Paka Paka ブログ ~きみの世界をおもしろく~

 発達しょうがいを持つ子どものABAを中心としたる個別療育と家族支援をするべく、2011年10月から愛知県武豊町を拠点に、知多半島を中心に活動しています。  発達しょうがいを持つ子どもたちの世界が少しでも面白く、楽しいものになるように、みんなで考える場になればと思っています。

2013年07月

皆さんこんにちは。

Paka Pakaでは、夏休み企画ということで、造形教室を企画しました。

とても面白い体験ができるかと思います。

興味のある方は是非是非ご参加ください♪


「Paka Paka造形教室」
日時:平成25年8月29日 10:00~11:00
場所 武豊町中央公民館 1階講堂
 
内容:ビニール傘に絵を描こう♪
透明のビニール傘に、色を塗ったり、飾りをつけたり。自分だけのお気に入りの傘を作ります。
 
講師:南川知美 
講師プロフィール:名古屋芸術大学 油絵科卒業 
出産までの一年半、河合楽器の造形教室の派遣講師を勤める。
2010年より、 自宅で造形教室を開始。
 
講師からのメッセージ
造形教室を通し、子どもたちはどんな風になる のだろうっとわくわく、ドキドキしたり、もっとこうしてみようっと真剣になったり、
自分でこんなのができたという喜びや自信になったり、いろんな自分に出会います。
色とともに心がカラフルになったり、素材とともに心がふわふわしたり、子供にはとても面白く大事な経験となりますよ。
 
参加費:セッション会員 1500円 
     一般会員    2000円
              非会員     2000円 → 2200円 (訂正いたします。)

※ 非会員の参加費を間違って載せていました。正しくは2200円です。申し訳ありません。

対象:発達に遅れのある就学前から小学校3年生までのお子さん。

(親御さんは後ろで見守りながら、必要な部分で手を貸していただく形になります。)
 
定員:7名 定員になり次第締め切ります。
参加希望の方は、pakapaka_aba@yahoo.co.jpに、参加者氏名・連絡先をお伝えください。
また、今回の参加費は口座振込とさせて頂きます。参加受け付け後に、お振込み口座の御案内をさせて頂きます。 

 造形教室3造形教室2造形教室1
 
 
 
 









内容は、こんな感じ♪

みんなで、自分だけの傘を作ってみませんか??

皆さんのご参加、お待ちしています!!!



こんにちは。

先週土曜日、美浜町布土の季の野の台所で、今年度2回目の自然教室を開催しました!!

今回は、真夏の開催とあって、16時から20時の活動です。

日本福祉大学こども発達学部の東内ゼミの学生さんたちも、元気いっぱいお出迎えしてくださり、学生さんとお子さん達がご対面後、まずは水遊びからスタートしました!!

水遊び




















デッキの上の水遊び。水鉄砲やホースで、学生さんも一緒に大はしゃぎ!!

ひととおり遊んだら作業開始です。

器作り




















まず始まったのは、本日のメイン流しそうめんのつゆを入れる器を作ります。

季の野の台所の森川さんと、学生さんが、教室が始まる前に立派な竹を切ってきてくださっていました。

「自分の器は自分で作ってみよう。」と初めて触るのこぎりを握り、みんな一生懸命。
竹に乗って、順番待ちをしながら、竹が動かないようにおさえてます。みんなで協力しあって作業が進みます。

実際、刃物を扱う、竹細工をする。この活動に参加できる子は少ないだろうと思っていましたが、
ほとんどのお子さんが、竹を切ることができました。

切った器に、お気に入りのシールをはって、名前を書きました。

あるおかあさんが「森川さーん、枝がついてるんだけどどうしたらよいですかね~?」

竹の取って




















「これは、枝をそろえて切れば、取っ手になるのよ~」

そうか!! なんだかすごい発見!!

そして、今度はそうめん台を作るために、竹を二つに切ります。

竹を切ります



































みんなで、「せーの!!」と声をそろえて、タイミングを合わせて、竹を割ります。
参加してくださったお父さんや、お兄ちゃん達が大活躍!! 
その様子に、みんなが集まってきて、みんなで頑張りました。「頑張れ!!」のエールが響いていました。

そして、割れた竹はこんな感じ。
とんかちとんとん




















みんなでトンカチでとんとん。ふしをとっていきます。これもみんなお手伝いしてくれました。

竹の組立て




















画像が横でごめんなさい。
竹を洗って、組み立ててます。

だんだんとそうめん台ができてきました!!

