人間関係なんて気にしない!友達ができなくても、へっちゃら・・。
人間関係を作ろうという意欲の希薄さ!

アスペルガーの特徴の第一番目は、人との関係製の希薄さです。ADHDとASをこの観点から比較してみると、差は歴然です。ADHDは、友達を作りたいという意欲があるにも関わらず、協調できないのに対して、アスペルガーの子供は、友達を作ろうとする意欲が少ない場合が多いようです。

また、何事も勝ち負けにこだわってしまう傾向があるため、仲間とのゲーム、競争などを楽しむ事ができず、協調する事も難しいようです。相手のことより、自分のことしか考えないと思われ、自然に友達も去っていくケースがあります。しかし、ASの子供は、気にしないのも特徴的といえるかもしれません。

==アスペルガー症候群に関する情報、コラム等
質問2→落ち着きのない子供・・発達障害の兆候はある?

小さい頃は、多動だと思っていたが、大きくなるに従って、得に問題なく成長したというケースもあるかもしれません。また、興味深い内容には、多動傾向はお母さんのお腹の中にいる時からわかり、よく動き回るという報告もあるようです。
コラム;小さい頃の多動性の見分け方はあるの?


最後に;アスペルガー症候群でお悩みの方へ

アスペルガー症候群は、自閉症の一種と言われています。が、実際のところ、なぜアスペルガーになるかという結論には至っていません。また、ある学者は、これは遺伝子の一つの形であって、全体と比較した少ないから、それを障害だといっているだけで、それも一つ進化系という研究もなされているようです。個性を伸ばす学習をその子供にしてあげることが大切なのかもしれません。


こんな事例あります!
>>>あまり話をしない子供・・3歳で1語文は発達障害?!〔岡山市;H様〕