボロと泣いていました。

 次は、検察官から。
検察官「被告人を実家に戻して生活するということですが、近所の人は娘さんの事件を知ってるのではないですか?」
証人「いえ、恐らく誰も知らないと思います」
検察官「と言うのも、被告人が実家に居たくても、居たくなくなったらどうするのかな、と」
証人「それは仕方ないじゃないですか…。その代償は大きいと思います」
 かなり大きく報じられた事件だし、誰も知らないってのは楽観的な気もするけど…。知ってるようで知らなかったりするからなぁ。
 仮に知れ渡ってようが、本人次第なんだけどね。


 続いて、被告人質問。まずは、弁護人から。
弁護人「大麻はどれくらいのペースで使用してたんですか?」
被告人「月に1〜2回位です。吸わない月もありましたけど」
弁護人「栽培したのは?」
被告人「ガーデニングを始めていたので、大麻も育ててみようと興味が沸いてしまって…」
弁護人「11本と量が多いですが…」
被告人「(インターネットで調べて)なかなか芽が出ないと書いてあったので、多く種を蒔いたら沢山出てきてしまった…」
弁護人「でも、それは去年も栽培してたから知ってたのでは?」
被告人「前は、沢山蒔いて数本だったので」
 ガーデニング感覚で大麻を育てるとはねぇ。さらに、前回の栽培より上手くいってしまったのが大量の大麻栽培に繋がってしまったとはね。

 そして、大麻とコカインに関して、
弁護人「何故やってしまったんでしょうか?」
被告人「自分自身の弱い部分があって、流されてしまったと思います」
 と、原因を聞き出すと
弁護人「AV女優なんかやってるのも良くなかったのでは?」
 と、職業差別にも聞こえる質問をすると
被告人「そうですね。AV女優という職業も周りに迷惑をかけてしまうので、やりません。…やりたいとも思いません」
 法廷で引退宣言。
 法廷で何かを決心する被告人の姿ってのは、力強く見えますな。
 っていうか、ファンにとっては引退宣言はショックなんじゃないの?傍聴席のノーシアクションっぷりったら…。

 次は、検察官から。
検察官「大麻を吸うと、音楽がキレイに聴こえる感覚になると取り調べで答えてるけど?」
被告人「(そういう感覚が)ありました」
検察官「クスリのそういう効力を求めてたんですよ。分かってますよね?今後は、それを克服する戦いになりますよ。…田舎に帰って、どんな仕事をするつもりですか?」
被告人「自分なりにやりたい仕事はありませんが、人の役に立てる…感謝されるような仕事をしたいです」

 最後は、裁判官から。
裁判官「残りの人生をかけて守りたい、と言ったお父さんの話を聞いてどう思いました?」
被告人「凄く心配してくれてたんだな、と伝わりました」
 と、今後監督してくれる父親の想いが伝わっているかを確認して、終了。
 検察官が、懲役2年6月を求刑して、閉廷でした。


 結局、昨日と今日合わせて傍聴したけど、この撮影が起訴されたのかは分からなかったなぁ。
 今後、露出モノのDVDはガンガン起訴していくぞ、という検察側の意思表示かも知れないですね。



○本日の傍聴
・窃盗
・窃盗
・住居侵入、強制わいせつ、強盗
・公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反
・公然わいせつ、大麻取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反
・詐欺
・暴行


asozansaibanin at 17:42トラックバック(0) 

トラックバックURL

livedoor プロフィール
Categories
TagCloud