そうめん湯で




































台所では、おかあさんたちがそうめんの準備です。

こういう場が、おかあさんたちの和みの場となっています。たわいもない世間話をしながら、
たくさんの笑い声が響いていました。

うずらむき




















ああ、横向きでごめんなさい。もちろん子供たちもお手伝い。
ゆでたウズラ玉子の殻むき。これ、みんなかなり熱中していました。結構難しいけど、はまります。

そうめんくるかな



































さあ!流しそうめん開始!!

大人も子供もみんなが笑顔!! 子どもたちも学生さんと一緒に麺を必死に取っています。流しそうめん





































流れてくるのは麺だけではありません。ちくわ、うずらの玉子やウインナー、キュウリ、ミニトマトも♪

最後は、フルーツも流れてきて、みんな大満足!!!

30分ちょっとでしたが、みんなが本当に心から楽しんだ時間でした。

そのあと、台を片づけ、デッキをきれいにして。


休憩が必要なお子さんはお散歩タイム。
せっかくのお散歩だから・・・・
夕暮れ散歩





















犬も一緒に♪ お散歩が何倍にも楽しくなります♪

そのあと始まった竹細工タイム♪
水鉄砲



























水鉄砲をつくったり。
竹ぽっくり




































竹ぽっくりをつくったり。

おかあさんたちは、寄せ植え作り




























竹にのこぎりを使って穴をあけて。。。

寄せ植え




















お花を入れたら、花台に。素敵でしょう♪

竹細工がすんだら・・・ みんなお待ちかねの・・・
花火





















花火タイム!! みんな、夏の夜を、思いきり楽しみました。

花火がおわったあとでも、「水鉄砲作りたい!!」と、お子さんから要望が出て、親子で作っている光景がたくさんありました。多い子で、5回目の自然教室となりますが、作業にはなかなか参加できなかったお子さんも、いろんなことに自らチャレンジできるようになっていて、大きな成長を感じました。そんな姿が、とてもうれしかったです。

最後はみんなでお片付け。その後、学生さんから、担当したお子さんにお土産を手渡してもらい、無事終了となりました。

初めての夕方から夜にかけての開催。
実際の刃物を使った竹細工。不安もありました。

また、学生さんも半分は、授業の都合で途中参加ということで、事前に打ち合わせを行わせて頂きました。
また、前回とついてくださる学生さんが変わるということで、当日スケジュールやついてくれる学生さんの写真付きの紹介リーフレットも事前に、親御さんにお渡しさせて頂きました。

「遊びを見つける」「自分のスペースを見つける」
ということはなかなか難しいこと。

でも、ここで少しでも、お子さんたちになにか掴んでほしい。

そのためにも、安心して参加できる環境設定は必要です。

もっと、視覚的にわかるツールも必要なのかなと思ってはいたものの。

当日は、子供たち、大きな混乱もなく、とてもスムーズに動くことができていました。

「実際に竹を切る」「のこぎりを使う」という作業は、子供たちの好奇心をおおきく掻き立ててくれましたし、
各家庭で、当日のスケジュールをもとに、お子さんに合わせた形での事前の伝達を丁寧にして来てくださっていました。

東内ゼミ、Paka Paka、季の野の台所、家庭。それぞれが子供たちが楽しめるようにと行った準備が活きて、
この日が迎えられたことに大きな学びがあったと思います。

当たり前のことだけれど、大事なこと。

前回は、緊張を隠せなかったお子さんも、柔らかい表情で楽しんでくれたり、慣れてきた子は、自分が過ごしやすい場所を、自分で見つけることができるようになっていました。

人がいなくなった隙に水遊びを始めたり、作業場所が混んでいるときは、虫取りをして・・

おかあさんからの感想に「自然教室では、子どもの思うタイミングで物事を進めています。最初は皆と同じように活動してほしいと思っていたので残念だったのですが、子どもには子どものタイミングがあり、楽しそうにしているこどもを見ると、親の思いって何だったのだろうと思います」

という声がありました。

集団生活で学ぶということは確かに、これから生きていくことでは大事なことかもしれません。
でも、これからの時代は、「自分のスペースを自分で確保する」ということもとても大切なこととなっていくと思うのです。

その子の「楽しい」はどこにあるのか。

親も、支援者はもちろん、これからは、地域でこどもを支えていくためにも、
大人が、子どもそれぞれの表現や楽しみ方を、受け入れ、一緒に楽しんであげられるようになっていかなければ
ならないことを改めて教えられた気がします。

流しそうめんを終えたときに、一人の男の子が、「おいしかったねー!!!」って心から喜んでいる笑顔で伝えてくれたことが忘れられません。

学生さんたちも、なかなかストレートに表現ができない子供たちに、戸惑いながらも、本当に誠意をもってかかわってくれました。そのパワーとやさしさと明るさに、会場が本当に盛り上がりました。

心から感謝いたします。ありがとう!!

