Paka Paka ブログ ~きみの世界をおもしろく~

 発達しょうがいを持つ子どものABAを中心としたる個別療育と家族支援をするべく、2011年10月から愛知県武豊町を拠点に、知多半島を中心に活動しています。  発達しょうがいを持つ子どもたちの世界が少しでも面白く、楽しいものになるように、みんなで考える場になればと思っています。

2012年01月

寒い寒い日が続いていますね。。
インフルエンザも大流行だとか・・
明日は雪が降るという予想も出ています。皆様、風邪や事故には十分お気をつけくださいね。

さて、ブログにもアップしましたが、勉強会を行います。
ことばの遅れ・・ 発達しょうがいをもつ子どもの子育てには、ほんとに難しい課題ですよね。

家庭でできるちょっとしたコツなどを、是非この機会に一緒に学んでみましょう。
是非、ご参加ください。

それから、今後の企画・・ まだまだ企画段階ですが、

・ 障害児支援の新制度学習会

・ 里山自然体験会(親子で外出企画)

・ お母さん対象 カラーセラピー体験会(お母さん癒し講座)

などを考えています。

今後は
・ABAによる個別療育
・親対象の専門的な学習会
・親子でみんなで外出企画
・お母さん癒し講座
・お父さん交流会
・兄弟支援企画

などなど幅広く、療育中の家族が少しでも笑顔になって、その笑顔を家族みんなが共感し合えるような支援を、いろんな角度から行っていけたらと思っています。

皆さんもこんなのやってほしいなど意見、要望などありましたら、どんどん教えてくださいね。

また、ABAによる個別療育は随時募集しております。
ご希望の方はこちらまで→gusukobudori0103@yahoo.co.jp

こんばんは

PakaPakaを作ろうと思ったきっかけ。

それは、現在5歳になる長男に発達障害があるんじゃないか??と少し心配し始めた1歳半からこれまでの生活が思った以上に大変であったということです。

私たち夫婦は、結婚前から障害者福祉の仕事をしていました。
それなりに知識もあり、この地域の社会資源についても知っているつもりでした。

でも、苦しかった。ほんとに苦しかったです。(もちろん今もですが)

「子育ては大変で当たり前。」

そういわれたら、終わってしまいそうな話ですが、その言葉で済まされたらなんか違う気がする。
しょうがいがある子の子育てだって、親も子も笑っていたい。

でも、なかなか一筋縄には行かない現実がありました。

そんななかで、ABAによる療育と通園施設の先生や同じ境遇の仲間との出会いに支えられて何とかやってこれました。

そして今思うことは、療育中の生活の質を少しでもよりよいものにしたいということ。
しょうがいがあってもこどもたちにいろんな経験をさせてあげたい、いろんな世界を知ってほしい。そしてそれが子どもたちと親の将来に繋がる「楽しかった経験」になって欲しい。

大変な時期だからこそ、みんなでそんな瞬間を創っていけたらと思っています。


どうか今後ともお付き合いくださいませ~
















このページのトップヘ