ASP.NET 練習帳

国内の ASP.NET サーバーに関して

6 月の労働は 271 時間。
当然だが、ccnp route の学習もできず。
賃金以外に得るものが無い案件なので 160 時間くらいで帰宅したい。

http://tpphantai.com/ に振り込み一万円。これで二回目

mac に windows 入れて使う際のアレ、boot camp manager が cpu を喰いつくすので困っていた。

https://downloadcenter.intel.com/default.aspx から最新のドライバーをインストールして復旧。

参考にした情報:
Bootcamp High CPU Usage | MacRumors Forums

2017/5/3 追記:
 intel の最新ドライバーで治ったというのは間違いのようだ。その後、数回は cpu 喰いつくしに遭遇している。本体は熱くなるし、バッテリーは急激に減るし、ろくなもんじゃない。mac は os x で使えってことだな。os x に馴染めなかった俺、涙目。皆は一時の迷いで mac を買うんじゃないぞ。mac + Windows がだめなら mac + Linux すればいいさとか、そういうことも考えるなよ。mac で Linux は Windows 以上に辛いぞ。
 ちなみに、購入時期は 2014 年 1 月なので、モデルは MacBook Air (13-inch, Mid 2013) と思われる。購入後それほど使わずにここまで来たが、諸事情によりメイン マシンとなり、Windows を入れたのである。

2017/5/4 追記:
 今の環境の写真。mac 一台だけ。写真には apple wireless keyboard が移っているが、実際には HHKB を使っています。

IMG_20170504_170259


ティッシュ箱二つの意味は下記の動画を参照。

El portatil en casa. Vodafone - YouTube

ノートで作業する際の姿勢
・キーボードは別のを用意する
・モニター(要するにノートPC)の位置を高くする。

2017/5/5 追記:
 上の写真のようにちゃぶ台(?)での PC 使用はお勧めしない。正座、あぐら、その他、いずれにせよ厳しくてとても作業できない。椅子と机が必要だ!!!




だいぶ落ち着いてきたので、まだまだ復旧したとは言えないが、近況をここに記す。

3/30 木

4/11 から東京と聞く。

3/31 金

大阪での勤務最終日。

4/1 土

大阪から埼玉へ移動し、埼玉にて賃貸住宅を探す。 契約を決断できず一泊することにしたが、宿の空きがなく彼方此方をさまようことになり苦労した。

4/2 日

埼玉にて賃貸住宅を仮で契約。 大阪へ帰る。

4/3 月 〜 4/8 土

片付け、荷造り、色々な準備。 月から金は勤務したことにしてくれると聞いている。

4/9 日

大阪から埼玉へ移動。 本契約して賃貸住宅のカギを受け取る。 この日から埼玉人。

4/10 月

埼玉で生活するための準備。

4/11 火 〜 4/14 金

東京で勤務。 忙しくないのが幸い。

4/15 土 〜 4/16 日

相変わらず、この時点でもごちゃごちゃで忙しい。 前回の休暇は実質 3/26 の日曜日であり、休みなしの連続勤務な疲れ具合である。

4/17 月 〜 本日 4/20 木

東京で勤務。 忙しくないのが幸い。

続く

まだ続くので、後日追記する。 3/29 水曜日まで CCNP route を勉強していたが、引っ越し準備のため中断している。勉強を再開したら「復旧・復活」と言える気がする。 ここまで、いろいろあった。本当にいろいろあった。本当に疲れた。苦労はこれで終わりではないのでいやになる。

CCNA/CCNP の問題集 http://www.pearsonitcertification.com/store/browse/practice-tests のエンジン新バージョンがリリースされたから明示的にインストールしろって案内メールが来た。

●旧バージョンにてエンジン アップデートのボタンを押してもダメだから、明示的に新バージョンをインストールしなさい
●旧バージョンをアンインストールする必要はない

で、新バージョンをインストールしたが、起動時にスプラッシュ ウィンドウが一瞬表示されるだけで、その後が無い。

サポートに問い合わせメール書いたら、その返事が笑う。「スプラッシュ ウィンドウをキャプチャして送れ」だってさ。

仕方がないので、解決策を探す。

How to: Configure Network Tracing に記載の呪文 XML を app.config に追記して https 通信内容を調べたら、アカウント名 (私のメールアドレス) が古いものを使っていることが分かった。

なぜ、古いアカウント名で認証を試みているのだろう。そもそも新バージョンにてアカウント名を入力した記憶が無いし。けどまあ、なんとなく解決方法が見えてきた。

解決方法



問題なく動作する旧バージョン (Pearson IT Certification Practice Test) をアンインストールし、スプラッシュ スクリーンを表示して直ちに黙って終了する新バージョン (Pearson Test Prep) もアンインストールする。

C:\users\$myname\AppData\Roaming\Pearson IT Certification Practice Test\ ディレクトリと C:\users\$myname\AppData\Roaming\Pearson Test Prep\ ディレクトリを消す。

新バージョン (Pearson Test Prep) をインストールする。

新バージョンを起動すると認証情報を問うてきた。

これにて解決。.NET Framework の知識が役に立ちました。









https://www.virtualbox.org/wiki/Network_tips


  • NIC にて tcp オフロードが行われていても、オフロードされていない状態でのキャプチャが可能。
  • キャプチャの on/off 切り替えは仮想マシン停止時に行う必要がある。
  • 少量をキャプチャした程度ではキャプチャ ファイルのサイズは増加しないので、見ていると心配になるが焦らずに我慢。
  • タイムスタンプは 1970/1/1
  • キャプチャ開始時、言い換えると仮想マシンの電源オン時に既存のキャプチャファイルの内容は空っぽにクリアされるので必要なデータは退避させておくこと。
  • 最も若い NIC をキャプチャする際は番号 1 を指定。

Both Juniper SRX and Check Point analyze the inner header of the ICMP packet before making a forwarding decision, while Palo Alto does not. As a result, both the Check Point and the SRX Firewalls drop the BlackNurse packets, while Palo Alto is forced to consume resources forwarding the traffic to the internal server.

AFFECTED

FGT (で、おそらく緩和策は無い)

NOT AFFECTED

Linux iptables

追記

FGT に関して。公式のアドバイザリが存在するが、役に立たないと思う。カスタムで IPS ルールを定義している個人ブログを見つけた。それなら緩和策として役に立つかもしれない。試してはいない。

↑このページのトップヘ