そして、毎回、自然を通して、たくさんのことを教えてくださる、季の野の台所の森川さんご夫婦。
本当にありがとうございました!!

さあ、今年度、あと2回あります。

さらに楽しい内容にしていけるように、十分な準備と、いろんなアプローチを考えながら、次回の企画に向かっていこうと思っています。みんなが学びあえる場所であるように。頑張っていきます!!

次回は10月13日。石釜でピザの予定です♪

皆さんお楽しみに~!!

  土日と鎌倉にあるたすくにてライセンス取得講座に参加しました。(たすくではJ☆skepアプローチを主軸に専門的な個別療育を行っています。)
   この研修、以前から参加したくてウズウズしていましたが、今回ようやく叶いました。2日間とも日本行動分析学会と被っており、どちらにしようかと悩んでいましたが、研修に参加して、セッションの主軸を再認識でき、また日頃のセッションを見直すいい機会にもなったと思います。それ以上に意識の高い人と話ができ、明日への糧となりそう。

   今年の5月から利用していただける方が急増しましたが、その反面現場で壁に打ち当たることもあり、悩む日々が続いていました。なんだかんだで、いいヒントをいっぱいもらったような気がします。

   さて、明日からの実践に生かしてこう!!

  そして、次はメソッド研修(今回のワンランク上の研修)に行きたいな〜

土肥克也
    

みなさんこんにちは。

朝も、昼も、夜も暑いですね~(汗) 熱中症には、十分お気を付けくださいね。


さて、一つ告知です。

美浜町にあります、NPO法人チャレンジドのイベント、「チャレンジド祭り」が10月26日に
行われます。

そこで、Paka Pakaママさんでフリーマーケットの出店を計画しています。

物品集めや、当日お手伝いしてくださる方を募集します。

可能であれば、9月頭にも、メンバー顔合わせ&打ち合わせを始める予定です。

当日のお祭りには、子供ブースもあって、お子さんも楽しめるようになっていますが、
ママさんがお店に出ている際、子供さんを見てくれるボランティアさんも合わせて募集する予定です。
お子さん連れてはいけないわ。って方で、でもやってみたい!という方は、ご相談ください。


当日は来れなくても、これ売れるんじゃない??てものがある方、おうちに眠っているものがある方は、
Paka Pakaハウスまでお届けくださるとうれしいです。

収益は、Paka Pakaの活動に活かしていく予定です。

フリマ出店の経験のある方、やってみたいと思っていたママさん。ぜひこの機会にお力を貸していただけたら嬉しいです。

協力してくださる方は、pakapaka_aba@yahoo.co.jpまで、氏名、連絡先をお知らせください。

よろしくお願いいたします。


 今年度の秘かな?目標の一つとして、「人を育てる」ということを考えています。

 こればっかりは、教えて欲しいという人がいなければ成り立たないのですが、ありがたいことに最近2人教えて欲しいという方にめぐり会えました。
 2人とも、障がい者・児の生活支援を仕事とされている同業者で、ちょっと前の自分を見ているような感じになりました。
 つい先日、そのうちのお一人とお話しさせて頂き、境遇もなんだか似ているので、妙に親近感が湧きました。多分、最終目的も似ているのかなとも勝手に思いながら…

 教えるのも、きちんとした目的がなければ教えれない訳で・・・ヒントを出しながら、自らの目的像を見出してもらい、一緒に学べれる関係になれればなぁと思っています。自分がそう指導されたように。

 でも2人とも学ぶことに貪欲なので、追い抜かれないように自分も頑張らないと!!と焦っている今日この頃です。

(土肥 克也)

 

みなさんこんにちは。

今日から、本格的に夏休みですね。暑いですが、気合を入れつつ、ぼちぼちといきましょう!!


さて、急なお知らせで申し訳ありませんが、

明日23日の拠点開放ですが、業務の都合により中止とさせて頂きます。

申し訳ありません。

今月の拠点開放日は30日です。

また、来月も基本火曜日に行います。

お子さん連れOKですよ!!


