興味のあることに、こだわり続ける・・
小さな頃の〇〇博士と言われたことは?

発達障害の中でも、アスペルガー症候群は、一つの物事(;マニアック)にこだわり続ける傾向が多いようです。例えば魚博士、昆虫博士など、好きなことを徹底的に飽きもせずにこだわり続けた結果、誰よりも詳しくなってしまいます。この特徴をうまく仕事に生かすことにより、その分野で大成することも夢ではありません。

ただ、対人スキルを必要とされる仕事、大きな事故に繋がる仕事は、不向きといえるかもしれません。そういう意味では、育児教育として、大人が見て、どうでもいいと思っていることでも、子供には好きなことを徹底させてあげることも、一つの教育方法かもしれません。

==注意欠陥・多動性障害に関する情報、コラム等
質問2→子供の育児、イライラしてしまうのは・・その弊害とは!

高機能障害とは、知的障害を認められない発達障害児のことを意味しています。気をつけなければならないのは、医師と心理士等の違いです。医師以外は、病名を言えない立場から、こうした名前を総称しているからです。つまり、広汎性発達障害とは、正式な診断名といえるのです。
コラム;
広汎性発達障害と知的障害の区別


最後に;アスペルガー症候群でお悩みの方へ!

エジソンはアスペルがーだったという学者がいるように、幼児教育によって、その過集中傾向は、強みにもなるようです。子供のイタズラを注意せず、自由にさせる教育も取り入れる必要があるかもしれません。

こんな事例あります!
>>>急に抱っこを嫌がる2歳になる赤ちゃん・・〔神戸市;T様〕