広汎性発達障害>自閉症、HFPDD等の原因とは?

脳の広い部位での損傷が見られるのがデータとして出ているようです。
脳組織の連携。

自閉症やHFPDD、ASは、広範囲での損傷が見られます。

広範囲で脳の損傷がみられる障害を。広汎性発達障害と呼ばれています。近年、発見されたことは、前頭葉と基底核。小脳との繋がりが、うまく連携していないことです。この3つの要素の不連携によるものだそうです。

==アスペルガー症候群に関する情報、コラム等


自分のことが大好き方はいると思いますが、このナルシストは強度な自己愛性の方を指しています。自分は他人よりも特別だと思い込んでいる状態です。また、何事に対しても、正しいと考えてしまうため、対人関係においてトラブルを起こしてしまうようです。


最後に;自閉症やHFPDD、ASでお悩みの方へ

近年、MRIの研究が進んでおり、小脳虫部の委縮の原因なども解明されてきています。脳の不連携が悪い確かに運動神経、言語能力などにも影響があることは事実です。しかし、偏りがあるということは、その反面特殊な能力が秀でているともいえるわけです。よって、1点集中して何かの物事に集中させるように、教育を取り組むことが大切なのかもしれません。


こんな事例あります!

発達障害は、脳のどの部位の損傷によるものか?

発達障害のメカニズムは一体どうなっているのか・・。
脳研究!

放射線医学というアプローチから発達障害の謎を解く!

発達障害は、脳の損傷によるものだと言われていますが、脳のどこに原因があり、そのような障害が起こるのでしょうか?それは、前頭葉に深くかかわりがあるようです。前頭葉は人間と動物を分け隔てるほどに、発達を遂げてきた部位であるからです。その特徴として、持続性、集中力、欲望のセルフコントロールなどを司っていると研究結果が出ているようです。

==幼児、子供、育児の相談☆関連コラム

リストカットや自殺を考えたりするほど、落ち込んでしまう・・。そんな障害があるようです。さっきまで元気だったのに、理由もないのにドン底に沈んでしまうように感情の起伏があるなら、要注意です!
コラム;境界性パーソナリティーとは! 
 
 
前頭葉機能不全説?

チンパンジーを使った動物実験の結果なのですが、前頭葉に損傷を与えると、衝動性の抑制が効かなくなり、情緒不安定な行動を取るようになることがわかりました。他の脳の部位にも同じように損傷を与えても、このような結果が出ないことから、前頭葉とADHDは深く関わっていると言わざる得ません。

≫≫≫こんな発達障害の事例があります!

発達障害には、環境的要因も加味するべきか!?

遺伝的背景に加えて、環境的要因も加味する必要がありそうです。
脳の障害の原因って?

よくするのも悪くするのも、養育の問題かもしれません。

一般的に発達障害、つまり脳機能障害とは、遺伝的な側面しか、取沙汰されてこなかった背景がありますが、例え、遺伝的な側面があったにせよ、正しい養育方法を取り入れることによって、障害を限りなく、抑え、それを特技とすることが実際に起こっているようです。

==幼児、子供、育児の相談☆関連コラム

ADHDの子供は、思ったことを口に出してしまうため、神経が図太く感じますが、実際はとても過敏であり、繊細なのが特徴です。そのため、不安障害という合併症を引き起こすことがあります。
コラム;不安障害について
 
障害の有無に関わらず、正しい養育方法を身につける!

遺伝的な側面で見れば、周産期異常や出生後の感染症があげられています。これらが原因で未熟児や低体重出生など、結果として起こりえます。とはいえ、やはり生まれる前に何らかの要因があるのでは?最近言われている原因の中には、妊娠中のお酒やタバコも影響を受けている可能性もあるようです。

≫≫≫こんな発達障害の事例があります!
3歳半の発達障害のご相談!・・西宮エリア 
ギャラリー