夏休み中の息抜きにご利用下さい。


では、皆様、よい夏休みをお過ごしくださいね♪

 武豊町が行う、官民との協働事業を推奨するために今年度より開始された提案型協働事業で審査の結果Paka Pakaが行う『ゆめたろう子育て応援講座』(ペアレント・トレーニング)が採択されました。

 Paka Pakaのネットワークを広げるためにも、行政と一緒に何かやりたいと思っていたところなので、いい機会でした。今後関係各所と話を詰めながら10月をめどに開始する予定です。参加対象者は武豊町在住の方となりますが、詳細は追ってお知らせさせて頂きます。

 武豊町公式ホームページに、協働事業についてと公表されています。

http://www.town.taketoyo.lg.jp/planning/town/kyoudou/entry-2104.html

今日も暑いですね!!

みなさんお元気ですか??

来週の座談会のテーマを決めましたので、興味のある方は是非ご参加ください!!

来週の16日の座談会テーマは・・

Paka Pakaママさんも遊んでばっかじゃいられません(笑)
前回のお楽しみ企画に続き、いよいよ本題!!

「夏休みの過ごし方」について考えよう!!
をテーマに座談会を行います!!

夏休みももうすぐそこですね。

みんなどうやって過ごしていこう・・・と悩んでいる方も多いと思います。

先輩おかあさんの体験談をもとに、外出先の情報や、家庭での過ごし方のヒントを、
みんなで情報交換しあいながら、考えていこうと思っています。

学齢期のお子さんを持つおかあさんはもちろん、今後のためにと就学前のおかあさんの参加もOKです!!

参加費は100円(ワンドリンク付き)です。

火曜日は最大14時半まで拠点を開放していますので、たくさんお話したい方は、昼食持参で来ていただいてもOKです。

参加希望の方は、pakapaka_aba@yahoo.co.jp まで、参加者氏名、連絡先をお知らせください!!

皆様のご参加、お待ちしております!!

uranai




















本日、いつものお母さん対象の座談会。

夏休み前のお楽しみ企画で、「占いランチ座談会」を行いました!!

占いスペースもみの木さんの20分の占いと、武豊町にある豆香さんのデリドッグ付き。

Paka Pakaスタッフ2名を合わせて、7名と1名のお子様でにぎわいました!!

もみの木さんは手相から始まって、九星気学やタロット、シータヒーリングなど、質問に合わせて、いろんな方法で見てくれます。

みんなわくわくどきどき。

終わった後は、みんな本当に笑顔でした。

「溜め込みすぎないで」とか、「イライラ線が出てます」など、結構あたっててびっくりされてた方もいれば、
「社長になれる手相」と言われた方も!!

そこから、じゃあ社長になったら、子どもの就労場所を作るにはどう事業を勧めたらいいかなあ??
とか、そんな話に発展したのが、すごく面白かったです(笑) 

参加者の声からも、「ぜひ2回目を!!」って声が多数挙がっていました。

大好評につき、また2回目も開催したいと思います。

今回参加できなかった方は、ぜひ次回ご参加下さいね♪

参加者の皆様、占いスペースもみの木の樅山様 本当にありがとうございました!!

今日参加者の方の声で、とてもうれしい一言が。

パン教室などイベントに参加して、自分が子どもにイライラしてしまっても、
「今日すごいイライラしちゃったよ!!」って言えるのが、ここのいいところなんだと思うって言ってくれた方がいらっしゃいました。

お母さんも本音が言える場所。それをみんなが受け入れられる場所。

これからもそうでありたいです。

そして、お母さんたちが心にゆとりが持てるお手伝い。

継続していきます。

今後の予定としては、近々、「Paka Paka フリマ部」発足予定です。もうすぐ告知しますので、興味のある方はご参加下さい。

また、お母さんの中でも、「ものづくりが好きな子どもたちに、もっと何かさせてあげられないだろうか?」
なんて、意見も!!

イベントを継続すると、それぞれの好きなもの、得意なものがはっきりしてきて、それをどうにか伸ばしていく機会を作れないだろうか??
お母さんたちから、そんな意見が聞けるってことも、なんかとてもうれしいなって思った今日。
そんな第一歩として、夏休み企画も進行中です。

みなさん、ブログチェックお願いしますね♪

さあ。今日も熱帯夜の予感。。。 どうかお体にはご自愛くださいね。

ではでは~♪





このページのトップヘ