嗜癖行動と依存症は違うの・・。
発達障害と依存症の関係!

発達障害者の特徴から、何かに依存してしまうケースが多いようです。依存については大きく分けて3つにカテゴライズできます。
①物質的依存・・・酒、タバコ等
②行為的依存・・・ギャンブル、過食等
③人間関係的依存・・・恋愛依存、DV等

依存症は、一人の問題ではなく、周囲の人も巻き込まれてしまうため、社会にとって迷惑がかかるということを自覚する必要があるかもしれません。例えば、酒に依存すれば、DVに発展する可能性が高い。また飲酒運転で事故を併発させることもあるからです。

==注意欠陥・多動性障害に関する情報、コラム等

知能指数は健常児と変わらないが、文字の読み書き等の学習が困難な子供のことをディスクレシアとよばれています。鏡象文字など、左右反対に書いてしまうのも、よくある特徴です。ただ、難読症といわれているのは、空間能力が優れているからとも言われており、事実、科学者が多いのも実際のところのようです。
最後に;更にのめり込む嗜癖行動でお悩みの方へ!

発達障害の方が嗜癖行動をとってしまう理由は、その行動をとった際に、快感脳への刺激にあるようです。例えば、カフェイン中毒者は、カフェインを採ることにより、精神的な安定を獲得しています。ただ、実際行き過ぎは身体にとって、悪い影響を与えてしまうため、中庸の精神を取り入れる必要があるかもしれません。